【利息の合計】プロミスに取引履歴を開示請求する方法と取引履歴の見方

あまりにも気になってしまったので、以前契約していた消費者金融のプロミスに取引履歴を開示請求することにしてみました。

私には以前から気になっていたことがありました。それは「貸金業者との取引は本当に上限金利内だったのか?」ということ。

特に引っ掛かっていたのが明らかに元本から見て利息が高すぎた時の、問い合わせに応じてくれたオペレーターの曖昧な返答。さらに、もし過払い金が発生していたら……というあわよくば的な思考も相まって、私は居ても立っても居られなくなってしまったのです。

一度気になり始めたらもう止まりません。そこで私は、以前契約していた貸金業者「プロミス」から全取引履歴の開示を実際に請求することにしたのです。

果たして利息は法定の範囲内だったのか?過払い金は発生していたのか?今宵、プロミスとの「契約」の全容が明らかになる。

プロミスから取引履歴を開示請求する方法

現在は全て完済することに成功したので消費者金融からの借金はもうありませんが、私は一番多い時で3社から合計で約120万円の借金をし、約10年間に渡り延々と利息だけを払い続けていました。特にプロミスからは約50万円を借り入れていたのですが、何度か利息が10,000円を超えていることがあったのです。

プロミスの場合、利息の上限は17.8%なので、50万円の借金に対する1か月(30日)の利息は以下のようになります。

50万円×0.178(17.8%)÷365(日)×30(日)=7,315円

要するに法律で定められた範囲内では、50万円の借り入れが1か月間あったとしても、利息が10,000円を超えることはないということです。

そして気になった私が当時プロミスに問い合わせた際の会話がこちら。

湊
ミナト

すみません、利息が高いような気がするのですが、どうしてでしょうか?

プロミス
プロミス

ええと、お客さまの場合追加で借り入れがあったようなので、そのためだと思われますね……

追加で借り入れをすれば元本も増えるわけですから、利息も当然高くなるのは勿論わかります。しかし私が気になっていたのは、なぜ50万円の借り入れで利息が10,000円を超えるのかということだったのですが、オペレーターの返答の様子から相手もよくわかっていないような印象を受けたので、その時はまぁいいかと私もうやむやで終わらせてしまったのです……が、今回はそういうわけにはいきません。

今こそ「契約」の内容をはっきりさせてもらおうじゃないか!

プロミスコールで取引履歴を請求する

プロミスから取引履歴を開示請求する方法は簡単です。なんと電話一本で終わります。

まずはプロミスコール(0120‐24‐0365)へ電話をかけ、オペレーターに繋いでもらいます。これはプロミスと契約中の方も、既に解約している方も同じです。ちなみに私は既に消費者金融との契約は全て解約しています。

そしてオペレーターと繋がったら、あとはこのように言うだけです。

「契約内容の確認がしたいので、全ての取引履歴を送っていただけないでしょうか?」

以上です。とても簡単ですね!
あとは住所や氏名などの必要事項の受け答えをする程度です。

ただし、オペレーターとのやり取りからして、取引履歴の開示請求には理由が求められる可能性が高いと思われるので、この理由については「契約内容の確認がしたい」で十分でしょう。私は聞かれる前に先手を打ちました。

また、これは後述しますが「過払い金を請求したい」なんてことはそれが本来の目的であったとしても言わない方が無難です。ちなみに以下が実際に取引履歴を請求した際のオペレーターからの返答。

プロミス
プロミス

かしこまりました。「契約内容の確認」ということで、取引履歴の送付を希望されるということですね。最大で2週間ほどかかりますのでご了承下さい

以前にもこの利息のことが気になって取引履歴を請求しようと思い立った時は、毎回のように躊躇してしまって電話をかけられなかったのですが、まさかこんなにあっけなく終わるとは思っていませんでした。

