【画像解説】ギャンブル依存症による「脳」の変化から見るその原因と症状

意志が弱いから、心が弱いからギャンブルをしてしまうのではありません。ギャンブルへの依存は精神的な病気です。

パチンコなどのギャンブルはもうやめようと思っているのにやめられず、数日後にはふたたびパチンコ店へ行ってしまうという場合、それは意志の問題ではなく、「ギャンブル依存症」という病気の可能性が高いかもしれません。

ギャンブルがこの世でいちばん楽しいと思っているとき、それは、依存症によって脳が変化してしまったことによる、おかしな勘違いをしているだけのことなのかもしれません。

ギャンブル依存症は、放っておけば「進行しつづける」精神的な病気だといわれています。今回は、そんなギャンブル依存症の原因と症状を、脳が変化するといわれる理由や、その仕組みから見ていきましょう。

ギャンブル依存症の定義

WHO(世界保健機構)によって作成されたICD-10(国際疾病分類)では、ギャンブル依存症は、このように定義されています。

病的賭博
この障害は頻回の反復性の賭博のエピソードからなるが、その賭博が社会的、職業的、物質的、家族的な価値や遂行を損なうほどまで本人の生活を支配している場合である。引用:厚生労働省 ICD-10(2013年版)第5章

医学的な呼称では、ギャンブル依存症は「病的賭博」と呼ばれています。その内容に関しては上記のとおりですが、これは表現が複雑なのでわかりやすく説明すると、以下のように解釈することができると思います。

「くりかえされるギャンブル行為によって、ギャンブルが他人との関係や社会生活、仕事、経済的利益、家族との関係に問題が出るほどに、本人の生活を支配している場合のこと」

つまり、ギャンブルによって友人関係や仕事などの社会的な生活、毎日を生きていくための個人的な生活がおびやかされ、家族との関係が損なわれたとしてもギャンブルをつづけてしまうのであれば、それはもうギャンブル依存症という、れっきとした精神的な病気である、といえるのです。

ギャンブル依存症の原因と仕組み

では、どうして私たちはギャンブル依存症になってしまう・なってしまったのでしょうか?

これに関しては、両親がパチンコをするなどの「幼少期の生活環境」や、まじめ・負けず嫌いなど、本人の性格や気質がかかわる「心理的な要因」、うつ病などの「その他の精神的な病の併発」といった、さまざまな要因が複雑にからみあうことも多いと考えられています。

そして、数ある原因のなかでも、とくに注目すべきものの1つに、「脳機能の異常」というものがあります。

1. 報酬系の異常と快楽への耐性

私たちの脳には、欲求がみたされたときに(ドーパミンという脳内物質が分泌されることで)活性化し、私たちに「快楽」の感覚をあたえる、「報酬系」と呼ばれる場所があります。

これは本来、人間が生きていくために必要な、本能的な部分で働くものですが、ギャンブルによって得られるスリルや興奮、勝つことでの達成感でも人間の欲求はみたされるため、私たちはギャンブルによって快感をおぼえるのです。

ギャンブル行為によって欲求がみたされると、「もういちどあの快感を味わいたい」という、つぎなる欲求が生じるようになります。いちど味わってしまった強い快感が、つぎの動機づけを誘発するからで、ギャンブル行為の習慣化は、もう目の前かもしれません。

ところが、ギャンブル行為が習慣化し、「欲求が生じる みたされる」がくりかえされていくと、しだいに私たちの頭の中では、快楽への「耐性」がつくられるようになっていき、それまでと同じ快楽・刺激では、私たちは満足できないようになってしまうのです!

これが、人がギャンブルに依存してしまう基本的な理由。このようにして、ギャンブル行為はだんだんと歯止めがきかなくなっていき、依存症は進行していってしまうのです。

関連記事

脳内麻薬とも呼ばれる「ドーパミン」
ギャンブルなどの依存症に関わる脳内麻薬、「快感と報酬」のドーパミン

2. ギャンブル脳への変化

快感と報酬の連続でギャンブル依存症が進行していくと、脳自体が変化してしまい、周囲の刺激に対する反応に変化が起きてしまうことがわかっています。

以下は、ギャンブル依存症の人と健常者の、周囲の刺激に対する、脳の反応を比較した実験の画像です。

ギャンブルによって変化した脳

(出典:Insular activation during reward anticipation reflects duration of illness in abstinent pathological gamblers (英語 pdf) )

