ギャンブル依存症を克服するまでの経緯(体験談その1)

ギャンブルをやめてから約一年が経過しました。しかしこの一年という期間は、ギャンブル依存症克服のスタート地点にようやく立てた期間だと私は思っています。

こんにちは、現役バーテンダーの湊です。
私は10年以上に渡りギャンブル依存症に苦しめられてきました。おそらくこれまでにギャンブルで失った金額は800万円を優に超えていると思います。
そんな私がどのようにしてギャンブルをやめることができたのか、このギャンブル依存症のカテゴリーでは私がギャンブルをやめるに至った経緯・方法や、ギャンブル依存症についてを書いていきたいと思います。

私はこうしてギャンブル依存症になりました

18歳の時初めて行ったパチンコ店で10万円ほどお金が増えてしまった事がきっかけとなり、私はそれからギャンブルにのめり込んでいきました。
大学へ進学すると大学へは全く行かないようになり、一番多い時で週に6~7日はパチンコ店に入り浸っていました。負けてギャンブルをするためのお金がなくなった時は消費者金融や学生ローンからお金を借りてパチンコ店へ行き、借金を返済するために時給の高いパチンコ店で働き始めました。
アルバイト先は見事にギャンブル好きしかおらず、アルバイト仲間に誘われてパチンコ店へ行ったり、アルバイトが終わってから麻雀に誘われたり、生活の大半がギャンブルで埋め尽くされていました。

そしてギャンブルをすればするほど、パチンコ店へ行けば行くほどお金はなくなっていきます。ギャンブルで負けたお金を取り返しに行こうとパチンコ店へ行くも、再び負けてお金を失う。ギャンブルでできた借金を返すためにパチンコ店で働いて稼いだお金も、再びギャンブルに消えていく。
本来行かなければならない大学へは全く行かず、借りている奨学金だけが学費のために無駄に消えていき、さらにはその奨学金もギャンブルのために手を付けてしまう。

この頃になると10代前半から患っていた対人恐怖症が悪化し、大学の友人、教授、古くからの地元の友人でさえも話す事ができなくなってしまいました。自宅にいると自分の人生を悲観し、人生を終わらせる事しか考えられなかったため、その辛さから、現実から目を背けるために私はパチンコ店へ行きました。
ギャンブルをしている間は何も考えなくて済んだのです。お金の事や、人生の事、嫌な事は何も考えずにただレバーを叩いてボタンを押し続けるだけ。しかしパチンコ店を出るとさらに増えた借金を直視することになるため、それは急激に私を現実へと引き戻しました。現実に引き戻された時の私はいつも酷いうつ状態になっていました。

最初は楽しかったギャンブルも、次第に辛いことや辛い現実から目を背ける「依存対象」となってしまっていたのです。しかしそれは現実をさらに辛いものにするだけでした。

ギャンブルをやめるまでの経緯

ギャンブル依存症と対人恐怖症、うつ病が複合していた学生の頃が一番ギャンブルへの依存度が強かったように思います。この頃できた100万円近い借金は一部奨学金から借りていた分の返済を後回しにすることでなんとか返済することができ、その後私は大学を中退し飲食店に就職します。
二度と消費者金融からはお金は借りないと心に誓うも、一人暮らしをするための資金が足らず、30~40万円ほどを再び消費者金融からお金を借りました。

飲食店での仕事はそもそも休みがほとんどなく、肉体的・精神的な疲労が常に限界状態にあったのでギャンブルをする時間はほとんどありませんでしたが、それでも1~2週間に1回は時間を見つけてパチンコ店へ行っていました。
約一年間耐え続けた飲食店での仕事もついに限界を超えてしまい、仕事を辞めると私は再びパチンコ店へ入り浸ることになります。
飲食店で働いた給料から借金は返済していたため、残りは15~20万円ほどになっていましたが、スロットやこの頃競馬にも手を出し、借金は一気に借り入れ限度額の80~90万円ほどにまで膨れ上がりました。

このままでは生活が立ち行かなくなってしまうという危機に私は焦りを感じ、稼ぎが良かった派遣社員として私は働き始めました。
この時私は2社の消費者金融からお金を借りていて、派遣の仕事をしている間に3社目の消費者金融と契約し、最大で110~120万円ほどまで借り入れが可能となっていました。

派遣の仕事が少し落ち着いた頃、私はバーテンダーとして働き始めます。
バーテンダーとして働き始めて1年目は精神的に本当に辛く、現実から目を背けるためにギャンブルへの依存は再び加速していきました。
この頃になるとやや落ち着いていた対人恐怖症の症状が再び悪化し、仕事中にお客さんを目の前にすると吐き気を催すこともあり、それに伴ってうつ病の症状も悪化していきました。
しかし、その後訪れる転機により私は自身に起きている精神疾患を認識し、治療に向けて動き出したことで対人恐怖症・うつ病を克服することに成功します。(厳密に言うと克服というよりも症状が限りなく抑えられている状態です)

そしてそれに伴ってギャンブル依存症も、辛いことから目を逸らし、現実を逃避するためにギャンブルをするということはなくなっていったのですが、私の認識が甘かった事もあり、次第にギャンブルは違う存在へと変貌を遂げてしまいました。
ギャンブルは娯楽の域から大きく逸脱した、身を滅ぼしながら生活資金を賭ける遊戯へと変わっていってしまったのです。

娯楽の域を超えた遊戯

私はバーテンダーとして仕事を続けるため、生活基盤のため、そしてギャンブルによってできた借金の返済のために朝からも別の仕事をしていました。
バーテンダーとして働き始め、対人恐怖症・うつ病を克服するまでの間にギャンブルによってできた借金はほぼ限度額の120万円ほどで、対人恐怖症・うつ病を克服することに成功したあとは借金の返済生活が始まりました。

バーテンダーの勉強をする費用はある程度は仕方がなかったので、それ以外の生活を可能な限り切り詰め、毎月7~8万円ほどを返済に充てていました。借金が120万円ともなると、借りているだけで毎月の利息が単純に考えると2万円近くにもなります。
出来る事なら金利の安いおまとめローンなどで借金を一本化したかったのですが、審査が通らず、私は仕方なく高い利息と借金の元本を毎月返済していくことにしました。

この時は、返済を続ければ少しずつ借金の元本も減っていくので次第に利息も安くなりますし、2年間もあればなんとか借金を完済できるだろうと高を括っていました。
しかしギャンブル依存症はそこまで甘いものではないということを、その後私はこの身を持って痛感することになるのです。

次回へ進む 
10年に及ぶギャンブルへ依存した生活からの解放(体験談その2)

【関連記事】
ギャンブル依存症になってからバーテンダーになるまではカテゴリーhistory借金生活の始まり以降に書いてあります。

スポンサーリンク

コメントを残す