おまとめローン最後の砦「中央リテール」で借金問題に終止符を打とう!

どこのおまとめローンも審査落ちで通らない、何件もの借り入れで利息が高くて元本が全く減らないという方、まだ諦めないで下さい。おまとめローンには最後の砦と呼ばれるものがあります。

ギャンブル依存症になってしまうと直面するのが多重債務などの借金問題。借金の額が増えれば増えるほど利息が高くなるため、返済した金額が利息ばかりに充当され、元本が全く減らないという事態に陥ってしまいます。
この借金問題を解決するのに最も有効なのがおまとめローンですが、特に大手は審査が厳しいため、多重債務に陥ると話も聞いてもらえません。

しかし大手などに門前払いを受けてきた方もまだ諦めないで下さい。おまとめローンには最終手段や最後の砦と呼ばれるものがあります。特にギャンブル依存症の方は借金問題を放置しておくとより大きな借金ができてしまう可能性が極めて高いため、一刻も早く動く必要があるでしょう。

ギャンブル依存症と借金問題

消費者金融(サラ金)やカードローンなど、お金を借りるのは本当に簡単です。私は一番多い時で3社の消費者金融から借金をしていましたが、一時は消費者金融のカードを「無限にお金が出てくる魔法のカードだ」と思ったことすらありました。
しかしこの「お金を借りる事への危機意識の低さ」がギャンブル依存症を悪化させ、借金生活を泥沼化させる最も危険なものなんです。

普段買い物をしたり外食をしたりすれば、その分の使ったお金は使った分だけ確実になくなりますが、ギャンブルで使うお金に関しては「増える可能性がある」ので使ったら使った分だけなくなるとは思えません。
ギャンブル依存症の人間にとってギャンブルをする時の借金は「お金を増やすための種銭」という認識で、借金をした時点で自分の資産が減っているとは考えられないのです。

また、キャッシングをするカードは魔法のカードでも錬金術でも何でもないので、いずれは限界が訪れます。この時ギャンブル依存症の人間が次にとる行動は新たな借入先探し。2社目、3社目の消費者金融。それも限度額に達し、どこもお金を貸してくれなくなったら次は両親、兄弟、友人。
それもだめになったら最後に辿り着くのは闇金やその類の所です。
なんとか闇金などには手を出さず踏みとどまることができても、この頃には既に多額の借金を背負っていることと思います。

そしてどこからもお金が借りられなくなった後に直面するのが「自転車操業」のようなサイクル。ギャンブル依存症の人間にとって返済して増えた借り入れ可能額は「使えることになったお金、使っても大丈夫なお金」です。本来であれば借り入れ可能額が増えたところで借金はまだまだ残っているのですが、ギャンブル依存症の人間にとっては「使うことができるお金は全てギャンブルをするための資金」になるので、いともたやすく再びお金を借りてしまいます。

このようにして借金の返済生活は泥沼化し、返しては増えの繰り返しとなってしまうことと思います。返済したお金がいつでも簡単に再び引き出せる、ギャンブル依存症を患っている状態での返済生活の苦しさ、ギャンブル以外に娯楽や楽しみを見出せないなど様々な条件が重なることで借金の返済生活は長期化していきます。

おまとめローンで複数の借金を一本化しよう!

私は120万円の借金を完済するのに約7~8年もの時間を費やしました。完済するまでに支払った利息は少なくとも100万円を超える金額を支払ってきました。今となってはもう遅いですが、借金問題を解決するために取るべき方法はいくらでもあったと思っています。

特に3社以上から借り入れがある場合、ギャンブル依存症を患っているのであれば、時間とお金を必要以上に無駄に消費してしまう可能性が極めて高いと私は思います。

  • 複数社からの借り入れ(多重債務)があって思ったように借金の返済が進まない
  • 高額な利息により元本がほとんど減らず、利息だけを払ってなんとか日々を凌いでいる
  • 借金を返済しては借りてを繰り返し、借金の元本がほとんど減っていない
  • 高額な利息を返すために他の消費者金融から借金をし、それを利息に充てる「自転車操業」をしている
  • 高額な利息を仕方ないと諦め、毎月利息に何万円も払っている