ただ、オペレーターの方からムッとしたような「またかよ……」みたいな気配は伝わってきましたが……。(一時の過熱した過払い金請求で貸金業者も疲弊し切っているとも聞きます。もしかするとオペレーターの方も過払い金関係については上から何か言われているのかもしれません)

ちなみにプロミスの場合は取引履歴の発行手数料や送料は一切かからないとのことでした。また、取引履歴が到着するまでは最大で2週間ほどかかるとのことでしたが、私の場合は1週間ほどで届きましたよ。

プロミスの取引履歴の見方

プロミスに開示請求の電話をしてから約1週間後、ポストを開けるとそこには何やら物々しい雰囲気を放つ1通の封筒が……

長年の疑問が解けるとは言え、これを見てしまえば私が利息を今までいくら払ってきたのか、正確な数字までをも知ることになってしまうわけです。まるで玄関のドアノブにぶら下げられた正体不明の袋を開封するような心境で、私は封を切りました。

そして出てきた全取引履歴がこちら!

プロミスの取引履歴

プロミスとの契約期間は平成23年(2011年)~平成29年(2017年)までの約6年間で、取引履歴は合計で6枚でした。

取引履歴は以下の8つの項目に分かれています。

プロミスの取引履歴

プロミスの取引履歴

  1. 取引日と出金額
  2. 取引方法と入金額
  3. 手数料と累計発生手数料
  4. 通常か遅延
  5. 利息と遅延利息
  6. 元金返済額
  7. 貸付残高
  8. 未清算利息と過不足金額

①取引日と出金額は、取引をした日付と出金した額が記載されています。
②取引方法と入金額は、ATMや振込といった取引の方法と入金した額のことです。
③手数料と累計発生手数料は、ATMなどを使用した際に発生した手数料と、返済するまでに累計していった手数料です。
④通常か遅延は、毎月の返済から返済までの期間のことで、返済が遅延している場合は遅延日数が加算されています。
⑤利息と遅延利息は、通常期間の利息と、遅延している場合は遅延期間の利息がついた額のことです。
⑥元金返済額は、返済した金額から利息や手数料を引いた元金の返済額です。
⑦貸付残高は、そのままで借金自体の残高です。
⑧未清算利息と過不足金額は、返済期日までの間に追加で借り入れをした場合、元金が増えるわけですから、増えた元金に対して追加でつく利息と、それまでの利息の合計金額のことです。

これらの8つの項目が左から順に並んでいて、その下にそれぞれの項目に対応した金額などが記載されています。

プロミスの取引履歴の詳細

このような感じで、ひたすら項目の下に取引の履歴が記載されています。一番最初の取引がH23/11/28のものです。

そのまま下に進んでいくと、私は2回目の取引で一気に40万円の借り入れを行い、なんと契約してからわずか3週間ほどで50万円の限度額まで借り入れていますね……

その後は返しては借りてを繰り返し、4年間以上残高50万円付近をうろうろし続けているだけでした。私は今とても悲しい気持ちでいっぱいです。

そしてついに辿り着く、真実を目の当たりにする時

そういえばこの時はこんなことをしていたんだっけ……と、かつての記憶に枕を濡らしながら取引履歴を読み進めること数分、私はついに問題の箇所を発見!

プロミスの取引履歴で利息が高い部分

赤線の10,143円が問題の1万円オーバーの利息です。元金は勿論50万円以下です。

…………

…………47日?

はい、残念なことに、ただの遅延日数と遅延利息がついていただけでした。それならそうとなんで最初のオペレーターは言ってくれなかったんだと思うのですが、とりあえずは長年の疑問は解けたのでよしとしましょう。元々借り入れた時期的に過払い金はないだろうとは思っていたので、原因があるとすればこの遅延ぐらいしかなかったわけですが、実際に自分の目で確認できたので心にかかったもやが晴れました。

ということで、契約は法定の利息の範囲内、過払い金の発生はなし!
プロミスは「契約」を果たしていた!

