【愚かの極み】パチンコ店での1日の最高負け額と1か月の最大負け額を公開!

10年以上にわたって続いたパチンコに依存した日々での、日間、月間の最高負け金額についてお話しします。

かつてのパチンコ業界は、現在とはくらべものにならないリターン(パチスロ爆裂機の1日で100万円前後など!)があった時代も存在したため、パチンコやスロットの最高・最大負け額については、とんでもない金額を叩き出してしまったことがある方もすくなくはないと思います。

私の場合は、そういった時代が終わったあとでギャンブル依存者となり、スロットでいうと、5号機以降から負けの記録を叩き出すようになっていきました。

これはもう、まこと愚かの極みとしかいいようがありません。

一方的な搾取を受け、そして養分でありつづけたパチンコ・スロットの大負け記録なんてものは、なんの自慢にもなりませんし、いってしまえば、こんなものはただの恥ずかしい話でしかないでしょう。

とはいえ、それをお話しすることで、パチンコ・パチスロにのめり込んでしまっている方が、さらなる深みにはまってしまうことへの警鐘となるようにも思うので、今回は、いうほどたいしたものではありませんが、私が叩き出してきた「1日&1か月」の「最高&最大負け額」の記録をのこしておこうと思います。

パチンコ店での1日の最高負け額

私の場合、パチンコ店で1日に負けた最高の負け額は「12万円」。そう、いうほどたいした金額ではないのです。そして、これはパチンコ依存症の方であれば、わりとふつうに起こりうることなのかもしれません。

スロットの場合でいうと、パチンコよりも1時間あたりの回転数が多いので、開店と同時に遊技を開始すれば、午前中のたった2時間で3~4万円負けているなんてことはけっこうありますし、そのまま遊技を続けていれば、7~8万円程度であればふつうになくなってしまったりもします。

CHECK

スロットの場合、1回転にかかる時間は4.1秒と規則で決められているので、単純計算で1時間の回転数は878回、ゆっくりと遊技していても、午前中の2時間で1400~1500回転は回せる計算になります。

さらに私の経験上、7~8万円のラインを超えるとだんだんと心が折れてきますが、負けている人間にとっていさぎよく帰るという選択をすることはひじょうにむずかしく、やめたくてもやめられないといった惰性で遊技をつづけていればあら不思議。そこから3~4万円の追加投資で、11~12万円負けまではあっというまに到達してしまうのです!

遊技を始めたのが夕方からだというのに、結局閉店前には8万円ほどの負け。1日で10万円に届かない程度負けるというのは、もはやあたりまえ。

パチンコをつづけていると、しだいにこのような状態、大金を大金とも思わないような状態になってしまうのは必然だと私は思うのですが、実際のところ、これはどうなのでしょう。

常識的に考えて、おかしくはないでしょうか?

たった1日の負けた金額で、1か月分の家賃が払えてしまうこともあります。もちろん旅行にも行けてしまう金額で、おいしいものだっていくらでも食べられますし、だれかにすてきなプレゼントを買ってあげることだってできるでしょう。

だいたいのことは、たった1日負けたお金でできてしまいます。そもそも、12万円を「いうほどたいしたことがない」とかいっている時点で頭がおかしくなっているという話なのではないでしょうか!?

しかし、そんなことは頭ではわかっていても、パチンコを切り上げることができなくなってしまうのがギャンブル依存症のおそろしいところなのですが、そんなときは、私は皆さんに、いちど冷静になって考えてみてほしいと思います。

ここ数年間で、パチンコ以外のものに1日で7万円も8万円も使ったこと、何回ありましたか?

旅行の移動費やホテル代は、複数の日程分をいちどに払うのでカウントしないとすると、結局のところ私も、ギャンブルくらいしか記憶にないのですよね。数年間どころか、それ以上でも。

関連記事

パチンコは負け始めるとやめられなくなる
【プロスペクト理論】パチンコなどのギャンブルで敗走できなくなる理由

スロットでの1日の最高使用額

また、これは余談になりますが、パチンコ店で1日に使用した最高額は、負けた金額のさらに上をいき、なんと「15万円」でした。

その日は、かつて多くの人の人生をくるわせ、命までをも奪っていったといううわさが絶えない爆裂機のスロット台、通称「神」の、5号機版で遊技していたのですが、私は朝から負けつづけ、いくどとなくATMに駆け込み、1万円札をひたすらスロット台のサンドに流し込んでいました。

お金の価値を完全に見失ったただの作業プレイ。ところが、この日は最後の最後で奇跡的に大きくもどってきたため、負け額の記録を更新することはなかったのです。

ちなみに、さらにどうでもいい話ですが、なにが起きたのかだけお話ししておくと、50%の天井救済に当選し、80%でつづく当たりが16回連続するという、まずありえないことが起きました。

これを確率でみると、80%のループが約2.81%、さらに初回は50%なので、その確率約1.4%と、ものすごくうすいところに救われ、なんとかその日の負け額は6万円程度ですんだのです。

そう、6万円“だけ”で。

ここで、もういちど冷静に考えてみてほしいのですが、これもやはり、おかしいことですよね。

たしかに、大金を失わずにすんだことにはちがいありません。けれども、結局は6万円“も”負けているわけですし、そもそもたいしたリターンを見込めない現在のパチンコ店は、1日に15万円もの大金を使うような場所でもないのです。

パチンコ店にかよいつづけていれば、おかしいがあたりまえになるのも時間の問題。

ただ、おかしいと思う思考だけは、停止させてはいけないと私は思います。なぜなら、思考が停止してしまうと、ギャンブル依存症は、さらにつぎのステージへと進んでしまうから。

パチンコ・スロットでの1か月の最大負け額

1か月間の累計で最大となった負け額は、パチンコを完全にやめることができたと確信したあとでおとずれたギャンブル依存症の再発時期で、その額は、1か月で「32万円」となりました。

1か月のあいだにパチンコ店に行ったのは、リバウンド期間が5回、再発期間が4回の合計9回。しかし、そのすべてが惨敗で終了し、リバウンド効果もあってか、みごとに月間過去最高記録を叩き出してしまったのです!

