禁パチ効果最大化!やってはいけない方法を排除して成功率を大幅にUP!

その方法、ほんとうに大丈夫ですか? もしかすると、パチンコへの衝動を育ててしまっているだけかもしれませんよ。

パチンコやパチスロをやめる方法には、自分一人でもできるものから、自助グループなどの他者の助けを借りるものまで、さまざまなものがあります。

しかし、当事者の性格やギャンブルへの傾向など、これは個人差にもよるので一概にはいえませんが、一見すると効果があるように見える、効果があるといわれているものでも、じつは逆効果となってしまうものもあるのです。

まちがった方法をつづけていても、禁パチンコ・禁スロットの効果を最大限に発揮することはできませんし、場合によってはその方法によって、成功するはずだったものが失敗してしまうという危険性もあるでしょう。

「パチ禁&脱パチ」を完遂させるためには、なにをすべきかの前に、どれを避けなければならないのかを知っておく必要があるとも思います。あくまでも私の経験にもとづいたものですが、今回はそういった、「パチンコをやめるうえでやってはいけないこと」に焦点をあてた話をしたいと思います。

1円パチンコ、5円スロットなどの低貸しにレートを下げる

1円パチンコと5円スロット

ギャンブル依存症になってしまうと、スリルや興奮といった「快楽」を脳が求めるようになってしまうため、レートが高ければ高いほど、脳は「快楽」というエサを喰いつづけることができます。

このため、パチンコに依存してしまっている方は、通常レートの4円パチンコ、20円スロットしかしないという方も多いと思うのですが、この通常レートを低貸しに下げることで、徐々にパチンコをやめていくという方法があります。

実際にレートを下げて1円パチンコや5円スロット、さらに低い0.2円パチンコや2円スロットでもいいですが、これらをためしに打ってみると、おそらくこのように感じるのではないでしょうか。

尋常じゃなくつまらない……。時間の無駄だ……

結局のところ、ギャンブルはお金がかかっていなければ、身を焦がすようなスリルや興奮は味わえません。低貸しのパチンコやスロットでは、脳が求める「快楽」という点では、とてつもなく退屈でつまらないのです。

そこで、4円パチンコ・20円スロットという通常のレートはいっさい禁止し、低貸しのレートしかやらないという制約を自身に課すことで、パチンコ店に行きたければ制限付きでOKということにするわけです。

禁煙するためにパイポをくわえたり、電子タバコにかえてみるといった、代用品でのリハビリに近いものがあるかもしれません。

ところが、この方法は思った以上に危険性が高いのです。どういうことか、ここからは4つのケースに分けて見ていきましょう。

1. 出玉がたくさん出た場合は損をした気分に

大量の出玉を獲得したとき、低貸しでもお金はプラスになるとは思いますが、どうしてもこのように考えてしまいがちです。

「4パチだったら、20スロだったらいくらになってたのに……

そう考えてしまうのも当然、というか、絶対にそう考えてしまいますよね。設定などはさておき、ただレートがちがうだけで、通常レートのコーナーにある台とまったく同じものを打っているわけですから。

0.2円と4円パチンコではその差は約20倍、2円と20円スロットでは約10倍の差が出ます。

せっかく勝っても、なんだか損な気分になってしまったり、出玉が出ているときの高揚感は、通常レートと低貸しでは雲泥の差があるので、高揚感を最大限に味わえなかったことでも、損をしたような気分になってしまうのです。

そんなことを考えていて、パチンコをやめるなんてことができるでのしょうか? いや、おそらく無理でしょう。こういったことがつづくにつれ、だんだんと私たちは、通常のレートに戻りたくなってきてしまうのです。

2. 併設店の場合は通常レートの島が目に入る

パチンコ店の低貸しは、4円と1円パチンコ、20円と5円スロットなど、通常と低貸しが併設されている(レートによって島、つまり台のエリアが分けられている)のが一般的ですが、低貸しで遊技する場合、初めのうちは通常レートの島は見ないように、立ち入らないようにしようと私たちは考えます。

ところが、目に入らないように気をつけていても、やはりだんだんと気になってきてしまうもので、やらないけれど見るだけ……と、トイレに行くさいなどに、通常レートの島を見に行ってしまったりもするのです。

低貸しの台は、通常レートの台とくらべても数が少なく、機種もやや古いものが多いため、新しいものがだんだんと気になってきたりもしますから。

では、そんなときに、「お金が落ちている」ような状態の台を発見してしまったとしたらどうでしょうか?

