【プロスペクト理論】パチンコなどのギャンブルで敗走できなくなる理由

パチンコなどのギャンブルで負けたまま帰れなくなってしまうのには、人として当たり前の、宿命ともいえる部分があったのです。

投資をしている方、していたことがある方であれば、「プロスペクト理論」という言葉を、一度は聞いたことがあるかもしれません。

プロスペクト理論とは、簡単に説明すると、たとえばパチンコやカジノといった結果が不確実な状況下で、ゲームに勝つことでの利益、負けることでの損害、そしてそれらの確率を知ったうえで、私たちはどう意思を決定して行動するのか、という、一定の人の行動心理を示したものです。

じつはこの理論では、私たちがパチンコなどのギャンブルにのめり込んでしまう原因や、負けたままやめられなくなってしまう理由、そして、それが人のさがともいえるものだったことが証明されています。

今回はこのプロスペクト理論について見ていくことで、なぜ私たちは、ほどほどでギャンブルを切り上げることができなくなってしまうのか? ということを考えていきましょう。

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論は、アメリカの心理学・行動経済学者で、ノーベル経済学賞の受賞歴もあるダニエル・カーネマンらによって提唱された理論で、行動経済学という分野の研究では代表的な成果として知られています。

その内容をわかりやすくまとめると、以下のとおり。

  • 人は利益を得る幸福の感情よりも、損失をこうむる不幸の感情のほうが強い
  • 人は利益を目の前にすると、失うリスクを避けて確保を優先しようとする
  • 人は損失を目の前にすると、リスクを背負ってでも回避を優先しようとする

ようは、人は失うことに強い恐怖を感じる生きものなので、失わないための行動を優先する性質がある、ということです。

たとえば、以下のような状況があったとしましょう。

プロスペクト理論での損失回避性の例

皆さんの目の前には100万円のお金が入ったドル袋があり、しかもこのドル袋は、日頃の行いがいいということで、皆さんは無条件でゲットすることができます。

ところが、ここで、ギャンブラーの皆さんには朗報が飛び込んできました。なんと、投げられたコインの裏表を当てることができたら、100万円のドル袋は、ダブルアップで200万円になるというのです!

その代わり、ダブルアップチャレンジをはずしたら、もらえるお金はもちろん0円。

つまり、ここでの選択肢は以下の2つということになります。

A.100%で100万円ゲット
B.50%で200万円ゲット or 50%で0円

期待値は+100万円で両方とも一緒。さぁ、どうする……

イブスター店長
イブスター店長

いや、さすがにこれは「A」一択だろう

そう、多くの人は、100%確実にもらえるはずだった100万円を失う、下手するとなにも手に入らなくなる、というリスクは回避したいと思うので、このような状況では、堅実的な「A」を選択するそうです。

私も日頃の行いがよく、こんなチャンスが訪れることがあれば、間違いなく「A」を選択するでしょう。

では、先ほどとはちょっと変わった状況で、以下のようなものはどうでしょうか。

プロスペクト理論での損失回避性の例

皆さんは残念ながら旅先のカジノで大負けしていまい、100万円のお金を失ってしまいました。もう軍資金は完全に底を尽いてしまったので、負けたお金を取り返すことはできません。

しかし、そこに天使か悪魔かよくわからない者が突然現れ、皆さんの耳元でこうささやいたのです!

●●●
天使か悪魔

このままじゃ100万円負けで帰るしかないが、日頃の行いがいいみんなにはチャンスをやろうじゃないか

●●●
天使か悪魔

今から私が投げたコインの裏表を当てることができれば、負けた100万円をチャラにしてあげよう。その代わり、もしはずした場合は、負けた金額はダブルアップで200万円だ

つまり、ここでの選択肢は以下の2つ。

A.100%で100万円を失う
B.50%で100万円の負けは0になる or 50%で負けが200万円に増える

期待値はこれも先ほどと同様に-100万円。さぁ、どうする……!?

イブスター店長
イブスター店長

これは……「B」も悪くない……。一発逆転を賭けて「B」だ!

