パチンコをやめた後で「1回だけ」をするとどうなる?元依存者が検証してみた

パチンコをやめた後で「1回だけ」はできるのか

元重度のギャンブル依存者である私には、いくつかの疑問がありました。

以下のような疑問です。

元依存者の疑問
  • パチンコをやめた後で再び行ってしまうとどうなるのか?
  • 月1回くらいと決めてパチンコで遊ぶことはできるのか?
  • ギャンブルをやめた後でも行ってしまえば以前のように戻るのか?

ようは、ギャンブル依存者は「パチンコをやめたあと(依存症の克服後)なら正常に遊べるようになるのか?」ということです。

月1でやりたい人

できることなら、趣味として月1回だけパチンコに行きたい……

パチンコ依存症になってしまったとはいえ、だれもが最初は好きでやっていたわけです。

趣味の範囲で遊べるとすれば、「月一回」くらいなら、わるくはないともいえるでしょう。

そこで、このナゾを解き明かすため、身を投げ打ってパチンコ店に行ってきました。

「パチンコの1回だけは、ほんとうに1回でおわるのか? 1回だけでおわらせることはできるのか?」

本記事では、この疑問に答えをだします。

目次

私がパチンコを辞めたわけ

そもそもの話で、なぜ私は「パチンコをやめたのか」からお話ししましょう。

これは冒頭でもふれたとおり、私にはギャンブルに依存症状があって、生活がすでに破綻していたからです。

破綻した生活
  • やめたくてもやめられなかった期間は10年以上
  • 負けは1000万円オーバーで借金漬け、死にたくなることも多々あった
  • 仕事は朝から深夜までの激務で、人生には夢も希望もなく、ただパチンコがそこにあるだけ

当時はなんのために生きているのかも、もうわかりませんでした。

パチンコのせいでお金は貯まらない(借金の返済がおわらない)ので、ほかにやりたいことがあってもできる気配を感じられません。

将来のビジョンとか、夢とか希望とか、そんなものはなにもなし。

ようは、ほんとうに長いこと、「パチンコに行くのが人生」になってしまっていたのです。

ミナト

できることならもう辞めたいのに、ですよね

そして、ついに限界をむかえた私は、「人に助けてもらう最終手段」を行使することでパチンコをやめました。

やめた……というよりも、なんとかして「辞めた人になれた」といったほうが正しいですね。

それで、その地獄を乗り越えてからしばらくしたあとで、思ったのです。

「じゃあ辞めたいまは(パチンコのコントロールは)どうなってるんだ?」と。

1回だけパチンコに行きたくなった理由

もともとは私も、好きでギャンブルをやっていた人間です。

それもあって、その後はこうも考えました。

ミナト

パチンコで1回だけって可能なのか……?

結論からいうと、そんなことは不可能だったのですが、ここではそう考えた理由を(順を追って)お話しします。

10年以上におよぶギャンブル依存症を克服した私は、その後は、パチンコのない安定した生活を送れていました。

その状況を一変させたのが、仕事の長期休暇。

生活(時間)の大部分を占めていた仕事が、急に、しかも長期で休みになると決まったのです。

さらに、休みで時間ができたところに、以下の条件が重なりました。

  1. その仕事は休み後に辞めることが決まっていた
  2. イヤな気分になる出来事が起きた
  3. 退職後に海外カジノに行くことになっていた

特殊な話もありますが、すべて「1回だけ」問題に関係する部分があります。

本題に入るまえに、まずは、それぞれの条件を簡単に補足しておきましょう。

1. 仕事を片方辞める(時間が増えるとどうなるか)

時間が増えるとどうなるか

2019年当時、私はバーの仕事をしていたのですが、それを辞めるのが決まっていました。

これにより、今後は多くの自由な時間(最大で1日12時間ほど!)が手に入ることになっていたのです。

そんなとき、思ったのです。

  • パチンコに行かない生活をこれからも続けることができるのか?
  • 今後行きたくなったとき、息抜きとして1回だけ遊ぶような付き合い方はできるのか?

「時間が増える=パチンコに行きたくなる機会が増える」でもあります。

加えて、後者の「1回だけの制限を守れるのか?」は、じっさいに行ってみなければ答えを知ることはできません。

危険性は感じるけれど、検証はしてみたい。

強い好奇心もあって、私はそう考えるようになっていたのです。

2. イヤな出来事が起きた(ストレス発散は可能か)

パチンコでストレス発散は可能か

バーの仕事を辞めることにしたのは、当ブログの更新作業に時間を使いたかったからです。

ところが、退職前のタイミングで、仕事でかなりイヤな思いをするできごとがありました。

ミナト

完全にやる気失せたな……

急遽の休みで時間はたくさんあるというのに、「なにもする気がなくなって」しまったのです。

イヤなことがあったときに、ちょっとした気晴らしは可能なのかパチンコでストレス発散はできるのか?)も気になりました。

3. カジノで勝負(別のギャンブルでの誘発はあるか)

