ギャンブルサイトをブロックできる「Gamban」の使い方を詳しく解説

当サイト記事のリンクは一部に広告が含まれます。
ギャンブルサイトをブロックできる「Gamban」の使い方を詳しく解説
イブスター店長

競馬、競艇、オンラインカジノ……

いまの時代ギャンブルもネットでできますが、これに依存すると本気でやめられなくなってきます。

スマホなんてひとり1台がジョーシキで、やめようと思っても、つい手が動いてサイトにアクセスしてしまうからですよね。

そこでこの記事では、ギャンブルサイトをブロックできる「最終兵器」を紹介します。

この記事でわかること
  • ギャンブルサイトブロッカーの「Gamban」とは?
  • Gambanの使い方(設定方法)&じっさいに使用してみた感じなど
ミナト

ギャンブルサイトをブロックできる最終兵器の名前は「Gamban」です

簡単にまとめると、アプリをインストールして設定すれば、ギャンブルができるサイトにアクセスできなくなります。

そして設定した期間はアプリをアンインストールできないため、強制的にネットギャンブルができなくなる、というシロモノです。

競馬などの公営賭博や、オンラインカジノの利用者が増えるいま、この「Gamban」はギャンブルをやめる大きな手助けとなってくれるでしょう。

設定方法から使った感じまで徹底解説していくので、どうぞ最後までごらんいただき、記事を見ながら設定もしてみてください。

ただしGambanは、iPhone(ios14.2~15.8まで確認)ではうまく機能しませんでした。本文でくわしく解説しますが、iPhoneは仕様的な問題で使えないかもしれません。AndroidとWindowsはバッチリ使えたので、その2つを中心に解説していきます。

著者プロフィール
ミナト

ミナト

10代で行った初めてのパチンコで大勝し、パチンコ・スロット漬けの日々へ。借金を重ね、多くを失い、10数年もの間ギャンブルをやめられなくなる。しかし他者の力も借りて依存症を克服。その経験をもとに依存からの脱出方法を発信している。併設店・専門店での従業員経験もあり。>> プロフィール詳細はこちら

目次

ギャンブルサイトブロッカー「Gamban」とは?

ギャンブルサイトブロッカーの「Gamban」とは?

まずはギャンブルサイトをブロックできる「Gamban」とはなにか、から見ていきましょう。

Gambanは、ギャンブル依存症が社会問題になっていたイギリスで開発されたツールです。

これをインストールした端末でオンラインギャンブルができるサイトにアクセスすると、

強制的にブラウザバック(アクセス禁止)になる

というもので、設定した期間は、自分でアクセス制限を解除できないのが大きな特徴です。

イブスター店長

アプリをアンインストールできなくなったりして、それで保護がつづくんだな

ブロックするのは、おもに以下のようなサイトで、

  • オンラインカジノ
  • 競馬、競艇、競輪などの公営レース

Gambanを導入すれば、基本的にはネットでのギャンブルができなくなります。

ミナト

ちなみにGambanは、かなり安いですが有料で、利用するには以下の金額がかかります

  • 毎月:2.49ドル(約350円)
  • 年間:24.99ドル(約3500円)

(※両者ともに7日間の無料期間があります)