そう、このような状況では、手持ちの100万円を失うことは避けたいとの思いから、下手すると負けが倍になるリスクを背負ってでも損失を回避するために、先ほど堅実的な判断をした人でも打って変わって、多くの人はギャンブル性の高い「B」を選択するそうです。

このように、人は利益を目の前にすると、利益を失うリスク(損失)を回避することを優先し、損失を目の前にすると、損失自体を回避することを優先する傾向(損失回避性)があるとされています。

パチンコなどのギャンブルで負けたまま帰れなくなってしまうというのは、この損失回避性という、いわば人のさがともいえるものが関係していたのです。

感応度逓減性による感覚の麻痺

プロスペクト理論では、さらに「感応度逓減性(かんのうどていげんせい)」という、損失回避性とは別の傾向も取り上げられ、これもパチンコなどで負けたまま帰れなくなってしまう原因の1つとなっています。

感応度逓減性とは、感応度(感じる度合)逓減性(しだいに減ること)という言葉が持つ意味のとおりで、利益や損失といった扱う金額が大きくなればなるほど、1単位ごとに感じる幸福や不幸といった感情がしだいに減っていくことをいいます。

たとえば、まったく同じ商品のもやしが、スーパーA店では30円、スーパーB店では50円で販売されていたとすると、この場合、たいていの方は、20円も安いA店でもやしを購入すると思います。

ところが、ウルトラレアな超絶高級もやしなるものが存在するとして、スーパーA店ではURもやしは1万9800円、スーパーB店では1万9780円で販売されていたとするとどうでしょう。20円くらいであれば、どっちで購入しても変わらないと感じるようになってこないでしょうか?

20円という金額の差は、同じなのに。

この、損得勘定の変化というのは、もちろんパチンコなどでも起こりえます。

運よく勝っているときは、2~4万円あたりまでは、「もっと勝てる! もっといけ!」と興奮したりもするものですが、それ以上のある一定のラインを超えると、だんだんと興奮も冷めてきて、なんだか家に帰りたくなってきたりもします。

反対に、負けているときは、2~4万円あたりまでは、「このままだとやばい、なんとかしないと」と、あせりやお金が減っていく苦痛を強く感じたりもしますが、それ以上のある一定のラインを超えると、だんだんと痛みの感覚もまひし、どうでもよくなってきたりもします。

しかし、それでも、負けたまま帰ることはできません。人は、目先の損失は、リスクを背負ってでも回避したいと思うからです。

こうなってしまえば、あとはもう泥沼。金銭感覚のまひと、負けを取り返したいという思いが、6万円、7万円、8万円と、お金をパチンコ台に、ジャブジャブとつぎ込ませるのです。

もう取り返すことなんて、かぎりなく不可能に近いとわかっているのに。

不幸の苦痛は幸福の2倍!「価値関数」とは

そして極めつけはこれ、人は利益を得る幸福感よりも、損失をこうむる痛みのほうがはるかに強い、ということです。

プロスペクト理論では、最初に見てきたような「A or B」といった実験を重ねることで導き出された、理論の根幹ともいえる基準が2つあるのですが、そのうちの1つに、不幸は幸福の2倍になるという傾向を数値で示した、「価値関数」と呼ばれるものがあります。

価値関数は、以下のようにグラフ化されています。

プロスペクト理論の価値関数

これは利益を得たとき、そして損失をこうむったときに、人が感じる幸福や不幸といった感情(心理的価値)を数値化して表したものです。

見てのとおり、100の単位では、金額がプラスになった+100時の目盛りは「1.5」ですが、金額がマイナスになった-100時の目盛りは「3.0」と、損得の金額が同じでも、喜びや痛みの感情には、じつに2倍の開きがあることがわかったのです。

これがギャンブル、とくにパチンコにおいてはなにを意味するのかというと、いつまで経っても満たされることがない苦痛を、延々と味わい続けることになる、ということができるかもしれません。

たとえばカジノでのゲームの場合、1ゲームで5万円負けたときの負のエネルギーは、10万円勝ったときの正のエネルギーと同じことになりますが、カジノは基本的に元手が2倍になって戻ってくるので(ベット5万円+報酬5万円=10万円)、なんとなく帳尻が合っているような気もしますし、現実的に負けの倍額勝つことも十分起こりえます。

しかし、パチンコはそうではありません。

パチンコでは5万円負けることはいたってふつうにあったとしても、10万円勝つことはまずないため、負けることによって味わった苦痛が、勝つことによってプラスマイナスゼロへと浄化されることが、まず起きないのです。

