【部分強化】パチンコをやる人がギャンブルにハマる心理は鳩が教えてくれた

なぜ人は、いくら負けてもハンドルを握り、レバーを叩き続けるのか。そこには、人の心理を突く仕掛けがあったのです。

パチンコやスロットはそう簡単には当たらないですし、ようやく当たったとしてもなかなか出ません。まったくもって勝つことができません。

だからこそやっきになって、もっと当てたい、もっと出したいと、私たちは勝てなくても、いくら負けてもパチンコにのめり込んでいってしまうのですが、じつはこれには、心理学でいうところの「部分強化」というものと深い関係があります。

部分強化……。ふだんから聞き慣れない言葉ですが、これを知っておくと、パチンコをやる人の心理や、パチンコにハマる人の心理、さらには、ギャンブル依存症にまでなってしまう本質的な理由をも知ることができます。それをもとにして、パチンコが持つ「あやつりの手法」を逆手に取ることだってできるかもしれません。

そう、パチンコなどのギャンブルにハマる心理を、心理学をとおして知ることで、依存を断ち切れる可能性を見いだすことができるのです!

そんなわけで、今回は心理学をまなびながら、パチンコをする人がそれにハマってしまう心理状態をのぞいてみることにしましょう。そんなにむずかしい話でもないですし、聞いてみれば「ああそうか」となる、とても簡単な話ですよ。

ギャンブルと心理学:人がパチンコにハマる心理とは

私たち人間をふくむ動物は、自発した反応、つまり行動を起こしたあとで報酬や罰といった刺激を受けると、それを学習し、行動を起こす頻度に変化を生じさせます。

わかりやすくいうと、たとえば自宅の扉にはレバーとボタンの2つがついていて、レバーをひねると体に電流が流れ、ボタンを押すと扉がひらいて休息できたとなると、だれもレバーなんてさわらなくなるといったような話。

これを、実験によって証明しようとしたものがあります。

1898年には、アメリカの心理学者、エドワード・ソーンダイクが先駆的な実験を始めたのですが、とくに有名なのが、1930年代に入ってからおこなわれた、こちらもアメリカの心理学者、バラス・フレデリック・スキナー(B.F.Skinner)による実験。

スキナーは、報酬や罰によって動物は学習し、自発反応(行動)が変化する(これをオペラント条件付けといいます)ことを実験をするために、「オペラント条件づけ箱」というあやしいボックスを発明。

これが、現在でいうところの「スキナー箱」というものです。

スキナー箱のハト実験を簡単に解説

スキナー箱とは、上下左右が壁によって仕切られた脱出不可能な箱の中に、レバーやボタンなどの装置が取りつけられ、その装置を押すとエサが出てくる仕掛けになっているといった、ようするに「給餌装置付きの箱」のこと。

そこで、この箱を使ってスキナーはなにをしたのかというと、スキナー箱の中に、おなかがすいたハトやネズミを入れたのです!

この、禁断のハト実験の流れと結果は、以下のようなものでした。

ハトのスキナー箱

①お腹がすいたハトをスキナー箱の中に入れる

②スキナー箱の中にはつついたり、押したりすると給餌装置が作動するボタンがついている

③箱の中に入れられたハトは、最初はでたらめに動いてボタンを押さないが、偶然ボタンを押すことがあり、そうするとエサが出てくる

④ハトが偶然ボタンを押す、エサが出てくる、がくりかえされる

⑤ハトはボタンを押せばエサが出てくることを知り、ボタンを押してエサを出すようになる

この実験と結果のポイントは、初めのうちは、ハトはボタンを押すとエサが出てくることを知りませんが、何度か偶然が重なると、ボタンを押せばエサが出てくることを学習し、みずからボタンを押すようになるということ。

そして、この自発的な反応(行動)をオペラント反応、またはオペラント行動とよび、行動の直後にあたえられる報酬(エサ)などの刺激のことを「強化子」と、強化子をあたえる操作(エサをあげる)のことは「強化」といいます。

連続強化と部分強化&実験で判明した消去抵抗

ハトがボタンを押し(オペラント反応)、エサ(強化子)が出てくる操作のことを強化とよびますが、この強化には2種類のものがあり、「連続強化」「部分強化」というものに分かれます。