そしてこの利用料を払った期間が、アクセス制限を解除できない設定期間となります。

1年ぶんの料金を払っておけば、端末を変えるなどしなければ、最低でも1年はネットギャンブルができなくなる、というわけですね。

支払いがすんだアカウントは持っているすべてのスマホ・PCで利用できます。端末ごとに支払いをする必要はありません。

外国のツールなので表記は英語ですが、アプリをインストールして設定するだけで使えます。

オンラインカジノやレース系ギャンブルをやめたいときには、大活躍するアプリだといえるでしょう。

Gambanでできないこと

Gambanでできないこと

ただ、安くて使いやすいGambanにもできないことがあるようなので、さきにそちらから確認しておきます。

ミナト

これは冒頭のとおりで、「iPhoneでは使えないかもしれない」ということです

Gambanの対応プラットフォームは、

  • Android、iPhone、Windows、Mac

と、スマホとPCに対応しています。

AndroidとWindowsでは、いちど導入したら(設定期間は)もうアプリを消せないなど、しっかりと機能していました。

しかしiPhoneでためしてみたところ、設定を解除したり削除したり、ということができてしまいました。

iPhone(ios14.2)の場合、以下の「VPN」の設定画面で、

GambanのiPhoneでのVPN設定

このように接続をONにすることで、アクセス制限が機能するようになっていました。

イブスター店長

でもこの接続設定は、ワンタッチでいじれるようになっていたんだよな

ようは、オフにしてしまえばまたギャンブルサイトにアクセスできたのです。

またios15.8では、VPN接続は設定不要で保護できていたのですが、こんどはつぎの画像のように、

GambanのiPhoneでの設定(プロファイル)

インストールしたプロファイル(ソフトのようなもの)を削除できて、それをすればやはりギャンブルサイトにアクセスできました。

これはiosのバージョンや、アプリの開発状況によっても変わってくるのかもしれません。

しかし上記のとおりで、iPhoneではうまく機能しない可能性があります。

ミナト

おなじApple製のMacでは使えたという話もあるのですが、

いずれにせよ7日間は無料で使えるので、iPhoneの場合は、最新の状況でテストしてみる必要があるでしょう。

Gambanの使い方(Androidでの設定方法)

Gambanの使い方(Androidでの設定方法)

ではGambanの基本的なことがわかったところで、ここからはアプリの設定方法です。

イブスター店長

ここではAndroidスマホでの使い方を紹介するぞ

支払いをキャリア決済にしたほうが(スマホ→PCと設定したいときに)簡単だと思うので、Androidから見ていきましょう。

Windows(+iPhone)の設定はそのあとで解説するので、どうぞ順番にごらんください。

1. まずはキャリア決済を使えるようにする

Gambanには7日間の無料期間がありますが、さきに支払い方法を決める必要があります。

支払いはスマホのキャリア決済が簡単なので、まだ設定していない場合は、ここからはじめましょう。

GooglePlayのお支払いと定期購入

キャリア決済を使えるようにするには、Google Playのアプリをひらいて、右上のアイコンから「お支払いと定期購入」に進み、

Google Playのお支払い方法

「お支払い方法」をタップ。

Google Playにキャリア決済方法を追加

キャリア決済を追加する選択肢があるので、これを押します。

Googleプレイストアでキャリア決済が使えるようになった

そして画面上部に支払い方法が追加されたら、これでキャリア決済の設定は完了です。

2. アカウントを作成して支払いを完了させる

GoogleプレイストアでGambanを検索する

キャリア決済の準備ができたら、Google play ストアで「Gamban」と検索し、インストールしてひらきます。

Gambanのログイン(アカウント作成)画面

ここではアカウントを作成するので、下の「クリエイトアカウント」をタップし、

Gambanのアカウント作成画面

もういちど「クリエイトアカウント」をタップ。

Gambanのアカウント作成方法(メールアドレスかSNSアカウントか)

アカウントは「メールアドレス or SNSでつくる」を聞かれるので、好きなほうを選びます。

今回はメールアドレスでつくることにしました。

Gambanのアカウント作成画面

アカウント作成画面では、つぎのことを入力し、

  • ユアネーム(名前)/ラストネーム(苗字)
  • メールアドレス(再確認を入れて計2回)
  • パスワード(8桁以上)
Gambanのアカウント作成画面(同意画面)

パスワードも再確認のためもう1回入力したら、2つのチェックボックスにチェックを入れて、右下のコンティニューを押します。

Gambanの支払画面

つぎは支払いの画面で、月々か年間(15%オフ)かを選びます。

イブスター店長

両方とも7日間の無料期間(そのあいだに解約すればお金はかからない)がついているぞ

好きなほうを選んだら「コンティニュー」を押しましょう。

Gambanの支払い確認画面

私は今回はおためしで1か月間にしました。

内容を確認したら右下の「コンファーム&ペイ」を押します。

Gambanの支払確定画面(Googleプレイ)

