【愚かの極み】パチンコ店での1日の最高負け額と1か月の最大負け額を発表

10年以上にわたって続いたパチンコに依存した日々での、日間、月間の最高負け金額についてお話しします。

これはもう、まこと愚かの極みとしかいいようがありません。

かつては現在とは比べものにならないリターンがあった時代も存在したため、パチンコやスロットの最高・最大負け額については、とんでもない金額を叩き出してしまったことがある方も少なくはないとは思うのですが、私の場合は、そういった時代が終わったあと(スロットでいうと5号機)で叩き出してしまった負けの記録です。

正直いうと、こんなものはなんの自慢にもならないですし、恥ずかしい過去の話でしかないのですが、パチンコ・パチスロにのめり込んでしまっている方が、さらなる深みにはまってしまわないための警鐘となればと思い、その記録をここに残しておこうと思います。

1日の最高負け額

私の場合は、パチンコ店で1日に負けた最高の負け額は12万円です。ただ、これはパチンコ依存症の方であれば、わりとふつうに起こりうることなのかもしれません。

スロットの場合でいうと、パチンコよりも1時間あたりの回転数が多いので、開店と同時に遊技を開始すれば、午前中のたった2時間で3~4万円負けているなんてことはけっこうありますし、そのまま遊技を続けていれば、7~8万円程度であればふつうになくなってしまったりもします。

CHECK

スロットの場合、1回転にかかる時間は4.1秒と規則で決められているので、単純計算で1時間の回転数は878回、ゆっくりと遊技していても、午前中の2時間で1400~1500回転は回せる計算になります

さらに、私の経験上、7~8万円のラインを超えるとだんだんと心が折れてきますが、負けている人間にとっていさぎよく帰るという選択をすることは非常にむずかしく、やめたくてもやめられないといった惰性で遊技を続けていれば、そこから3~4万円の追加投資で、11~12万円負けまではあっという間に到達してしまうからです。

遊技を始めたのが夕方からだというのに、結局閉店前には8万円ほど負けている。1日で10万円に届かない程度負けるというのは、もはや当たり前。

パチンコを続けていると、しだいにこのような状態、大金を大金とも思わないような状態になってしまうのは必然だと私は思っているのですが、実際のところこれはどうなのでしょう。

常識的に考えて、おかしくはないでしょうか?

たった1日の負けた金額で、1か月分の家賃が払えてしまうこともあります。もちろん旅行にも行けてしまう金額です。おいしいものだっていくらでも食べられますし、誰かにプレゼントを買ってあげることだってできるでしょう。

だいたいのことは、たった1日負けたお金でできてしまうのです。

ところが、そんなことは頭ではわかっていても、パチンコを切り上げることができなくなるのがギャンブル依存症の恐ろしいところなのですが、そんなときは一度冷静になって考えてみてほしいと思います。

ここ数年間で、パチンコ以外のものに1日で6万円も7万円も使ったこと、何回ありましたか?

旅行の移動費やホテル代は、複数の日程分を一度に払うのでカウントしないとすると、結局のところ私も、ギャンブルくらいしか記憶にないんですよね。数年間どころかそれ以上でも。

1日の最高使用額

また、これは余談になるのですが、パチンコ店で1日に使用した最高額は負けた金額のさらに上をいき、なんと15万円でした。

その日は、かつて多くの人の人生を狂わせ、命までをも奪っていったという噂が絶えないスロット台、通称「神」の、5号機版で遊技していたのですが、朝から負け続け、幾度となくATMに駆け込み、1万円札をひたすらスロット台のサンドに流し込んでいました。

が、この日は最後の最後で奇跡的に大きく戻ってきたため、負け額の記録を更新することはなかったのです。

ちなみに、なにが起きたのかだけお話ししておくと、50%の天井救済に当選し、80%で続く当たりが16回連続するというまずありえないことが起きました。

これを確率で見ると、80%のループが約2.81%、さらに初回は50%なので、その確率約1.4%と、ものすごく薄いところに救われ、なんとかその日の負け額は6万円程度ですんだのです。

そう、6万円“だけ”で。

ここで、もう一度考えてみてほしいのですが、これもやはり、おかしいことではないでしょうか?

