【金額別】パチンコの借金をギャンブル依存者が返済する方法&その平均期間

パチンコなどによってできた借金を完済することがギャンブル依存症克服への近道。その手で未来を切り開いてください。

パチンコ・スロットなどにのめりこむギャンブル依存症になってしまうと、ほぼ例外なく借金に手を出してしまうと思うのですが、この借金こそが、依存症の克服をさまたげ、症状を加速させるトリガーとなっていることは、もはや明白な事実だといえるでしょう。

したがって、パチンコへの依存を断ち切り、泥沼の借金地獄から抜け出すためには、まずは借金の完済を目指さなければならないのですが……まあとにかくこれがむずかしい。

ギャンブル依存症を患っている状態での借金の返済が、ひと筋縄ではいかないことは、おそらく皆さんもその身をもって知られていることと思いますし、元重度の依存者だった私も、長年にわたってこの地獄から抜け出すことができずにいました。

しかし、あきらめなければ、かならず借金は完済できます。ギャンブルのない本来の生活を、取りもどすことはできるのです。

今回は、パチンコなどのギャンブルによってできた借金を返済する方法について、借金総額などの独自の観点から決定づけた「返済難易度別」でご紹介しながら、借金の返済にかかる平均期間や費用(利息)、そして完全自力での返済がむずかしい場合に取るべき方法についてもご紹介していきたいと思います。

借金の返済難易度の決定基準

今回、借金返済の難易度を決めるにあたっては、純粋にギャンブルによってできた借金の総額と、とくに平均年収から算出した毎月の返済額を指標とすることにしました。

というのも、返済の難易度は人それぞれの収入状況などによって大きく変わるため、当然ながら収入が多ければそのぶん返済はらくになりますし、収入がすくなければ、そのぶん返済はきびしくなるからです。

平均年収に関しては、国税庁によって発表された、「平成30年分民間給与実態調査結果について」を参考に算出することにしました。

月々の返済額の基準

国税庁によると、平成30年の平均給与は以下のとおりとなっています。

 人数給与賞与
正規3322万人406万円97万円
非正規1167万人170万円9万円

ここから賞与をふくまないひとりあたりの年収を算出すると、344万6000円となり、これを350万円として考えると、保険料や税金を引いてのこる金額、つまり手取りの年収は約274万円(月収に換算すると22万8000円)となります。

これだけあれば(なんとか切り詰めれば)、月7万円以上は返済にまわせるはずなので、メインの指標となる月々の返済額は7万円ということにしたい……ところですが、私の経験上、順調に返済だけをつづけるのはひじょうにむずかしく、毎月利息だけしか払えていないということもいたってふつうに起こりうるため、じっさいはいいところでその半分、3万5000円としました。

これだけ毎月進めば、たいしたものだと思います。

ちなみに賞与を抜いたのは、ギャンブル依存症の方には、「基本的にお金に余裕がない」という共通点があると思うからです。

らくしてお金がほしい、遊ぶお金が欲しい、現在の収入に不満がある。

そういった慢性的なお金に対する不足感があり、その欠乏感を満たしてくれるが、パチンコなどのギャンブルであったりもします。そう考えると、お金がないほどギャンブル依存症になりやすいということもできるため、賞与(ボーナス)はなしとして計算するくらいがちょうどいいと判断しました。

当然ながら、私もボーナスをもらったことはありません。

借金の総額と難易度ランクの基準

借金の総額に関しては、まずは「総量規制」といって、消費者金融などからのキャッシングは、年収の3分1までしか借りられないことになっています。さきほど算出した年収350万円から考えると116万円、約120万円までは借りることができると計算することができます。

消費者金融は、借入の希望額が50万円以下であれば収入証明書は不要。これは複数の業者から借り入れる場合でも変わらない(と思われる)ので、100万円くらいであれば、じつは収入状況が不透明でも、簡単に借りることができてしまうのです。

