セブンラックカジノで目を覚ました魔物!勝負は「負けを取り返す」の流れに入っていた

セブンラックカジノで目を覚ました魔物(勝負は勝てない&負けを取り返すだけの流れに入った)

生活費を稼ぎにきた韓国カジノ旅行2日目。

気分転換もかねてCOEX周辺を観光した私は、セブンラックカジノ江南COEX店にもどってきていました。

ここからは勝ちに行く……。

ところが、このあたりから、雲行きはあやしくなりはじめたのです。

しのびよる破滅への足音。

負けを取り返すので精一杯な「魔境」に足を踏み入れたのは、この日のことでした。

目次

韓国カジノ旅行2nd(2日目・前編2)

カジノ旅行初日は奇跡的な展開にも助けられてほぼプラマイゼロ。

なんとか即死は回避できましたが、まだ収支はプラスにはなっていませんでした。

今旅の目的は「生活費を稼ぐ」ことです。

とはいえ、せっかくなので、以下のような観光スポットにも行きたいと私は思っていました。

  • ソウルにある射撃場(実弾が打てる)
  • パラダイスシティの遊園地(ワンダーボックス)
  • COEX水族館(入場料が微妙に高い)

だからこそ、このへんで、いちど遊ぶ資金も確保しておきたい。

収支がプラスになれば、精神的な余裕もでてくるので、勝負を有利に進めることもできます。

負けを取り返す勝負をしていたのでは、いつまでたっても話になりません。

ギャンブルは勝っているときにこそ、さらなる「勝ちへの領域」がひらかれるものなのです!

ミナト

観光のためにも、まずはここで一勝を!

観光するお金もカジノでかせぐスタイルです。

私はこの日、調子がよかったバカラで勝負を開始することにしました。

セブンラックカジノでの苦戦

バカラで遊ぶ中国人

(おそらく「ペア」のこと。最初の2枚が同じペア賭けで中国人客は盛り上がっていました)

セブンラックカジノに入ると、初日にいた中国人客もちらほらいました。

なかにはほんとうにカジノに入り浸っていて、ほとんどそれだけのために韓国に来ている人もいるようでした。

バカラが大好きな中国人たち。

時刻は16時ごろでしたが、テーブルはけっこう埋まっていて、比較的すくない額でみんなでワイワイ遊んでいます。

しかし私は、ここに遊びに来たのではありません。

今後の人生を賭けて、未来を勝ち取りに来ているのです!

ミナト

「覚悟して来てる人」なんですよ

とはいえ、初日のようなギリギリの戦いはしたくなかったので、私も少額で勝負することにしました。

バカラのミニマムベットは10万ウォン(約9000円)。

ベット額はミニマムか、15万ウォン程度におさえ、刻んで勝つ戦法でいきます。

途中までは確率どおりの勝った負けたがつづきますが、途中、いきおいがついての4連勝。

このままいけるか……!?

と思うも、その後はまた五分五分にもどり、勝負が動く気配は感じられませんでした。

罫線(勝敗を記録したデータ)でいうとこんな感じ。

バカラの罫線

(赤はBANKERウィン、青はPLAYERウィン)

バカラは片側の連勝が発生しないと、大きく勝つのはむずかしいです。

PLAYER、BANKERと交互にくるのを当てつづけるなんてのは、よほど運がいいか、エスパーでもないかぎりは不可能でしょう。

ミナト

むずかしいなこれ……

バカラはこの展開になると、なかなか勝負にいく気にはなれません。

一時的に増えたチップは、やや削られてきてもいました。

そこで私は、いったんバカラは切り上げることにし、ブラックジャックに移動することにしたのです。

テーブル数が少ないのがきつかった

ブラックジャックのテーブル

バカラでプラスになった50万ウォン(約4万5000円)ほどを持って、私はブラックジャックのテーブルへ。

セブンラックのBJは2台が稼働していて、ミニマムベットは5万ウォン(約4500円)~です。

夜になると1台増えて、ミニマム3万~1万がでてくることもありましたが、基本は2台となっていました。

それで、私は安いほうのテーブルに着き、勝ち分を増やそうと意気込んだのですが……まあこれがキツイ。

ブラックジャックには、明確な勝てる流れが存在します。

デッキに絵札が大量に入っているときで、この展開になると、プレイヤー側が有利になります。

ところが、このときの戦況は、ディーラーに強いカードが入ってのプレイヤーバースト連でした。

ディーラー

ノーモアベット

ブラックジャックでバースト

ヒット(カードを引く)&バースト(手とチップは没収)。

勝負のまえに負けが確定してしまい、ディーラーとの決戦にまでたどり着けません。

おまけにこのとき、つぎの問題も起きていました。

「テーブル台数からして移動がしにくく、わるい流れのままゲームを続行しなくてはならない」問題です。

感覚的には、スロットの設定1を打っているような感じ。

そのままやっても負ける気しかしないのに、空いている台はそれしかないので、しかたなく打つ……みたいな。

ミナト

パラダイスシティをメインにすべきだったのか?

このあたりから私は、セブンラックを主戦場にしたのは、失敗だったんじゃないかと思いはじめました。

いい流れ・勝つ流れは、テーブルが多ければ多いだけ発生する率も上がるというものです。

だれかがお金を使ってゲームを進行させ、わるい流れが消化されるからこそ、どこかで勝てる波が出現する

そこで選択肢がすくないとどうなるか?