契約期間で払った利息の合計額

せっかくなので契約期間でいくら利息を払っていたのかも計算してみました。表の最終残高は年末時点での残りの借金残高です。

 利息最終残高 
H23~H2479,966円461,376円
H2592,521円455,945円
H2677,322円493,373円
H2787,906円499,947円
H2859,954円156,096円
H296,294円0円
2011年~2017年の利息合計403,963円

ご覧の通り約4年間は返しては借りてを繰り返し、利息だけを払い続けていました。プロミスと契約してから借金を完済し、解約するまでにかかったトータルの利息は40万3,963円という結果となりました。

私は当時これに加えて他にも2社と契約していて、最も契約期間が長かった貸金業者は9~10年間ほど契約していたアコムです。単純に考えてプロミスよりも1.5倍以上の契約期間なので、少なくともアコムでは60万円以上の利息を払ってきたと思います。さらにもう1社あるので合計すると消費者金融を利用してきた利息は最低でも120万円以上になるでしょう。

アコムに関しては借入を開始したのがプロミスよりも前でしたが、ちょうど過払い金が発生しなくなった時期だったと記憶しているので、アコムから取引履歴を請求する必要はないと判断し、私の過払い金調査はこれで終了にしようと思います。

これ以上現実を見るのは辛いですからね……

過払い金請求を考えている方へ

そもそも貸金業者から取引履歴を請求しようと思われる方は、既に貸金業者との契約は終了していて過払い金があるのか知りたい方か、現在も貸金業者と契約していて過払い金で借金を相殺したいと考えている方が多いと思います。

過払い金が発生するのは平成19年(2007年)よりも前から借入がある場合で、それ以前から借入がある場合は過払い金が発生している可能性があります。取引履歴を請求する方法で少し触れましたが、過払い金請求を個人で行おうとすると貸金業者から不利な条件を提示されることもあります。既に借金は完済していて過払い金があったけれどどうすればいいのかわからない、取引の時期からして過払い金がありそうという方は専門家に相談したほうがいいでしょう。
ただし、平成20年(2008年)以降の借入は過払い金が発生することはありませんので、その場合は残念ですが私のように諦めるしかありません。

また、現在貸金業者と契約していて(借金の返済中で)過払い金があるかもしれない、過払い金があるか知りたいという方は、専門家にまずは取引履歴を全て請求してもらい、利息の引き直し計算をしてもらったほうがいいと思います。過払い金の調査でブラックリストに載るということはありませんし、相談料金や過払い金の調査も基本的に無料なので、まずは借金がいくらなのか確定させることをお勧めします。

その後もし過払い金がなかったとしても、返済が難しい場合は利息を全てカットできる債務整理を検討してみるのもありだと思います。私のように延々と利息だけを払い続けるようになってしまう前に、借金問題は解決しよう!

過払い金請求に強い専門家

司法書士法人みつ葉グループ

当サイトでも厳選して紹介しているみつ葉司法書士事務所は、過払い金請求の分野には特に力を入れてきた経緯があり、過払い金請求には安易な妥協はしないという姿勢で貸金業者と徹底的に戦うことを理念としています。

相談は24時間365日受け付けていて、全国にも対応。過払い金請求の費用は返還成功時の20%だけです。現在返済中の方は借金または利息をなくすことができる可能性もあります。相談料は無料なので、まずは相談してみることをお勧めします。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

私のように多重債務の状態に陥ってしまうと延々と利息だけを払い続け、結果的に大金を失ってしまう可能性は高いと思います。みつ葉司法書士事務所が運営する借金減額シミュレーターでは借金が減額できるかどうかを4つの質問だけで診断してもらうことができます。

現在借金を返済中の方で、借金を減らせるか知りたいけれど自分から相談するのは不安という方は一度試してみてはいかがでしょうか。もちろん診断は無料です。

関連記事

過払い金関係の詳細や、利息をカットできる債務整理についてはこちらで詳しく解説しています
→ 【債務整理をわかりやすく】ギャンブルでの借金も債務整理で解決可能!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す