【過払い金調査】利息確認のためプロミスに取引履歴を開示請求してみた

あまりにも気になってしまったので、以前契約していた消費者金融のプロミスに、取引履歴を開示請求することにしてみました。

私には以前から気になっていたことがありました。それは「貸金業者との取引は、ほんとうに上限金利内だったのか?」ということです。

とくに引っかかっていたのが、あきらかに元本から見て利息が高すぎたときの、問い合わせに応じてくれたオペレーターのあいまいな返答でした。さらに、もし過払い金が発生していたら……というあわよくば的な思考もあいまって、私は居ても立ってもいられなくなってしまったのです。

一度気になり始めたらもう止まりません。そこで私は、以前契約していた貸金業者「プロミス」に、全取引履歴の開示を実際に請求してみることにしたのです。

はたして、利息は法定の範囲内だったのか? 過払い金は発生していたのか!? 今宵、プロミスとの「契約」の全容があきらかになる。

プロミスから取引履歴を開示請求する方法

現在はすべて完済することに成功したので、消費者金融からの借金はもうありませんが、私はいちばん多いときで、3社から合計約120万円の借金があり、約10年間にわたって延々と利息だけを払い続けていました。

とくに大手の「プロミス」からは、約50万円を借り入れていたのですが、何度か利息が1万円を超えていることがあったのです。

プロミスの場合、利息の上限は17.8%なので、50万円の借金に対する1か月(30日)の利息は以下のようになります。

50万円×0.178(17.8%)÷365(日)×30(日)=7315円

ようするに、法律で定められた範囲内では、50万円の借り入れが1か月間あったとしても、利息が1万円を超えることはないのです。

そして、気になった私が、このことを当時プロミスに問い合わせた際の会話は以下のようなものでした。

湊
ミナト

利息がどうも高いような気がするのですが、これはどうしてでしょうか?

プロミス
プロミス

ええと、お客さまの場合、追加で借り入れがあったようなので、そのためだと思われますね……

追加で借り入れをすれば元本も増えるわけですから、利息も当然高くなるのはわかります。しかし、私が気になっていたのは、なぜ50万円の借り入れで利息が1万円を超えるのかということでした。

ただ、オペレーターの返答の様子から、相手もよくわかっていないような印象を受けたので、そのときはまぁいいかと有耶無耶で終わらせてしまったのです……が、今回はそういうわけにはいきません。

いまこそ、「契約」の内容をはっきりさせてもらおうじゃないか……

プロミスコールで取引履歴を請求する

プロミスから取引履歴を開示請求する方法はとても簡単。なんと電話1本だけで終わります。

まずはプロミスコール(0120‐24‐0365)へ電話をかけ、オペレーターにつないでもらいます。これはプロミスと契約中の方も、すでに解約している方も同じで、オペレーターにつながったら、あとはこのように言うだけです。

「契約内容の確認がしたいので、すべての取引履歴を送っていただけないでしょうか?」

以上です。とても簡単ですね! あとは住所や氏名など、必要事項の受け答えをする程度です。

ちなみに、オペレーターとのやりとりからして、基本的に取引履歴の開示請求には理由が求められるものと思われますが、この理由については、「契約内容の確認がしたい」で十分だと思います。私は聞かれる前に先手を打っておきました。

また、これは後述しますが、「過払い金を請求したい」なんてことは、それが本来の目的であったとしても、言わないほうが無難です。

プロミス
プロミス

「契約内容の確認」ということで取引履歴の送付を承りました。最大で2週間ほどかかるのでご了承ください

以前にも利息のことが気になり、取引履歴を請求しようと思い立ったことは何度かあったものの、毎回ちゅうちょしてしまって電話をかけられなかったのですが、まさかこんなにあっけなく終わるとは思ってもみませんでした。

オペレーターの方からムッとしたような、「またか……」のような気配は伝わってきましたが……

(注:いっときの過熱した過払い金請求で、貸金業者も疲弊しきっているという話はよく耳にします。もしかすると、過払い金関係は警戒されているのかもしれません)