以上の項目に1つでも当てはまるのであれば、一刻も早く借金問題を解決させるための行動を取るべきだと私は思います。それではどのような方法があるのかというと、多重債務の借金問題を解決する方法の一つに「おまとめローン」があります。

おまとめローンとは複数社からの借金を一本化し利息を安く抑えることができるので、多重債務者にとっては救済となるシステムです。
私も借金地獄にはまっていた時は大手のおまとめローンに何度も申し込みました。

しかし、結果は全て審査落ち。

おまとめローンのデメリットとして、特に大手は審査が厳しいという所があります。そして多重債務者は金融会社の警戒対象となっているため、簡単には審査には通らなくなってしまっているのです。
何度も審査に落ちたことで私はおまとめローンに切り替えることを諦めてしまい、その結果借金の返済生活が長期化してしまいました。

しかし最後の砦ともいわれるおまとめローンがあるのです。
それが中央リテール です。

中央リテール はおまとめローンを専門とする賃金業者で、厳格な基準を定めている日本貸金業協会にも加盟している正式な貸金業者です。

おまとめローンの最終手段、中央リテールの基本情報

業者名 中央リテール
融資額 ~500万円
利率 年10.95~13%
審査時間 受付から約2時間
最短融資 翌営業日
返済期間 最長10年(120回)
延滞損害金 20.0%(年率)

中央リテールの最大の特徴はやはり柔軟な審査を行ってくれる所にあります。金融機関では申し込みの件数や借り入れ状況などの情報は共有されているため、他社では門前払いの状態の方でも貸付を受けることができる可能性があります。それが中央リテールが「最後の砦」や「最終手段」と呼ばれる所以なのでしょう。

また相談窓口の対応者が全て国家資格取得者であることも大きな特徴です。完済までの期間や月々の返済額など、返済計画をプロの方と相談した上での審査になります。
私たちのように「首が回らない」者に対して大手などでは数字だけを見て審査落ちというのが当たり前のように思えてしまうのですが、まずは有資格者が話を聞いてくれるというのは非常に心強いのではないかと私は思います。

そして、これも重要な点の一つなのですが、基本的に大手の銀行カードローンはおまとめ後も再度借り入れ(追加融資)ができるのに対し、中央リテールのような貸金業者(消費者金融)のおまとめローンは返済専用なので追加融資はできません。
実際お金が借りられなくなるとギャンブルをするお金がなくなるので、暫くの間はフラストレーションは溜まりますが、ギャンブルをしたい衝動への大きな抑制になります。お金を借りることができないという状況に身を置くことは、ギャンブル依存症を克服していく上で非常に大きな効果を発揮すると私は思っています。

中央リテールの申し込みから融資までの流れ

1.公式サイトから必要事項を入力し送信する

借り入れ希望額や、現在の借り入れ状況(何社から合計いくら借りているかなど)、職業や年収などを記入します。電話での相談も行っていますが、自身の借り入れ状況を再度正確に把握し、先に申し込みフォームに正確な数字を記入した方が窓口の方との相談もスムーズに運ぶと思いますので、オンラインでの申し込みがいいでしょう。

注意事項としては絶対に虚偽の情報を書かない事です。
消費者金融で新たにお金を借りようと思った時、他社からの借り入れをわざと少なく申告したことは私もありました。同じような経験がある方も多いかもしれませんが、これには何の意味もありません。
借り入れの金額や件数などは調べればわかる情報です。嘘をつくことには何の意味もないどころか、自分の首を絞めるだけとなってしまいます。お金の貸し借りはお互いの信用が大事ですよね。全て正直に記入しましょう。

