ギャンブル依存症が麻雀を打ちに行った結果【雀荘のカモ編/第一局】

当サイト記事のリンクは一部に広告が含まれます。
ギャンブル依存症が麻雀を打ちに行った結果【雀荘のカモ編】

パチンコなどのギャンブルが好きなら、どこかで麻雀をおぼえることも多いと思います。

ミナト

それで、私も大学生のころに雀荘に行きはじめたのですが、まあいろいろありました

そこでこの記事では、当時からギャンブル依存症の疑いがあった私が、麻雀をやりはじめた結果をお話しします。

この記事の内容
  • パチンコ依存症の私は麻雀といかにして出会ったか
  • ギャンブル依存症が友人との麻雀をやりはじめて感じたこと

結果からいうと私の場合、一時的に麻雀にはハマったものの、依存するまではいきませんでした。

ただ、やっぱりここでも、大切な友人や仕事への影響はあったので、当時のことをお話ししたいと思います。

イブスター店長

ちなみに「第一局」というのは「前編」のことだ

前編・後編でおわるので、まずは前編「雀荘のカモ編」からいきます。

著者プロフィール
ミナト

ミナト

10代で行った初めてのパチンコで大勝し、パチンコ・スロット漬けの日々へ。借金を重ね、多くを失い、10数年もの間ギャンブルをやめられなくなる。しかし他者の力も借りて依存症を克服。その経験をもとに依存からの脱出方法を発信している。併設店・専門店での従業員経験もあり。>> プロフィール詳細はこちら

麻雀への依存が問題になっているときは

両方とも基本はパチンコ・パチスロの話ですが、ギャンブル問題の解決手段や自助グループの活用方法なども紹介しています。解決策を模索しているときは、こちらをごらんください。

目次

私の麻雀との出会い

私の麻雀との出会い

はじめに、私の「麻雀との出会い」からお話しします。

ミナト

これは……たしか小学生のときだったと思います

まず私の家庭環境ですが、父が趣味などでギャンブルをしていました。

  • 休日にパチンコに行ったり
  • たまに会社の付き合いで麻雀をしたり

でも、母はそれをあまりよく思っていなかったんですよね。

それで、麻雀とかのゲームを買いあたえていて、だから家に麻雀のゲームがあったわけです。

それが……スーパーファミコン版「哭きの竜」でした。

イブスター店長

あンた……背中が煤(すす)けてるぜ

created by Rinker
ビッグコミックス

ただこれ、2人打ち麻雀で、しかも「哭きの竜」がひと鳴きで役満とかをぶちかましてくる謎ゲーでした。

ミナト

まあでも、ゲームはほかにもあったわけです

パソコンでできる4人打ちのものとかもあって、暇なときは、麻雀のゲームで遊んでいたりもしました。

役とかはあまりわかっていなかったものの、上がる形くらいはわかっていたのです。

でもって、そういったゲームで、しばらく「家」麻雀をしていたのですが、「外」に出る日がおとずれます。

そのきっかけが……脱衣麻雀でした。

ゲーセンで麻雀をするようになった

ゲーセンで麻雀をするようになった

哭きの竜と対峙し、家で麻雀の修行を積んでいたのは、このときのためだったのかもしれません。

中学生くらいになった私は、ある日ゲーセンで「脱衣麻雀」なるものを発見してしまったのです。

ミナト

実写のやつとか、2Dのアニメっぽいやつもあった気がします

いまでは考えられないことですが、当時はスマホなんてものがまず存在すらしていない時代です。

小中学生がケータイを持っていることもなく、PCも、家にあったはあったのですが、

イブスター店長

そういったサイトもなかった気がするんだよなあ(もしくは探し方を知らなかっただけか)

ようするに、なにがいいたいかというと、私はエロに目覚め、エロを欲していた。

それをもっとも簡単に入手できる場所が、近所にあったゲーセンの「脱衣麻雀」だと思われたのです!

ゲームの筐体に流れるデモ映像の時点ですでにアツい……。

私はお小遣いをにぎりしめ、脱がせられるか(金を)奪われるかの、真剣勝負に挑みました。

ミナト

まあでも、勝てないわけですよ(笑)

牌操作もはなはだしく、鬼のように強いガールズのまえに、つねに最速で資金切れです。

勝てても1回か2回とか。

あの手のゲームにエンディングがあるのかはわかりませんが、とにかく、エンディングはおろか、なにも見られないで終了でした。

そうして萎えてしまった私は、ゲーセンでの脱衣麻雀をあきらめます。

本格的な勝負がはじまるのは、時が流れ、大学生になってからでした。

バイト先(パチンコ店)での麻雀ファイトが始まる

バイト先(パチンコ店)での麻雀ファイトが始まる

さて、高校生になると、私はパチンコ店に行きはじめるのですが、

ミナト

その話は割愛して、

大学生になってからは、パチンコ通いがさく裂するようになり、パチンコ店でアルバイトをはじめます。

そこでバイト仲間が、ある日こう言ったわけです。

バイト仲間A

あれ、ミナト君て、麻雀できるんだっけ?