Google Playの支払い画面がでてくるので「定期購入」を押します。

Gambanの定期購入完了画面

「定期購入しました」の画面がでたら支払いはOKです。

予備の支払いは「追加しない」でいいので、つぎに進みましょう。

3. デバイス設定(アクセス制限)をしていく

Gambanの注意書き

支払いが完了したら、「Gambanは設定された期間はアンインストールできません」といった注意書きがでてくるので、下の「理解しました」を押します。

Gambanのデバイス設定画面

そしてここからはデバイスの設定で、Step1~4までを設定していきます。

まずはStep1(Gambanの有効化を許可する)をタップし、

Gambanをデバイスで許可する

つぎの画面の下のほうにある「コンティニュー」を押します。

Gambanの注意書き

「Gambanはギャンブルコンテンツにアクセス制限をかけます」のような注意書きがでてくるので、これも「理解しました」を押します。

Androidスマホのユーザー補助画面

すると、設定の「ユーザー補助」の画面がひらかれるので、「インストール済みのサービス」を押し、

インストール済みのサービス(Gamban)

そのなかにあるGamban(OFF)を押します。

Gamban(OFF)

「OFF」になっているGambanを押すと、

Gambanを許可するかの選択

Gambanを許可するかどうかを聞かれるので「許可」を押しましょう。

Gamban(ON)

Gambanが「ON」になればOKです。

Gambanの注意書き

「このあとGambanアプリはアンインストールできなくなります」のような注意書きがでてくるので「理解しました」を押し、これでStep1は完了です。

Gambanのデバイス設定(管理の有効化)

つづいてStep2(デバイス管理を有効化)へ。

デバイス管理画面

Step2を押すと、このような画面になるので、右下の「開始」を押せばこれはOK。

Gambanのデバイス設定(VPN許可)

そのままStep3(VPN許可)を押しましょう。

VPN接続を許可する

このVPN接続を設定することで、ギャンブルコンテンツへのアクセス制限が有効になります。

「OK」を押しましょう。

ここで「OK」を押すと、以下のとおり、スマホの画面上部に鍵マークがつくようになります。

Gambanの鍵マーク

これがギャンブルサイトをブロックできるようになった状態です。

Gambanのデバイス設定(バックグラウンド)

そして最後にStep4(バックグラウンドでの動作を許可)を押し、

バックグラウンドでの実行許可

「許可」をタップ。

Gambanのデバイス設定完了画面

すべてのStepにチェックマークがつくと「コンティニュー」が押せるようになるので、これを押せば、デバイス設定は完了です。

4. 細々とした設定をスキップしてダッシュボードへ

デバイス設定の完了後は、こまごまとした設定に移行します。

ミナト

ただこれは、以下のように全部スキップで大丈夫なので、サクサク進めておわらせましょう

Gambanのギャンブルコンテンツがブロックされているかの確認画面

最初は「ギャンブルコンテンツはブロックされていますか?」の質問で、これはきちんと機能しているので「スキップ」でOK。

Gambanのパーソナル設定画面へ

「ウェルカム!」の画面になるので、下の「パーソナライズGamban」を押しましょう。

Gambanのパーソナル設定

これはギャンブルに使ったお金とか時間とかの項目。左下の「後で」を押します。

ギャンブル以外で興味があるものなどの選択

ギャンブル以外で興味があるものなどを選ぶ画面も「後で」でOK。

最後にギャンブルをしたのはいつかの画面

ギャンブルを最後にしたのはいつか、といった画面も「スキップ」で大丈夫です。

スキップしていいかの質問

「この項目の設定をスキップしていいですか?」と聞かれるので、そのまま「コンティニュー」を押しましょう。

Gambanのツアー画面

Gambanの簡単な説明(ツアー)を見るかどうか聞かれるので、最後に「後で」を押せば、

Gambanのダッシュボード

Gambanのダッシュボード画面が表示されて、これで設定は完了です!