お金に余裕があればやってしまうかもしれませんし、たとえ余裕がなくても、いちかばちかでやってしまうかもしれないですよね。

また、低貸しでも負けるときはけっこう負けます。負けがかさんできたとき、そのままあきらめて帰ることはできるでしょうか。通常レートの台で一発当てれば負け分を取り返せるからと、移動して一発勝負とならないでしょうか?

そんなことをやっていれば、通常レートに戻ってしまうのも時間の問題でしょう。

結局のところ、低貸し台は、お客さんをホールに呼び寄せ、通常レートに座らせるためのまき餌です。あれだけでは、パチンコ店は利益を上げることがむずかしいため、通常台で捕るための、低貸しという罠を設置しているだけなのです。

ちなみに、私はその「お金が落ちている」ような状態の(通常レートの)台を発見してしまい、当たり直前で所持金が完全に尽き、情けない話ですが、パチンコ店に人を呼んだことがあります。

もちろんそのときは、当たってからすぐに終わって負けました。

3. 所持金が少ない場合は結局なにも変わらない

レートは高ければ高いほど緊張や興奮、スリルといった快楽を脳は感じることができますが、それは生活がかかったような切迫した状況であればなおさらで、究極をいえば、命を賭けたギャンブルこそが依存者の脳にとっては最大の快楽となるでしょう。

そこで、借金などを返済するために、残り2週間を1万円で生活しなければならないといった状況での低貸しについて考えてみます。

1万円もあれば1円パチンコ、5円スロットでも十分勝負ができてしまいます。しかもこのときは、低貸しのレートとはいえ、今後2週間分の生活がかかっているので、負ければ生活ができなくなるというリスクをはらんでいます。

低貸しの台に座り、私たちはサンドにお金を入れる。最初の1000円、2000円くらいであれば、まだ平常心をたもっていられるかもしれません。ところが、残金が5000円を切ってきたとするとどうでしょう。所持金の半分(残り)を負ければ生活ができなくなるという、極度の緊張感を感じてくるようになるのではないでしょうか?

そしてこのとき、私たちが感じている緊張感やスリルは、通常レートのパチンコを打っているときとさほど変わりはありません。

そもそもの話、水を飲んだりなにかを食べたりと、生活をするというのは、命を維持するための行為です。生活を賭けてパチンコをするということは、間接的に命を賭けていることにほかならないのです!

低貸しのレートでも、経済状況によっては、感じられる興奮やスリルは、通常のレートとたいして変わりはありません。

低貸しとはいえ、このようなギャンブルをつづけていれば、借金を完済できたあとであったり、お金に余裕ができたりしたときに、スリルや興奮を求めて、あっさりと通常のレートに戻ってしまう危険性が高いのです。

そんな(お金のない)状態ではパチンコには行かないよ、と思われるかもしれませんが、依存者はそれでも行きます。これは断言できます。

4. 低貸しでの勝負は犯罪行為に走りかねない

これはとくに、パチスロのフロアで見かけたりすることですが、低貸しで借りたメダルを、通常レートの島に持っていく人が一定数います。

払い出されたメダルに、低貸しのメダルが混ざっているのを見かけることは、けっこう多いですよね。低貸しで借りたメダルを持って、通常レートの島の一発告知台に行き、それまでの負けを取り戻すため、こっそりと最後にひと勝負をするのです。

しかし、低貸しのメダルを通常レートの台で使用するのは立派な犯罪行為。おおげさに聞こえるかもしれませんが、こういった行為は窃盗罪や詐欺罪に問われる可能性があるのです。

切迫した状況になると、この状況をなんとかしなければというあせりから、犯罪行為に手を染めてしまう人もいます。

これも、最初は見逃してくれるかもしれませんが、パチンコ店はホールコンピューター(ホルコン)というもので、貸し玉と払い出し(イン・アウト)を計測できるようになっていることに加え、監視カメラだらけです。

悪質な場合は、警察に突き出される可能性だってあるでしょう。こんなくだらないことで、悪事をはたらくようなことにはなってほしくないと私は思っています。

さて、このように、状況によっては通常のレートよりもたちが悪く、パチンコをやめるどころか、逆効果となってしまいかねない低貸しへの移行。

禁煙したければ代用品は使うな、とよくいうように、やめるためのはずが、今度は低貸しに依存してしまうようなことも起こりえます。レートがどうこうという話ではなく、この方法は、パチンコ店に行っていることからしてまずよくないのかもしれません。

関連記事

パチンコ店の厳重な監視体制はこちら
パチンコ店内は監視カメラだらけ!トイレにも仕掛けられている場合も!?