その結果、どうなってしまうのかというと、

パチンコで負けて苦痛を味わう  損失分の負けを取り返そうと躍起になる  勝てたとしても苦痛は浄化されない パチンコで負けて苦痛を味わう

という一連の流れが無限にループし続けることになってしまい、さらには、

お金をつぎ込みすぎて金銭感覚がまひしてくる 大敗してさらなる苦痛をため込む それでも損失分を取り返そうとして躍起になる

という、先ほどの「感応度逓減」も加わることで、苦痛の無限ループはまさに地獄絵図と化してしまいます。

あれだけのリスクを背負って勝っても、たったこれだけの勝ち。勝てたとしても微々たるものなのに、今日もこんなに負けてしまった……

その苦痛が、エンドレスに続くのがパチンコです。

さらなる深みへのめり込む「確率加重関数」

プロスペクト理論の根幹ともいえる基準の1つは、「価値関数」という損得の感じ方の違いでしたが、残るもう1つの基準に、「確率加重関数」と呼ばれるものがあります。

これは簡単にいうと、人は確率の違いによってリスクを避けたり、リスクを背負いやすくなってしまうというもので、これも先ほどと同様に、以下のようにグラフ化されています。

プロスペクト理論の確率加重関数

このグラフがなにを表しているのかというと、人は確率を主観的に感じていて、35%以下の確率は過大に評価、つまり実際の確率以上に信用し、35%以上の確率は過少に評価、つまり実際の確率以下でしか信用しなくなる傾向がある、ということです。

これもパチンコで置き換えてみるとわかりやすいですが、以下のような確率で当たりが継続する場合、人はあまり確率を信用できません。

【50%】・・・即終了必至。継続する気がまったくしない
【66%】・・・50%に毛が生えた程度。期待だけあおる無能の極み
【75%】・・・さすがにこれはと思わせておいて即終了という悪魔

ところが、以下のような確率で当たるという場合、先ほどとは打って変わり、なぜか人は確率を信用できてしまいます。

【20%】・・・運がよければ一発で当たる。己の引きを信じろ
【25%】・・・75%で即終了する悪魔がいるのなら、25%で即当たる天使もいる
【33%】・・・無能の極みは有能の極みへ

このように、人は確率をゆがめて認識する傾向があります。

そして、それがなにを意味するのかというと、人は高い確率であっても安心できずにリスクを回避したがり、逆に低い確率では、根拠もなくリスクを背負いやすくなる、ということなのです。

皆さんも経験があるのではないでしょうか。負けが込んでいるときに、一撃ですべてをくつがえせる可能性がある、1/65536、1/16384といった、プレミアフラグを引ければ……という幻想。

ふだんは66%や75%といった高い継続率はあまり信用できないのに、なぜ0.00152%や0.0061%という途方もない確率のものを引けると思い込んでしまうのか。それは、私たちが確率というものをきちんと認識しておらず、低い確率を過信してしまうきらいがあるからだったのです。

結果、負けが込んでくると損失を回避したいことともあいまって、私たちは現実的ではないリスクをいとも簡単に背負い込んでしまうのです。

パチンコやスロットは、当たる可能性が妙に信用できる数値に設定されていることなど、こういった人の心理を突いてくるような要素が、あちらこちらに散りばめられています。

これでは、パチンコにのめり込むなというほうがむずかしいのではないか、と私には思えてしまうのです。

今回のまとめ

・人は損失を回避するためならリスクを背負う
・扱う金額が大きくなればなるほど金銭感覚はまひしていく
・失うことはつらく、取り返したくなるのがふつうの感情

パチンコは勝てないようにできているので、行けば負けると思っていたほうがいいと思いますが、負けたら負けたで今度は帰れなくなってくるので、行けば行くだけ負けがかさんでいってしまいます。

また、これはプロスペクト理論の内容から少しそれますが、パチンコを続けていれば当然負け越していくので、その月やその年、トータルで負けてきた金額を考えると、やはりここでも、少額の利益を目の前にしても、勝負を切り上げることができなくなっていきます。

そんなものでは、一定期間中の損失を回避するに足らないからです。

そういったこともあるので、大きく勝つまではやめられない、勝っていてもやめられずに結局負ける、ということが多発するようになってしまうのではないでしょうか。

パチンコもカジノも、投資もそうだと思いますが、プロスペクト理論によって証明されている人のさがを越えていくことができないかぎり、ギャンブルはふれるべきではないものなのかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。