それと、プロミスの場合、取引履歴の発行手数料や送料はいっさいかからないとのことで、これはプロミス側が負担してくれるようです。また、取引履歴が到着するまでは最大で2週間ほどかかるとのことでしたが、私の場合は1週間ほどで届きましたよ。

プロミスの取引履歴の見方

プロミスに開示請求の電話をしてから約1週間後、ポストを開けるとそこには、なにやらものものしい雰囲気を放つ1通の封筒が……

長年の疑問が解けるとはいえ、これを見てしまえば、私が利息をいままでいくら払ってきたのか、正確な数字までをも知ることになってしまうのです。まるで玄関のドアノブにぶら下げられた正体不明の袋を開けるような心境で、私は封を切りました。

そして出てきた全取引履歴がこちら!

プロミスの取引履歴

プロミスとの契約期間は、平成23年(2011年)~平成29年(2017年)までの約6年間で、取引履歴は合計で6枚。

取引履歴は以下の8つの項目に分かれています。

プロミスの取引履歴

プロミスの取引履歴

それぞれ簡単に補足しておきます。

取引日と出金額

取引をした日付と出金した(借り入れた)額が記載されています。

取引方法と入金額

店舗に設置されたATMや、コンビニ・銀行などの提携ATM、銀行振込といった、取引した方法と入金した(返済した)額が記載されています。

手数料と累計発生手数料

ATMなどを使用した際に発生した手数料と、返済するまでに累計していった手数料が記載されています。

通常か遅延

毎月の返済から次の返済までの期間が記載され(たとえば30日後であれば30日と記載)、返済が遅延している場合は遅延日数が加算されています。

利息と遅延利息

返済するまでに発生した利息と、返済が遅延している場合は遅延分の利息がついた利息の合計額が記載されています。

元金返済額

返済した金額から利息や手数料を引いた、元金(借金自体)にあてられる返済額が記載されています。

貸付残高

借金自体の残高、つまり、残りいくらの借金がありますよ、という合計額が記載されています。

未清算利息と過不足金額

返済期日までのあいだに追加で借り入れをした場合、元金が増えるので増えた元金に対しても追加で利息がつくので、次の返済には通常分に加え、追加分の利息も払わなければなりません。それらを合計した金額がここに記載されています。

そして、これらの8つの項目が左から順に並んでいて、その下にそれぞれの項目に対応した金額などが記載されています。

プロミスの取引履歴の詳細

たとえばこのような感じで、ひたすら項目の下に取引の履歴が続いています。この場合、最初の取引はH23/11/28となっています。

ひととおり確認してみると、私は2回目の取引で一気に40万円の借り入れを行い、なんと、契約してからわずか3週間ほどで50万円の限度額まで借り入れていました。

その後は返しては借りてを繰り返し、4年間以上、残高50万円付近をうろうろし続けているだけ。なかには2000円、1000円といった少額の借り入れや、600円など小銭の借り入れも確認。

私はいま、とても悲しい気持ちでいっぱいです……

そしてたどり着く、真実を目の当たりにする時

そういえばこのときはこんなことをしていたんだったな……と、かつての記憶に枕をぬらしながら取引履歴を読み進めること数分、私はついに問題の箇所を発見!

プロミスの取引履歴で利息が高い部分

赤線の「10,143」が問題の1万円オーバーの利息です。元金はもちろん50万円以下です。

…………

…………47日?

なんと、残念なことに、ただの遅延日数と遅延利息がついていただけでした。

それならそうと、なぜ最初のオペレーターはいってくれなかったのか?と思えてくるのですが、とりあえずは長年の疑問は解けたのでよしとしましょう。

もともと借り入れた時期的に過払い金はないだろうとは思っていたので、原因があるとすれば、この遅延ぐらいしかなかったわけですが、実際に自分の目で確認できたので、心にかかったもやが晴れました。

ということで、契約は法定の利息の範囲内。過払い金の発生はなし! プロミスはきちんと「契約」を果たしていた!