そこで、それらを考慮したうえで、返済難易度の総額ボーダーは120万円とし、それを基準に難易度(ランク)を分けていくことにしました。

なお、クレジットカードのショッピング枠や銀行系のカードローンは、総量規制の対象外となっているため、それ以上に借金をすることができます。120万円以上の返済難易度については、そういった借金もふくまれるものと考えることにしました。

イブスター店長
イブスター店長

では、そろそろキメてもらおうか。華麗に借金の返済を

難易度B:借金総額70万円以下

借金総額が70万円以下

それでは、ここからは、借金の返済方法と難易度を、金額別で見ていきましょう。

まずは最低ランクのB難度、借金総額70万円以下ですが、この程度だったらまだだいじょうぶ、と思っているとあとで地獄を見ます。

このラインは私の経験上、借金をぶじに返済するまで一直線となるか、借金を増やして泥沼となるかの分かれ道。

まだ自分ひとりの力でなんとかなるレベルだと思うので、気をゆるめずに、さっさと借金は返済して、金融業者とはオサラバしたほうがいいですよ。

70万円完済までにかかる平均期間と費用(利息)

借入金利月返済額返済回数利息合計
70万円18%3万5000円24回13万8462円

ちなみに70万円の借金でも、完済するまでには、2年間もの歳月と約14万円もの利息が必要となります。それだけ借金を返済するというのは、つらくけわしい道のりなのです。

パチンコで勝てば70万円くらいなら……といったあまい考えは捨て、現実に目を向け、すこしずつ借金を返済していきましょう。このレベルなら、かならず完済できますよ。

また、変な話、毎月3万5000円をキッチリと返済にまわすことができ、最大の目的をギャンブル依存症の克服ではなく、借金の完済とするのであれば、パチンコに行きながらでもいいのかもしれません。

しかし、パチンコに行ってしまうことで借金の返済がとどこおったり、返したお金を使ってしまう(また借り入れてしまう)ようなことがいちどでもあれば、それは「泥沼化の予兆」だといえるので、そのようなときは、パチンコに行かないための対策も同時に進めていく必要があるでしょう。

難易度A:借金総額70万~120万円

借金総額が70万~120万円

つづくA難度は70万~120万円。このあたりから、返済はかなりきつくなってきます。

体感的には、第1段階の90万円オーバー、第2段階の3桁オーバー、そして第3段階のボーダーライン120万円と、段階を踏んで、返済が一気につらくなっていくのではないかと思います。

長い目を見ればの話、まだギリギリのところで、ひとりの力だけでもどうにかなることはなるでしょう。しかしできることなら、このレベルの借金があるのなら、理解者の協力を得たほうがいいと思います。

もっとも、勘違いをしてはいけないのが、その協力というのは、借金を肩代わりしてもらうことではなく、たとえば給料日に、すべての振り込みをきちんとおこなっているかをその場で確認してもらうといった、間接的な協力だということ。

借金の肩代わりは、単純に現時点での借金が倍になると思っていたほうがいいです。絶対にこれだけはやってはいけないですよ。

関連記事

借金を肩代わりしてもらうのは危険!
【共倒れ】パチンコ依存症での借金でも家族に肩代わりさせるのは絶対NG

120万円完済までにかかる平均期間と費用(利息)

借入金利月返済額返済回数利息合計
120万円18%3万5000円49回49万7620円

ボーダーラインの120万円を月々3万5000円の返済でいくと、約4年間と約50万円の利息が必要となってきます。

私の場合、当時は消費者金融3社からお金を借りていて、借金の限度額はちょうど120万円ほどでしたが、上限の到達から完済するまでには最低でも7年以上はかかり、支払ってきた利息もおそらく100万円を超えました。

それだけ、ボーダーラインの120万円を完済するのはむずかしいのです。

ただし、これは不可能な数字ではないですし、パチンコに行かなければ、もっと早く完済することもできる金額です。

給料日に決まった金額をきっちり返済にまわし、地道に返済していけばかならず完済できます。以下の「自力返済」に書いてある方法なども参考に、できることなら毎月の返済額を増やすなどして、完済を目指してください。