左側がギャンブル依存者で、右側が健常者。脳の赤くなっている部分は、刺激に対する脳の反応をしめしています。

さて、この実験ではなにがわかったのかというと、一般的な人(右)は、周囲の刺激に対して脳の活動が活発化しているのに対し、ギャンブル依存者(左)は、周囲の刺激に対して、脳の反応が低下していることが判明したのです。

そして、この実験の肝は、そのさきにありました。

ギャンブル依存者は、周囲のことに対して脳の反応は低下する一方で、ギャンブルに関係することだけには、脳が過剰な反応をしめすようになっていたのです。

このように、ギャンブル依存症によって起こる脳の変化は、ギャンブル以外の趣味や楽しみに対する興味を失わせ、ギャンブルがこの世の中で、最も楽しいものだと錯覚させます。どれだけ快楽を得ても満足できず、ギャンブルだけを追いつづけなければならない体に、私たちをいとも簡単に変えてしまうのです。

依存症が進行していくことで変化する「ギャンブル脳」。

私たちがギャンブルをやめられないのは、意志の弱さや心の問題というよりも、それらを無意識のうちに支配する「脳」が、いつのまにかそうなってしまっていたからなのかもしれません。

「20の質問」でギャンブル依存症を診断してみよう

自分はギャンブル依存症かもしれない、と思った時点で、それはもうギャンブル依存症だと思ったほうがいいと私は思いますが、客観的に見てどうなのか? というのは知っておいても損はないでしょう。

ここでは、ギャンブラーズ・アノニマス(GA)という、ギャンブル依存症からの回復を目的とした自助グループがあげている「20の質問」を見ていくことで、自身がギャンブル依存症なのかどうかを見きわめていきたいと思います。

「20の質問」は、以下のとおりとなっています。

1. ギャンブルのために仕事や学業がおろそかになることがありましたか?

2. ギャンブルのために家庭が不幸になることがありましたか?

3. ギャンブルのために評判が悪くなることがありましたか?

4. ギャンブルをした後で自責の念を感じることがありましたか?

5. 借金を払うためのお金を工面するためや、お金に困っている時に何とかしようとしてギャンブルをすることがありましたか?

6. ギャンブルのために意欲や能率が落ちることがありましたか?

7. 負けた後で、すぐにまたやって、負けを取り戻さなければと思うことがありましたか?

8. 勝った後で、すぐにまたやって、もっと勝ちたいという強い欲求を感じることがありましたか?

9. 一文無しになるまでギャンブルをすることがよくありましたか?

10. ギャンブルの資金を作るために借金をすることがありましたか?

11. ギャンブルの資金を作るために、自分や家族のものを売ることがありましたか?

12. 正常な支払いのために「ギャンブルの元手」を使うのを渋ることがありましたか?

13. ギャンブルのために家族の幸せをかえりみないようになることがありましたか?

14. 予定していたよりも長くギャンブルをしてしまうことがありましたか?

15. 悩みやトラブルから逃げようとしてギャンブルをすることがありましたか?

16. ギャンブルの資金を工面するために法律に触れることをしたとか、しようと考えることがありましたか?

17. ギャンブルのために不眠になることがありましたか?

18. 口論や失望や欲求不満のためにギャンブルをしたいという衝動にかられたことがありましたか?

19. 良いことがあると2・3時間ギャンブルをして祝おうという欲求がおきることがありましたか?

20. ギャンブルが原因で自殺しようと考えることがありましたか?

7つ以上 当てはまる人は強迫的ギャンブラーの可能性が極めて高い。

引用:ギャンブラーズ・アノニマス(GA)20の質問

GAではギャンブル依存症を「強迫的ギャンブル」と呼んでいて、これを「進行性のものであり完治することはないが、進行を止めることはできる病気」とし、20項目中7つ以上あてはまる人は強迫的ギャンブラー、つまりギャンブル依存症の可能性がきわめて高いとしています。

質問がすべて過去形になっているのは、現在ギャンブルをおこなっていないとしても、ギャンブル依存症は今後なにかしらのきっかけで再発する可能性がある、すなわちギャンブル依存症は進行が止まっていても完治しているわけではないという、「強迫的ギャンブル」に対する考えにもとづいたものだと考えられます。

