【パチンコ依存症体験談】ギャンブルに生き、奪われ、失い続けた10年間

10年以上も借金を背負い続け、高額な利息だけを払い、それでもパチンコに行き続けた元依存者の、依存症を克服するまでの体験談です。

私は10年以上にわたってギャンブル依存症に苦しめられてきました。これまでにパチンコで失った金額は1000万円をゆうに超え、消費者金融などに支払ってきた利息を加えれば、さらに多くのお金を失ってきました。

しかし、現在はそのような生活から抜け出すことに成功し、ひとまずはギャンブルのない人生を歩んでいます。では、そんな重度の依存症だった私が、どのようにしてパチンコをやめることができたのか。

今回は、私がギャンブル依存症になってしまった経緯や、それを克服するまでになにがあったのかなど、10年以上に及ぶ依存症の体験談をお話ししたいと思います。

私はこうしてギャンブル依存症になりました

18歳のとき、初めて行ったパチンコ店で、5千円が10万円に化けた。

当時、まだアルバイトもしたことがなかった私は、いとも簡単に大金を手にしたこと、それまで感じたことのないような血の高ぶり、そしてパチンコ店の熱気にたった1日で脳が焼かれ、この出来事がすべての始まりとなってギャンブルにのめり込んでいきました。

大学へ進学すると、大学にはほとんど行かないようになり、いちばん多いときでは週に6~7日はパチンコ店に入り浸るといった生活。

負けてパチンコをするためのお金がなくなれば、消費者金融や学生ローンからお金を借りていっしょにパチンコ店に行き、これ以上借りられないというところまでくると、借金を返済するため、私は時給の高いパチンコ店で働き始めました。

しかし、アルバイト先はみごとにギャンブル好きしかおらず、私はアルバイト仲間に誘われてパチンコ店に遊びに行くようになり、夕方からのアルバイトが終われば、朝まで麻雀に興じるようになっていきました。

ひどいときはそのまま開店したパチンコ店に行き、さらにはそのままアルバイトへ……といった始末です。借金を返済するために始めた仕事のはずが、余計にギャンブルにのめり込んでいくこととなってしまったのです。

当然のことですが、パチンコ店に行けば行くほどお金はなくなっていきます。

負けたお金を取り返しに行こうとパチンコ店に行くも、再び負けてお金を失う。パチンコでできた借金を返すために働いて稼いだお金も、再びパチンコに消えていく。本来行かなければならない大学にはまったく行かず、借りている奨学金だけが学費のために無駄に消えていき、しまいにはその奨学金も、パチンコのために手をつけてしまう。

この、生きる意味を見いだせない生活に、そして増え続けていく借金の残高に、私はしだいにふさぎ込むようになってしまいました。

大学の友人や教授からは、学校に来なくて大丈夫なのか、と連絡が来るようになりましたが、私はその連絡を見ることが怖かった。それを見てしまうと、現実を直視しなくてはいけなくなるような気がしたからです。

ギャンブルによって精神状態はみるみるやつれていき、大学の友人はおろか、心を許せるはずの古くからの地元の友人にさえも、私は会うことができなくなっていきました。

大学に行かない時間が増えるにつれ、必然的に自宅にいる時間は増えていきます。しかし、自宅にいると自分の人生を悲観し、人生を終わらせること、つまり「死ぬこと」しか考えられなくなっていきました。そのため、そのつらさから、現実から目を背けるために、私はパチンコ店へと向かいます。

パチンコをしているあいだはなにも考えなくて済みました。お金のことや、人生のこと、嫌なことはなにも考えずにただハンドルを握るか、レバーを叩いてボタンを押し続けるだけ。

ところが、パチンコ店を出るといつも財布の中身は空っぽ。そして増えた借金は急激に私を現実へと引き戻し、それを突きつけられた私はいつもひどいうつ状態になっていました。それでも、現実から目を背けるためには、私はパチンコ店に行くしかありません。

だから、行った。

負けても、借金が増えても、精神が崩壊しそうでも、私はパチンコ店に行くしかなかった。そのときだけは、すべてを忘れることができたから。

最初は本当にただ楽しかっただけ。そんなパチンコはいつの間にか、つらい現実から目を背ける「依存対象」となってしまっていたのです。しかし、それは現実をさらにつらいものに変えてしまうだけでした。

