精神疾患の発症と経緯

私の精神疾患の発症は12~13歳、ちょうど中学1年生の頃でした。
当時は体も大きく頑丈で、活発な少年だったのですが、何の前触れもなく、
それは襲い掛かってきました。

こんにちは、現役バーテンダーの湊です。
今回は私が精神疾患になった経緯を書いていきたいと思います。
原因となった出来事や、要素はできるだけ詳しく書きたいと思います。
それでは早速いきましょう。

赤面症が発症するまで

私は生まれは関東ですが、父の仕事の都合で家族ごと引っ越し、
年間の晴れ日数が全国的にかなり少ない地域で育ちました。
雨や曇りの日が非常に多く、日の光を浴びる時間が少ないところでした。

家族構成は、父、母、兄、私、弟の5人家族で、色んな小動物を飼育していました。
歴代の小動物たちもご紹介します。

 

 

その他文鳥やセキセイインコ、金魚などの魚も沢山いたのですが、キリがないので割愛します。

幼少期

母は教育熱心でやや過保護、父は放任主義でした。
体は大きく活発で、誰とでも仲良くといった性格でした。
どういった経緯でなったのかは忘れましたが、生徒会長でした(汗)
母の期待に応えたく色々と頑張っていたのだと思います。
この頃は病とは無縁のような人間でした。そう、この頃までは・・・

中学生期

私は思いました。自分も中学生になるのか。
期待よりも不安の方が大きかったです。
ちょうど男性はこの頃に第二次成長が訪れます。いわゆる「思春期」というやつですね。
精神状態が不安定になりやすい時期のため、この時期に赤面症になってしまう方は多いといいます。

さて、中学校にも慣れてきた頃、クラスの女の子と話していたところを友人にからかわれたとか、
そのような事だったように思います。突然顔が熱くなり、みるみる紅潮していきました。
その時は特に気にすることはなかったのですが、
この日私の心には「恐怖心」が植え付けられてしまったのです。

赤面症の症状

それからというもの、何かある度に赤面するようになってしまいました。
どのように赤面するかというと、要因となる出来事が起きた直後から顔が紅潮していき、
その要因が終わるか、暫く時間が経つまで赤面しっぱなしといった具合です。
どういった時にその症状がでるのか、当時の症状について詳しく書いていきます。

✅女の子に話しかけられるなど、女の子と関わること全般
✅人に注目される、人前で何かをする、目立つ
✅びっくりした時や焦り、怒りなど、感情に起伏が生じた時
✅恥をかいた、恥ずかしいと思う時
✅食事中の沈黙時間、他人との食事
✅知らない人との会話
✅赤面についてからかわれる、顔が赤いという単語を聞く
✅赤面について考える時、赤面した時のことを思い出した時

これもまだ一部で、さらに詳しく書いていくとこれもまたキリがありません。
当時はどうすればいいのか全くわからなかったため、一人で悩んでいました。
友人と話すことは好きでしたが、顔が赤くなってしまうのが嫌で嫌で、、

そして悩みを抱えたまま卒業の日を迎えました。

スポンサーリンク

コメントを残す