【しんどい】パチンコに行かなくなったのは「行かないが勝ち」と知ったから

パチンコに行こうかなと思うことがあっても行かないのは、結局、行けば「しんどい」思いをするからです。

パチンコ・ギャンブル依存症の方にとって、ギャンブルがない人生や、パチンコ店にいっさい行かない生活というのは、まったく想像がつかないものだと思います。

かくいう元依存者の私も、以前はパチンコ店に(10年以上は)漬かりに漬かっていて、パチンコに行かない生活を送るのは、もはや不可能なことだと思っていました。が、依存を断ち切り、いざ行かなくなってみると、この心境に大きな変化があらわれるように。

パチンコに行くと「しんどい・疲れた」となるのがわかりきっているから、もう行くのはやめておこう。本来の目的をよく考えれば、パチンコに「行かないが勝ち」が真理なのではないか?

行くのが面倒くさくなったり、パチンコに行くことがなにを意味するのかを考えられるようになったりと、なんだか行く気が失せてくるようになってきたのです!

では、パチンコに行かなくなったことで私がたどりついた境地とは、具体的にはどのようなもので、それがどのように依存症克服の維持に役立っているのか? 今回はその、パチンコに行かない心境についてお話したいと思います。

パチンコに行かなくなってから感じた「しんどさ」

もとはギャンブル依存症だった私は、自身が考えうるありとあらゆる方法(たとえば借金の完済や、相談機関の利用、パチンコ店に出入り禁止を申し出るなど)をかたっぱしから実践していき、10年以上の歳月がついやされてしまったとはいえ、なんとかパチンコに行かない状況をつくり上げることに成功。

その後、思うところもあって、ときどきパチンコ店に行くこともありましたが、いちどギャンブルへの依存を断ち切れたことで生まれた「ある心境」により、ふたたびパチンコに行ったとしても、以前のような依存症レベルまでどっぷりと漬かってしまうことはなくなっていました。

その心境こそが、パチンコに行くのがしんどいというもの。

パチンコをやらなくなったことで気づいたこと、ギャンブル依存症というフィルターが取り除かれたことで見える景色が変わったこと、その世界ではいやでも現実(リアル)がのしかかってきたこと。

そのすべてが、パチンコに行くのを「しんどい」と感じさせたのです。

また、依存から解き放たれ、なぜ自分はパチンコに行きたいのか・なぜ行っていたのかを冷静に考えられるようにもなったところ、勝ってお金を増やすギャンブル最大の目的をはたすには、行かないという矛盾がそれを達成させる、つまりは、パチンコに行かないことが真の勝ちだという「真理」にも気づいてしまいました。

それも、パチンコに行くとしんどいと感じる大きな理由のひとつとなっていたので、ここからは、具体的にはそれぞれのなにがどうしんどいのか、またはどういうことなのかを、レベル別で分けた状況をもとにお話ししていきましょう。

Lv.1:単純に行くのがしんどくて面倒くさい

パチンコに行くのがしんどい

もう、パチンコ店に行くこと「自体」がしんどいわけです。

たしかに私は、パチンコへの依存を断ち切ることには成功しましたが、ふたたびパチンコに行けば、ちょっとだけ遊ぼうとか、1万円だけとか、そういうのはどうしてもむずかしく、結局負けていれば、その負けを取り返すまでやめられないのは変わりませんでした。

よって私の場合、パチンコ店に行けば、以下の3択以外の状況でやめるという選択肢は基本的になく、

  1. 大きく勝って満足する
  2. 気力がなくなるまで負ける
  3. 閉店時間がくる

パチンコ依存症からの脱出後も、行けばかならず、長時間滞在することになるのは以前のままとなっていたのです。

そうなると、朝は開店前の起床が必須となることや、パチンコ店に滞在中は休憩なしで水しか飲まないこと、おなじ姿勢で長時間すわりっぱなしになることなど、そういったことはまだいいとしても、とくに以下の3点が問題だと感じるように。

  • 行けば家事、買い出し、仕事やその準備がいっさいできなくなること
  • 帰宅して食事をするころにはすでに日付が回っていること
  • 翌日は朝から仕事があるので寝る時間しかのこされていないこと

パチンコ店に行けば、その日にできたことはなにもできなくなり、帰宅が夜遅い時間になることから食べたいものも食べられず、シャワーを浴びて食事をすませたら、それでその日はおわり。