お金があれば話はべつですが、私の場合はまったくもってそうではなく、しかもこのときというのは、仕事を辞めることで収入が減るとか、海外旅行(カジノで生活費をかせごうともくろんでいた)もひかえていたりした時期だったので、タイミングとしては最悪。

いまでもこのときのことを思い出すと、「お金を返してくれ!」とさけびたくなります(お金を返せというのも、おかどちがいですけれど)。

ところで、私には昔、パチンコ店で働いていた経験があるのですが、以前勤務していたパチンコ店の社員は、いま(当時)のパチンコやスロットは、1か月間本気で負けつづければ余裕で100万円は超える、といっていました。

私は1日で7~8万円はふつうに負ける人間なので、正直いうと、このときの9回連続負けで32万円というのは、まだ運がよかったのかもしれません。それから、このときは、じっさいに稼働の日数的にそのペース(月100万円のペース)で負けていたわけですから、この話はあながちまちがいでもないような気もします。

本気どころか、ふつうにやっているだけなのに、1か月で100万円もの大金を負けられるパチンコ。これを「賭博」ではなく「遊技」とよぶのには、さすがに難があるのではないでしょうか?

さらなる深みにはまらないために

パチンコに依存してしまうまえであれば、おそらくだれもが、「このお金であんなことができたのに、こんなことができたのに」と、自宅に帰ったあとでお金を失ったことを悔やみ、「なぜパチンコに行ったのか、なぜやめられなかったのか」と、自責の念に駆られていたことと思います。

しかし、それにもかかわらずにパチンコ店に行きつづけると、だんだんと金銭感覚もマヒしてくるため、なにかがしたかった、なにかがほしかったという思考が、しだいに停止してくると思うのです。

そして私の経験上、そこからさらに一歩さきへと踏み込むと、そういった願望すらもすべてなくなります。

人間は欲深い生きものですから、以前はだれしもが、なにかしらの願望を、すくなくともひとつは絶対に持っていたことでしょう。

それがパチンコで負けつづけていくことによって、最初にあげたような願望、たとえば旅行や食事などの趣味、将来の目標や夢、大切な人にしてあげたいことなどもすべて消えてしまい、パチンコができればそれだけでいいになってしまうのです。

私も以前はそうでした。パチンコをするために働き、パチンコをするために生きている。パチンコが最上のよろこびだと感じ、その後は、「行かないといけない」といった強迫観念に近いものにしたがって、日々パチンコ店を目指しました。

欲求というよりかは義務。「ギャンブル地獄」とは、まさにこういうことをいうのだなと、私はいまでも思っています。

パチンコを「無」の状態にして「願望」を思い出そう

それでは、そのような「パチンコしかない」状態となってしまった場合は、どうすればいいのでしょうか? これに関しては、とにかく思い出すしかないと私は思います。

なにかを手に入れたかった、自分には実現させたい目標があった、家族や恋人など、だれかにしてあげたいことがあった……

パチンコをやめるのがなかなかうまくいかなくても、何度失敗しても、かつてあった腹の底からにじみ出るような願望だけは忘れてはいけません。だからこそ、そういったことを思い出してみてほしいのです。

とはいえ、パチンコがすべての状態では、そんなことは不可能に近いといえるので、私たちは、なんとかしてパチンコ店に行くのをしばらく耐え、一時的にでもパチンコが「無」になっている状態で考えるしかありません。

パチンコ店に行くと、ハンドルを握るか、レバーを叩いてボタンを押すアクションによって思考が完全に停止し、目の前の興奮にすべてが食われてしまいます。それもあって、パチンコに行けば行くほど、なにも思い出せなくなっていくのです。

ギャンブル依存症というものは、人からすべてを奪い去り、もぬけの殻にしてしまい、ギャンブルだけがあればしあわせという、いうなれば人が「かいらい化」する病のようでもあるような気がします。

パチンコがほんとうにやりたいことだと思いますよね。ただ、それもあとになればきっとわかると思います。あれは「まやかしの願望だった」んだなあと。

今回のまとめ

・パチンコは1日で10万円程度ならふつうに負ける
・毎日のように行っていれば月間100万円もふつうに負ける
・パチンコによって願望を失った操り人形になってはいけない

かつては重度のパチンコ依存症だった私は、10年以上パチンコをやめられず、つもりつもって結局は、1000万円以上はゆうに負けてきました。いまでは、お金もそうですが、趣味やほんとうにしたかったこと(海外の観光など)に時間とお金を使いたかった、と後悔しています。

しかしながら、過去を悔やんでもしかたがないですし、負けたお金は絶対にもどってこないので、こればかりはあきらめるしかありません。過去にとらわれず、さきのことを考えるしかないと思っています。

それから最後にいいたいのは、そんな私でもパチンコからは遠ざかることができたので、きっと皆さんもだいじょうぶ、ということ。願望をパチンコに飲まれてしまい、思考停止状態に追い込まれてしまっている方は、いまいちど、なにがしたかったのかを思い出してみてください。

パチンコへの依存を断ち切る方法は、当ブログでもご紹介しています。無理やりにでもひとりで考える時間をつくるなどして、やりたかったことを紙に書きだしてみると、いろいろと出てくると思いますし、そこに書かれたことはきっと、パチンコよりも楽しいことだと思いますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。