パチンコにハマるのは「部分強化」という人間の心理が関係していた!

つまらない通常状態でもなぜ人はハンドルを握り、レバーを叩き続けるのか。実は、そこには人の心理を突く仕掛けがあったのです。

パチンコやスロットはそう簡単には当たらないですし、ようやく当たったとしてもなかなか出ません。だからこそ躍起になって、もっと当てたい、もっと出したいとのめりこんでしまうのですが、実はこれには心理学で言うところの「部分強化」というものと深い関係があります。

部分強化……。普段から聞き慣れない言葉ですが、実はこれを知っておくとギャンブル依存症になってしまう本質的な理由や、パチンコにいいように操られていた手法を逆手に取ることができるようにもなります。

そんなわけで、今回は心理学をかじりながら、人がパチンコにハマってしまう心理状態を覗いてみたいと思う!そんなに難しい話でもないですし、聞いてみれば「ああそうか」となる簡単な話ですよ。

関連記事

パチンコで負けたままやめられなくなる心理はこちら
【プロスペクト理論】パチンコなどのギャンブルで敗走できなくなる理由

スキナーのオペラント条件づけ

私たち人間を含む動物は、自発した反応、つまり行動を起こした後で報酬や罰といった刺激を受けると、それを学習し、行動を起こす頻度に変化が生じます。

わかりやすく言うと、例えば自宅の扉にはレバーとボタンの2つが付いていて、レバーを捻ると体に電流が流れ、ボタンを押すと扉が開いたとなると、誰もレバーなんて触らなくなるといったような話です。

これを実験によって証明しようとしたものがあります。

1898年にはアメリカの心理学者、エドワード・ソーンダイクが先駆的な実験を始めたのですが、特に有名なのが1930年代に入ってから行われた、こちらもアメリカの心理学者、バラス・フレデリック・スキナー(B.F.Skinner)による実験。

スキナーは、報酬や罰によって動物は学習し、自発反応(行動)が変化する(これをオペラント条件づけと言います)ということを実験をするために、「オペラント条件づけ箱」という怪しい物を発明。

これが現在で言うところの「スキナー箱」というものです。

スキナー箱による実験

スキナー箱とは、上下左右が壁によって仕切られた脱出不可能な箱の中に、レバーやボタンといった装置が取りつけられ、その装置を押すとエサが出てくる仕掛けになっているというもの。要するに給餌装置付きの箱です。

そこで、この箱を使って何をするのかというと、スキナー箱の中にお腹が空いたハトやネズミを入れるのです。

実験の流れはこうだ!

ハトのスキナー箱

①お腹が空いたハトをスキナー箱の中に入れる

②スキナー箱の中にはつついたり、押したりすると給餌装置が作動するボタンが付いている

③箱の中に入れられたハトは最初でたらめに動いてボタンを押さないが、偶然ボタンを押すとエサが出てくる

④ハトが偶然ボタンを押す、エサが出てくるが繰り返される

⑤ハトはボタンを押してエサを出すようになる

この実験のポイントは、初めのうちはハトはボタンを押すとエサが出てくることを知りませんが、何度か偶然が重なると、ボタンを押せばエサが出てくるということを学習し、自らボタンを押すようになるということ。

そしてこの自発的な反応(行動)をオペラント反応、またはオペラント行動と呼び、行動の直後に与えられる報酬(エサ)などの刺激のことを「強化子」と、強化子を与える操作(エサをあげること)は「強化」と呼びます。

連続強化と部分強化

ハトがボタンを押し(オペラント反応)、エサ(強化子)が出てくる操作のことを強化と呼ぶわけですが、この強化には2種類のものがあり、「連続強化」「部分強化」というものに分かれます。

連続強化はオペラント反応1回につき強化する操作、つまり、ハトがボタンを押す度にエサが出てくる操作のことを言います。

一方部分強化は、オペラント反応の回数や時間によって強化する操作、つまり、ハトがボタンを押しても毎回エサが出てくるわけではなく、ランダムでエサが出てくる操作のことを言います。

スキナー箱実験の結果、条件づけ(ボタンを押すとエサが出てくる)の後で強化をやめてしまう、つまりエサを出さなくすると、ハトの反応は次第に生じ無くなり、「消去」することがわかりました。

しかし、ここからが最も大事なポイントなのですが、なんと、ハトにあらかじめ「部分強化」で条件づけをすると、強化をやめても反応はなかなか消えず、反応が持続することがわかったのです。

要するに、ボタンを押すとランダムでエサが出てくることを知ったハトは、エサが出なくなってからもボタンを押し続けたということ。

この持続性は「消去抵抗」と呼ばれています。

パチンコ(ギャンブル)と部分強化

賢明な皆さんは私が何を言っているかはもうお気付きでしょう。

ボタンを押す、レバーを叩く、ハンドルを捻るとランダムで出てくる報酬(ボーナス)という名のエサ……

そう、パチンコは現代版スキナー箱、いや、人間版スキナー箱なのです!!