麻雀時代の幕開けでした。

当初私は、なんとなくのルールを知っていたくらいで、できるとはいえない状態でした。

でも、麻雀打ちにとっては、それでもよかったのでしょう。

麻雀は4人集まらないと始まらず、どうも麻雀打ちというのは、つねにメンツを探しているようだったからです。

バイト先のパチンコ店で、私をふくむ4人が集められました。

遅番の終了(夜24時)と同時に、麻雀ファイト倶楽部の活動開始となったのです。

初めて触ったパイはパチンコのタマに似ていた

初めて触った牌はパチンコの玉に似ていた

バイト仲間に連れられ、深夜、私は初の雀荘へ。

半分おろされたシャッターをくぐり、中に入ると、タバコの煙が充満していてアンダーグラウンドな雰囲気です。

ミナト

外から見たときに営業していないっぽくしているのは、警察のガサ入れ対策とのことでした

卓につき、リアルの牌をいじります。

牌の重みや、全自動卓でかき混ぜられるジャラジャラ音は、初めてパチンコを打ったときの衝撃に似ていました。

指先の神経が爆発し、脳にむけて電気信号が疾走するような……。

バイト仲間A

じゃあまずは、ルール確認からで

私のための練習のような感じでスタートしますが、しばらくすると、もうひとりのメンツがいいます。

バイト仲間B

じゃあそろそろ、やりますか。テンゴでいいですか?

このバイト仲間Bは、さきにいうと「麻雀にうるさい系のヤツ」です。

仲はわりとよかったのですが、麻雀への熱意が人一倍強い大学生で、麻雀となるとうるさくなるヤツでした。

自分の彼女にも麻雀を教えこんだりとか、そんな感じでした。

イブスター店長

で、テンゴってのはだな

これ、もう時効なのでいいますが、賭け麻雀のレートですね。

1回の勝負でビリになっても3000円前後とか、比較的安いレートですが、負けが込むと万単位にはなります。

というわけで、以降の話はすべて「賭け麻雀」です。

雀荘のカモ、ここに爆誕

雀荘のカモ、爆誕

どう考えても練習不足でしたが、結局はみんなソワソワしていたわけで、実戦開始となりました。

ミナト

で、当然ながら、負けるのは私のわけです

たしかに麻雀には運の要素はありますが、実力がモノをいう世界です。

狙い撃ちをされていたわけではないものの、私がどんどん振り込むので、結果的に私が落ち込んでいく展開となっていました。

まあでも、負けると、やっぱり勝ちたくなるものです。

負けたお金は、パチンコといっしょで、取り返したくなるものです。

もう一回。つぎの勝負……!

カモはみずからカモられにくるからこその「カモ」です。

このとき、いちばんハマっていたのは、だれがどうみても私でした。

仲間うちの麻雀で感じた違和感

仲間うちの麻雀で感じた違和感

その後、パチンコ店での遅番のバイトがおわると、

  • その日のバイトでメンツが集められる
  • バイト仲間の友人がよばれてメンツが集まる

などして、だいたい麻雀ファイトが開催されるようになっていきました。

バイトおわりに牛丼を買って、シャッターが半開きの雀荘に向かう。

甘いコーヒーとタバコで眠気をさましながら、朝まで麻雀を打ちつづける。

ミナト

大学なんてまったく行かず、バイトと麻雀とパチンコでした

しだいにアルバイトにも影響がでてきます。

バイト遅番 → 麻雀 → パチンコ → バイト遅番

とか、わけのわからないことをしている日もあって、眠気が限界のときも多々あったからです。

コバヤシ

おまえ、もうやめとけって。社員さんも心配してるし、カモられてるだけなんだって

いちばん仲がよかったバイト仲間のコバヤシ(仮名)は、私のことを思って忠告してくれました。

社員さん(当時よく飲みに連れていってくれるなど、気にかけてくれていた)も心配しているからやめておけと。

そしてなによりも、「あいつはカモだ」と、冗談半分でもそういうことをカゲでいわれているんだよと。

でも、私は、その友人の忠告を聞き入れることができませんでした。

ミナト

勝ちたいとか、面白いとかもありましたが、のめり込みが始まっていたからだと思います

こういうことをいってくれる友達こそ、ほんとうに大切な人なのに、それに気づくことができなくなっていました。

ところが、このあたりで、麻雀へののめり込みにストップがかかる出来事が起こります。

それこそが、仲間で卓を囲っているときに感じるようになった「違和感」でした。

遊びの麻雀でイライラするのはやめようぜ

遊びの麻雀でイライラするのはやめようぜ

バイト仲間との麻雀ファイトも終盤にさしかかると、さすがに私も腕をあげていました。

ツキがいい日は1日じゅう勝ちっぱなしもありましたし、勝負が均衡することも増えていました。

ミナト

そうなると、負ける人が分散するわけですよね?

運がわるければ、実力があっても負けるわけで、ダメなときはダメです。

それで、そういったツキがまわってこないとき、

バイト仲間A

ハァ~(先ヅモ)

バイト仲間B

チッ(舌打ち+貧乏ゆすり)

とか、とくにこの2人は、だいたいイライラしだすわけです。

たしかにお金がかかっているとはいえ、べつに高レートではありません。

そしてなによりも、仲間うちでの遊びでやっているのに、イライラ・カリカリするのです。

私は、それが、ものすごくイヤでした。

ミナト

べつに私が勝っているから、とか、そういう話ではないんですよ

ようは、勝てなくて自分が楽しくないからイライラしていて、それを表にだしてしまう。

仲間うちだからこその話だったのかもしれませんが、私が感じたのは「なんかちがうな」ということでした。

そして、この違和感を感じたからだったように思います。

私はそういう面倒くささから解放された新天地を求め、さらに「外」へと繰り出していくようになったのです。

次回:おまえらコンビ打ちだろ!? フリー雀荘に突撃&ファイト倶楽部崩壊編に続く

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント(確認後に反映/少々お時間をいただきます)

コメントする

目次