皆さんは、依存症のチェック項目は、いくつあてはまりましたか? 私は18項目があてはまっていましたが、やはり7項目以上あてはまるのであれば、ギャンブル依存症を患っていると考えていいと思います。

ギャンブル依存症は、あまえだとか弱さだとか、そういったものではなく、精神的な病気です。ギャンブルへの依存は心の病気であり、多数あてはまるのであれば、精神的な病を患っている可能性が高いことを認識しましょう。

ギャンブル依存症の重症度をチェックしよう

ここまでは、ギャンブル依存症の原因はなんなのか、症状にはどのようなものがあるのか、ということを確認してきましたが、最後に、私たちが患っているギャンブル依存症はどの程度のものなのか、つまり「軽症なのか重症なのか」を確認しておきたいと思います。

これに関しては、アメリカ精神医学会によって作成された、『精神障害の診断・統計マニュアル』第5版の診断基準を利用させてもらうことにしましょう。

このマニュアルは、DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)と呼ばれていて、日本でも、精神疾患の診断のさいにはよく使われるマニュアルの1つです。診断基準は、以下の9項目となっています。

DSM-5の診断基準(9項目)

  1. 興奮を得たいために、掛け金の額を増やしてギャンブルをする、または掛け金を増やしたいという欲求がある
  2. ギャンブルをするのを中断したり、中止したりすると落ち着かなくなる、またはいらだつ
  3. 使う金額を制限する、行く回数を減らす、またはギャンブルをやめようと努力を繰り返すも成功しない
  4. しばしばギャンブルに心を奪われている(例:次に行く日の計画を立てる、勝負するための金銭を得る方法を考える、どうしたら勝てるかなどを絶えず考えている)
  5. 苦痛の気分(例:無気力、罪悪感、不安、抑うつ)の時にギャンブルをすることが多い
  6. ギャンブルで金を失った後、別の日にそれを取り戻そうと再び勝負しに行くことが多い(失った金を”深追い”する)
  7. ギャンブルへののめり込みを隠すために、人に嘘をつく
  8. ギャンブルのために人間関係、仕事、教育、職業上の機会を危険にさらす、または失ったことがある
  9. ギャンブルによって引き起こされた絶望的な経済状況を免れるために、他人に金を出してくれるよう頼む

(『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』2014 医学書院 をもとに作成)

わかりやすく意訳していますが、過去12か月のあいだに、これら9つの症状のうち4~5項目があてはまるのであれば「軽度」、6~7項目があてはまるのであれば「中等度」、8~9項目があてはまるのであれば「重度」のギャンブル依存症と考えられます(躁状態のときにだけギャンブル行為をする場合は除く)。

当時の私は9項目ともあてはまっていましたが、もし8~9項目があてはまるのであれば、たしかにそれは重症と考えていいと思います。

重症の場合は、一刻も早く、ギャンブル問題を解決するために動く必要があるといえるでしょう。軽症の場合であっても、放っておけば「中等度 重度」と進行していくだけのことです。この場合もやはり、すぐに動かなければなりません。

いずれにせよ、ギャンブル依存症であると思われたのであれば、1秒でも早く、問題の解決に向けた行動に移したほうがいいということです。

今回のまとめ

・パチンコがやめられないのは精神的な病気の可能性が高い
・チェックリストのだいたいがあてはまるのなら「重症」
・ギャンブル依存症は意志の問題ではなく、脳の変化によるもの

パチンコなどがやめられないのは、皆さんの意志が弱いからではありません。自分一人ではあらがえないレベルにまで、脳が焼かれてしまっているからなのです。

しかし、そんなきびしい状況だったとしても、ギャンブル依存症は克服することができますし、進行を食い止めることもできます。

いちど変化してしまった脳は回復しない(ギャンブル依存を発生させる回路が一生残る)ともいわれていますが、依存症を克服していく過程で、脳の機能も正常に回復していく(ギャンブル以外のことに興味を持てるようになる)と私は思っていますし、実際にそう感じています。

いくらでも手はありますから、だいじょうぶです。まずは、自身がギャンブル依存症という精神的な病を患っていることを認識し、これから始まる、克服という名の戦いにそなえてください。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。