脳と腸が相互に作用する関係「脳腸相関」とは

脳と腸はお互いに影響を及ぼし合う関係にありますが、そこに腸内フローラも加わり、精神疾患治療の新たな可能性が見出されようとしています。

前回は腸内フローラを構成している腸内細菌が、体や心の状態にも関係しているということを見ていきました。「脳」は自律神経を介して腸に影響を与えますが、「腸」もそれと同じように脳に影響を与えます。そしてこの脳と腸との相互作用には腸内細菌も関わる事が明らかになってきているのです。

腸は第二の脳

太古の昔、地球上に誕生した生物は消化器官、つまり「腸」を備えてはいましたが、その時はまだ脳は持ち合わせていませんでした。
生物が進化の過程で脳を獲得したのは、それからずっとずっと後の事です。
当時の生命体がその状態で生を存続し進化を続けてきたのは、消化器官に「生きる意思」があったからなのかもしれません。

私たちが持つ「腸」は、脳からの指令がなくても自らの意思で判断し、24時間絶えることなく私たちの生命を維持するために働いています。
例えば、食べた物が腐っていたり有害な菌を持っていた時に私たちが吐いたり、下痢を起こしたりするのは、腸が自らの意思で危険と判断し、私たちの体に害を及ぼさないように動いた結果です。
腸が「第二の脳」と言われる所以は、腸が自らの意思で活動し、私たちの生命活動を維持する役割を担っているからなのです。

脳腸相関とは

脳は不安やストレスを感じた時や、リラックスしている時、自律神経を介して腸に働きかけ、消化の抑制や消化を促進させたりと、腸の活動に影響を与えます。
また、極度の緊張や不安、ストレスなどが原因となって起きる「過敏性腸症候群」は、腸には異常がないのにもかかわらず腹痛や下痢、便秘を引き起こします。
このように、脳が感じた情報は腸に伝えられ、腸の機能に影響が出ることが分かっています。
また、それとは反対に前回の【腸内細菌が咲かせる花畑「腸内フローラ」と腸内環境】でも見てきたように、腸内環境の悪化は脳の機能にも影響を及ぼします。

脳がストレスを感じることで腸内環境が悪化し、腸内環境が悪化することでさらに脳がストレスを感じる。
このように「脳」から「腸」へ、「腸」から「脳」へと情報伝達が行われ、脳と腸が相互に作用を及ぼし合う関係にあることを「脳腸相関」といいます。

そしてこの「脳腸相関」にも腸内フローラが深く関わっていると考えられています。

腸内細菌と脳腸相関の研究データ

マウスを使った実験では腸内細菌が「脳腸相関」に影響を与える研究結果が報告されています。

拘束されたマウス

腸内細菌(ビフィズス菌ではないもの)を持つマウスと、腸内が無菌のマウスに動けない様にするストレスをかけたところ、ストレスへの反応は変わりませんでしたが、
ビフィズス菌を持つマウスではそれらと比べるとストレス反応の減少が見られました。(※1)

閉じ込められたマウス

腸内細菌を持つ通常のマウスと、腸内が無菌のマウスを狭い空間に閉じ込めたところ、無菌マウスの方に不安行動が多く見られました。
そこで、この無菌マウスにビフィズス菌を持たせたところ、ストレス反応が落ち着き、不安行動が通常マウスと同じ程度になりました。(※2)

性格が変わるマウス

腸内が無菌のマウスに、通常のマウスの腸内細菌を移植したところ、無菌マウスが通常マウスの性質を引き継いだケースがあったといいます。
臆病な性格だったマウスが冒険的になり、逆に大胆な性格だったマウスが内気になったというのです!(※3)

(※1~3)参照:須藤信之 脳の機能に関与する腸内フローラと「脳腸相関」(pdf)

これらの結果からマウスを使った実験では、腸内細菌が精神状態へ影響を及ぼしていることがわかります。また、善玉菌である乳酸菌(ビフィズス菌)が精神状態を改善しているといった結果も出ています。
このような研究は世界でも行われていて、類似した実験はやはり同じような結果がでていることからも、腸内細菌と脳腸相関の関係を見て取る事ができます。

腸内環境と精神疾患

腸内環境の悪化は脳に影響を及ぼし、精神状態への影響や、様々な身体症状を引き起こすことが明らかにされていますが、上記のような研究例からも腸内環境の悪化が精神疾患の原因にもなると考えられているのです。
腸内細菌が生物の行動を変化させるように、腸内細菌が私たちの意思をもコントロールする可能性すらあるといいます。例えば突然野菜やフルーツなど、体に足りていないものを欲したりすることがあるようにです。
腸内細菌は精神疾患の治療を変える、大きな可能性を秘めているのかもしれません。

今回のまとめ

・腸は脳の指令がなくても自らの意思で活動する働きがある
・脳と腸がお互いに影響を及ぼし合う相互作用のことを「脳腸相関」という
・腸内フローラは精神状態に影響を及ぼすと考えられている
 

次回はこれまでみてきた精神疾患治療のための、総まとめを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す