【依存の骨頂】パチンコ店での1日の最高負け額と1か月の最大負け額

そんなに大したものでもないのですが、10年以上に渡って続いたパチンコ依存での、日間、月間の最高負け金額についてお話ししよう。

パチンコ店での最高負け額。

かつては現在とは比べ物にならないリターンがあった時代も存在したため、とんでもない金額を叩き出してしまったことがある方も少なくはないとは思うのですが、私の場合はそういった時代が終わった後で叩き出してしまった負けの記録。

正直言うとこんなものは何の自慢にもならないですし、恥ずかしい過去の話でしかないのですが、パチンコ・パチスロにのめり込んでしまっている方が、さらに深みにはまってしまわないための警鐘となればと思い、その記録をここに残しておこうと思います。

1日の最高負け額

まず、私の場合はパチンコ店で1日に負けた最高の負け額は12万円です。ただ、これはパチンコ依存症の方であれば割と普通と言えば普通の額なのかもしれません。

というのも、特にスロットの場合、開店と同時に遊技を開始すれば午前中のたった2時間で3~4万円負けているなんてことは腐るほど起こり得ますし、そのまま遊技を続けていれば7~8万円程度なら普通になくなってしまうからです。

CAUTION

スロットの場合、1回転にかかる時間は4.1秒と規則で決められているので、単純計算で1時間の回転数は878回、ゆっくりと遊技していても午前中の2時間で1,400~1,500回転は回せる計算になります

さらに、私の経験上7~8万円のラインを超えると段々と心が折れてくるのですが、やめたくてもやめられないといった惰性で遊技を続けていれば、そこから3~4万円の追加投資で11~12万円負けまではあっという間に到達してしまうのです。

遊技を始めたのが夕方からだというのに結局閉店前には8万円ほど負けている。1日で10万円に届かない程度負けるというのはもはや当たり前。

パチンコを続けていると次第にこのような状態、大金を大金とも思わないような状態になってしまうのは必然だと私は思っているのですが、もう皆さんも実は薄々感付いているのではないでしょうか。

常識的に考えて、これはおかしいと。

たった1日の負けた金額で1か月分の家賃が払えてしまう。たった1日の負けた金額で海外旅行にも行けてしまう。美味しいものだっていくらでも食べられる。誰かにプレゼントを買ってあげることだってできる。

大体のことは、たった1日負けたお金でできてしまうのです。

しかし、そんなことは頭ではわかっていてもパチンコをやめられないというのがギャンブル依存症の恐ろしいところなのですが、そんな時は一度冷静になって考えてみて欲しい。

ここ数年間で、パチンコ以外のものに1日で6万円も7万円も使ったこと、何回ありましたか?

旅行の移動費やホテル代は複数の日程分を一度に払うのでカウントしないとすると、結局私もギャンブルくらいしか記憶にないんですよ。数年間どころかそれ以上でも……

1日の最高使用額

またこれは余談になるのですが、私の場合パチンコ店で1日に使用した額は負けた金額のさらに上を行き、その額、なんと1日で15万円です。

その日は朝から負け続け、幾度となくATMに駆け込み、1万円札をひたすらスロット台のサンドに流し込む作業と化していました。ただ、この日は最後の最後で奇跡的に大きく戻ってきたため、負け額の記録を更新することはなかったのです。

ちなみに何が起きたのかと言うと、80%で続く当たりが16回連続するというまず有り得ないことが起き、これを確率で見ると35.5分の1で、実に2.81%。さらに最初に50%を突破していたのでその確率約1.4%と、物凄く薄いところに救われなんとかその日の負け額は6万円程度で済んだのです。

そこで私は思いました。

湊
ミナト

6万円“だけ”で済んでよかった

これもやはりおかしいことなんですよ。

確かに大金を失わずに済んだことには違いない。けれども、結局は6万円“も”負けているわけですし、そもそも大したリターンも見込めない現在のパチンコ店は、1日に15万円もの大金を使うような場所でもないのです。