ゲームセンターやパチンコのアプリで我慢する

ゲームセンターやアプリで我慢

ゲームセンターのパチンコやスロット台で遊ぶことで、パチンコ店に行きたいのを我慢したり、パチンコやスロットの機種をアプリで購入して遊んだりすることで、パチンコ店に行くのを我慢するという方法です。

が、これも私の経験上、すべて失敗しています。なぜこれらの方法が失敗するのか、これも解説していきます。

ゲーセンでの代用はパチ屋に行ったほうがまし

ゲームセンターのパチンコやスロットは、小役や当たりなどの確率がいじられている(アミューズメント仕様になっている)ので、多少のちがいはあるものの、演出などが変わるわけではないので、代用品としてはわるくはないのかもしれません。

しかし問題なのは、その遊技料金にあります。

場所にもよると思いますが、ゲームセンターのパチンコやスロットは「現金専用台」しかなく、出玉で再プレイができないところも多くなっています。遊技料金は、パチンコの場合は100円で100~150クレジット(玉)、スロットの場合は100円で30~40クレジット(枚)程度が相場ではないでしょうか。

そう、実際にやってみればはっきりと体感できますが、お金が消えていくスピードが案外早いのです。

それもそのはず、値段的には出玉を借りる(クレジットに補充する)のは、1円パチンコや5円スロットよりも多少は安くても、出玉で再プレイができないため、ある程度の保留玉を使いきったあとは、出玉(クレジット)があったとしても、ふたたび現金投資になってしまうからです。

しかも、出玉は交換することはもちろんできないので、お金がプラスになることはけっしてありません。

それならば、0.2円パチンコであったり、2円スロットに行ったほうがいいなと考えてしまうのは当然のことですよね。ゲームセンターに行くよりも、パチンコ店の低貸しで遊ぶほうが安いことに加えて、出玉を交換することもできるわけですから。

0.2円や2円といった超低レートが近場になくても、1円パチンコ、5円スロットでしたら、だいたいのところにはあると思います。少なくとも、ゲームセンターよりも多いのはまちがいないでしょう。

ようは、パチンコをやめるためにゲームセンターで我慢しようと思っていたはずが、いつのまにかパチンコ店の低貸しで遊ぶようになり、しまいには、さきほど見てきたように、通常のレートに戻ってしまう可能性もあるというわけです。

パチンコをやめようと思うのであれば、パチンコやスロット台には、指一本ふれないことを私はおすすめします。

アプリでの禁パチはパチンコへの衝動が育つだけ

ひと昔前であれば、据え置きのゲーム機のソフトで台の実践シミュレーターが販売されていましたが、現在はスマートフォンのアプリが主流だと思います。

値段もパチンコ店に行くことを考えれば安いものですし、機能をすべて解放すれば、設定の変更や特定のフラグ、たとえば当たりやプレミアを強制的に成立させたり、見たかった演出や、やりたかったものがすべて、どこでもできてしまうのです。

そんな便利なスマホアプリですが、これも、やめておいたほうがいいと私は思います。

やはり、お金がかかっていないシミュレーターなので、すぐに飽きてやらなくなってしまうでしょう。飽きたら新しい台のアプリを購入すればいいと思われるかもしれませんが、問題はそこではなく、いろんなアプリで遊んでいるうちに、じつはパチンコへの衝動が少しずつ育っているというところにあるのです。

そして、どうしてもアプリで我慢できなくなってしまい、衝動を抑えきれずにパチンコ店に行ってしまったとき、自分の知っている台があれば安心します。

自分はこの台のことを知り尽くしている、だいじょうぶだ。

そんな自負によって、安心してお金を賭けることができる。根拠もなく、だいじょうぶだろうと思い込むことができてしまうのです。

さらに、ひとたびパチンコ店へ行ってしまえば、それまで抑え込んできたパチンコへの衝動が一気に解放され、あの台も、この台も、と、いろんなアプリを購入するように、ふたたびパチンコへのめり込んでいってしまうでしょう。

パチンコをやめるためには、「パチンコを我慢する」のではなく「パチンコを人生から切り離さなければならない」のです。

また、これに関連した話として、パチンコをやめるための禁パチアプリは私も探したことがありましたが、これといったものは見あたらず、強いていえば、禁パチンコの日数をカウントする「禁パチカウンター」くらいしかありませんでした。