別のギャンブルで誘発はあるか

仕事を辞める決断をしたはいいものの、たいした貯蓄もない。

そこで私は、その後の生活費をかせぐため、退職後に海外カジノでひと勝負をしてくるという、無謀な計画を立てていました。

それ以前に行った海外カジノでの経験から、「カジノは勝てる」と思い込んでいたからです。

たまたま勝てて、パチンコ依存も再発しなかった(カジノに依存することもなかった)ことにより、当時はこんな計画を立てていました。

ただし帰国後は、バーの仕事は辞めているので「時間」がある。

  • いつでもギャンブルができる状態で、
  • カジノ(別のギャンブル)の刺激を受ければ、

またパチンコ漬けの生活にもどってしまうのではないか?

そういった懸念があったので、「パチンコをコントロールできるようになっているのか」も、私は確認したかったのだと思います。

再パチンコの動機まとめ

  1. 息抜きとしての1回だけは可能か知りたい
  2. 重いストレスの発散のときだけできるかを知りたい
  3. 別のギャンブルにふれても大丈夫なのかを知りたい

このとおり、今回の再パチンコには、いくつかの動機がありました。

しかしその衝動は、じつはそこまで強いものではなく、ふつうに我慢できるほどのものでした。

では、なぜそれでも行ったのか?

いちどギャンブル依存症になると、二度と正常なギャンブルはできなくなる。

結局は、このギャンブル依存症に関する定説を、自分の目でたしかめたかったからでしょう。

「たしかな事実であっても、自分が経験しなければ、真実にはたどり着けない」

ギャンブル問題にかぎらず、つねに私は、そのように考えています。

カジノに突撃しようと計画していたのも、じつはそういった理由(べつのギャンブルなら大丈夫か?)も関係していました。

そんなわけで、「自分はどうなるのか」を知るためにも、私はパチンコ店に行ってみることにしたのです!

パチンコ店でのスリップとリバウンドの記録

では、本題にまいりましょう。

私がまず向かったのは、生活圏にあるパチンコ店(X店とします)で、これまで数回ほど行ったことがあるお店でした。

ただ、さきほども「結論からいうと不可能だった」としたように、この件は1回だけではおわらなかった。

よってここでは、再パチンコ(スリップ)と再発(リバウンド)の記録を、すべてのこしておくことにします。

辞めたあとでパチンコに行ってしまえばなにが起こるのか?

それがわかると思うので、どうぞ結末までごらんください。

ちなみに、このときはスロットをやることにしました。

初日:やめた後はつまらないと感じるようになっていた

パチンコを辞めたあとはつまらないと感じるようになっていた

初日にパチンコX店で私がすわったのは、吸血鬼とヴァンパイアハンター(一族)の戦いを描いた神ゲー(KONAMI)とのタイアップ台。

サンドに1万円札を入れ、意気揚々と私は遊技を開始しました。

ところが、なんというか、これがなにも感じないのです。

ワクワクすることもなければ、ドキドキすることもなく、淡々と回転数だけが増えていくだけ。

1000円で30数回転と、相変わらずお金が消えるのは早く、投資はすぐに1万円を超えました。

そして、なにも起きずに2万円を使い切ったところで、私は思ったのです。

ミナト

(スロット)つまらんなマジで……

ひさしぶりに遊んだパチンコ店での感想は、出ない、つまらない、演出のあおりでイライラするだけ。

ミナト

あれ、こんな感じだったっけ……?

かつてはそこにあったおもしろさを、まるで感じられなくなっていたのです!

……とはいえ、使ったお金は取り返したいと思うのが人のさがです。

「負けをなんとかしよう」と、台移動をするなどして私は粘り、結局パチンコ店を出たのはお店の閉店時間でした。

結果は、わずかに負けを取り返すことができてマイナス1万8000円。

これで、「1回だけ」はおわるはずでした。

2日目:最速で「決まり」を破って再パチンコへ

最速で2回目の再パチンコへ

パチンコ店での「1回だけ」はすでにおわっています。

勝ち負けは関係なく、本来はここでヤメにしなければなりません。

しかし結局、そういうわけにはいきませんでした。

ミナト

1回だけ……いや、2万円くらいだったら取り返せるはず

負けたぶんを取り返してやめよう……!