難易度S:借金総額120万~200万円

借金総額が120万~200万円

S難度は120万~200万円。ほんとうにきびしいレベルへの突入です。

借金がボーダーラインの120万円を超えてしまうと、もちろん収入状況にもよりますが、自力での返済がかなりきびしくなることは、これまでの難易度を見てきたとおりでいうまでもありません。

ちなみに私の場合、じつはパチンコによる120万円以外にも借金(奨学金)があり、そちらも合わせると、軽く数百万円を超えていたのですが、そちらの返済はストップさせていました。

なぜなら、私の収入状況では、120万円ですでに限界に近かったからです。

200万円完済までにかかる平均期間と費用(利息)

借入金利月返済額返済回数利息合計
200万円15%3万5000円101回152万9553円

200万円の借金を月々3万5000円で完済しようとすると、約8年間と約150万円の利息が必要となります。

どうしてここまで返済生活が長引いてしまうの? と思われる方も多いかもしれません。その理由は単純で、ある程度借金がまとまった金額になると、利息もえげつない金額になるからです。

200万円を15%(しかもこれまでから3%減)の金利で借りるとすると、1か月に発生する利息は「200万円×0.15÷365日×30日=2万4657円」と、毎月約2万5000円が借金をしているだけで消えていきます。

このレベルを自力で返済するのは、あまりにもキツすぎるといえるでしょう。借金問題がここまで進んでしまっている場合は、利息を安く抑えられる方法もあるので、そういったものの利用を検討したほうがいいかもしれません。

CHECK

利息の計算式:(借入総額)×(利率)÷(365日)×(30日)=(1か月分の利息)

まずはおまとめローンを検討

おまとめローンとは、複数社の借金を一本化して利息を安く抑え、返済専用にすることなどもできる、その名のとおりローンのおまとめサービスのことをいいます。

これを利用することができれば、現状よりも利息が減る可能性があり、返済もひとつにまとめられるので、このレベルの借金がある場合は、まずは借り入れをしている消費者金融などに申し込みをしてみたほうがいいかもしれません。

申し込み自体は会員ページなどからできるようになっているはずなので、借入先が複数ある場合は、まずは申し込みだけでもしてみてはいかがでしょうか?

借金自体の減額を診断できるシミュレーターもある

ただ、このおまとめローンには少々問題点もあり、じっさいに申し込んでみればすぐに判明するかもしれませんが、とくに大手のおまとめローンは審査がきびしく、すべて審査落ちとなってしまうこともめずらしくはありません。

なぜなら、このレベルまでくると、多重債務状態におちいっていることも多く、信用情報から見て信用できないと判断されてしまうから。

そうなってしまうと、借金の返済におわりが見えなくなってしまいますが、そんなときは、大手のおまとめローンよりも、完済までの道のりを短縮できる可能性が高い「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」の利用をおすすめします。

こちらは札幌・東京・大阪・広島・福岡・沖縄の6都道府県に拠点を置く「司法書士法人みつ葉グループ」による無料の借金減額シミュレーターで、4つの質問に答えるだけで、借金自体を減らせるかを診断してもらうことができるというもの。

結果は要電話回答となっていますが、ほぼほぼ審査落ちするといってもいい大手のおまとめローンよりもはるかに希望が持てるものなので、おまとめの選択肢が消えてしまったときは、ぜひ利用を検討してみてください。

難易度SS:借金総額200万~300万円

借金総額が200万~300万円

SS難度は200万~300万円。不可能に近いレベルといってもいいかもしれません。

まず、このレベルになってくると、さきほどと同様、利息が尋常ではない金額になってくるため、高額な金利、すくない月々の返済額ではまともに返済が進まず、毎月利息を払うだけとなってしまいます。

参考までに、300万円を15%の金利で借りているとすると、1か月にかかる利息は以下のとおりとなります。

借入金利利息合計
300万円15%3万6986円

1か月の利息は3万6986円と、約3万7000円もの金額が借入の元本とはべつに発生することになり、この状態では、返済が進まないどころか、利息分でお金が足りないという事態におちいってしまうのです。