これを(スクショするなどして)スマホの待ち受けにしたりして、毎日カウントされた日数を確認するという方法も、一見すると有効のようにも思えます。

ただ、この方法は、毎日何度も確認するスマホを見るたびに「禁パチ・何日」というものが表示されるため、逆に見すぎていることで意識するようになってしまうというのが、私にとっては逆効果でした。

カウンターを設置するのであれば、ページ末尾の関連記事にも書いてありますが、日めくり式のカウンターを自作し、卓上カレンダーの横に置いて連動させるなどして、その日の最後に見たりするのがいちばん効果的だと思いますよ。

実践動画を視聴して打った気になる方法はとくに危険

パチンコの実践動画を見る

低貸しのレートは、実際のパチンコ店の台とはいえ低貸し。ゲームセンターも台は本物ですが、確率がいじられていることに加え、ほとんど聞こえないような音量、払い出しの出玉の少なさなどからして、ほとんど別ものといってもいいでしょう。アプリなどのシミュレーターは、いってしまえばゲームみたいなものです。

しかしこの実践動画は、実際の店舗で、通常のレートで、鉄火場と化したパチンコ店の熱気や台の情報が、ダイレクトに映像をとおして目に入ってきます。

そんなものを目にしたら、パチンコ店に行きたくならざるをえないでしょう。

私からすると、この方法は最大の悪手。現役ではない昔の台であれば見てもだいじょうぶ、などと思っていると、いつのまにか新しい台の動画を見ていたり、打ちに行くのを我慢するために動画を見る、なんてことをしていると、映像から伝わる熱気に触発され、そのままパチンコ店に行ってしまったりもします。

動画サイトなどで、パチンコ・パチスロの実践動画がおすすめに出てくる場合は、一度視聴履歴をすべて削除することをおすすめします。

パチンコ店でアルバイトをする(働く)のもよくなかった

パチンコ店で働く

私はパチンコ・パチスロの両方を扱うパチンコ店で約2年、スロット専門店で約2年の、計4年間従業員として働いていたことがあります。

もともとは、もちろんお金のこともありましたが、パチンコ店で働けば、行きたくなくても仕事のために行かなければならず、9割は負けるといわれている状況を目の当たりにすれば、パチンコをやめられると思ったからです。

しかし、実際に働いてみて目に入ったのは、「たまたま勝っている人だけ」でした。

また、パチンコ店で働いている人はギャンブル好きが多いこともめずらしくはなく、どうしてもギャンブルの話で盛り上がってしまったり、新台入替も1か月に数回とひんぱんにあったりするため、新しい刺激をつねに受けつづけることになります。

常識的に考えて、こんな状況で、パチンコをやめられるわけがなかったのです。

私の場合、パチンコ店で働きはじめてからギャンブル依存症が悪化し、それによって精神状態が悪化したときもありました。

内部情報を知ることができたのは大きかったようにも思いますが、パチンコをやめるためにパチンコ店で働くというのは、本末転倒となってしまう危険性があるように思われ、まるでおすすめできるものではありません。

ようは、新鮮なギャンブルの刺激を定期的に受ける環境には、身を置かないほうがいい、ということです。パチンコ店で働く働かないはいいとして、そのような環境に居つづけていれば、いつまでたってもパチンコをやめることはできない、ということですね。

今回のまとめ

・1パチ、5スロは懐事情によっては通常レートと変わらない
・ゲーセンはお金の無駄、アプリは衝動を育てるだけ
・実践動画の視聴は最悪手であり、最も危険な方法

今回見てきた方法は、どれも一概にはわるいとはいえません。

パチンコへの依存度がそこまで高くなければ、低貸しやアプリ、動画の視聴などでも満足感を得ることができ、パチンコを徐々にやめていけるかもしれないですし、人によっては効果を発揮する、まちがいではない方法にもなりうるとは思います。

しかし、少なくとも私のような、いくら負けようが、どれだけ人に迷惑をかけようが、パチンコをやめられなかった重度の依存症の人間からすると、どれもこれも、パチンコ店に戻るまでの充電にしかなりませんでした。

パチンコをやめるためには、パチンコ関連のものをすべて人生から切り離し、衝動の芽を徹底的に摘むこと。これが鉄則なのではないかと私は思います。

以下の関連記事でご紹介している方法は、私が実践し、依存症の克服に役立ってきたものばかりです。リバウンドなどの危険性は低いと思うので、よろしければ、効果的な禁パチンコの方法として、ご参考にしてみてください。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。