ギャンブルをやめるまでの経緯

私は学生にしてすでに、パチンコによってできた100万円近くの借金を背負っていました。

ただ、これは奨学金を返済にまわすなどでなんとか完済することができたのですが、パチンコ店に入り浸りすぎたせいで、大学を卒業することは絶望的となっていました。そこで私は、大学をやめて働く、飲食店に就職するという道を選びます。

飲食店での仕事は1日12時間以上の労働は当たり前、休みもほとんどなく、1か月間まるまる休みが取れないこともありました。

肉体的、精神的な疲労はつねに限界状態です。それでも、1週間に1回は時間を見つけて私はパチンコ店へ向かいます。なぜか、どれだけ疲れていてもパチンコのためなら動けたのです。

しかしそんな生活も長くは続かず、1年ほどで肉体的に、とくに精神的に限界を迎えた私は仕事を退職することとなってしまいます。そして晴れて自由になった私は、当然のように再びパチンコ店に入り浸り始めたのです。

このころになると競馬にも手を出し始め、再び消費者金融からお金を借りてギャンブルをするようになり、わずか1か月ちょっとで、借金は一気に限度額の80~90万円ほどにまで膨れ上がりました。

当然ですが「無職・借金・ギャンブル」などという生活が成り立つわけがなく、このままでは生活が立ち行かなくなるという危機に焦りを感じた私は、稼ぎが良かった派遣社員として働き始めます。

このとき、私は2社の消費者金融からお金を借りていましたが、3社目の契約にも手を出し、最大で110~120万円ほどまで借り入れが可能となっていました。

その後、私はもともとやりたいと思っていたバーで働き始めるのですが、バーテンダーとして働き始めての1年目もやはり精神的につらく、そのつらさから逃げるようにして、ギャンブルへの依存は再び加速していきました。

すると、やや落ち着きを見せていたうつ状態が再び悪化。私は仕事中に吐き気を催すこともあり、それに伴ってうつの症状も悪化していったのです。

転機が訪れた

心身ともにやつれていた私でしたが、ある転機が訪れたことによって自身に起きていた精神疾患を初めて認識することができ、治療に向けて動き出したことで、うつ状態からは脱することに成功します。

そして、それに伴ってギャンブル依存症も、つらいことから目を逸らし、現実を逃避するためのものではなくなっていったのですが、しだいにパチンコは違う存在へと変貌を遂げました。

そう、パチンコは娯楽の域から大きく逸脱した、身を滅ぼしながらも生活資金を賭け、快楽をむさぼる「賭博」へと変わっていったのです。

借金の返済生活が始まった

私は生活基盤のため、ギャンブルによる借金の返済のためにも、朝から夜まで働き続けました。生活を可能な限り切り詰め、1日の睡眠時間は1~3時間の仮眠が数回と、体を酷使して。

このとき、再び限度額まで借りていた借金の総額は約120万円です。

借金がこのくらいの金額になると、お金を借りているだけで毎月の利息が2万円近くにもなります。できることなら金利の安いおまとめローンなどで借金を一本化したかったのですが、すでに多重債務に陥っていた私に信用はなく、大手のローン会社はすべて門前払い。仕方なく高い利息と借金の元本を毎月返済していくことにしました。

返済を続ければ借金の元本も減っていくので、2年間もあれば借金を完済できるだろう。このときは、そう高を括っていました。しかし、ギャンブル依存症はそんなに甘いものではないということを、私はこのあと、身を持って知ることとなるのです。

娯楽の域を超えた遊技

消費者金融3社、そのすべてから限度額までお金を借りていた私は、初めこそ必要最低限の生活資金を残し、残りはすべて借金の返済に充てていました。が、そんな生活は2~3か月と持ちません。

遊びに行きたくても、遊ぶお金があるのなら借金の返済にまわさなければならない。なにか欲しいものがあっても、なにか食べたいものがあっても、なにかしたいことがあっても、それをするだけのお金があるのであれば、すべてを借金の返済にまわさなければなりません。

返済生活の初めはそもそもお金をこれ以上借りることができなかったので、パチンコをしたくてもできないといった状態が続いていたのですが、そんな息が詰まりそうな生活に嫌気が差してきたこともあり、私はこう考えるようになったのです。

「ギャンブルでできた借金はギャンブルで返そう。遊びたいお金がないのなら、ギャンブルで勝てばいいんだ」

もはや幻想としか思えない思考ですが、私は必要最低限(家賃など)を支払った余りをいったん借金の返済にまわし、利息だけを支払ったあとでそこから再び借金。まるで自転車操業のように、生活を賭けてパチンコ店に行くようになったのです。

