ギャンブル依存症になった経緯と、依存症を克服するまでの体験談

約10年間に渡って借金を背負い続け、高額な利息だけを払い続け、それでもパチンコに行き続けた元ギャンブル依存症者の、依存症を克服するまでの体験談です。

私は10年以上に渡りギャンブル依存症に苦しめられてきました。特にこれまでにパチンコで失った金額は1000万円を超えていると思います。
そんな私がどのようにしてパチンコをやめることができたのか、このギャンブル依存症のカテゴリーでは私がギャンブル(主にパチンコ・パチスロ)をやめることに成功した方法や、ギャンブル依存症について書いていきたいと思いますが、その前に今回は私がギャンブル依存症になってしまった経緯や、それを克服するまでの10年以上に及ぶ体験談をお話ししたいと思います。

私はこうしてギャンブル依存症になりました

18歳の時初めて行ったパチンコ店で5千円が10万円に化けた事がきっかけとなり、それからというもの私はギャンブルにのめり込んでいきました。
大学へ進学すると大学へは全く行かないようになり、一番多い時で週に6~7日はパチンコ店に入り浸り、負けてパチンコをするためのお金がなくなった時は消費者金融や学生ローンからお金を借りてパチンコ店に行き、借金を返済するために時給の高いパチンコ店で働き始めました。
アルバイト先は見事にギャンブル好きしかおらず、アルバイト仲間に誘われてパチンコ店へ行ったり、アルバイトが終わってから麻雀に誘われたり、生活の大半が見事ギャンブルで埋め尽くされていました。

当然のことですが、パチンコ店に行けば行くほどお金はなくなっていきます。
パチンコで負けたお金を取り返しに行こうとパチンコ店へ行くも、再び負けてお金を失う。パチンコでできた借金を返すためにパチンコ店で働いて稼いだお金も、再びパチンコに消えていく。
本来行かなければならない大学へは全く行かず、借りている奨学金だけが学費のために無駄に消えていき、さらにはその奨学金もパチンコのために手を付けてしまう。

この頃になると10代前半から患っていた対人恐怖症が悪化し、大学の友人、教授、古くからの地元の友人でさえも話す事ができなくなってしまいました。自宅にいると自分の人生を悲観し、人生を終わらせる事しか考えられなかったため、その辛さから、現実から目を背けるために私はパチンコ店へ行きました。

パチンコをしている間は何も考えなくて済みました。お金の事や、人生の事、嫌な事は何も考えずにただハンドルを握るか、レバーを叩いてボタンを押し続けるだけ。
しかしパチンコ店を出るとさらに増えた借金を直視することになるため、それは急激に私を現実へと引き戻し、現実を突きつけられた私はいつも酷いうつ状態に。

最初は楽しかったパチンコも、次第に辛いことや辛い現実から目を背ける「依存対象」となってしまっていたのです。
しかしそれは現実をさらに辛いものにするだけでした。

ギャンブルをやめるまでの経緯

私は大学生にして既にパチンコによってできた100万円近くの借金を背負っていました。これは奨学金の一部を返済に回したりすることでなんとか完済することができましたが、パチンコ店に入り浸りすぎたせいで既に大学を卒業することは絶望的。全てパチンコのせいにするわけではありませんが、私は大学を辞めて働く、飲食店に就職するという道を選びます。

飲食店での仕事はそもそも休みがほとんどなく、肉体的・精神的な疲労は常に限界状態にありましたが、それでも1週間に1回は時間を見つけてパチンコ店へ。そんな生活を一年ほど続けるも、肉体的にも、特に精神的に限界を迎えた私は仕事を退職。仕事を辞めて自由になった私は再びパチンコ店に入り浸り始めます。
この頃になると競馬にも手を出し始め、再び消費者金融からお金を借りてギャンブルをするようになり、僅か1か月ちょっとで借金は一気に限度額の80~90万円ほどにまで膨れ上がりました。