パチンコ店に通い続けていればおかしいが当たり前になるのも時間の問題です。ただ、おかしいと思う思考だけは停止させてはいけないと私は思います。

なぜなら思考が停止してしまうと、ギャンブル依存症はさらに次のステージに進んでしまうからです。

1か月の最大負け額

1か月間の累計で最大となった負け額は、パチンコを完全にやめることができたと確信した後で訪れた依存症の再発時期で、その額、1か月で32万円です。

1か月の間にパチンコ店に行ったのは、リバウンド期間が5回、再発期間が4回で合計9回、その全てが惨敗で終了。リバウンド効果もあって見事に月間過去最高記録を叩き出してしまったのです。

お金があれば話は別ですが私の場合全くもってそうではないですし、しかもこの時は仕事を辞めるだとか、海外旅行なんかも控えていた時期だったので、タイミングとしては最悪のタイミングでの惨敗となりました。

ちなみに以前働いていたパチンコ店の社員は、今(当時)のパチンコやスロットは1か月間本気で負け続ければ普通に100万円は超えると言っていましたが、実際私も稼働の日数的にそのペースで負けていたわけですから、その話はあながち間違いでもないような気もします。

こんなものが未だに「賭博」ではなく「遊技」と呼び続けられているのもおかしい話ですよね。

更なる深みにはまらないために

パチンコに依存してしまう前であれば、恐らく誰もが、このお金であんなことができたのに、こんなことができたのにと、自宅に帰った後でお金を失ったことを悔やみ、なぜパチンコに行ったのかと自責の念に駆られていたと思います。

しかし、それでもパチンコ店に行き続けると、だんだんと金銭感覚も麻痺してくるため、何かがしたかった、何かが欲しかったという思考が次第に停止してくると思うのです。

そして私の経験上、そこからさらに一歩先へと踏み込むと、そういった願望すらも全てなくなります。

人間は欲深い生き物ですから、誰しも何かしらの願望は少なくとも1つは絶対にあったはず。それが、パチンコで負け続けていくことによって一番最初に挙げたような願望、例えば旅行や食事などの趣味、将来の目標や夢、大切な人にしてあげたいことなども全て消えてしまい、パチンコができればそれだけでいいになってしまうのです。

そこで、私からパチンコがやめられないという皆さんに1つだけアドバイスを。

何かを手に入れたかった、何かを実現させたかった、誰かにしてあげたいことがあった……。パチンコをやめるのがなかなか上手くいかなくても、何度失敗しても、かつてあった腹の底から滲み出るような願望だけは、完全には失わないでいて欲しい。

それが後々になって、依存症を克服する糧にきっとなるはずです。

私は今になって痛感していますが、ギャンブル依存症は私たちから願望や欲望を奪い去り、私たちをまるでもぬけの殻のようにしてしまいます。

それでも、負けて負けて負け続け、搾りかすになるまで搾取されても、本当にやりたいことだけは消してしまってはいけないのです。

パチンコが本当にやりたいこと?それも後になればきっと分かる時が来るはず。それ、まやかしの願望ですよ。

今回のまとめ

・パチンコは1日で10万円程度なら普通に負ける
・毎日のように行っていれば月間100万円も普通に負ける
・願望を失ってはいけない

私もかつては重度のパチンコ依存症だったのですが、現在パチンコには全く行かなくなって心底思います。やはりあの時の自分はおかしかったと。

ただ、過去を悔やんでも仕方がないですし、負けたお金は絶対に戻ってこないので、こればかりは諦めるしかない。先のことを考えるしかないと思います。

そして、全ての願望をパチンコに飲まれ、思考停止状態に追い込まれてしまっている方には今一度何がしたかったのかを思い出してもらいたいと思います。

無理矢理にでも一人で考える時間を作るなどして、やりたかったことを紙に書き出してみるときっと色々と出てくると思いますし、そこに書かれたことはきっと、パチンコよりも楽しいことだと思いますよ。

関連記事

「やめたくてもやめられなくなる」のには理由があった!
【プロスペクト理論】パチンコなどのギャンブルで敗走できなくなる理由

ギャンブル依存症克服方法まとめ
【克服法まとめ】ギャンブル依存症は8つの方法を駆使して乗り越えろ!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す