こういったことが、とにかくしんどいと私には感じられるようになってきて、家に帰ってきたあとのことを考えるだけで、「パチンコ店に行こうかな」にストップがかかるレベルとなっていたのです。

また、これらの時間の問題では、しんどさに加えてだるさも感じるようになり、行くまえ・行ったあとの面倒くささが目につくようになってきたことも、パチンコ店から足が遠のいたままとなっていたのに関係していました。

Lv.2:突きつけられる現実(リアル)がしんどい

突きつけられる現実がしんどい

ギャンブル依存症という名のフィルターが取り除かれたとき、私の目に映っていたのは、目をそむけてはいけない現実、突きつけられたリアルでした。

同世代の友人・知り合いのなかには、すでに結婚して子どもがいる人、目標にむかってひたむきに進んでいる人、やりたいことをやれている人、一定の成功をおさめている人、など、いろんな人がいます。同世代ではなく、もっと若い世代の人だってそう。

人は人、自分は自分ですから、それはそれでいいと思いますし、人生は自分のペースで進めていけばいいものだと私は思うので、へんにあせる必要もないともいえるのですが、しかし、そうもいっていられないようなこともやはり出てくるわけです。

私の場合でいえば、たとえば、老朽化が進んでいる実家を改装するための費用をどうにかしてあげたいとか、今後開業を考えている店の資金繰りもあるとか、そのまえに、数百万円はある奨学金の返済もしなければならないとか。

そのほかにも、やりたいこと、やらなければならないことはくさるほどあるわけで、そんな現実が見えている状態、つまり背負うものがいろいろとある状態でパチンコ店にいると、しだいに私は、なんだか情けなさや、居たたまれなさを感じるようになってきてしまったのです。

自分はこんなところにいていいのか? こんなことをしていていいのか? こんなことをする意味はあるのか……

依存症を克服した私にとって、パチンコ店に行く目的は、もうお金を増やすことしかのこっていませんでした。しかしパチンコで勝ったとしても、それは背負ったものを肩からおろすには、とうてい届かない額にしかならなかったのです。

現実を直視できるようになった私にとっては、パチンコはなんの問題の解決にもならず、なにも進むこともない、足をとめるだけのもの。息抜きにすらない、現実のしんどさをただ増幅させるだけのものとなっていました。

Lv.3:パチンコに行かないが勝ちだと気づいた

パチンコに行かないのが勝ちだと気づいた

私がパチンコ店に行っていた理由、それは、いやなことから目をそらすためであったり、現実逃避のためであったりもしましたが、さきのとおり、結局のところは最初から、お金を増やしたいからというのがもっともでした。

パチンコは法律上は「遊技」であって「賭博」ではありません。しかし、実態はお金を賭けたただのギャンブルで、勝つことができればお金が増えます。場合によっては、ふだんは手にすることができないような大金が手に入ることだってあるでしょう。

そんなわけですから、パチンコをはじめてからというもの、つねに生活に余裕がなく不安定だった私は(いま思えば、それはパチンコのせいだったような気もするのですが)、生活資金や遊ぶお金を得るために、生活資金を賭けて勝負をするようになりました。

勝つことができれば、勝ちつづけることができれば、やりたいことをなんだってできるような気がしていたからです。

ところがどうでしょう、パチンコは勝てないようにできているので、当然行けば行くだけ負けていき、最終的に集計したデータでは、勝率は15%、1回行くたびに約2万5000円も平均で負けているということが発覚。

つまり、お金を増やすという目的をパチンコではたしたい、いいかえると「お金を増やすのが勝ち」なのであれば、パチンコに行かなければそのぶんのお金は減らない、これもいいかえると「お金は増えていく」ことになるので、パチンコに行かないことが真の勝ちになると私は気づいてしまったのです。

不戦勝(戦わずにして勝つこと)という言葉があるように、お金を増やしたいのが最大の目的なのであれば、戦わなければ(パチンコに行かなければ)その目的ははたせる、すなわち、私たちは勝つことができる。

そう考えると、パチンコに行く意味なんてものはなにもないのではないか、と私には思えてきてしまったのです。

勝った負けたの勝負も疲れた

パチンコでの勝負は、ふんだんな余剰資金がなければ、だれしもがすくなからず生活を賭けていることになると思うのですが、本来、捨ててもいいお金なんてものはないことを考えると、パチンコ最大の目的である「勝ってお金を増やす」をしようと思えば、ひたすら勝ちつづけなければなりません。

負けているときは、投資金額を回収するために、最低でも引き分けにもっていかなければなりませんし、負けたままおわってしまえば、つぎでその負け以上に勝たなければなりません。

ようするに、勝てば勝った資金をもとにふたたび勝たなければならず、負ければふたたび生活を賭けて勝たなければ(負けを取り返さなければ)ならない、というのを、延々とくりかえさなければいけなくなるのです!

しかし、残念なことにそれは無理な話で、9割のお客さんが負けているといわれ、加えて(私の場合は)勝率15%なんて数字も出てしまっているパチンコでは、そんなことはてんで無理、不可能なことなのです。

1000円でも多く勝つため、あるいは、数千円の負けを取り返すために必死でレバーを叩いていたとき、私が感じるのは虚しさしかありませんでした。自分はいったい、いまなにをしているんだと、ただただしんどいだけでした。

ゲームセンターや低貸しには行かず、あくまでパチンコ店の通常レートに行く人が多いのは、結局はみんなお金がほしいから、勝ちたいからなのだと思いますが、私はもうこの勝った負けたに疲れてしまいました。

パチンコに行かなければ、そのしんどさを味わう必要もありません。だから私は、もうパチンコには行かなくなったままなのです。

Lv.EX:動物(ペット)もしんどい

飼い主がパチンコに行けば動物もしんどい

ペットを飼っている方であれば、おわかりいただけると思うのですが、おうちで飼われている動物は、基本飼い主さんしかいないため、飼い主さんが1日じゅうパチンコ店に行っているというのは、動物にとってもしんどいものだと思います。

ケージから出られない。餌がなくなった。水の鮮度が落ちてきてまずい。部屋が暗くなってきた。飼い主さんはいつ帰ってくるのか。暑い。寒い。ここから出してくれ……

おうちで留守番をしている動物たちは、もはやしんどいを超えて、苦痛を感じているかもしれません。駐車場での車内放置などはもはや論外でしょう。

動物を飼うということは命をあずかること。命をないがしろにしてはいけないと思いますし、動物のしあわせをねがうと、そう簡単にはパチンコ店に行くわけにはいかないな、とうさぎを飼っている私は思います。

ペットを飼われていて、おうちにペットだけをのこしてパチンコに行くことがあるという方は、動物が感じているしんどさも、いまいちど考えてあげてみてはどうでしょうか?

余談:勝負すらしていないのだから勝ちもなにもない?

パチンコに行く目的は、スリルを味わいたい・息抜き・休日の楽しみなど、人によってさまざまな理由があるかと思いますが、お金がかかっていなければだれもやらないものであるともいえるので、結局のところパチンコの最大の目的は、勝ってお金を増やすことにあると私は思います。

そのため、この目的を達成するには、行けば確実に負けていくパチンコには行かない、という、ある種の矛盾した選択をすることこそが近道で、ゆえに行かないことが勝ちだといえると思うのですが、こういうと、「そもそも勝負すらしていないのに、勝ちもなにもあるか」といわれてしまうかもしれません。

そこで、最後に、お金以外のことも考えてみることにしましょう。

そもそもの話、私たちはギャンブルなんぞで勝負するまえに、もっと大きな舞台でつねに勝負をしています。そう、人生という名の戦いですね。

この人生という戦いでは、中学・高校・大学受験、アルバイト(面接)・就職活動・転職、資格試験、副業、仕事、恋愛など、あらゆる場面が勝負となります。考え方によっては、他人が得られるかもしれなかった機会を、自分が奪っていることにもなるからです。

そんな勝負のさいちゅうに、パチンコでの勝負にのめり込んで(依存して)いったとしましょう。すると、私たちはどうなってしまうでしょうか?

私の経験上、これをしはじめると、パチンコ以外のことで勝負をしようとは考えられなくなっていきます。

すなわち、仕事をがんばろう、いい恋愛をしよう、実力で・自力でお金をかせごう、昔からあった夢を実現させよう、といった、本来の勝負を放棄するようになり、人生という本戦での負け(しかも不戦敗)が連続していくようになってしまうのです!

パチンコに行かずに人生の勝ちを目指そう!

パチンコでの勝負に熱中していると、だんだんとそれしか考えられなくなっていき、しまいには、人生という名の勝負で試合放棄をするようにもなるなど、私たちは戦うことをみずからやめてしまうようになってしまいます。

ギャンブル依存症という病が進行することで、脳が変化していき、パチンコのことしか考えられなくなっていくから。

ようは、パチンコという目のまえの小さな試合に勝ったところで、人生という大きな勝負のなかでは(あくまでも自己実現的な意味で)負けている・負けに近づいている、といった話なのですが、しかし、だからこその「行かないが勝ち」なのです。

パチンコに行かなければ、本戦での勝ちの目(人生における挑戦の機会)も見えてきますし、お金をむだになくさずに増やせるというパチンコにおける最大の目的の勝ちや、ギャンブル依存症の方は、依存症との戦い・克服での勝ちなど、ただ行かないだけで、ひじょうに多くの勝ちを積み上げていけます。

そう、ただ、パチンコに行かないだけで。

それに、パチンコに勝ったお金でなにか自分のしたいことができたとして、それを自分の家族、友人、恋人、あるいは子どもに、胸を張って「オレはパチンコで勝ったからやりたいことができた」といえますか? いえないですよね?

パチンコなんてものは、たとえその場で勝てたとしても、人生というほんとうの勝負で考えればむしろ負け。そう思うからこそ私は、パチンコに行かないことこそが真の勝ちだと考えています。

今回のまとめ

・冷静に考えるとパチンコに行くのはしんどいことばかり
・最大の目的を考えれば、パチンコに行かないことこそが勝ち
・人生という勝負で勝つためにはパチンコは邪魔なものでしかない

私の場合、依存症状があってやめられないときからも、すでにパチンコに行くのがしんどいと感じることはありましたが、依存症を克服し、パチンコに行かなくなって数か月~半年ほどが経過すると、それはより強く感じられるようになっていきました。

そして最終的にたどりついたのが、パチンコに行くのをがまんするというよりも、自然と足が遠のいていくような感じ。選択肢としてそれ(パチンコに行く)がないのが、ずっと維持されているかのような状態です。

なにごともはじめが肝心というように、最初がうまくいけば、あとはそのいきおいで勝手にうまくいきつづけたりもするもの。

そのための方法は、当ブログでもご紹介しています。パチンコがやめられなくてお困りの方には、ぜひ、この「パチンコに行くのがしんどい」を感じていただき、本来の人生を取りもどしていただきたいと私は思っています。

また、「行かないことが勝ち」理論については、じっさいに私が体現しているので、これもはっきりといえますが、パチンコに行かなければお金はたまりますし(最低でも負けはない)、自分の人生で勝負をしようと思えるようになったりもします。

私は現在、パチンコはやめて副業で勝負をしていますが、それがおわったらつぎの勝負、それがおわったらつぎの勝負と、戦っているうちに目標が増えていきました。それはやはり、パチンコによって不戦敗となってしまった時間を、ひとつずつ取りもどしていきたいと感じるようになったからだと思います。

挑戦というものは、いつからはじめても遅いなんてことはありません。パチンコに行ってしまってなにか思うことがある方は、ほんとうに大事な機会が失われてしまうまえに、まずは「パチンコに行かないという勝負」をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
この記事をシェアする

Comment

  1. エミハハ

    知り合いのお婆ちゃまが
    出禁になりました
    毎日、一パチで決して勝ってません
    整理券を他人から、貰ったと
    いう事で、そんな事でお年寄りの
    楽しみを奪って良いのでしょうか?
    店も随分強気です
    何とか、又行ける様に、店長に
    交渉してますが
    無理です。

  2. 投稿作成者

    出入り禁止は店長などの裁量による部分が大きいと感じられますが、基本的には店側も、いきなり出禁ということはしないケースが多いのではないかと思います。もしかするとそのお店では、以前から同じようなこと(整理券の譲渡)が起きていて、それが問題視されていたのかもしれません。

    ただ、本当に残念なことに、理由がどうであれ(たとえルールに違反したのが初めてだったとしても)いちど出入り禁止になってしまうと、それを解除してもらうのはむずかしいように思われます。

    たしかに、店長の裁量ひとつで、お年寄りの方の楽しみが奪われてしまったのはなげかわしいことですが、この場合は、もうお店を変えるしか方法はないのかもしれません。交渉してもダメということですので、可能であれば、おばあさまにはほかのお店をすすめてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。