連続強化とは、オペラント反応1回につき強化する操作、つまり、ハトがボタンを押すたびにエサが出てくる操作のことを。

一方で部分強化とは、オペラント反応の回数や時間によって強化する操作、つまり、ハトがボタンを押しても毎回エサが出てくるわけではなく、ランダムでエサが出てくる操作のことをいいます。

スキナー箱実験の結果、条件づけ(ボタンを押すとエサが出てくる)のあとで強化をやめてしまう、すなわちボタンが押されてもエサを出さなくすると、ハトの反応はしだいに生じなくなり、「消去(ボタンを押さなくなる)」することがわかりました。

ところが、ここからがもっとも大事なポイントでもあるのですが、なんと、ハトにあらかじめ「部分強化」で条件づけをしておくと、強化(エサを出す)をやめても反応はなかなか消えず、反応(エサを出そうとする)が持続することがわかったのです。

ようするに、ボタンを押すとランダムでエサが出てくることを知ったハトは、エサが出なくなってからも、エサがほしくてボタンを押しつづけたということ。

この、エサが出なくなってからもエサを出そうとする持続性は、「消去抵抗」とよばれています。

オペラント条件付けとギャンブルの関係

情報が出そろったところで、ここまでの話をいったんまとめておきましょう。

スキナーによって開発された、ボタンを押すとエサが出てくる箱「スキナー箱」の中に入れられたハトは、ボタンを押せばエサがもらえることを知り、みずからボタンを押すようになりました。

その後、ボタンを押してもエサを出さないようにすると、ボタンを押すたびにエサをもらえていたハトはしだいにボタンを押さなくなりましたが、その一方で、ランダムでエサをもらえていたハトは、それでもまだエサが出てくるかもしれないと信じ、ボタンを押しつづけた……

賢明な皆さんは、もう、私がなにをいっているかはお気づきでしょう。

ボタンを押す、レバーを叩く、ハンドルをひねるとランダムで出てくる報酬(ボーナス)という名のエサ。渋い調整によって、報酬(出玉)なんてものはほとんど出されなくなってしまっているのにもかかわらず、パチンコ・スロット台に座り、ギャンブル行為をつづける私たち人間……

そう、パチンコは現代版スキナー箱、いや、人間版スキナー箱なのです!

なぜ、人はパチンコなどのギャンブルにハマってしまうのか? それは、当たればお金が増える、増えたお金でぜいたくができる、好き放題遊べる、といった「条件づけ」がすんでいるから。

そしてその条件づけが、たまにしかこない当たり、まれにしかおとずれない特化ゾーン、めったに出ない大量出玉と、反応が持続しやすい「部分強化」のほうで条件づけられてしまっているからなのです!

箱の中に入れられてしまったハトがかわいそう……と感じる方も多いかもしれません。

しかし、考えてもみてください。両サイドにじゅうぶんな間隔もなくならべられたパチンコ台に、それぞれが窮屈そうに座り、目の前にある台のボタンなりを、1日に何千回とひたすら押しつづけている私たち人間のすがたを。

私たちも、空を飛ぶ自由を奪われ、せまい空間に閉じ込められたハトと、じつはたいして変わらないのはないでしょうか?

部分強化の例をパチンコの場合で考える

このように、パチンコによって「条件付け」がすんだ私たちは、いってしまえば、スキナー箱の中に入れられたハトとおなじようなことになっているわけですが、まだしっくりこないという方のために、ここではこの部分強化を、現代のパチンコを例に考えてみることにしましょう。

新台価格の高騰、遊技人口の激減、設備投資の増加、景品をいくつかの業者間でまわす「三点方式」の手数料など、パチンコ業界を取り巻く環境は、年々きびしさを増しています。

かつてはパチンコで勝てた時代もたしかにありました。だからこそ、いわば勝てる「連続強化」で条件づけられた人たちは、もう以前のようには勝てないことをさとると、つぎつぎとパチンコ店から去っていきます。