2.中央リテールから電話連絡があるので、返済計画などの相談をする

申し込みページに記入した希望の連絡日時に中央リテールから電話で連絡がくるので、借金の返済計画など具体的な相談をここで行い、それを元に仮審査となります。

3.来店により本審査

仮審査に合格していた場合、本審査に移ります。
ここで重要となるのが、本審査は東京渋谷にある中央リテールで行われるという所です。東京在住の方でしたら特に問題はないと思いますが、東京都外にお住まいの方は遠路遥々となってしまいます。

しかしこれには大きな理由があるのです。
それはおまとめローンの審査が通り融資が決定したあとは、担当者と一緒に他社の借り入れを全て完済し、他社との契約を全て解約するからです。
考えてみて下さい、全ての借金がゼロになる数百万の大金が口座に振り込まれたとして、それを元手にギャンブルで増やそうとしないとは絶対に言い切れないですよね。それに、例え他社からの借金をきちんと完済したとしても、「念のため、万が一の時のため」と解約しないでそのまま借金が再びできる状態のままにしておくことも十分に考えられます。

だからこそ融資が決まった時に担当者の目の前で借金を完済するためにも、本審査を東京の中央リテールで行う必要があるのです。

交通費や宿泊する場合は距離や期間にもよりますが数万円程のお金はかかると思います。しかしその数万円を出し惜しんだことで、その後何十万円もの利息を払い続けたり、何百万円もの金額をギャンブルで負けることを考えれば安いものだと思います。実際に遠方から来られる方も多いと聞きます。

本審査の注意点としては、本審査まで行ったからといって必ず融資が決まるわけではないという点と、収入証明書(直近2か月分の給与明細や、源泉徴収票など)が必要となることです。大手の消費者金融との契約は希望金額によっては収入証明書もいらず、身分証だけで契約ができますが、中央リテールの場合は収入証明書が必要となります。

4.契約、他社の借り入れを完済後、おまとめローン開始

無事に本審査も通過後は、担当者と一緒に今まで背負ってきた借金を全て完済し、その日の内に他社との契約を全て解約します。その後は金利が安くなり、返済も毎月一回決められた日に行う中央リテールのおまとめローンで借金の完済を目指します。

中央リテールの評判や口コミ

中央リテールの評判や口コミを見てみると、他社では絶対に審査が通らないような状況の方でもおまとめができて助かったというものや、接客態度が良かったなど、いい口コミが多く、評判もいいといった印象でした。
その一方で、中央リテールは「紹介屋」だという噂も目にしました。紹介屋とはお金を貸すとうたっておきながら実際は貸し付けをする気はなく、申込者を他社に斡旋し、そこから紹介料をもらう業者のことをいいます。
しかし実際に中央リテールで契約された方や、口コミを見ても中央リテールが紹介屋だというような根拠のあるものは一切見当たりませんでした。本当に悪質な業者の情報は、現在のようなネットでいくらでも情報を集められる時代では一気に広まります。

これは私の勝手な想像ですが、もしかすると遠方から来店されて審査に落ちてしまい、途方に暮れている申込者を不憫に思った担当者が、別の選択肢を善意で教えてあげた事に尾ひれがついていったのかもしれません。

実際のところなぜこのような噂が立ったのかはわかりませんが、中央リテールが紹介屋だという噂は根も葉もないものだと私は判断しました。

おまとめローンのまとめ

複数社からの借金生活は長引けば長引くほど、お金を借りているというだけで無駄に高い利息を払い続けることになってしまいます。そして返しては借りての繰り返しは本当に時間とお金を無駄にしてしまいます。多重債務に苦しんでいる方は一刻も早くその問題を解決するために動くべきだと私は思います。
放っておけば借金問題も、ギャンブル依存症も何も解決しません。

中央リテール は場所は東京にありますが、申し込み自体は本人に来店の意思があれば、全国からおまとめローンを受け付けています。
大手では門前払いを受けてきた方でも、東京のエリア外にお住まいの方でも、本気で借金問題を解決したいと思われているのであれば、まずはお申し込み後、相談窓口の方とご相談されてみてはいかがでしょうか。相談料は無料なので、とりあえず相談だけというのもいいと思いますよ。

中央リテールのおまとめローンは公式サイトから申し込みができます。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す