【対人恐怖症・赤面症】精神疾患が発症するまでの経緯

私の精神疾患の発症は12~13歳、ちょうど中学1年生の頃でした。
当時は体も大きく頑丈で活発な少年だったのですが、何の前触れもなくそれは襲い掛かってきました。

こんにちは、現役バーテンダーの湊です。
今回は私が精神疾患になった経緯を書いていきます。できるだけ原因となった出来事や、精神疾患を発症する要素になるような事は詳しく書いていきたいと思っています。

赤面症が発症するまで

私は生まれは関東ですが、父の仕事の都合で家族ごと引っ越し、年間の晴れ日数が全国的にかなり少ない地域で育ちました。
雨や曇りの日が非常に多く、日の光を浴びる時間が少ないところでした。

家族構成は、父、母、兄、私、弟の5人家族で、様々な小動物を飼育していました。
歴代の小動物たちもご紹介します。

 

 

その他文鳥やセキセイインコ、金魚などの魚も沢山いたのですが、挙げ出すと切りがないので割愛します。

幼少期

母は教育熱心でやや過保護、父は基本的に放任主義でした。
体は大きく活発で、誰とでも仲良くといった性格で、小学生の頃は生徒会長を務めていました。これに関しては母の期待に応えたく色々と頑張っていたのだと思います。
この頃は体調を崩すこともほとんどなく、病とは無縁のような人間でした。

中学生期

小学校から中学校へ上がる時は、誰しもが期待と共に不安を抱えるものだと思います。例に漏れず私もその一人でした。
恐ろしい上級生に目をつけられたら嫌だなとか、新入生いびりにあってしまったらどうしようかとか、期待よりも不安の方が大きかった記憶があります。

また、男性はこの頃に第二次性徴、いわゆる「思春期」というものが訪れますが、精神状態が不安定になりやすい時期のため、この時期に赤面症になってしまう方は多いといいます。勿論の事、私もその一人でした。

中学校にも慣れてきた頃、クラスの女の子と話していたところを友人にからかわれたとか、そのような他愛もない事だったように思います。恥ずかしさからか突然顔が熱くなり、みるみる紅潮していきました。
その時は特に気にすることはなかったのですが、自分自身も気づかないようなほんの小さな「恐怖心」がこの時私の心に根付いてしまったのだと思います。

赤面症の症状

ちょうど年齢的にも女性を意識し始める時期だったこともあったと思います。一度女性と話していたことがきっかけで赤面してしまったという経験は、無意識の内に「再び顔が赤くなってしまったらどうしよう」という不安、つまり恐怖心として私の心の奥底に住み着いてしまいました。

それからというもの、何かある度に赤面するようになってしまいました。
女性と関わることに関してはほぼ全て、それ以外にも緊張や不安がきっかけで一度赤面症の症状が出た事に関しては、それ以降も同じような状況に身が置かれる度に症状が出るようになっていきました。
そして顔が赤くなっているのを周りに見られたくない、落ち着け、赤面するなと思えば思うほど症状は悪化していきます。

どういった時にその症状がでるのか、当時の症状についていくつか書いていきます。

✅女の子に話しかけられるなど、女の子と関わること全般
✅人に注目される、人前で何かをする、目立つ
✅びっくりした時や焦り、怒りなど、感情に起伏が生じた時
✅恥をかいた、恥ずかしいと思う時
✅食事中の沈黙時間、他人との食事
✅知らない人との会話
✅赤面についてからかわれる、顔が赤いという単語を聞く
✅赤面について考える時、赤面した時のことを思い出した時

これもまだほんの一部で、さらに詳しく書いていくとこれも切りがありません。
当時は相談できる相手も、自分に何が起こっているのかも全く見当もつかなかったため、どうすればいいのかわからず一人で悩んでいました。

そして私は、対人恐怖症の悩みを抱えたまま卒業の日を迎えました。

スポンサーリンク

コメントを残す