Gambanを実際に使ってみた

Gambanを実際に使ってみた

さて、Gambanの設定は以上となりますが、

イブスター店長

じっさいにブロックは機能するのか??(どこまでブロックされるのか)

気になるのは、この「ギャンブルサイトをブロックできる精度」ですよね。

ここでは、じっさいにいろんなサイトにアクセスしてみた感じをお話ししておきます。

ミナト

まずはオンラインカジノです

オンラインカジノに片っ端からアクセスしてみたところ、すべてブロックされていました。

オンカジを紹介するサイトも一部アクセスできなくなっていたなど、高い効果が発揮されていました。

ちなみにギャンブルサイトへのブロックは、以下の流れとなっています。

オンランカジノのサイト

リンクを踏むなどしてギャンブルサイト(オンラインカジノ)にアクセスしようとすると……

Gambanのブロック画面(このドメインはブロックされています)

このとおり。「このドメインはブロックされています」と、アクセス禁止状態になり、ブラウザバックするしかなくなります。

そのほかでは、JRAやボートレース、競輪やオートレースの公式サイトもアクセス禁止。

YouTubeの競馬動画や、地方競馬の情報サイトなど、ギャンブルコンテンツは見られましたが、

  • 即PAT(競馬)、テレボート(競艇)
  • WINチケット、チャリロト、SPAT4
  • 楽天競馬、Kドリームス

など、外部の投票券を買えるサイトは(確認したものは)すべてブロックされていました。

オッズパークなどのギャンブルができるアプリも使用不可です。

オッズパークアプリの場合は以下のようになっていました。

Gambanがギャンブルアプリをブロックしている画面

サーバーに接続できない、と、サイトだけでなく、ギャンブルができるアプリでもしっかり機能しています。

宝くじは公式サイトはブロックされていましたが、銀行(ネットバンキング)からならくじは買えました。

totoやBIGなどのスポーツくじも銀行を経由すれば買えるようでした。

ブロックされなかったのはそれくらいで、オンカジや公営賭博(レース系ギャンブル)は、きちんと全部ブロックされていましたよ。

イブスター店長

宝くじは一般的なギャンブルとはちょっとちがうから、ブロックの精度はかなりいいんじゃないか?

Gambanの気になるあれこれ(PCの設定や解約方法など)

Gambanの気になるあれこれ(WindowsやiPhoneでの設定、解約方法など)

Gambanの使い方はこれでバッチリだと思います。

ミナト

あとは、まだ説明できていないことがいくつかあるので、それを補足しておきます

パソコンでの設定とか、Gambanの解約方法とかです。まとめて確認しておいてください。

Windowsでの設定方法

GambanをPC(Windows)に導入する方法を解説します。

これは以下のとおりで、すぐにできます。

STEP
Gambanにログイン
PC版Gambanにログイン

Gambanの公式サイトにアクセスし、メニューからログインを選択します。

ミナト

ちなみにブラウザは翻訳ができるのでわかりやすいです

STEP
新しいデバイスを追加する
Gambanに新しいデバイスを追加

メニューの「私のデバイス」から「新しいデバイスにGambanをインストールする」をクリック。

STEP
デバイスを選択してインストール画面へ
Gambanのデバイス選択画面

WindowsやMacなどを選択できるので、使っているPCを選択して「インストールガイドを見る」をクリックします。

STEP
Gambanをダウンロード
Gambanのインストール(ダウンロード)

つぎの画面では「ダウンロード」をクリックしましょう。

STEP
Gambanをインストールする
Gambanのインストール画面(PC)

ダウンロードしたファイルをひらいて進むと、この画面がでてくるので、左下にチェックマークをつけて「アクティブ」をクリック。

STEP
PCを再起動して完了
Gambanの再起動(PC)

