出会い系サイトの罠(その2)

「私ならお金のこと、なんとかできるかもしれない」
この言葉、果たして信用できるのか。
しかし私には選択肢はありませんでした。金のために。

前回の続きです。
出会い系サイトで6万円ほど騙し取られ、しかも半分は弟のお金を勝手に借りていた私は、なんとしても弟に借りた分だけでも工面する必要がありました。
そこで現れた金を工面してくれるという女性。私は疑うこともなくその女性を信じ、会いに行くことにしますが・・・

うつ病発症の引き金

私は騙されたことを受け入れられずにいました。しかし所持金が底を尽いていたため、何もできません。弟に嘘をつき通すのも、もう限界か。そう思っていた矢先1通のメールが届きました。

「暇」

「??」

誰だこいつは・・なんだ暇って・・・そう思いながらメールを開いてみると、元々登録していたサイトに繋がりました。この時私は最初に登録したサイトこそが完全無料であったことを知ります。そしてこの女性に出会い系サイトの実情を教えてもらうことになります。

レンタルする少女

この女性は出会い系サイトは数年前からやっているらしく、生活費のためなのか遊ぶお金欲しさなのかはわかりませんが、そういった目的でサイトを利用していると言っていました。
今で言うところのレンタル彼女のような事をしていたそうです。
ちなみに内容にもよりますが、女性が掲示板に投稿すると1日に100通は男性からメールがきていたそうです。女性は何もしなくても男性から大量に連絡がくるのが無料サイト。悪質サイトとは真逆ですね。

「あんた騙されてるよ。だからもう有料のサイトは使わないほうがいいよ。あと、あまりにも可哀想だから私がお金貸してあげる」

貴女が神か・・・
しかし彼女が自分の身を削って稼いだお金を私は借りていいものなのか、金が必要だとはいえ。煮え切らない私に彼女はいいからと日時と場所を指定してきます。私は必ず返すことを約束し、彼女に頼ることにしました。
指定された日の前日の夜、彼女から連絡がありました。

「実は親友に相談したんだけど、わたしは騙されてるって。そんな知らない男にお金貸しに行くんだったら絶交するって言われちゃって。だから、ごめん。やっぱりお金貸せなくなっちゃった」

悲しい事ですが、社会で生きていくためには何でもかんでも鵜呑みにしていては悪意を持った者の喰い物にされてしまいます。私は騙す気などありませんでしたが、彼女の判断は正しかったと思います。
私はまた振り出しに戻りました。

数撃てば当たる戦術

「事情を説明して手あたり次第当たれば誰か助けてくれるかもしれないよ。だから頑張って!私ができるのはここまで」

彼女は私が騙されていたことを教えてくれました。それだけで十分でした。むしろ親友の方に迷惑をかけてしまったことを申し訳なく思ったほどです。
私は彼女の助言を信じ、文章を打ち込む親指の痛みを堪え、登録されている女性へ片っ端からメールを送ります。
結果、何件か脈のある返事が返ってきました。その中の一人と話は進んでいきます。
ちなみにこの数撃てば当たる戦術は出会い系サイト攻略の基本戦術とされています。

「私なら、お金のことなんとかしてあげられるかもしれない。相談にのってあげるから一回会おうよ」

私は安堵のため息をつきました。
これで全てが終わる。全て元通りになるんだ・・・
地獄への入り口に足を踏み入れた瞬間でした。

開かれた会合

この女性は自称30歳の既婚者で、子供が3人いると言っていました。そんな人が出会い系サイトなんてやっていていいものなのかと思いましたが、お金に困っている現状をなんとかしてくれるというので助けてもらうことにします。
待ち合わせの日取りは決まり、自宅の近くの大きな駐車場まで迎えに来てくれるとのことでした。
そして当日を迎えます。

午後10時、集合場所につきます。向こうは既に着いているとのことでした。車の特徴は事前に教えてもらっていたため、その車を探します。
見つけました。その車の横まで歩いていき、ドアの外から中を覗き込みます。

「・・・男!?」

私は心臓の高鳴りを抑え、一旦車から離れます。まさか、はめられたのか。美人局なのか。でも私にお金はありません。
少し離れた場所から電話をかけてみると、車の中で電話に出る姿が確認できました。私は再度車のもとに向かいます。
あまりの体の大きさに男性かと思いました。おそらく年齢は30代後半~40代前半でしょうか。

「こんばんは、少し話しながらドライブしよっか」

車は動き出しました。

色欲に溺れた毒牙

「ちょっと話そうか」

既婚女性はそう言うと川沿いに車を停車しました。私もお金の事をなかなか切り出せず、長い沈黙が訪れます。先に沈黙を破ったのは既婚女性でした。

「私のこと好きだからきたんでしょ?

「・・・!?」

何を言っているのか私には理解できませんでした。絶句している私を尻目に既婚女性は鼻息荒く迫ってきます。車内という密室で私に逃げ場はありません。迫りくる巨躯の物理的なプレッシャーは凄まじく、私は恐怖で身動きが取れませんでした。
この時私は電車内で痴漢に遭うも、恐ろしくて声が出せずに動けない女性の気持ちを理解しました。

完全にはめられた──。私は金を工面してやるという甘い言葉の罠に引っ掛かり、捌け口として利用されただけでした。
そもそも本当にお金を貸してくれるのかすら怪しいこの状況で、私に残された選択肢は一つしかありませんでした。
──逃げるしかない。

私は自分の体をまさぐる既婚女性の手を振り払い、車から飛び出しました。一瞬あっけにとられた隙に私は一目散に逃げ出します。

「待て!!」

背後から怒号が聞こえるも私は振り向かずに、ただ一心不乱に走り続けました。

悪夢のあと

その後、私は出会い系サイトを退会し、お金は親にパチンコで使ってしまったと嘘をつき、弟に借りていた分を親から借りるという形で補填してもらいました。
悪夢から生還した私の心は酷く傷つき、その日あったことがフラッシュバックする度に気持ち悪さや吐き気を催し、生きることをやめてしまいたいと思うようになりました。
今思えばPTSD(心的外傷後ストレス障害)のようでもありますが、この経験が私がうつ病を発症する直接のきっかけとなったのではと思います。

そしてこの育ちの地である、第二の故郷を去る日がやってきました。

スポンサーリンク

コメントを残す