当然ですが「無職・借金・ギャンブル」なんていう生活が成り立つ訳がなく、このままでは生活が立ち行かなくなるという危機に私は焦りを感じ、稼ぎが良かった派遣社員として働き始めます。
この時私は2社の消費者金融からお金を借りていましたが、3社目の契約に手を出し、最大で110~120万円ほどまで借り入れが可能となっていました。

関連記事

その内の一社に当時の取引履歴を請求し、利息を計算してみた結果
【消費者金融】プロミスに取引履歴を開示請求する方法と取引履歴の見方

派遣の仕事が少し落ち着いた頃、私はバーテンダーとして働き始めます。
バーテンダーとして働き始めて1年目は精神的に本当に辛く、その辛さから逃げるようにしてギャンブルへの依存は再び加速していきました。
この頃になるとやや落ち着いていた対人恐怖症の症状が再び悪化し、仕事中に吐き気を催すこともあり、それに伴ってうつ病の症状も悪化していきました。

転機が訪れた

心身ともにやつれていた私でしたが、元々行きつけだったバーの店主に悩みを聞いてもらえる場が設けられることになり、それが転機となって、私は自身に起きている精神疾患を認識し、治療に向けて動き出したことで対人恐怖症、うつ病を克服することに成功。(厳密に言うと克服というよりも症状が限りなく抑えられている状態です)

そしてそれに伴いギャンブル依存症も、辛いことから目を逸らし、現実を逃避するためのものではなくなっていったのですが、次第にパチンコは違う存在へと変貌を遂げます。
パチンコは娯楽の域から大きく逸脱した、身を滅ぼしながら生活資金を賭ける遊戯へと変わっていったのです。

借金の返済生活が始まった

私はバーテンダーとしての仕事を続けるため、生活基盤のため、そしてギャンブルによってできた借金の返済のために朝からも別の仕事をしていました。生活を可能な限り切り詰め、毎月6~7万円ほどを返済に充てることにしていましたが、再び限度額まで借りていた借金の総額は約120万円。借金がこのくらいの金額になると、お金を借りているだけで毎月の利息が2万円近くにもなります。
出来る事なら金利の安いおまとめローンなどで借金を一本化したかったのですが、審査が通らず、私は仕方なく高い利息と借金の元本を毎月返済していくことにしました。

この時は、返済を続ければ少しずつ借金の元本も減っていくので次第に利息も安くなりますし、2年間もあればなんとか借金を完済できるだろうと高を括っていましたが、ギャンブル依存症はそこまで甘いものではないということを、その後私はこの身を持って痛感することになるのです。

娯楽の域を超えた遊技

私は3社の消費者金融から3社とも限度額いっぱいになるまでお金を借りていたため、初めの頃は働いて稼いだ分から必要最低限の生活資金などを残し、残りは全て借金の返済に充てていました。が、しかし、その生活は2~3か月と持ちませんでした。

遊びに行きたくても遊ぶお金があるのなら借金の返済に回さなければならない、何か欲しい物があっても、何か食べたい物があっても、何かしたい事があっても、それをするだけのお金があるのであれば全て借金の返済に回さなければならない。
返済生活の初めの頃はそもそもお金をこれ以上借りる事ができなかったので、ギャンブルをしたくてもできないといった状態が続いていたのですが、そんな息が詰まりそうな生活に嫌気が差してきたこともあり、私はこう考えるようになりました。

ギャンブルでできた借金はギャンブルで返そう。
遊びたいお金がないのならギャンブルで勝てばいい。

もはや幻想としか思えない思考ですが、私は生活資金の余りを一旦借金の返済に回し、そこから再び借金をし、生活を賭けてパチンコ店へ行くようになります。
借金の返済生活が泥沼化し始める瞬間でした。

ギャンブル依存症による脳の変化

ギャンブル依存症になってしまうと、ギャンブルに関連した刺激に対しては脳が過剰に反応するようになると言いますが、その反面、ギャンブルに関係のない刺激には脳があまり反応しなくなってしまうと言います。