なぜパチンコに人はハマってしまうのか?それは、当たればお金が増える、増えたお金で贅沢ができる、好き放題遊べるという「条件づけ」が済んでいるから。

そしてその条件づけが、たまにしかこない当たり、稀にしか訪れない特化ゾーン、滅多に出ない大量出玉と、反応が持続する「部分強化」で条件づけられてしまっているからなのです!

まだよくわからない!?それではこう考えてみよう。

時代は訳あって超食糧難に突入。しかしなぜかパチンコ店には潤沢な食糧が。そして、その食糧にはレバーを叩けばありつけるというのです。

……が、それもすぐに終わってしまう。パチンコ店が抱える食糧が尽きてしまったのだ。

連続強化で条件づけされた人々は、1回だけレバーを叩けば食事にありつけたのに、もう食事が出てこないことを知ると、新たな食糧を求めてパチンコ店を去っていく。

しかしどうだろう。部分強化で条件づけされた人々は、いつかまた食事が出てくると信じてレバーを叩き続ける。来る日も来る日も、新たなオアシスの可能性は見ず、飢えても、渇いても、ただひたすらにレバーを叩き続ける。そう、いつか再びエサが出てくると信じて……

要するにこういうことです。パチンコは人がハマってしまう、のめりこんでしまう心理を上手く突いているのです。最初からハマるようにできているということですね。

部分強化を逆手に取る方法

それでは一度パチンコ(ギャンブル)依存症になってしまえば、ひたすらのめりこむしかないのか?というと、決してそんなことはありません。

この部分強化を逆手に取り、パチンコなどのギャンブルへの依存を断ち切る方法があるのです。

それは、達成が難しいことに挑戦してみること。

例えば語学学習といった勉強の場合。英語はよくわからないけれど、字幕無しで洋画が見てみたいから、という理由で勉強を始めてみたとしましょう。

勉強を始めたての頃は全くわからないとか、まるで聞き取れないとか、普通はそうなると思うのですが、勉強を続けている間に「今のフレーズなんかわかったぞ!」とか、試しに海外に行ってみたら「言葉が通じた!」とか、無理だと思っていたものがほんのちょっとだけ進展する。

そういった稀の報酬が部分強化となって、さらにモチベーションをアップさせてくれ、パチンコで勝つよりも大きな感動を生んだりもするのです。

ダイエットなんかの場合もそう。いつもはここまでしか走れないのに、筋トレは何回までしかできなかったのに、体重がいつになっても減っていないのに、と、まるで進展のなかったものが続けていくことで突然ちょっとだけ進展したりすると、なんだかいけそうな気にもなってくるわけです。

もちろん禁パチンコや禁スロットもそうで、これがギャンブル依存症の方にとっては一番達成が難しいことになるとは思うのですが、今まで1週間ともたなかったのが2週間ももったとか、パチンコ店の近くまで来るといつもは様子だけでもと中に入ってしまうのに、今回は初めて中に入らないで済んだとか。

そのような普段であれば起こらない達成感を感じることができれば、それも報酬として部分強化となり、禁パチンコの持続を助けてくれると思います。

そして、このような部分強化を生むのは例外なく、何かに挑戦して何かを達成できた時だけです。

挑戦無くしてエサを得ることはできない。それに、エサはパチンコ店の中にだけあるわけじゃないですよね。そう、パチンコ店の外の方にこそ沢山のエサがあるぞ!

今回のまとめ

・人や動物は報酬や罰といった刺激を学習する
・部分強化はランダムで出てくる報酬
・部分強化によって条件づけられた反応は持続する

スキナーが残したものは実はスキナー箱の実験結果だけではなく、それに基づいて「行動分析学」という学問体系を創始しました。

行動分析学は医療、ビジネス、スポーツ、家庭など、様々な現場で大きな成果を上げている学問で、中でも「応用行動分析」という分野は、ギャンブル問題を含む精神的な病気に対しても活用されています。

私はまだ行動分析学に関してはさわり程度で深く理解できてはいないのですが、ここにもパチンコなどのギャンブル問題を解決するカギは間違いなくあるはず。入門書も出ているので、興味のある方は覗いてみてほしい!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す