契約期間で支払った利息の合計額

せっかくなので、プロミスとの契約期間中に、いくら利息を支払っていたのかも計算してみました。表の最終残高は年末時点での残りの借金残高です。

 利息最終残高 
H23~H2479,966461,376
H2592,521455,945
H2677,322493,373
H2787,906499,947
H2859,954156,096
H296,2940
2011年~2017年の利息合計40万3963円

ご覧のとおり、約4年間は返しては借りてを繰り返し、利息だけを払い続けていた状態でした。そして、プロミスと契約してから借金を完済し、解約するまでにかかったトータルでの利息は40万3963円という結果となりました。

ちなみに、私は当時、これに加えてほかにも2社と契約していて、最も契約期間が長かった貸金業者は、9~10年間ほど契約していた「アコム」です。

これは単純に考えて、プロミスよりも1.5倍以上の契約期間なので、少なくともアコムでは60万円以上の利息を払ってきたと思います。さらにもう1社も合計すると、消費者金融を利用して払ってきた利息は、最低でも120万円以上になると思われます。

アコムに関しては借入を開始したのがプロミスよりも前でしたが、ちょうど過払い金が発生しなくなった時期だったと記憶しているので、アコムからも取引履歴を請求する必要はないと判断。私の過払い金調査は、これで終了にしようと思います。

これ以上現実を見るのは、つらいですからね……

過払い金請求を考えている方へ

貸金業者から取引履歴を請求しようと思われる方は、すでに貸金業者との契約は終了していて過払い金があるのか知りたい方か、現在も貸金業者と契約していて、過払い金で借金を相殺したいと考えている方が多いと思います。

過払い金が発生するのは、平成19~20年(2007~2008年)よりも前から借入がある場合で、それ以前から借入がある場合は、過払い金が発生している可能性があります。

しかし、取引履歴を請求する方法でも少し触れましたが、過払い金請求を個人で行おうとすると、貸金業者から不利な条件を提示されることもあります。

取引履歴は個人でも入手できますが、取引の時期からして過払い金を請求できそうであり、実際に請求したいという場合、これは専門家に相談したほうがいいでしょう。

また、現在貸金業者と契約していて(借金の返済中で)過払い金があるかもしれない、過払い金があるか知りたいという方は、この場合も専門家に利息の引き直し計算をしてもらったほうがいいと思います。

過払い金の調査でブラックリストに載るということはないですし、相談料金や過払い金の調査(代理での取引履歴の開示請求)も基本的に無料なので、まずは借金がいくらになるのか確定させることをおすすめします。

その後、もし過払い金がなかったとしても、返済がむずかしい場合は利息をすべてカットできる債務整理を検討してみるのもありだと思います。私のように延々と利息だけを払い続けるようになってしまう前に、借金問題はさっさと解決してしまったほうがいいですよ。

過払い金請求に強い専門家

司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループは、過払い金請求の分野にはとくに力を入れてきた経緯があり、過払い金請求には安易な妥協はしないという姿勢で貸金業者と徹底的に戦うことを理念としています。

相談は24時間365日受け付けていて、全国にも対応。過払い金請求の費用は返還成功時の20%だけ。現在返済中の方は、借金または利息をなくすことができる可能性もあるので、まずは相談してみることをおすすめします。相談料は無料です。

司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断

こちらは司法書士法人みつ葉グループが運営する借金減額シミュレーターで、借金が減額できるかどうかを4つの質問だけで診断してもらうことができます。

現在借金を返済中の方で、借金を減らせるかは知りたいけれど、自分から法律事務所に相談するのは不安を感じる、という方におすすめです。もちろん診断は無料です。

関連記事

過払い金、債務整理などの詳細はこちら
【債務整理】ギャンブルでの借金返済が難しければ任意整理を検討しよう

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す