ようするに、返済が永遠におわらないということ。

このような状態であれば、高額な利息をすべてカットできる可能性が高い「債務整理(任意整理)」を検討したほうがいいと思います。

任意整理の利用を検討

債務整理とは、借金問題で困っている人のために設けられた、借金地獄からの救済措置のことをいい、もっともデメリットがすくない「任意整理」であれば、基本的には利息をすべてカットすることができ、借金の元本だけの返済にしてもらうことができます。

たとえば300万円の借り入れがあった場合、任意整理は最長で5年(60回)に分割して返済することができるので、月々5万円を返済することにすると、任意整理の利用前後では、以下のように返済状況が変化します。

 借入金利月返済額返済回数利息合計
任意整理前300万円15%5万円112回259万7717円
任意整理後300万円5万円60回

任意整理を利用すれば、単純に考えて返済期間が約半分になり、約260万円もの利息を払わずにすむということです。

借金の総額がここまでいっていないにしても、返済がまったく進まない、何年ものあいだ借金をしている、ゴールがまるで見えない、という場合は、相談だけでもしてみることをおすすめします。

任意整理であれば、全国から利用することができ、相談料は0円、着手金・報酬金は1.1万~(税込)と、業界のなかでもかなり安く、親しみやすいと評判の「新大阪法務司法書士事務所」がおすすめですよ。

新大阪法務司法書士事務所

難易度SSS:借金総額300万円以上

借金総額が300万円以上

SSS難度は借金総額300万円オーバー。高額な利息付きでは、ほぼ不可能なレベルともいえるでしょう。

借金総額が300万円であれば、それなりの収入があれば、まだなんとかなるかもしれません。しかし、それが400万円、500万円というレベルになってくると、返済はかぎりなく不可能に近いケースも出てくるのではないでしょうか?

そうなってしまった場合、もしもさきほどの任意整理ではどうにもならないのであれば、債務整理のなかでもっとも強力な効果を持つ「自己破産」を検討したほうがいいのかもしれません。

最終手段である自己破産を検討

自己破産は借金の返済が不可能であることを裁判所に認めてもらい、借金をすべて帳消しにしてもらうことができる救済措置のことで、それなりのデメリットもありますが、とくにのこしたい財産がなければ、そこまで大きなデメリットもなく、借金を免除してもらえる可能性があります。

自己破産を利用する場合は、裁判所に行く必要があるため、かならず弁護士に依頼したほうがいいです。弁護士事務所であれば、こちらも全国に対応し、自己破産をとくに得意とする「弁護士法人ひばり法律事務所(旧名村法律事務所)」が価格も良心的で、自己破産だけでなく債務整理全般におすすめです。

相談料は無料なので、借金問題がどうにもならずにお困りの方は、まずは相談だけでもしてみる価値はあると思いますよ。

名村法律事務所

今回のまとめ

・借金総額は120万円がボーダーライン
・返済額を決めて返済していける場合は自力での完済を
・自力での返済が不可能な場合はおまとめローン、債務整理を検討

借金地獄から抜け出し、完済のゴールを目指すために徹底しなければならないことは、まず給料が入った時点で、家賃などの必要な経費と返済額を振り込むことです。ここでお金を増やしてから払おうなどと考えていると、返済が進まないどころか、自分の首を絞めるだけとなってしまいます。

借金の返済は、1秒でも早く振り込み、その後はいっさい手をつけないこと。この決まりは絶対にやぶらないようにしたほうがいいでしょう。

どうしてもパチンコに行ってしまう場合は、以下の関連記事でもご紹介しているような、パチンコに行かないための方法を駆使するなどして、「禁パチンコ × 借金返済」を推し進めてみてください。

また、自力での返済が困難となった場合は、家族や恋人に立て替えてもらうのではなく、なにがなんでも自分の力で返済するため、おまとめローンや債務整理などを利用したほうがいいと思います。

返済生活をとおして、お金のありがたみや、価値観なども変わっていきます。それは今後の人生を変えていくことに、かならずやつながっていくことでしょう。

自分のつくった借金は自分で返す。これが、ギャンブルにおける借金返済の鉄則だと思いますし、依存症を克服するための第一歩にもなると思いますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。