コブタの通院(その1)初めての精神科

初めて精神科を受診したトンちゃんは、医師と合わないと感じ、ある人物に助けを求めるのでした。

精神的に限界を迎え体調や身体症状の悪化からもこれ以上働くことができなくなってしまったトンちゃんは、職業カウンセラー(精神科の院長先生)の助言に従い精神科を受診することにします。

コブタの病院

隣家の襲撃事件により引っ越しを余儀無くされたトンちゃんは都内の別エリアに移動します。当面の間の生活は、両親がトンちゃんの将来のためということで貯めていてくれた資金から捻出することで一応は見通しが立ちましたが、心身は共に疲弊しまともに働ける状態ではありませんでした。
働かなければ暫くは凌げたとしてもその後生活していくことはできません。トンちゃんはもう自分一人の力では心身の異常をどうすることもできないと思い、以前からお世話になっていたハローワークの職業カウンセラー(精神科の院長先生)のアドバイスに従い精神科を受診することを決めました。

初めての精神科

職業カウンセラーの先生が院長を務める病院は自宅から遠く、通うのが難しいと思ったトンちゃんは自宅近くのメンタルクリニックを訪れました。
先生は高圧的で私は絶対といったタイプの女性の方でした。

診察の結果、トンちゃんに下された診断結果は「うつ病」「不安障害」
先生はこれから出す薬を飲めば必ずよくなると言い、睡眠薬1種類、抗不安薬(精神安定剤)2~3種類、抗うつ薬1種類が処方されました。
しかし処方される際に説明された薬の副作用を聞いたトンちゃんはいきなりこんなに多くの薬を、それも危険な副作用があるものを飲むのは怖い。それに不眠などの症状もないのにどうして睡眠薬も飲まなければいけないのかと思い、自宅に帰るも薬を飲めずにいました。

数日経ってもやはり薬を飲むのは怖かったため、トンちゃんはメンタルクリニックの先生に電話をかけます。薬を飲むのが怖くてまだ飲めてないんですと伝えますが……

「なんで私の言った通りに薬を飲まないの!? 言った通りにしないと病気は治らないって、言いましたよね!? 出した薬全部飲んでこないと次は診察しませんから、必ず全部飲んでくるように! 」

こんな事を言われて薬が飲めるでしょうか、いや飲めるはずがありません。
トンちゃんは血液検査もしていてその結果をもらいに行かなければならなかったため、薬は飲めていなかったのですがもう一度その先生の元へ行く必要がありました。しかし電話の件でもわかるようにこのまま行けばヒステリックに怒られるのが目に見えています。一人では怖くて行けないと思ったトンちゃんは考えました。両親は精神疾患に対する理解がないため頼ることはできない、かといって東京には誰も頼れる人がいない、いや、一人だけ頼める人がいるかもしれない……
トンちゃんは電話をかけました。

「あの、お久しぶりです……。湊さんですか……?」

トンちゃんとは幼い頃に何度か会った事がある程度で、そもそも東京にいたことも私は知らなかったのですが、どうにかして私の連絡先を調べて電話をかけてきたようでした。話を聞けば、詳しい事情は今は話せないけれど病院に行くのに一緒に来てほしい、それとこの事は両親には言わないでほしいとのことでした。
事情はよくわかりませんでしたが、切羽詰まっている様子を感じ取った私は一緒に病院に行ってあげることにします。

ヒステリックな女医

トンちゃんと待ち合わせお互い久しぶりに会いましたが、特に会話をすることもなく二人でメンタルクリニックへ入ります。
二人で診察室に入ると先生は不機嫌そうな顔で私に向かって一言。

「あなたは誰ですか?」

私は親戚の者で、本人が一人では来づらいとのことだったので同席させて下さいと言うと先生は渋々了承したように無言で目をそらしました。

「それで、薬は飲んできたんですか?」

トンちゃんは薬は怖くて飲めませんでしたというと、突然火が付いたように先生はまくしたてます。

「どうしてあれだけ長い時間をかけて説明したのに私の言う事が聞けないの!? 薬を飲まなければ病気は治らないの! 病気を治したくないの!? 病気のままでいいんだったら薬は飲まなくて結構です、でも治したいのであれば私の言う事を聞いて薬を飲みなさい! どうしてわからないの! そこに一緒にいるあなた、私は何か間違ったことを言ってますか!?」

唐突に私は意見を求められます。
私は、患者が医師を信用できないのであれば間違っている間違っていないという以前の問題でそれはもう医師と患者のあるべき関係ではないのではと思いましたが、この場を一刻も早く抜け出すことが最優先と感じ、特に当たり障りのない返答をしました。
ひとしきり言いたいこと言った後、先生は今後私に診てもらいたいのであれば出した薬を全部飲んでから来なさいと言い、異常なしの血液検査の結果をトンちゃんに渡します。

トンちゃんは私に、また、もしかしたら一緒に病院に行ってくださいとだけ言うと、その場を後にしました。

スポンサーリンク

コメントを残す