ところがどうでしょう、そういった時代がおわったあと、つまりはほとんど勝てなくなった時代からパチンコを始めた人や、依存症によって復帰した人、ずっとやめられない人などは、ごくまれに勝てる「部分強化」によって条件づけられてしまい、パチンコ店から抜け出すことができません。

令和に入ってからおこなわれた調査でも、単身世帯の3割、4割が貯金ゼロといった結果が出ているなど、プレーヤー側がうるおっているわけではけっしてないでしょう。

それでも、いつかまた勝てる、いつかまたごほうびが出てくると信じ、私たちは、来る日も来る日もパチンコ店に行く。新たなオアシスの可能性は見ず、飢えても、渇いても、ただひたすらにボタンを押しつづける。

なぜなら、私たちは、いつかふたたびお金(エサ)が出てくると信じているから……

パチンコは、とくにいまの勝てない状況になったことで、よけいに人がハマってしまう・のめり込んでしまう心理をうまく突いてきているように感じます。

最初からハマるようにできていて、なおかつそれは、時代とともに凶暴化・凶悪化してきている、といってもいいのではないでしょうか?

部分強化を逆手に取る方法はあるか?

パチンコは人がハマる心理を突いてくるものであり、さらには脳の変化による依存症状も出てくるなど、やりつづけていれば、パチンコ店に閉じ込められてしまうのは時間の問題ともいえます。

しかしながら、ひとたびギャンブル依存症になってしまえば、もう二度と抜け出せないのかというと、けっしてそんなことはありません。パチンコが使ってくるあやつりの手法「部分強化」を知り、それを逆手に取ることで、パチンコなどのギャンブルへの依存を断ち切れたりもするからです。

では、そんな方法はなにかというと、「達成がむずかしいことに挑戦してみること」だと、じっさいにこれから抜け出すことに成功した私は考えています。

たとえば、語学学習といった勉強の場合で、世界を旅行したいからという理由で、ひとまず英語の勉強を始めてみたとしましょう。

勉強を始めたてのころは、まったくわからない、まるで聞き取れない、とふつうはそうなると思うのですが、勉強をつづけているうちに「このフレーズはなんかわかった」とか、ためしに海外に行ってみたら「意外と言葉が通じた」とか、無理だと思っていたものがほんのちょっとだけ進展する。

そういったまれの報酬が部分強化となって、さらにモチベーションをアップさせてくれ、パチンコで勝つよりも大きな感動を生んだりもすると思うのです。

とはいえ、いきなり病的なパチンカーが語学を勉強するかというと、まずしないと思うので、ここからは、より実践的で効果的なものを最後にいくつかご紹介しておきます。

1. パチンコに行かない努力をする

昼寝をする

パチンコ店という箱の中に閉じ込められ、そこから抜け出したいと思うのであれば、まずは「パチンコ店に行かない努力」をしましょう。

そんなのいつもやっているよ、と思われるかもしれませんが、私が思うに、多くの方はやっているのではなく思っているだけ。やめようと頭の中で考えているだけで、じつはなにもしていないからこそ、だいたい3日もすればまたパチンコ店に行ってしまうのです。

パチンコ店に行かないようにする方法は、すぐにできる簡単なものから、簡単にはできないぶん効果も強力なものまで、いくらでもあります。

これまでは1週間に1回はかならずパチンコに行っていたという場合、それを実践し、最初の1週間を耐えることができれば、ふだんであればまず感じることができない達成感を感じることもできると思います。さらには、それが自身への報酬として部分強化となり、禁パチンコの持続を助けてくれもするでしょう。

なにから始めればいいかわからない方は、まずは危険な休日から行動を起こしてみてください。休日は昼寝をして、パチンコ店に行く時間を「消去」してしまうという方法があるのですが、これは手軽でかなり有効ですよ。

2. 借金がある場合は返済生活を工夫する

カードを引く

借金があるとないとでは、パチンコをやめるための難易度が大きく変わってきます。借金の存在が、私たちをパチンコ店へといざなう、強力な誘引剤となってしまうからです。

だからこそ、借金がある場合は、それをさっさと完済しなければならないのですが、毎月決まった金額を返済する生活はほんとうにつらいもので、それを継続させるには、なんらかのごほうびがなければむずかしいともいえます。

そこで、こんなのはどうでしょうか?

