出会い系サイトの罠

日々パチンコ店へ行っては、勝った負けたを繰り返す日々。
ふとパチスロ攻略雑誌の裏に載っていた出会い系サイトに何気なく登録してみると、とてつもない勢いで沢山の「女性」からメールが届きました。

こんにちは、現役バーテンダーの湊です。
今回は私が、人間不信、特に「女性」不信になった出来事です。
中身は男性だと思いますが・・・
疑うことを知らなかった私はまんまと罠にはまっていきます。

人を食い物にする社会

日々パチンコ店で勝った負けたを繰り返していたのですが、ついに軍資金が底を尽きます。
またやることがなくなってしまった私は、ふと目についた攻略雑誌の裏に載っていた出会い系サイトに暇つぶしで登録してみるのでした。

出会い系サイトへ登録

私が登録した出会い系サイトは「完全無料」と謳っていました。確かに後々よく調べてみると「完全無料」だったのですが、そこには「同時登録」という罠が仕掛けられていました。
同時登録とは何かというと、完全無料の出会い系サイトAに登録すると、勝手に詐欺出会い系サイトB、Ⅽに登録され、その詐欺サイトから大量のメールが送られてくるというもの。
当時は人を疑ったり、騙したり、騙されたりだとか、そういったものとは無縁のような人間だった私はまんまとその詐欺サイトに騙されました(笑)
登録した途端に鳴りやまない携帯をみて私は思いました。

「ついに自分にもモテ期が・・・??それとも若者には需要があるのか!?」

赤面症のせいで女性が苦手だった私は舞い上がっていました。このあと地獄をみるとは知らずに。

出会い系サイトの料金

どれくらいの頻度でメールがきていたかというと、大体ですが朝から晩まで20分に1通、1日20~30件はメールが溜まるような状況です。
メールの送り主は様々で、自称女医や、自称経営者自称人妻などまさに多種多様。既にこの頃には「完全無料」の方のサイトのことなど忘れてしまっていました。
ちなみにこの出会い系サイトですが、全てにおいて料金が発生します。気になる方のためにまとめてみました。以下をご覧ください。

メール送信   ・・・30pt
受信メール開封 ・・・10pt
プロフィール写真をみる・・・50pt
直アド交換   ・・・500pt
直電話番号交換 ・・・750pt

 
大体これぐらいだったと思います。ちなみに1pt=10円です。
なのでメール1通のやりとりに400円、直アドレス交換(絶対にできない)は5000円でした(笑)
完全に浮かれていた私はパチンコのせいで金銭感覚が狂っていたこともあり、女性らしき人物達とのメールのやりとりに勤しんでいました。しかし、見ての通りですが値段設定が馬鹿げていますので、当然ですがあっという間に所持金が底を尽きそうになってしまいます。
そこで私は思いました。「お金持ちの人に助けてもらうしかない・・・」

10万円援助します・・・

「人妻です。旦那はいつも仕事で私は一人ぼっち・・・お金には困っていないので、10万円差し上げます。宜しければお茶でもいかがでしょうか・・・?」

ちなみにこれは「逆援助系」という詐欺で、私はお金持ちだから、遊びに付き合ってくれたらお金をあげるわよ(大嘘)というものです。
所持金的に追い詰められていた私には冷静な判断などできる状態になく、この逆援助系の1人に助けを乞うことにしました。
一度所持金が底を尽きたのですが、うまい具合に引き伸ばされ、今更後には引けない私は弟のへそくり3万円を勝手に借ります。もはや退路はありませんでした。
そしてようやく会う約束を取り付け、当日を迎えます。

17時、駅で待ち合わせ。
しかし30分経っても、1時間経っても相手は現れません。
途中何度かメールを送るも反応もありません。
2時間ほど待ちましたが、結局その日相手が現れることはありませんでした。

弟に一刻も早くお金を返したかった私は、失意の中帰宅します。
その夜、待ち合わせていた人物からメールが届きました。

「ごめーん、今日待ち合わせ場所行ったんだけど、どこにいるのかわからなかったから帰っちゃった」

「・・・???」

私はこの時完全に騙されていたことに気が付きました。
弟にはすぐお金は返すから、もうすぐ返せるからと何度も言っていましたが、その当てがなくなったどころか、ただ騙されて金を搾取されていただけだったとは。

私は頭を抱え、途方に暮れるしかありませんでした。

スポンサーリンク

コメントを残す