私はなんのためらいもなく、つぎの日もパチンコX店へと向かいます。

前日遊んでいたのとおなじ台で遊び、さらに2万5000円のお金を失いました。

またいま思えば、ギャンブル依存症のおそろしさは、このタイミングで発揮されていたように感じます。

初日では「つまらない」と感じたパチンコ店での遊戯は、なんと2日目にはもう「楽しい」と感じるようになっていたのですから。

4日目:別のパチンコ店にも行くようになった

別のパチンコ店にも行くようになった

仕事を片方辞めることが決まっていて、おまけに休みで働いていないぶん給料も減る。

その後の私にとってお金は命そのものであり、なんとしてでも、負けは取り返さなければなりませんでした。

ミナト

2000枚ならなんとかなる。まだこれくらいなら取り返せる……

イブスター店長

爆死する未来しか見えないけどな

私は行ったことがない近隣エリアにあるパチンコ店(Y店とします)に突撃します。

事前にしらべておいた台で遊びはじめます……が、これには、まったくやれる気配を感じられません。

新規開拓したY店でも負け、結果はマイナス4万3000円で敗退となりました。

5日目:スロットの無理ゲー感に爆死濃厚

無理ゲー感に爆死濃厚

ここまでのトータルは、3回でマイナス8万6000円です。

あまりの勝てなさに「さすがに取り返すのは不可能では?」と思われましたが、私が考えることは、ひとつしかありませんでした。

ミナト

4000枚出せばチャラ……!

一発当てればなんとかなりそうな台を目指し、またしても私は初日のX店へ。

しかし、ここで体感させられたのは、低設定に特有の圧倒的な無理ゲー感でした。

結果はマイナス4万円と、この日もまた負けました。

7日目:最終日まで負け通しでフィニッシュ

全敗でフィニッシュ

ここまでくると、もう負けを取り返すのは無理。

それならば、すこしでもダメージを軽減させたい、という話になるわけです。

そこで私は、もういちどパチンコY店に向かったのですが、もはや結果はみえていました……。

マイナス2万7000円、オール負けでフィニッシュです!

パチンコで「1回だけ」の検証結果と考察

今回の「パチンコで1回だけは可能なのか?」を検証した結果をまとめます。

以下のとおりとなりました。

スクロールできます
日数パチンコX店パチンコY店収支合計
初日(1回目)-18,000-1万8000円
2日目(2回目)-25,000-4万3000円
4日目(3回目)-43,000-8万6000円
5日目(4回目)-40,000-12万6000円
7日目(5回目)-27,000-15万3000円

わずか1週間のうちに15万円もの大金を失いました。

また今回の検証では、以下のことがわかりました。

  • 1回でも行けば知らない台・新しい情報が目に飛び込んでくるのでムリ
  • 負けていると取り返そうとするので、負ければよけいに1回ではすまなくなる
  • パチンコへの依存症状を復活させるのには1回だけでじゅうぶんだった

とくにおそろしいと感じたのが「③依存症状の復活」です。

当初は、ひさびさにパチンコ店で遊んだからといって、体に電流が走るような「快感」をおぼえることはありませんでした。

ところが、2日目にはもう、その話はくつがえっていたのです!

「ギャンブル依存症になると、依存症状を発生させる回路は脳に一生のこる」といわれています。

さびついた回路に油を差してよみがえらせ、ふたたび電流が流れるようにする……。

そのためには、「たった1回」のギャンブル行為があればじゅうぶん、ということなのでしょうか?

ひとたび足をすべらせれば真っ逆さま。

今回でわかったのは、パチンコの1回だけなんてのは不可能であり、とりわけ過去に依存経験があったのなら「それはなおさらの話だ」ということです。

今回のまとめ

  • パチンコで1回だけはギャンブル依存者には不可能
  • 勝っても負けてもまた行くので1回だけではおわらない
  • 別のギャンブルに関してはまだ検証の余地あり

今回の検証で、パチンコをやめるのに成功したとしても、1回だけ遊ぶなんて芸当はできるようにはならない、ということがわかりました。

負ければ負けたお金を取り返したくなります。

中途半端に勝てれば、勝ったお金でズルズルとパチンコ漬けの生活にもどっていきます。

元パチンコ・スロット依存者なら、こうなる可能性はきわめて高いので、「1回くらいなら……」と思っても絶対に行かないほうがいいでしょう。

ようするに、パチンコ依存症の克服に成功したのなら、なにがあっても二度とパチンコ店には行ってはいけない、ということです。

ミナト

これが、体を張って私が出した結論です……

それから、パチンコをやめたあとで再度行ってしまうと、ほかの趣味ができていたとしても「興味関心がまたパチンコに全変換」されます。

それが2回目以降を誘発する(大きな)原因にもなると感じました。

ですから、今後パチンコに行きたくなることがあったら、

  • 行けば確実にまた昔のような地獄にもどると考え、
  • そうならないようにべつの趣味で気をそらしてあげる

そのようにするのがベストだと思いましたよ。

ちなみに別のギャンブル(依存症状がでなかったもの)については、まだ検証の余地ありだとも考えているので、またの機会にでも検証・報告できればと思っています。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる