【一本化】おまとめローンは「最後の砦」でお金の問題に終止符を打てるか?

どこの会社も審査落ちで通らない……という時のためのおまとめローンに「最後の砦」とよばれるものがあります。

ギャンブル依存症になってしまうと直面するのが、多重債務などの借金問題。借金の額が増えれば増えるほど利息が高くなるため、返済した金額が利息ばかりに充当され、元本がまったく減らないという事態におちいってしまいます。

そんなとき、この問題を解決できる方法として「おまとめローン」がありますが、これは(とくに大手は)審査がきびしく、多重債務におちいると、話も聞いてもらえずに審査落ちとなってしまうのが現実でしょう。

しかし、門前払いを受けてきた方でもまだあきらめてはいけません。おまとめローンには「最後の砦」と呼ばれる、お金の問題を解決できる可能性を持った「中央リテール」という場所が残されているからです。

この中央リテールは、口コミ・評判・体験談などから見てどうなのか? ほんとうに借金問題を解決してくれる最後の防波堤となってくれるのか?

今回は、お金の(借金の)問題でお困りの方のため、このおまとめローン「最後の砦」についてくわしく見ていくことにしましょう。ギャンブル依存症ではないけれどお金の問題で困っている、という方のお役にも立てるはずなので、どうぞギャンブルをされない方もごらんください。

ギャンブル依存症と泥沼化する借金問題

消費者金融やカードローンなど、お金を借りるのはほんとうに簡単。まずは私たちを泥沼の返済生活に叩き込む「借金問題」について再度認識しておくことにしましょう。

私はいちばん多いときで3社の消費者金融から借金をしていましたが、いっときは消費者金融のカードを「無限にお金が出てくる魔法のカードだ」と思ったことさえありました。

しかし、この「お金を借りることへの危機意識の低さ」こそが、ギャンブル依存症を悪化させ、借金生活を泥沼化させるもっとも危険なものなのです。

ふだん買い物をしたり外食をしたりすれば、その分の使ったお金は使った分だけ確実になくなりますが、ギャンブルで使うお金に関しては「増える可能性がある」ので、使ったら使った分だけなくなるとは思えません。

私たちにとってギャンブルをするときの借金は「お金を増やすための種銭」という認識であるので、借金をした時点で自分の資産が減っているとは考えられないのです。

また、キャッシングは魔法のカードでも錬金術でもなく、いずれは限界がおとずれるものですが、そうなると次にとる行動は新たな借入先探しで、それ(どこからもお金が借りられなくなる)がおわったあとに待ち受けているのは「自転車操業」のようなサイクル。

返済して増えた借入可能額は、「使えることになったお金、使ってもだいじょうぶなお金」です。

本来であれば借入可能額が増えたところで借金はまだ残っているのですが、借金に慣れてしまうと、「使うことができるお金は、すべてギャンブルをするための資金」となってしまうので、私たちはいともたやすくふたたびお金を借りてしまうのです。

このように、ある程度の借金に依存症状が加われば、返済生活は泥沼化し、返しては増えての繰り返しとなってしまうこと必至となるでしょう。

返済したお金がいつでも簡単に引き出せるギャンブル依存症を患っている状態での返済生活の苦しさ、ギャンブル以外に娯楽や楽しみを見いだせない、などのさまざまな条件が重なることで、借金の返済生活は長期化していくのです。

おまとめローンで複数の借金を一本化する利点&難点

私は、120万円の借金を完済するのに7~8年以上の時間を費やし、完済するまでに少なくとも100万円を超える利息を支払ってきました。いまとなってはもう遅いですが、借金問題を解決するために取るべき方法はいくらでもあったと思っています。

ところで、これは当時の私がおちいっていた状況でもあるのですが、皆さんは、以下のようなことに当てはまったりはしないでしょうか?

  • 複数社からの借り入れがあって思ったように借金の返済が進まない
  • 高額な利息により元本がほとんど減らず、なんとか利息だけを支払っている
  • 借金を返済しては借りてを繰り返し、元本がほとんど減っていない
  • 高額な利息を返すためにほかの消費者金融から借金をし、それを利息に充てる「自転車操業」をしている
  • 高額な利息を仕方ないと諦め、毎月利息に何万円も払っている

もし、これらの項目にひとつでも当てはまるのであれば、すぐにでも動いたほうがいいと私は思います。

複数社(たとえば3社以上など)から借り入れがある場合、ギャンブル依存症を患っているのであればなおのこと、時間とお金を無駄に消費してしまう可能性はきわめて高いと思われます。一刻も早く借金問題を解決させるための行動を取るべきでしょう。

では、それにはどのような方法があるのか? というと、それこそが、今回の本題でもある、多重債務の借金問題を解決できる可能性を持った「おまとめローン」です。

おまとめローンとは、複数社からの借金を一本化し、利息を安く抑えられる大きなメリットを持った、多重債務者にとっては救済となるシステム。

私も借金地獄にはまっていたときは、これを利用したいと考え、大手のおまとめローンに何度も申し込みました。

ところが、結果はすべて審査落ち。

そう、おまとめローンのデメリットとして、とくに大手は審査が厳しいという点があるのです。多重債務者は金融会社の警戒対象となっているため、簡単には審査には通らなくなってしまっているから。

結局、何度も審査に落ちたことで、私はおまとめローンに切り替えることをあきらめてしまい、その結果として、借金の返済生活は長期化してしまったのですが、じつは最後の砦として「中央リテール」なる会社があったことを当時の私は知りませんでした。

おまとめローン最後の砦「中央リテール」の基本情報

業者名中央リテール
融資額~500万円
利率年10.95~13%
審査時間受付から約2時間
最短融資翌営業日
返済期間最長10年(120回)
延滞損害金20.0%(年率)

それでは、ここからは、このおまとめローン「中央リテール」についてくわしく見ていきましょう。

あまり聞かない会社かもしれませんが、この中央リテールは、おまとめローンを専門とする賃金業者であって、厳格な基準を定めている「日本貸金業協会」にも加盟している正式な貸金業者。同社の最大の特徴は、柔軟な審査をおこなってくれるところにあります。

そもそも、大手のおまとめローンの審査がなぜ厳しいか(すぐに却下されるか)というと、金融機関では申し込みの件数や借り入れ状況などの情報が共有されているから。

これによって、借り入れが複数あるなどの状況によっては、他社では門前払いとなってしまうことが多いのですが、中央リテールでは、多重債務の場合でもまずは審査をしてくれるので、そういった方でも貸付を受けられる可能性がある。それこそが、中央リテールが「最後の砦」や「最終手段」と呼ばれるゆえんなのでしょう。

また、相談窓口の対応者がすべて国家資格取得者であることも大きな特徴となっていて、完済までの期間や月々の返済額など、返済計画をプロと相談したうえでの審査となっています。

私たちのように「首が回らない」者に対して、大手などでは数字だけを見て審査落ちというのがあたりまえのように思えてしまいますが、まずは有資格者が話を聞いてくれるというのは、非常に心強いといえるでしょう。

そして、これも重要なことで、基本的には大手の銀行カードローンはおまとめ後も再度借り入れ(追加融資)ができるのに対し、中央リテールのような貸金業者(消費者金融)のおまとめローンは、返済専用なので追加融資はできません。

実際、お金が借りられなくなると、しばらくのあいだはフラストレーションはたまりますが、これはギャンブルをしたい衝動への大きな抑制になります。

お金を借りることができないという状況に身を置くことは、ギャンブル依存症を克服していくうえで、非常に大きな効果を発揮すると私は思います。それを返済専用のルールが満たしてくれたりもするのです。

中央リテールの申し込みから融資までの流れ

「最後の砦」の基本的な情報がわかったところで、次は、中央リテールに申し込む手順から、実際に融資されるまでの流れをくわしく見ていくことにしましょう。

1. 公式サイトで必要事項を入力し送信する

まずは中央リテールの公式サイトにアクセスし、オンライン申し込みから、必要事項に借入希望額や、現在の借入状況、職業や年収などを記入していきます(申し込みは電話でも可)。

このときに注意しておきたいのが、虚偽の情報を書いてしまわないように気をつける、ということ。

消費者金融で新たにお金を借りようと思ったとき、他社からの借り入れをわざと少なく申告したことはじつは私もありました。ところが、これにはなんの意味もありません。さきのとおり共有されている情報から調べれば、借り入れの金額や件数などはすぐにわかってしまうからです。

嘘をついてしまうと、逆に自分の首を絞めることにもなってしまうので、すべて正直に記入する、ということです。

CHECK

申し込みの対象は、基本は借入が5社以上かつ200万円以上(キャッシング・ショッピングを含む)となっていて、これ以下は対象外となる場合もあるようです。

2. 連絡があるので返済計画などの相談をする

後日、申し込みページに記入した希望の連絡日時に、中央リテールから連絡がくるので、借金の返済計画などの具体的な相談をここでおこない、それをもとに仮審査となります。

3. 来店により本審査

仮審査に合格していた場合、本審査に移ります。

ここで重要なのが、本審査は東京渋谷にある中央リテール本社でおこなわれるということ。東京在住の方であればそこまで問題はないと思いますが、東京都外にお住まいの方は、場合によっては遠路はるばるとなってしまいます。

しかし、これには大きな理由があるとも考えられます。

おまとめローンの審査が通り、融資が決定したあとは、担当者といっしょに他社の借り入れをすべて完済し、他社との契約を解約するから。

たとえば、すべての借金がゼロになる数百万円の大金が口座に振り込まれたとして、それを元手にギャンブルでお金を増やそうとしないとは絶対にいいきれないですよね。ギャンブル依存症ともなると、お金はできるだけ使える状態にしておきたくなるなど、金融会社との契約は解約しないで、そのままにしておきたくもなってくるものです。

つまり、もしかするとの話ですが、そういった他社からの借り入れを完済・解約するという理由もあって、本審査は本社でおこなうことにしているのかもしれません。

交通費や宿泊する場合は距離にもよりますが、場合によっては数万円~のお金はかかると思います。が、その数万円を出し惜しんだことで、その後何十万円もの利息を払い続けたり、何百万円ものお金を使ったりしてしまうことを考えれば安いものだともいえます。実際に遠方から来られる方も多いそう。

本審査の注意点としては、本審査までいったからといってかならず融資が決まるわけではないという点(ここもかなり重要)と、収入証明書(直近2か月分の給与明細や、源泉徴収票)などが必要となる点。

大手の消費者金融との契約は、希望金額によっては収入証明書もいらず、身分証だけで契約ができたりもしますが、金額が金額なので、中央リテールの場合は収入証明書が必要となります。

4. 契約、他社の借り入れを完済後、おまとめローン開始

無事に本審査も通過後は、担当者といっしょに、いままで背負ってきた借金をすべて完済し、その日のうちに他社との契約を解約します。

その後は金利が安くなり、返済も毎月1回決められた日におこなう、中央リテールのおまとめローンで借金の完済を目指します。

これが、中央リテールを利用するさいの、一連の流れとなっています。

中央リテールの評判・口コミ・体験談と紹介屋のウワサ

中央リテールの利用条件や、利用するまでの流れはここまでとなりますが、肝心なのは、このサービスは安心・安全なのか? ということでしょう。

中央リテールの評判や体験談、口コミを見てみると、他社では絶対に審査が通らないような状況でもおまとめができて助かったというものや、接客態度がよかったなど、表に出ているものは、基本的にいい口コミばかりで、評判も上々といった印象でした。

その一方で、中央リテールは「紹介屋」だというウワサも目にします。紹介屋とは、お金を貸すとうたっておきながら実際は貸し付けをする気はなく、申込者を他社(弁護士事務所など)に斡旋し、そこから紹介料をもらう業者のことをいいます。

さて、万が一このウワサが真実だったとすると、「これがほんとうに最後」と仮審査が通過したよろこびと本審査通過への期待を胸に、場合によっては県外から、交通費と時間をかけて本社オフィスまで行かれるであろうかたがたに、最後の砦を紹介した私は顔向けができません。

そこで、個人的にこの件については調べることにし、私なりに結論を出すことにしたので、以下、その内容をまとめておきます。

火のないところに煙は立たぬ?

今回の調査は、本社に問い合わせてみるわけにもいかなかったので、実際に利用した方の体験談を徹底的に調査することにし、それをもとに、中央リテールにまつわるウワサについての結論を出すことにしました。

まずは、Yahoo!ファイナンスで見つけた口コミから。

本審査は……審査落ちということになりましたと言われました。
あなたの借金額からして、自己破産か債務整理をした方が良いと言われ、担当……の個人的な知り合いである……法律事務所……が力になると言ってくれています、と言われました。Yahoo!ファイナンス-中央リテール

利用者の方は、同社担当の個人的な知り合いである法律事務所を紹介されたといっています。

つづいて、こちらは本審査に進まれた方のブログ記事。

確かに私自身審査に失敗してから弁護士の紹介を受けた。
しかも、会って後心配だからどうなったか聞かせて欲しい。とも。任意整理体験ブログ-中央リテールについて

ここでも本審査での否決から弁護士を紹介されたとの情報が(ただし、筆者は紹介屋ではないと思うとされています)。

最後に、某掲示板。

皆さんと同じ。
私も……から出向いたのに、長い時間説明と自慢話聞かされた挙句、弁護士紹介されました。5ちゃんねる(2ちゃんねる)

ちなみに、この某掲示板にはおいては、匿名掲示板という特性上、真偽はさだかではないとはいえ、弁護士を紹介されたという書き込みがあまりにも異様に多く、しかも、かなり以前からおなじような話が散見されました。

これら利用者の体験談・口コミは、あくまでもマイナスな情報にかぎったものであって、(じつはまだほかにも同じようなものはあるのですが)すべてがほんとうかどうかもはっきりとはわかりません。

ただ、「火のないところに煙は立たぬ」というように、こういった話が出てくるのには、なにかしらの理由があるとも考えられますし、それに正直いうと、さきほどもいちおう個人的な考えは述べたとはいえ、本審査を東京の本社でおこなわなければならない絶対的な必要性があるのかを考えると、私にはなんともいえません(本審査が通過したので東京の本社まで来て下さいならわかる)。

したがって、私個人の意見としては、はっきりとしないことが多すぎる以上、中央リテールの利用はおすすめできない、という結論に達しました。

もちろん、いい口コミもたくさんあるので、ふつうにおまとめローンを利用できた方も数多くいらっしゃるとは思います。もしかすると、遠方から来店されて審査に落ちてしまい、とほうに暮れている申込者をふびんに思った担当者が、べつの選択肢を善意で提案したことに、尾ひれがついていっただけの話かもしれません。

けれども、やはり万が一ということがあるので、私は最後の砦「中央リテール」を、すべての借金問題でお困りの方に、自信を持っておすすめすることはできませんでした。

借金問題は全国から利用できる任意整理がおすすめ

大手のおまとめローンは信用情報(借入状況)から門前払い。最後の砦ともいわれるおまとめローン「中央リテール」は、東京の本社オフィスまで行く必要があり、しかも本審査で落ちる可能性があるなどのリスクもある。

そうなると、借金問題でほんとうにお困りの方は、もうどうにもならなくなってしまうと思うのですが、そこで私は、債務整理のなかでももっともリスクが低い「任意整理」をおすすめしたいと思います。

この任意整理というものは、結局は弁護士・司法書士などの法律の専門家に依頼することになるのですが、借入件数・借入額は関係なく、全国どこからでも利用でき、さらには希望すればほぼ確実に利用することができる「真の最後の砦」。

基本は利息が全カットになる(場合によっては借金自体が減る)という大きなメリットがある代わりに、新規で5年間は金融会社から借り入れができなくなりますが、その強制力があることで、借金問題もギャンブル依存症も片づけられる可能性がかなり高いのです。

自分から相談するのは気が引けるという方のためにも、「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」という、全国6都府県に事務所をかまえる司法書士法人が、無料で借金の減額を診断してくれるシミュレーターがあります(結果は要電話回答)。

こちらの法人グループは、規模・拠点・メディアへの露出・口コミなどから信頼できると私は判断しています。おまとめローンが利用できず、借金問題の解決が自力ではむずかしいという方は、ぜひ利用を検討してみてください。

おまとめローンまとめ

・借金問題は放置しておくと膨れ上がっていくだけ
・おまとめローン最後の砦「中央リテール」は謎の噂が多い
・真の最後の砦は「任意整理」でこれは本当におすすめできる

複数社からの借金生活は長引けば長引くほど、無駄に高い利息を払い続けることになってしまいます。そして、借りては返しての繰り返しは、ほんとうに大切な時間と多くのお金を無駄にしてしまうだけです。

多重債務に苦しんでいるのであれば、一刻も早くその問題を解決するために動くべきだと私は思います。放っておけば、借金問題もギャンブル問題も、なにも解決することはありません。

また、今回ご紹介したおまとめローンの最後の砦に関しては、もちろん根も葉もないウワサの可能性もあるのですが、借り入れが5社200万円以上という利用基準や、本審査で却下されるリスクを考えると、やはりすべての方におすすめはできません。

一方で、任意整理であれば、本来のデメリット(5年は新規借入不可)もメリットに変わってしまうなど、ギャンブル依存症の方で借金がどうにもならない方にとっては、これの利用がすべてをいい方向に動かしてくれると私は思っています。

さきほどもご紹介した「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」は、4つの質問だけで、しかも無料で利用できます。

大手では門前払いを受けてきた方、本気で借金問題を解決したい方は、まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか? もちろん相談料も無料なので、ひとまず診断だけでもしてもらう価値はあると思いますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。