そしてインストールができたら「リスタートナウ」をクリックすれば、あとはPCが再起動して設定は完了です。

PCの場合、コントロールパネルからアプリをアンインストールすると、表面上はGambanは消えます。

ミナト

しかし裏では残っていて、やはりこちらもアンインストールはできないようになっていました

「設定された期間はオンラインギャンブルはできない」と、Windowsでもきっちり目的は果たされていましたよ。

iPhoneの設定方法

iPhoneの設定方法も簡単に補足しておきます。

つぎの手順でGambanを有効化することができます。

iPhoneでの設定方法
  1. Appleストアでアプリをダウンロード
  2. ログインまたはアカウントを作成する(※その後Apple IDでサインインを求められたらする)
  3. セットアップ → Gambanをダウンロード → 構成プロファイルをダウンロードで「許可」
  4. 設定アプリに移動して上のほうにでてくる「プロファイルがダウンロード済み」をタップ(※DL済みが表示されるまで多少の時間がかかる場合あり)
  5. インストール → リモート管理を「信頼」→ インストール完了(※「信頼」は出ない場合もある)
  6. 設定 → 一般 → VPN「状況/未接続」をタップして「接続済み」に変更(※iosのバージョンによってはこのVPNをいじる作業は不要)
  7. Gambanアプリにもどって「Go Home」などの緑色のボタンを押す → ダッシュボードへ
イブスター店長

ただiPhoneは、うまく機能するかわからない(プロファイルを削除できてしまう場合などがある)から、無料期間でテストしてみてくれ

無料期間中に解約すればお金もかからないので、ためすだけためしてみるのもありです。

Gambanの解約方法

最後にGambanの解約方法を説明します。

以下の手順で解約できます。

STEP
Googleプレイストアでメニューをひらく
GooglePlayのお支払いと定期購入

Googleプレイストアのメニューから「お支払いと定期購入」を選びます。

STEP
定期購入を選択する
Googleプレイストアの定期購入

つぎの画面では「定期購入」を押しましょう。

STEP
画面の中からGambanを選択
定期購入の中からGambanを選択

定期購入しているもののなかにGambanがあるので、そのままこれを押します。

STEP
定期購入を解約する
Gambanの定期購入を解約

そして「定期購入を解約」すれば、Gambanの解約はOKです。

7日間の無料期間中なら料金は発生しないので、気軽にためせます。

イブスター店長

お金を払ったあとは、定期購入を解約してもその期間の保護はつづくから、使いつづける場合も安心だな

設定も簡単にできるので、ぜひやってみてください。

参考リンク
Gamban

Gamban

Gamban LTD無料posted withアプリーチ

今回のまとめ

  • ギャンブルサイトをブロックするには「Gamban」が便利
  • 設定した期間はアプリを消せないので強制力が高い
  • ただしiPhoneでは使えないかもしれないので最新版で要テスト

オンラインギャンブルは、ネットがあれば24時間いつでもできてしまいますし、

  • 賭け金のレートは青天井。うん百万、うん千万の負けも現実的

と、かなりの危険性があり、これに依存すると問題は深刻化してしまいます。

でもそんなとき、ギャンブルサイトをブロックできるGambanなら、強制的にネットギャンブルをできなくしてくれます。

イブスター店長

端末を買い替えるなどすればギャンブルはできる、など、たしかに抜け道はあるだろう

それでも、やるとやらないとでは大違いです。

もし端末を買い替えてギャンブルをしてしまったら、再チャレンジで、その端末にもGambanを入れればいいだけの話でしょう。

とにかく、行動しなければギャンブル問題は絶対に解決できないので、なんでもやってみるのが大切ですよ。

ミナト

それから、オンラインギャンブルをやめる方法は、なにもサイトブロッカーしかないわけではありません

ほかにもたくさん手段はあって、そういったワザの組み合わせでギャンブルはやめていけます。

ほかの方法は関連記事でまとめてあるので、ぜひそちらも確認し、実践へとつなげてみてください。

あきらめずにトライすれば、かならずやギャンブル問題は解決できるので、まずはできることからはじめてみましょう!

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント(確認後に反映/少々お時間をいただきます)

コメントする

目次