パチンコの代わりに別のギャンブル(公営)を趣味にするという荒業も有効

まさに楔を以て楔を抜く。パチンコ以外のギャンブルで依存を弱らせ、余裕が生まれたところで抜き去るという荒療治です。

パチンコに行きたい衝動がどうしても抑えられなくなり、もう禁パチンコなんてやめた、これからパチンコに行くぞ、などと奮い立ってしまうと、禁パチンコを継続させることはかなりむずかしくなる、というよりも、そこでほぼ失敗してしまうと思います。

そのため、そういった状態にならないように、日ごろから対策を打っておくべきなのですが、もうどうにもならないという場合は、パチンコ以外のギャンブルを(一時的な)趣味にすることで、その衝動を抑えるという方法があります。

もはやこの方法は荒療治なので、すべての方におすすめできるものでもないのですが、実際にパチンコから公営のギャンブルに移行している人も多いと聞き、知っておくと役に立つ場合もあるので、今回はパチンコの代わりとなる可能性がある、公営賭博について見ていきたいと思います。

パチンコの売上と遊技人口の推移

パチンコ店は街のいたるところにあるのですぐに行けますが、出玉規制の強化などによってパチンコやスロットは年々勝ちにくくなり、いまやネットで投票できる健全な公営競技もたくさんあるので、そちらに移行している人も多いと聞きます。

この、パチンコから公営ギャンブルへの移行は、パチンコの売上や遊技人口、その他の公営ギャンブルの売上など、公表されている数値の推移を見ると移行するメリットなども見えてくるので、初めにそれぞれの統計を見ていきたいと思います。

まずはパチンコ関連の統計からです。

パチンコの売上推移

(「レジャー白書2018」をもとに作成)

こちらはパチンコの売上(市場規模)推移のグラフです。

かつては30兆円規模と呼ばれていたパチンコ業界は、ここ10年ほどでみごとに衰退の一途をたどり、ついに2017年には大台の20兆円を割り込みました。

パチンコ遊技人口の推移

(「レジャー白書2018」をもとに作成)

続いてこちらがパチンコの遊技人口推移のグラフです。

市場規模と同様に遊技人口も減り、2017年には1000万人を割り込んで900万人と、過去最低を記録しました。しかしほんとうに恐ろしいところは、遊技人口の減少率は深刻であるのに対し、売上はそこまで減っているわけではないという部分にあります。

遊技人口はグラフのとおりで、2008年~2017年のあいだでは、ピークの1720万人から900万人と、じつに47.7%も減少しました。にもかかわらず売上は、ピークの28兆8000億円から19兆5000億円と32.2%しか減っていないのです。

これがなにを表しているのかというと、パチンコ産業を支えるために1人あたりの負担する金額が増えているということです。

「レジャー白書2018」によると、2017年の1人あたりの年間平均費用は8万5100円という結果を得ることができたそうですが、これは18~79歳までの3214人からの有効回答だけから算出したものなので、実際にはこの程度ではすみません。

グラフから計算すると、2017年の1人あたりの消費した金額は217万1000円です。この売上とは、基本的に貸し玉料で計上されたものなので、パチンコ業界の還元率(一般的にいわれている85%とします)を踏まえると、1人あたりの負担額は年間で32万5500円(月2万7125円)となります。

しかしながら、この数字は勝ち越している人も含まれた平均であって、パチンコ業界の還元率85%というのもじつに怪しい数字なのでやはりこれでもすまないでしょう。さらにいうと、パチンコ依存症の人は大半が負け越していると思うので、やはり年間30万円そこらですむわけがないのです。

ちなみに、厚労省が2017年度に行った調査では、ギャンブル依存症が疑われる人の月平均の賭け額は5万8000円だったという結果が得られています。

公営ギャンブル(公営競技)の売上推移

公営ギャンブル(公営競技)とは、公の機関が賭博として開催する競技のことで、近年の公営競技の売上推移は以下のようになっています。

公営ギャンブル(レース)の売上推移

(各省庁等資料をもとに作成)