負け戦の消化作業が自分にまわってきやすくなる……そのように感じられたのです。

テーブル数が多くはないセブンラックは、「ダメそうだけどやるしかない」が起きやすい。

ようは、それだけ負けやすくなる気がしてならなかったのです。

ミナト

これは勝つまえに資金がショートするな……

近場のウォーカーヒルに移動するにしても、あそこも似たようなものなので、意味があるとは思えません。

となるとやっぱりバカラです。

収支がマイナスになったこともあり、私はここで、バカラのテーブルにもどることを決めました。

カジノの魔境(勝てない&負けを取り返すだけ)

途中までは勝っていたものの、BJでやられてしまい、収支は-20万ウォンに。

ミナト

このくらいならまだバカラで……

ところが、あれよあれよと、負けは-80万ウォン(約7.2万円)にまでふくらんでしまいました。

ひと言でいって、勝てない。

勝負の展開は「勝つ」ではなく、またしても「負けを取り返す」です。

プラマイゼロを目指すので精一杯で、プラス域に転じられる気配はまるで感じられません。

魔物

フォッフォッフォッ

「魔境」だ……。

マイナスのすぐ上にあるボーダーラインを越えるのがむずかしすぎる。

目を覚ましたカジノの魔物が、私の足をつかみ、プラスに浮上するのを断固として阻止しているかのようでした。

今後の生活を賭けているそもそものビハインドが、重荷となってのしかかってくるのを感じます。

ミナト

こうなったら、やるか、アレ……

追いつめられた私は、アレを抜くことにします。

伝家の宝刀、一撃での「50%一点突破」でした。

バカラで50%の一撃必殺は決まるか

バカラのテーブル

すでに負けは80万ウォン。いまさら必勝法にたよったところで、状況が好転するとは思えません。

それに私は「カジノに必勝法はない」と思っています。

だったら、一発が決まりやすいバカラで、まずはこの負けを取り返すしかない……。

ベット額は負けと同額の80万ウォン(約7.2万円)。

これをしくじると、つぎからのゲームの賭け金は「最低でも80万ウォン以上」になるリスクがあります。

しかし、そのリスクを覚悟してでも、私は大きな勝負にでざるをえませんでした。

どうも今旅の勝負は、こまかくやると負ける傾向にあって、このままつづけてもジワジワ負けるとしか思えなかったからです。

「チン!」

ディーラー

ノーモアベット

私はPLAYERに、10万ウォンチップを8枚重ねてベットします。

カードを絞る権利は私にあたえられ、PLAYERのカードが2枚、手もとにすべってきました。

もしもミスれば、急転直下で全敗はじゅうぶんにありうる……。

  1. 80万ウォンMISS(計-160万ウォン)
  2. 160万ウォンMISS(計-320万ウォン)

たったのこの2ステップで、私はまたしても瀕死状態になってしまうのです。

ミナト

だからたのむ……!

一撃必殺を賭けた1枚目……これはツーサイドで「4」でした。

そして運命を決する2枚目は…………

バカラでプレイヤーの合計が6

これは「2」で、PLAYERの合計は「6」という数字に!

PLAYERの合計「6」はスタンドなので、すべてはBANKERしだいです。

けっこういい数字だし、これはもらったか……!?

BANKERはディーラーがオープン!

つづいてBANKERのターンです。

このときBANKERにベットしている人はいなかったので、カードはディーラーがオープンします。

ディーラー

……(ペラッ)

バカラでバンカーの最初の2枚の合計が4

最初の2枚の合計は「4」。

ということは、勝負は3枚目で決することになります。

「2」がでれば引き分け。「3~5」がでれば私の負けです。

つまり、それ以外の13分の9(69%)で勝てる。

ゲキアツといってもいいこの勝負、これは、さすがにもらっただろう……!?

ディーラー

……

ディーラーがカードを1枚引いて、

ディーラー

……(ペラッ)

そのまま3枚目をめくりました。

…………。

バカラでバンカーの合計は4

と、ここはピクチャーで、BANKERの合計は「4」のまま!

PLAYERウィン! 一撃必殺はみごとに成功です!!

カジノでの確率は、けっこうあてにならない部分もあるので肝を冷やしましたが、やはり70%はダテじゃない。

私の頭のなかで、試合終了のゴング音が鳴りひびきました。

これ以上の勝負をする気はしなかった

カジノのバカラで増えたチップ

50%を突破し、なんとか私は、またもや窮地をしのぐことができました。

チップが清算され、この時点で収支はプラマイゼロに。

ただ、これ以上の勝負をする気は、もう私にはのこっていませんでした。

ミナト

負けを取り返せただけでもじゅうぶんすぎる……

プラマイゼロにもどれたなら、そこからプラスを目指さなければ、生活費をかせぐ目的は達成できません。

しかしこれ以上の勝負をつづけても、勝てる気がしなかったのです。

……まったくといっていいほどに。

というか、むしろ勝ったよ、いま。

負けを取り返せたことで、勝ってもいないのに、勝った気分になってしまった私。

それなら、あそこに行こう。

カジノで勝ったら行こうと思っていた「あの場所」に……。

こうして私は、勝負はいったん切り上げることにし、あそこに向かったのです。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次