たしかに、大金を失わずにすんだことには違いません。けれど、結局は6万円“も”負けているわけですし、そもそもたいしたリターンを見込めない現在のパチンコ店は、1日に15万円もの大金を使うような場所でもないと思います。

パチンコ店にかよい続けていれば、おかしいが当たり前になるのも時間の問題です。ただ、おかしいと思う思考だけは停止させてはいけないと私は思います。

なぜなら思考が停止してしまうと、ギャンブル依存症は、さらに次のステージに進んでしまうからです。

1か月の最大負け額

1か月間の累計で最大となった負け額は、パチンコを完全にやめることができたと確信したあとで訪れた依存症の再発時期で、その額は1か月で32万円です。

1か月のあいだにパチンコ店に行ったのは、リバウンド期間が5回、再発期間が4回の合計9回。しかし、そのすべてが惨敗で終了し、リバウンド効果もあってか、みごとに月間過去最高記録を叩き出してしまったのです!

お金があれば話は別ですが、私の場合はまったくもってそうではないですし、しかもこのときというのは、仕事を辞めることで収入が減るとか、海外旅行(というかカジノ)も控えていたりした時期だったので、タイミングとしては最悪のタイミングでの惨敗となりました。

ところで、以前働いていたパチンコ店の社員は、いま(当時)のパチンコやスロットは、1か月間本気で負け続ければふつうに100万円は超える、と言っていましたが、実際に私も、稼働の日数的にそのペースで負けていたわけですから、この話はあながち間違いでもないような気もします。

これを「賭博」ではなく「遊技」と呼ぶことには、私には難があるような気がしてなりません。

さらなる深みにはまらないために

パチンコに依存してしまう前であれば、おそらく誰もが、このお金であんなことができたのに、こんなことができたのに、と自宅に帰ったあとでお金を失ったことを悔やみ、なぜパチンコに行ったのか、なぜやめられなかったのか、といった自責の念に駆られていたことと思います。

しかし、それにもかかわらずパチンコ店に行き続けると、だんだんと金銭感覚も麻痺してくるため、なにかがしたかった、欲しかったという思考が、しだいに停止してくると思うのです。

そして私の経験上、そこからさらに一歩先へと踏み込むと、そういった願望すらもすべてなくなります。

人間は欲深い生きものですから、誰しもなにかしらの願望は少なくとも1つは絶対にあったと思うのですが、それがパチンコで負け続けていくことによって、最初にあげたような願望、たとえば旅行や食事などの趣味、将来の目標や夢、大切な人にしてあげたいことなどもすべて消えてしまい、パチンコができればそれだけでいいになってしまうのです。

では、そうなってしまった場合はどうすればいいのかというと、これはもう思い出すしかありません。

昔はなにかを手に入れたかった、自分には実現させたい目標があった、家族や恋人など、誰かにしてあげたいことがあった。

パチンコをやめるのがなかなかうまくいかなくても、何度失敗しても、かつてあった腹の底からにじみ出るような願望だけは失ってはいけません。だからこそ、そういったことを思い出してみてほしいのです。

なにも思い出せないときは、少しパチンコに行くのを我慢して、静かな場所で考えてみてください。パチンコ店に行くと思考が完全に停止し、目の前の興奮にすべてが喰われてしまいます。それゆえに、なにも思い出せなくなってしまうからです。

ギャンブル依存症というものは、人からすべてを奪い去り、もぬけの殻にしてしまい、ギャンブルだけがあれば幸せという、いうなれば人が「かいらい化」する病のようでもあるような気がします。

パチンコがほんとうにやりたいことだと思いますよね。でも、それもあとになればきっとわかると思いますよ。それはまやかしの願望であったと。

今回のまとめ

・パチンコは1日で10万円程度ならふつうに負ける
・毎日のように行っていれば月間100万円もふつうに負ける
・願望を失ってはいけない、操り人形になってはいけない

私もかつては重度のパチンコ依存症だったのですが、いま思えば、どこにあんなお金があったのか、そしてそのお金は、趣味やほんとうにしたいことに使いたかった、と後悔しています。

とはいえ、過去を悔やんでも仕方がないことですし、負けたお金は絶対に戻ってこないので、こればかりはあきらめるしかありません。過去にとらわれず、先のことを考えるしかないと思っています。

願望をパチンコに飲まれ、思考停止状態に追い込まれてしまっている方は、いま一度なにがしたかったのかを思い出してみてください。

無理やりにでも一人で考える時間をつくるなどして、やりたかったことを紙に書きだしてみると、いろいろと出てくると思いますし、そこに書かれたことはきっと、パチンコよりも楽しいことだと思いますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。