競輪とオートレースはほぼ横ばいですが、競馬、ボートレース、地方競馬は増加傾向にあり、全体的に公営競技の売上は右肩上がりになってきています。

パチンコユーザーが公営競技に移行しているという話もよく聞きますが、近年では競馬場のテレビCMの放送や、競艇の正式名称を「ボートレース」に変更するなどのイメージアップ戦略が売上を後押ししている部分もあるものと思われます。

競馬に関していえば、2017年の売得金(投票売上から返還金を引いたもの)は約2兆7500憶円でしたが、競馬場の来場者数は約620万人で、実際にネット投票などもあるので参加ユーザーはさらに増え、競馬の総参加数は約1.8憶人でした(JRA公表値)。

それだけの参加数があってもパチンコより売上が低い(パチンコの粗利は2017年は推定約3.5兆円だそうです)ということは、パチンコと比べて公営競技のほうが良心的であるといえる1つの根拠にもなるでしょう。

公営競技の控除率(胴元の取り分)は一般的に20~30%といわれていますが、実質的な控除率がもはや不明なパチンコ店に行くより、上記のデータから見ても、公営競技で遊んでいたほうがはるかにましであることはあきらかだと思われます。

公営競技のやり方、投票券の購入できるサイト

それでは、公営ギャンブルをするためにはどうすればいいのかというと、基本的には投票券を購入して結果を待つだけで、現在はネットで完結するので、わざわざ券売所に買いに行く必要もありません。

公営競技はほぼ毎日、なにかしらのレースが開催されています。

休日なども朝からパチンコ店に行くよりは、パチンコ店の開店と同時、もしくは開店前から投票券を買うなどして、テレビやパソコンでレースの映像を見たり、近所の中華料理屋でビールでも飲みながらレースの結果を見たりしていたほうが、充実した時間を過ごせるに違いないでしょう。

ということで以下、いくつかの投票券を購入できるサイトをご紹介します。

競馬・競輪・オートレース

(出典:オッズパーク公式サイト)

公営競技を始める(投票券を買う)には、「オッズパーク 」に登録しておけば、地方競馬・競輪・オートレースの3種類の投票券は、すべてオンラインでここから購入することができます。

オッズパークは、オッズ(倍率)やレースのスケジュール、予想情報、レース映像(LIVE映像)もすべて無料で利用することができ、年会費や入会費なども無料なので、とても利用がしやすいです。

パチンコと違って投票券も100円から購入できるため、初心者でも安心。1番人気や2番人気などの上位の投票券をちょこっと購入するだけも楽しめますし、それに自宅でレースを観戦していたほうが、パチンコに行くよりも、断然平和な1日になることは間違いないと思います。

慣れてきたら少し足を伸ばして、競馬場に馬を見に行ったりするのもいいでしょう。競馬場は馬券を買わなくても平和に過ごせるいいところですよ。

まずはやってみないとよくわからないと思うので、ためしに投票券を購入してみてください。オッズパークは以下の公式サイトから登録することができます。

ボートレース

(出典:テレボート公式サイト)

水上の格闘技とも呼ばれるボートレースは6艇による競技なので、初心者でも的中しやすいのが魅力の1つ。

投票するにはTELEBOAT(テレボート)というボートレース公式のインターネット投票サービスに登録することで、舟券の購入や、情報を見たり、レースの結果などを見ることができます。

こちらも年会費や入会費は無料で、舟券は100円から購入することができるので良心的。レースのLIVE映像はインターネット中継を利用すればパソコンから観戦することができます。

私も実際にボートレース場に観戦しに行ったことがありますが、迫力があってカッコいいですし、実際当たりやすいですよ。

公営競技がよくわからない場合

公営競技がよくわからない場合は、射幸性がかなり高いのであまりおすすめはできないのですが、当たるんですという高確率の重賞式投票券(ロトくじのようなもの)があります。