借金の返済生活が、泥沼化し始めた瞬間でした。

ギャンブル依存症による脳の変化

ギャンブル依存症になってしまうと、ギャンブルに関連した刺激に対しては脳が過剰に反応するようになるといいますが、その反面、ギャンブルに関係のない刺激には脳があまり反応しなくなってしまうといいます。

そして残念なことに、私もその状態に陥ってしまっていました。

日々の生活はできる限り切り詰め、残りのすべてはギャンブルに費やす。それはまさしく、ギャンブルがこの世の中でいちばん楽しいものだと思い込み、それ以外のことに対しては関心がなくなってしまっていたからだと思います。

さらに、この大きな「脳の勘違い」は生活を圧迫し始めます。

初めは、家賃や公共料金などの必要最低限の支払いは期限までに支払っていましたが、しだいにそれらの絶対に手をつけてはいけないお金にまで手をつけ、パチンコに行くようになってしまったのです。

もちろん自分ではわかっていました。そういったお金に手をつけたらどうなるか、もし負けたらどうなってしまうのか。しかし、欲求が自制心をはるかに上回っていたため、自分自身ではこのときすでに、歯止めがきかなくなってしまっていたのです。

その結果、光熱費などの支払いはすべて遅れ、家賃は滞納。不動産会社からは金を借りてでも払えと言われ(もう借りるところがないわけですが)、給料日まで2~3週間もあるというのに、所持金がわずかしかないといったことが多々起こるようになってしまったのです。

もうパチンコはやめよう。パチンコはやめる。何度心に誓ったことでしょうか。

それでも、3日も経てばパチンコへの欲求は再び目覚め、お金が手に入るたび、私はただ同じことを繰り返し続けたのです。

ひとりの力の限界

私は思い知りました。ギャンブル依存症の前では、一人の力はあまりに無力で、あまりに非力で、あまりに脆弱であることを。

もはや自分一人の力ではどうしようもできない。私に残された手段は、他者に頼るしかありませんでした。それは当時交際していた方であったり、家族であったり、あるいは専門機関であったりと。

他者の助けを借り、借金の返済が少しうまくいっては再びパチンコに手を出して失敗。それでも諦めず、借金の返済とパチンコをやめることに何度も挑戦し続け、ついに訪れる借金の完済。

それはじつに、返済生活を始めてから7~8年以上もあとのことでした。

借金を完済後、私は消費者金融との契約をすべて解約し、ようやく終わったかに思えたギャンブル依存症。

ところが、そんなことではまだ終わりませんでした。今度は借金の完済後につくったクレジットカードを使い、キャッシングをしてパチンコに行くようになってしまったのです。

一度ギャンブル依存症になってしまった人間の脳には、ギャンブル依存を発生させる回路が一生残るといわれています。

借金がなくなったことで、新たにお金を借りることへの抵抗を感じるようになったり、パチンコをしたいと思う衝動が減ったりするなど、依存症の症状は確実に落ち着いてきてはいました。ただ、それだけではパチンコを人生から完全に切り離すことはできないと悟り、私はさらなる行動を起こします。

なかには恥を忍ばなければならないこともありました。しかし、苦汁をなめてでもパチンコを人生から排除しなければ未来は切り開けない、自分が思い描く夢に触れることすらできないと確信したのです。

そして、ついに私はパチンコを人生から断ち切ることに成功しました。

初めてパチンコ店に入ってから苦節10年以上。私はパチンコ依存症による長い苦しみから、自分自身を解放することができたのです。

最後に伝えたいこと

ギャンブル依存症は克服することができます。そして、もうやめたいと思った瞬間から、じつはその機会は目の前に用意されているものだと思います。

パチンコなどのギャンブルをもうやめたいと思って、ここにたどり着いた皆さんへ。

けっして諦めないでください。諦めなければ必ず道は開けますし、ギャンブル依存症から解放された「本当の人生」は取り戻すことができます。

これから私は、ギャンブル依存症を克服するためにしてきたこと、依存症を克服するためにしなければならないこと、反対にやってはいけないことなど、1つ1つ解説していこうと思っています。

それはかつての私のように、依存症で困っている皆さんの、そしてそのご家族、恋人の方など、皆さんにとって大切な方のお役に立ちたいと思っているからです。

ギャンブルはお金も、時間も、時として人生をも奪っていきますが、信念までは奪うことはできません。依存症によって苦しめられている方は、まずは一歩を踏み出してみてください。その先に必ず道はありますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す