  1. 毎月27~31日のあいだにトランプのカードを2枚引く
  2. ジョーカーは0、1~13はそのままの数字でカウントし、合計の数字を出す
  3. カードの合計である1~26日のあいだの日だけ、好きなことやしたいこと(もちろんギャンブルはなし)にお金を使う

がんばった自分へのごほうびを完全にランダムにすることで、部分強化の要素を踏襲し、毎月どこかでえらばれるボーナスタイムを日々目指すことで、つらい返済生活をなんとか乗りきるのです。

なにかを継続させるには、息抜きは絶対に必要です。それがうまくできないと、たいていは借金の返済は失敗し、またパチンコに行くようになってしまうので、自分への報酬を用意するなどしてそれをふせぎ、ぜひとも、ある場合は借金の完済を目指してください。

もっとも、借金の額によっては、そんな悠長なことをいっていられないとも思うので、借金問題がどうにもならずに困っているときは、全国6都道府県に拠点を置く司法書士法人「みつ葉グループ」が、4つの質問だけで無料で診断してくれる「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」の利用をおすすめします(結果は要電話回答)。

シミュレーターで試算してもらうことで、借金自体が減る可能性や、通常よりも返済がらくになる可能性もあるので、一刻をあらそう場合は、ためしに相談だけでもしてみる価値はあると思いますよ。

3. 自力でお金を稼ぐことに挑戦してみる

お金をかせぐ

仕事よりも自分の時間を優先する人が増えてきているなど、現代社会は大副業時代に突入しているともいえますが、その流れに乗って、ブログを副業として始めるのもおすすめできます。

ブログを運営してお金をかせぐのは、はっきりいって簡単なことではありません。1年間はほとんど無給を覚悟したほうがいいとよくいわれるほど、最初は無理としか思えないようなものだからです。

ただ、そんななかでも、ちょっとした進展があったりもするもので、さらには、とんでもない「まぐれ噴き」があることも事実。

私も以前、ふだんは数千円くらいしか発生していなかった収益が、突然ひと月で20万円近くになったというまぐれ噴きを経験したことがありますが、そういった、日々の進展や偶然が、部分強化となって、パチンコよりも副業のほうにのめり込ませてくれたりもするのです。

変な話、私はこの条件づけによって、またブログが噴くかもしれない、これはとんでもない可能性があるぞ、と、おなかがすいたハトのように、パソコンのキーボードを日々叩きつづけています。これぞまさに、部分強化のたまものといえるでしょう。

副業としてブログを始める場合は、レンタルサーバーと契約すれば、すぐにでもブログを立ち上げることができます。レンタルサーバーは、当ブログも使用している「ロリポップ! 」がおすすめですよ。

今回のまとめ

・部分強化はランダムで出てくる報酬のこと
・部分強化によって条件づけられた反応は持続する
・部分強化を逆手に取ることでパチンコへの依存を克服!

スキナーがのこしたものは、スキナー箱の実験結果だけではなく、彼はそれにもとづいて「行動分析学」という学問体系を創始しました。

行動分析学は、医療・ビジネス・スポーツ・家庭など、さまざまな現場で大きな成果を上げている学問で、なかでも「応用行動分析」という分野は、ギャンブル問題をふくむ精神的な病気にたいしても活用されています。

私はまだ行動分析学に関しては、そこまで深くは理解できていないのですが、ここにもパチンコなどのギャンブル問題を解決するカギはまちがいなくあるはず。入門書も出ているので、興味のある方はぜひのぞいてみてください。

また、今回は条件づけによる人の心理だけではなく、それを逆手にパチンコへの依存を断ち切る方法もご紹介しましたが、そういったものから、ふだんであれば起こらない達成感を感じることができれば、やはりそれが報酬として部分強化となり、かならずや禁パチンコの持続を助けてくれると思います。

そして、このような部分強化を生むのは例外なく、なにかに挑戦して、なにかを達成できたときだけです。

挑戦なくして報酬を得ることはできません。それに、報酬はパチンコ店の中にだけあるわけではないですよね。そう、パチンコ店の外のほうにこそ、たくさんのエサがあるんですよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。