効果があるように見えて実は逆効果かも!?間違った禁パチ・禁スロ方法

その方法、本当に大丈夫ですか?もしかするとパチンコへの衝動を少しずつ育ててしまっているだけかもしれませんよ。

パチンコをやめる方法には自分一人でもできるものから他者の助けを借りるものまで様々なものがあります。

しかし、性格やギャンブルへの傾向など、個人差にもよるので一概には言えませんが、一見効果があるように見える、効果があると言われているものでも実は逆効果となってしまうものもあるのです。

今回は実は逆効果になりかねない、間違ったパチンコをやめる方法について見ていきたいと思います。

1円パチンコ、5円スロットなど低貸しにレートを下げる

ギャンブル依存症になってしまうと、スリルや興奮といった「快楽」を脳が求めるため、レートは高ければ高いほど脳に「快楽」というエサを与えることができます。

よって、通常レートの4円パチンコ、20円スロットしかしないという方も多いと思いますが、この通常レートを低貸しに下げることで徐々にパチンコをやめていくという方法です。

実際にレートを下げて1円パチンコや5円スロット、さらに低い0.2円パチンコや2円スロットでもいいですが、打ってみるとこのように感じるのではないでしょうか。

尋常じゃなくつまらない……。時間の無駄だ……

結局のところギャンブルはお金がかかってなければスリルや興奮は味わえません。よって低貸しのパチンコやスロットは脳が求める「快楽」という点では、とてつもなく退屈でつまらないのです。

そこで、通常のレートは一切禁止し、低貸しのレートしかやらないという制約を自身に課すことで、パチンコ店に行きたければ制限付きでOKということにするわけです。

しかし、この方法は思った以上に危険性が高いのです。どういうことか、4つのケースに分けて見ていきます。

ケース1. 出玉がたくさん出た場合

大量の出玉を獲得した時、お金はプラスにはなるとは思いますが、どうしてもこのように考えてしまいがちです。

4円パチンコだったら、20円スロットだったらいくらになってたのに……

そう考えてしまうのも当然のことですよね。ただレートが違うだけで通常レートのコーナーにある台と全く同じものを打っているわけですから。

4円パチンコと0.2円パチンコでは約20倍、20円スロットと2円スロットでは約10倍の差がでます。せっかく勝ってもなんだか損な気分にもなってしまったり、出玉が出ている時の高揚感は通常レートと低貸しでは雲泥の差があるので、高揚感を最大限に味わえなかったことでも損をしたような気分にもなってしまいます。

そんなことを考えていてはパチンコをやめることなんてできないですよね。そしてだんだんと通常のレートに戻りたくなってきてしまうのです。

ケース2. 併設店の場合

4円パチンコと1円パチンコ、20円スロットと5円スロットが併設されているパチンコ店であれば、レートによって島(台のエリア)が分けられていると思います。

初めの内は通常レートの島は見ないようにしよう、立ち入らないようにしようと思うのですが、トイレに行く際などに目に入らないようにしていても、だんだんと気になってきてしまったりして、やらないけど見るだけと、通常レートの島を見てしまったりもします。

そこで、「お金が落ちている」ような状態の台を発見してしまったら、皆さんならどうしますか?

お金に余裕があればやってしまいませんか?余裕がなくても一か八かでやってしまうかもしれませんよね。

また、低貸しでも負ける時は結構負けます。負けがかさんできたとき、そのまま諦めて帰ることはできますか?通常レートの台で一発当てれば負け分を取り返せるからと、移動して一発勝負となりませんか?

そんなことをやっているうちに通常のレートに戻ってしまうのです。

ちなみに私はその「お金が落ちている」ような状態の台を発見してしまい、当たり直前で所持金が尽き、情けない話ですがパチンコ店に身内を呼んだことがあります。勿論当たってからすぐに終わり負けました。

ケース3. 所持金が少ない場合

レートは高ければ高いほど緊張や興奮、スリルといった快楽を脳は感じることができます。それは生活がかかったような切迫した状況であれば尚更で、究極を言えば命を賭けたギャンブルが依存症の脳にとっては最大の快楽となるでしょう。