そして残念なことに私もその状態に陥ってしまいました。
日々の生活はできる限り切り詰め、残りの全てはギャンブルに費やす。それはギャンブルがこの世の中で一番楽しいものだと思い込み、それ以外の事に対しては関心がなくなってしまっていたからです。

さらにこの大きな「脳の勘違い」は生活を圧迫し始めます。
はじめこそ家賃や公共料金などの必要最低限の支払いは期限までに支払っていましたが、次第にそれらの絶対に手を付けてはいけないお金にまで手をつけパチンコに行くようになってしまったのです。

勿論自分では分かっていました。このお金に手を付けたらどうなるか、もし負けたらどうなってしまうのか。しかし欲求が自制心を遥かに上回ってしまっていたため、自分自身ではこの時既に止める事ができなくなってしまっていたのです。
その結果、電気が止まったこともありますし、家賃を滞納していて不動産会社からお金を借りてでも払えと言われたり(もう借りる所がないわけですが)、給料日まで2~3週間もあるのに所持金が数千円しかないといったことが多々起こるようになっていきました。

もうパチンコはやめよう。パチンコはもうやめる。何度心に誓った事でしょう。
しかし3日も経てばパチンコへの欲求は再び目覚め出し、お金が手に入る度私は同じことを繰り返すのでした。

ひとりの力の限界

私は思い知りました。ギャンブル依存症の前では一人の力はあまりに無力で、あまりに脆弱であることを。もはや自分一人の力ではどうしようもできないと判断した私は他者に頼らざるを得ませんでした。それは当時交際していた方であったり、家族であったり、あるいは専門機関であったりと。

他者の助けを借り、借金の返済が少しうまくいっては再びパチンコに手を出し、それでも諦めずに借金の返済とパチンコをやめることに何度も何度も失敗する度に挑戦し続け、借金を完済できたのは返済生活を始めてから実に約7~8年後の事でした。

しかし借金を完済後、消費者金融との契約は全て解約し、終わったかに思えたギャンブル依存症でしたが、クレジットカードでキャッシングをしてパチンコに行く時が出てきてしまいます。

一度ギャンブル依存症になった人間の脳には、ギャンブル依存を発生させる回路が一生残ると言われています。

借金がなくなったことでキャッシングで新たにお金を借りることへの抵抗を感じるようになったり、パチンコをしたいと思う衝動が減るなど、依存症の症状は確実に落ち着いてきてはいましたが、それだけではパチンコを人生から完全に断ち切ることはできないと悟り、私はそのためにさらなる行動を起こしました。

中には恥を忍ばなければならないこともありました。しかし苦汁をなめてでもパチンコを人生から排除しなければ未来は切り開けない、自分が思い描く夢に触れることすらできないと確信したのです。
そして私はついにパチンコを人生から断ち切ることに成功したのです。

初めてパチンコ店に入ってから10年以上。ついに私は依存症による長い苦しみから解放されたのです。

今回のまとめ

ギャンブル依存症は克服することができます。そして、もうやめたいと思った瞬間からその機会は目の前に用意されています。

パチンコなどのギャンブルをもうやめたいと思ってここまで辿り着いて下さった方へ。
決して諦めないで下さい、諦めなければ必ず道は開けます。これから一緒に、ギャンブル依存症から解放された「本当の人生」を取り戻しに行きましょう。

このギャンブル依存症のカテゴリーでは私がギャンブル依存症を克服するためにしてきたこと、依存症を克服するためにしなければならないこと、反対にやってはいけないことなどを、一つ一つ解説しています。
ギャンブル依存症で困っている皆さん、そしてそのご家族様、恋人の方など、皆さんにとって大切な方の、お役に立てればと思っています。

関連記事

ギャンブル依存症を克服する方法まとめ
ギャンブル依存症を克服する8つの方法を駆使して人生を取り戻そう!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す