当たるんですは、公営競技であるオートレースの1着を4連続で当てるものですが、予想して投票券を購入するのではなくランダムで番号が割り振られるので、オートレースの知識がなくても気軽に投票することができるのが特徴です。

オートレースは1レース8車が出走するので、1着が4連続で当たる確率は8×8×8×8で4096分の1となり、1セット4096口の中からかならず誰か1人は当たるという仕組みになっていて、投票口数を買えば買うほど当選確率が上がるようになっています。

具体的には以下のようになっています。

(出典:当たるんです公式サイト)

当たるんですには、ミニ・メガ・ギガの3種類があり、種類によって1口の値段や当選金が変わってきますが、このように買えば買うだけ当選確率が目に見えて上がっていき、さらに1口の金額もけっこう高いため、射幸性が非常に高いです。

さらにいうと、当選確率も、パチンコやスロットをする人には馴染みのある数字のため、深みにはまってしまう危険性もあります。

しかしミニに限っていえば、10口の5千円であれば、410分の1で143万円が当たり、40口の2万円分購入すれば、103分の1で143万円が当たります。

パチンコで勝つよりも現実に思えてくる数字ですよね。

ミニの場合であれば、4096口購入にかかる金額は204万8000円で、当たりは143万円なので、控除率(胴元の取り分など)は30.2%。

そこから税金がかかるので実際にはもう少し控除率は上がりますが、パチンコで1日に5~6万円ほど失うのであれば、オートレースくじに5000円程度使って、5000円で410分の1を引くほうにかけたほうがまだましなのかもしれません。

ただし、何度もいっていますが、このくじは射幸性が高いので、使った負け分を取り返そうとか、当たるまでやるとか、のめりこんでしまいそうだと少しでも危険を感じたのであれば、手を出さないほうがいいです。

試してみる場合は、当たるんですの公式サイトから登録すれば投票券を購入することができますが、これはとくに注意が必要な公営ギャンブルということができるので、のめり込みには気をつけるようにしてください。

また、当たるんですの抽選が行われるレースは、第9~第12レースの4レースとなっていて、このレースを見ながら楽しみたい場合は先ほどと同様、オッズパークでLIVE映像を見ることができるので、試してみたい方は奥の手ということで、頭の片隅にでも置いておいてみてください。

今回のまとめ

・パチンコよりも公営ギャンブルのほうがましな可能性は高い
・依存症といってもすべてのギャンブルにハマるわけではない
・今度は公営ギャンブルにのめりこまないように注意

パチンコ依存症になってしまうと、ほんとうにパチンコしかしなくなってしまい、一方的な搾取に慣れてしまったりもするものですが、ほかの健全なギャンブルにふれてみると、いかにパチンコが凶悪なものか気づくこともあります。

私の経験上、すべてのギャンブルがパチンコの衝動を呼び覚ますかというと、実際にそういうわけではありませんでした。最初の3か月間ほどパチンコに行きたい衝動を公営競技などで抑えることができれば、あとはわりとすんなりとパチンコから遠ざかることができるかもしれません。

加えて、これも私の経験上、ギャンブル依存症といっても、ギャンブルであればなんでも依存してしまうかというと、それも違ったので、そういった点で考えると、一時的にせよ、それからも続けるにせよ、公営ギャンブルを試してみる価値はあると思います。

「楔(くさび)を以て楔を抜く」とは、固く打ち込まれた楔はちょっとやそっとじゃ抜くことはできないため、ほかの楔を打ち込んでゆるめてから抜く、という意味の言葉です。荒療治といえば荒療治ですが、パチンコの依存は根が深いため、行き詰まっているのであれば、この方法を試してみてください。

ただし、パチンコ以外のギャンブルにものめり込んでしまうようなタイプの方は、手を出さないほうがいい(ほかの方法にしたほうがいい)と思うので、試してみる際は気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。