そこで、借金などを返済するために例えばあと2週間を1万円で生活しなければならないといった状況に置かれた場合のことを考えてみます。

1万円もあれば1円パチンコ、5円スロットでも十分勝負ができてしまいます。しかも低貸しのレートとはいえ今後2週間の生活がかかっているため、負ければ生活ができなくなるというスリルをはらんでいます。

最初の千円二千円はまだ平常心を保っていられるかもしれません。しかし残金が五千円を切ってくるあたりから切迫した緊張感を感じてくるようになると思います。

この時、私たちが感じている緊張感やスリルは通常レートのパチンコを打っている時とさほど変わりはありません。

そもそも水を飲んだり何かを食べたりと、生活をするということは命を維持するための行為です。生活を賭けてパチンコをするということは間接的に命を賭けていることに他ならないのです。

このように、低貸しのレートでも経済状況によっては感じられる興奮やスリルが通常のレートと大して変わらないということがあります。

よって、このようなギャンブルを続けていれば借金を完済できた後であったり、お金に余裕ができた時などに、スリルや興奮を求めてあっさりと通常のレートに戻ってしまう可能性があるのです。

ケース4. 犯罪行為に走りかねない

これは特にパチスロのフロアで見かけたりすることですが、低貸しで借りたメダルを通常レートの島に持っていく人が一定数います。

実際にパチスロをやっている方でしたら払い出されたメダルに、低貸しのメダルが混ざっているのを見たことがあると思います。

ケース3で見てきたように、切迫した状況になるとこの状況をなんとかしなければという焦りから犯罪行為に手を染めてしまう人もいます。

低貸しのメダルを通常レートに持って行って使用するのは立派な犯罪です。大げさに聞こえるかもしれませんが、この行為は窃盗罪や詐欺罪に問われる可能性があるのです。

このように、状況によっては通常のレートよりも低貸しの方がたちが悪く、パチンコをやめるどころか逆効果となってしまう場合もあります。最悪の場合は犯罪行為に手を染めてしまいアウツとなってしまう人もいるでしょう。

実際にレートを落としてみて「お金がほとんどかかってないパチンコはこんなにもくだらないものだったのか、行く気も失せてきたな」とすんなりやめられる人もいるとは思います。しかし、低貸しレートのパチンコ・パチスロに依存していくようであればレートはもはや関係ないので、パチンコ店に行くのをやめるしかないですよ。

ゲームセンター、アプリで我慢する

パチンコ店に行くのを我慢する代わりにゲームセンターで遊んだり、アプリで購入して遊んだりすることで、パチンコ店に行くのを我慢するという方法ですが、これも私の経験上全て失敗しています。

ゲームセンターのパチンコ・パチスロ

場所にもよると思いますが、ゲームセンターのパチンコやパチスロは現金専用台しかなく、出玉で再プレイができない所も多いです。遊技料金はパチンコの場合100円で100~150クレジット(玉)、パチスロの場合100円で30~40クレジット(枚)程度が相場だと思います。

そして実際にゲームセンターでパチンコをやってみると思うのが、お金が消えていくスピードが案外早いということ。

それもそのはず、値段的には出玉を借りる(クレジットに補充する)のは1円パチンコや5円スロットよりも多少は安いですが、出玉で再プレイができないため、ある程度の保留玉を使い切ったあとは出玉があっても再び現金投資になってしまうからです。

しかも出玉は交換することは勿論できないので、当たり前のことですがお金がプラスになることは決してありません。

それだったら0.2円パチンコであったり、2円スロットに行った方がいいなと考えてしまうのは当然のこと。そもそもゲームセンターに行くよりもパチンコ店の低貸しで遊ぶ方が安いことに加えて、出玉を交換することもできるわけですから。

0.2円や2円といった超低レートが近場になくても1円パチンコ、5円スロットでしたら大体の所にはあります。ゲームセンターよりも多いでしょう。

このように、パチンコをやめるためにゲームセンターで我慢しようと思っていたはずがいつの間にかパチンコ店の低貸しで遊ぶようになり、終いには先ほどみてきたように通常のレートに戻ってしまう可能性もあるのです。

パチンコをやめようと思うのであれば、パチンコやパチスロの台には指一本触れないことを私はお勧めします。

アプリなどのシミュレーター

一昔前であれば据え置きのゲーム機のソフトで台の実践シミュレーターが販売されていましたが、現在はスマートフォンのアプリが主流だと思います。

値段もパチンコ店に行くことを考えれば安いものですし、機能を全て解放すれば設定の変更や特定のフラグ、当たりを強制的に成立させたり、見たかった演出や、やりたかったものが全て、どこでもできてしまうのです。

そんな便利なスマホアプリですが、これもやめておいたほうがいいと思います。

やはり、お金がかかっていないシミュレーターなので、すぐに飽きてやらなくなってしまいます。それならば飽きたら新しい台のアプリを購入すればいい話なのですが、色んなアプリで遊んでいるうちに、実はパチンコへの衝動は少しずつ育っているのです。

そしてどうしてもアプリで我慢できなくなったり、衝動が抑えられずにパチンコ店に行ってしまった時、自分の知っている台があれば安心します。

自分はこの台のことを知り尽くしている、大丈夫だ。

そんな自負により安心してお金を賭けることができる、根拠もなく大丈夫だろうと思い込んでしまうのです。

そして一度パチンコ店へ行ってしまえばそれまで抑え込んできたパチンコへの衝動が一気に解放され、あの台も、この台もと、欲望を貪るように再びパチンコへのめり込んでいくのです。

パチンコをやめるためには「パチンコを我慢する」のではなく、パチンコを人生から切り離さなければなりません。

実践動画を視聴して打った気になる

低貸しのレートは実際のパチンコ店の台とはいえ低貸しです。ゲームセンターも台は本物ですが確率など中がいじられていたり、音量や払い出しの出玉も違います。アプリなどのシミュレーターは言ってしまえばゲームみたいなものです。

しかしこの実践動画は、実際の店舗で、通常のレートで、鉄火場と化したパチンコ店の熱気や台の情報がダイレクトに映像を通して目に入ってきます。

そんなものを目にしたら、パチンコ店に行きたくならざるを得ないですよね。

私からするとこの方法は最大の悪手。動画サイトなどでパチンコ・パチスロの実践動画がおすすめに出てくる場合は、一度視聴履歴を全て削除することをお勧めします。

パチンコ店でアルバイトをする

私はパチンコ・パチスロ両方を扱うパチンコ店で約2年、スロット専門店で約2年の計4年間従業員として働いていたことがあります。

元々はパチンコ店で働けば行きたくなくても仕事のために店には行かなければならないですし、9割は負けると言われている状況を実際に目の当たりにすればパチンコをやめられると思ったからです。

しかし、実際に働いてみて目に入るのは「たまたま勝っている人だけ」でした。

また、パチンコ店で働いている人はギャンブル好きが多い場合があるので、どうしてもパチンコの話やギャンブルの話で盛りあがってしまったり、新台入替も1か月に数回と頻繁にあるため、新しい刺激を受け続けることになります。こんな状況でパチンコをやめられるわけがないですよね。

私の場合パチンコ店で働き始めてからギャンブル依存症が悪化し、それによって精神状態も悪化した時がありました。パチンコをやめるためにパチンコ店で働くというのはやめておいたほうがいいでしょう。

今回のまとめ

・1パチ、5スロは懐事情によっては通常レートと変わらない
・ゲーセンはお金の無駄、アプリは衝動を育てる
・実践動画の視聴は最悪手、最も危険

今回見てきた方法は一概には悪いとは言えません。

パチンコへの依存度がそこまで高くなければ今回見てきたような方法でもパチンコを徐々にやめていけるかもしれないですし、効果を発揮する場合もあるとは思います。

しかし、少なくとも私のようないくら負けようが、どれだけ人に迷惑をかけようが、何をしてもパチンコをやめられなかった重度の依存症の人間からすると、どれもこれもパチンコ店に戻るまでの充電にしかならなかった。

パチンコをやめるためにはパチンコ関連のものを全て人生から切り離すこと。これが鉄則となるのではないかと私は思います。

関連記事

私が実践してきた禁パチ・禁スロ方法で最も効果があった方法
【パチンコをやめた秘技】重度の依存症だった私が辿り着いた最終手段

こちらも合わせれば効果はバツグンだ!
【孤独の戦い】パチンコ・スロットをやめる11の方法で依存を断ち切れ!

その他効果的な方法まとめ
【克服法まとめ】ギャンブル依存症は8つの方法を駆使して乗り越えろ!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す