【出玉の補償対応】パチンコ店は台が故障していても補償は一切なし!

パチンコ店は台が故障していても出玉の補償はしてくれませんし、もちろん投資金額を返してくれるなんてことも……ない!

遊戯中の台が壊れて出てくるはずの出玉が出てこなかった。突然台が壊れて強制終了となってしまった。

この手の話は一度は耳にしたことがある方も多いと思いますが、正直な所そんなの他人事だろうと気にすることってほぼないですよね。そもそも台が壊れているなんてことは考えもしないことですから。

もちろん私もそんなことは起きるはずがないと思っていました。実際に台の故障がこの身に降りかかるまでは……

パチンコ店の出玉補償

まず、大前提としてパチンコ店は台の故障に関しては補償は一切しないと明言しています。パチンコ店内にはどこかに必ずこのような注意書きがありますよね。

停電・天災などの予期せぬトラブル、遊技台の故障による出玉の補償は一切行っておりません

自然災害は仕方がないにしても、途中で遊技台が故障した、パチンコ店側の整備不良で台が初めから壊れていたという場合ですらも、パチンコ店は出玉の補償は行わないということになっています。

実際には店舗責任者の判断で大当たり1回分の出玉や平均出玉の補償を行う場合もあると言い、出玉を補償してもらったという話も確かに見かけたりもしますが、風営法で出玉の補償は禁止されているので、明らかに店側が悪い場合でも出玉の補償は一切しないというのがパチンコ店の基本。

というよりも、むしろ出玉の補償をしている方が珍しいのでは?とすら私には思えます。

10年以上パチンコ店に行っていましたが補償どうこうの話なんて聞いたこともないですし、通算4年ほどパチンコ店で働いていましたが、事務所に連れていかれて「これで勘弁してくれ!」なんてお決まりなシーンも見たこともありません。
それに風営法で補償が禁止されているのであれば、補償したことを第三者によって警察に通報されるというリスクをパチンコ店も背負うことになりますから。

何よりも台が故障しているという不幸がこの身に降りかかったからこそ言えますが、パチンコ店は出玉の補償はしてくれないですよ。

パチンコの台が壊れていた話

これはまだ私が頻繁にパチンコ店に通っていた頃の話。
いつものようにパチンコ店に入ると前日は調整中だったパチンコ台が解放されていて、まだ誰も遊技していない状態だったので私はその台に着席。誰も触っていない台はなんとなく当たるような気がしたからです。
しかし、残念なことにこの台は全く当たる気配がなく、しかも見事にハマりにハマり続け、ようやく当たったのは5万円を使い切ったところでした。

大当たり分の出玉が排出され、状態はいわゆる確変中。しかしここで私はおかしな事に気付きます。出玉が物凄い勢いでなくなっていくのです。

出玉が減るスピードが明らかに早いため台を注視していると、スルーと呼ばれる場所を玉が通過しても電チュー(電動チューリップ、入賞口の左右)が開かず、電サポと呼ばれる機能が働いていないのです。

ここで私はパチンコ店の従業員を呼びました。従業員が台を開けてスルーと呼ばれる場所に手動で玉を入れるも電チューは開きません。

湊
ミナト

いや、どうすんだよ、これ……

暫くしてパチンコ店の店長が登場。

店長
店長

すみませんが、台が故障しているようでして、今から修理することもできません

湊
ミナト

いや、これ当たるまでに5万円も使ったんですけど……

店長
店長

地域的に警察の締め付けも強いので、出玉を補償するということもできません

パチンコ店側の言い分としてはこうでした。
前日までは整備中だったのでその台には何かしらのトラブルがあったようですが、トラブルが解消したという店側の判断で台を開放。しかしその台は当たっても電チューが開かない(当たっていても出玉が減る)という致命的なエラーを抱えていたのです。

それにも関わらず、故障を見逃した(途中で壊れたとは考えにくいため)パチンコ店側は台の故障に関する補償は一切できない、この地域(当時いた神奈川県)は警察の締め付けが強いので補償はできないの一点張り。どう考えてもパチンコ店側の動作確認不足が原因と考えられるのにです。

要するに、私は元々壊れていて、当たったとしても出玉が減る故障台に、5万円も突っ込んでいたのです!

店長
店長

申し訳ないのですが、こちらとしても出来ることは何もありません

しかしそんな説明で納得できる訳がない。そもそもパチンコは「遊技」を強調してはいますが実態はただの金を賭けたギャンブルです。何もリターンのない球弾きのお遊技に5万円も使いますかって、使うわけがないでしょう!

湊
ミナト

流石にこちらとしてもその説明じゃ納得がいかないですよ。実際の所どうしてるんですか?他の方でこうなった場合は

店長
店長

警察を呼ばれる方もいらっしゃいますが、警察を呼ばれても補償することはできないので、諦めて頂くしかありません

ここで私はこれ以上話しても無駄であることを察知。
私が所構わずギャーギャー騒いだりだとか、凶悪なクレーマーのような人間であればパチンコ店の店長も対応を変えたかもしれません。しかし私はあまり揉め事が好きではないですし、店長は全ての責任を負わなければなりませんが、全てが店長のせいかというとそれはわからないので、全くもって納得はできませんでしたが、私は断腸の思いで諦めることにしたのです。

しかし、諦めきれないのが人の性

とは言え5万円もつぎ込んだ当たっている台を捨ててそのまま帰るわけにもいきません。当たっている分は取り切って帰りたいと思うのは当然のこと。私は万が一にも次にもう一度当たれば台が正常に作動するかもしれないという淡い期待を抱き、台が故障したままで遊技を続行することにしました。

最初の当たりが少ない出玉の当たりだったため、すぐに出玉はなくなり、まさかの当たり中に追加投資。電チューが開かないため回転数は通常時と変わらないからです。
しかもこういう時に限って再びハマり始め、5千円を更に追加で投資したところでようやく当たったと思ったら出玉無しの通常転落当たりで終了。

この日ほどパチンコ店が極悪非道な店だと思ったことはないかもしれません。

今回のまとめ

・パチンコ店で遊ぶということは、機械が故障していても出玉の補償はないことに同意していることになる
・店側に非があってもパチンコ店は出玉の補償はしない
・果たしてこんなことが許されていいのか……

店長の口ぶりからしてこの店での故障トラブルは恐らく初めてのことではないようでしたが、店側が言っていることは未だに繁華街などに存在するぼったくりの飲食店などと大して変わらないような気がします。会計をしたら1人ウン万円、ウン十万円で、店の端っこの見えないような所に高額なチャージ料やサービス料などが書いてあるといったような。そんなもの知っていたら誰も最初から行かないですよね?

パチンコ店もそれと一緒で、誰も台が壊れているなんて想像もしませんし、ましてや自分がそんな目に遭うなんてことは考えもしないと思います。しかし機械を扱っている以上この手のトラブルは必ず起こり得ることですし、起きたとしてもパチンコ店は補償は一切行わないのです。こんなことが許されるのであれば合法的にいくらでもお客さんからぶん捕ることができてしまいます。

こんな理不尽なことを回避する方法は一つだけしかありません。そう、パチンコ店に行かないことです。

自分は大丈夫。これは誰もが思います。私も以前まではそう思っていました。しかし実際は自分は大丈夫と思っている時が一番危ないのです。
そもそも基本的にぼったくりの営業しかしていないパチンコ店には近づかないに越したことはありません。依存症という名のキャッチは撲滅しましよう。

また、私は結構前のことなのでもう諦めましたが、この手のトラブルでどうしても納得がいかない場合は警察ではなく弁護士に相談した方がいいですよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す