パチンコで出るレベルの「脳汁」を日常的に別のことで出すのは可能か?【依存症対策】

当サイト記事のリンクは一部に広告が含まれます。
パチンコで出るレベルの「脳汁」を日常的に別のことで出すのは可能か?【依存症対策】

パチンコ・スロットをしていると、いわゆる「脳汁」がでますよね。

それで、とんでもないレベルの量がでるわけですが、これを日常的に、別のことで出すのは可能なのでしょうか?

この記事では、依存症対策としての「脳汁」について考えていきます。

この記事でわかること
  • パチンコ・スロットで脳汁が出るのはなぜ?
  • ギャンブル以外で(同レベルの)脳汁を出して満足することはできるのか

ひとまずの(元依存症の私がたどり着いた)結論からいうと、

ふだんの生活で、パチンコと同レベルの脳汁を、週に数回パチンコに行くような頻度で出す

というのはむずかしいと思います。

パチンコの脳汁は、人生がぶっ壊れる(コントロールがきかなくなる)レベルのもので、もはや異常だからです。

でも、パチンコをやめてみて、そこまでの脳汁はふだんの生活に必要はなく、適度でじゅうぶんだということもわかりました。

ミナト

そして、その「適度に出す」を知らないと、またパチンコにもどってしまうので、

代替方法とか、パチンコは“NO汁!”を維持する考え方とかをお話ししていきます。

パチンコをやめたらやめたで毎日が退屈でつまらない……なんてときにこそ、この記事を読んでみてください。

著者プロフィール
ミナト

ミナト

10代で行った初めてのパチンコで大勝し、パチンコ・スロット漬けの日々へ。借金を重ね、多くを失い、10数年もの間ギャンブルをやめられなくなる。しかし他者の力も借りて依存症を克服。その経験をもとに依存からの脱出方法を発信している。併設店・専門店での従業員経験もあり。>> プロフィール詳細はこちら

目次

脳汁の正体は「ドーパミン」だった!?

パチンコの脳汁の正体はドーパミンだった?

では脳汁対策についてです。まずはそもそもの話で「脳汁とはなんなのか?」から見ていきましょう。

その答えは、脳内で分泌される快楽物質「ドーパミン」です。

イブスター店長

ドーパミンとな?

ドーパミンは、人間が生きる意欲などにかかわるもので、

  • うれしいときや楽しいとき
  • 感動したとき
  • やる気や目標があるとき

といったときに脳内での分泌が促進され、私たちに「快」の感情をあたえてくれます。

ただいい気分にさせてくれるだけではなく、「がんばろう」の原動力にもなるものです。

しかしその一方で、出過ぎてしまったりすると、とんでもない問題が起きてしまう場合もあります。

ミナト

ギャンブルなどの依存症ですね

ドーパミンがほしくなり、その衝動を、自分ではコントロールできなくなってしまうのです。

本来は人生にとってプラスに働く「脳内物質」……。

それが、いくつかの条件が重なると、脳内麻薬(脳汁)となって、私たちに襲いかかってくるのです!

パチンコで脳汁が出るのはなぜ?

パチンコで脳汁が出るのはなぜ?

パチンコでいうところの脳汁は、ドーパミンという脳内物質であることがわかりました。

しかし本来、ドーパミンは、つぎのように楽しいことをしているときにも出るものです。

  • おいしいものを食べた
  • 映画・音楽・読書・旅行・スポーツなどの趣味を楽しんだ
  • 目的を達成した、ときめきを感じている

それがどうして、パチンコ・スロットになると、わけのわからないことになってしまうのでしょうか?

ミナト

ということで、つぎは「パチンコだと脳汁が異常に出る理由」を見ていきましょう

端的にいうと、まず、ギャンブルは受ける刺激が強いからです。

どれくらい強いかというと、アメリカ国立薬物乱用研究所(NIDA)によって数値化されたものが比較に使えます。

TVニュースでも引用されたけっこう有名なものなので、見てみましょう。

(※大元の資料が出てこなかったのでスライドを引用します。該当部分は6~7ページです)

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント(確認後に反映/少々お時間をいただきます)

コメントする

目次