history」カテゴリーアーカイブ

バーテンダーのお仕事(その3)

いっその事ここから飛び降りれば楽になるのだろうか。
虚ろな瞳で高架下を見下ろしながら、毎日のように同じ道を通り過ぎる。
それが通勤中の私の日課となっていました。 続きを読む

バーテンダーのお仕事

自分のような人間に夢を追う資格はあるのか、また迷惑をかけてしまうのではないだろうか。しかし挑戦してみたい感情がそれを上回りました。 続きを読む

再起

トゥルルルルル ガチャッ
「お電話ありがとうございます。受付のミナトと申します」
私は、コールセンターにいました。
続きを読む

儚く散った夢

バーという憧れの世界の門を叩いた私でしたが、その夢はうつ病という精神疾患の前にもろくも打ち砕かれてしまいました。 続きを読む

恩に報いるということ

「ミナトくん、うちで働いちゃいなよ」
夢や希望もなく燻っていた私に、救いの手が差し伸べられました。
続きを読む

バーとの出会い

初めてバーという場所に入ることになった私は、緊張した手で重い扉を開き中に入ります。するとそこには暖かく優しい空間が広がっていました。 続きを読む