【実践上の成功率100%】パチンコに行きたくなったら取るべき奥義

休日は奥義を使用することでパチンコ店に行く時間を強制的に潰してしまうという方法は非常に有効ですが、効果は強力故に副作用もあります。

今日は仕事が早く終わったから、明日は丸一日休みで時間があるから……

このような空いた時間はパチンコに行きたくなる衝動が大きくなってしまいがちで、特に丸一日自由に過ごせる休日は禁パチ・禁スロが失敗してしまう可能性が最も高くなる日でもあると思います。

休みの前日から目覚ましをセットして「朝一番でいくぞ!」と、完全にパチンコに行きたい衝動に囚われてしまってからでは難しいのですが、パチンコに行こうかどうしようかと決めかねている状態であれば、休日であってもパチンコに行かずに済む方法があります。

今回はそんな禁パチンコが失敗しやすい休日のパチンコ回避方法について。ちなみに私の場合、この方法を使用した日に限って言えば実践上100%成功しています。

関連記事

衝動を沈めるには「欲しい物リスト」を作る方法も有効
【孤独の戦い】パチンコ・スロットをやめる11の方法で依存を断ち切れ!

何も予定がない休日が危険

基本的に禁パチンコが失敗するのは夕方以降がフリーになる「アフター5」や、丸一日フリーな休日のどちらかだと思いますが、開店時間からパチンコ店に行くことができる休日がやはり最も危険な日であると言えるでしょう。

その中でも特に危険なのが精神的に不安定になってしまった時や、ふと気が抜けてしまった時の休日。

仕事で何か嫌なことがあったり、プライベートでやる気がなくなるような出来事があったりした後の休日は、何もする気がなくなってパチンコ店で憂さ晴らしをしたくなったりします。

何も考えたくない時はパチンコ店に逃げ込みたくなったりもしますし、気が緩んでしまった時はちょっとぐらい大丈夫かなとも思ってしまいます。

そしてそのような状態で迎えた休日の朝、もしくは昼前に、「パチンコしに行こうかな、でもやっぱり……」という葛藤が起きた場合、そのまま放っておくといつの間にか着替え出していて、気付けば家を飛び出しているなんてことは多いと思います。

しかし、「パチンコに行こう」「やっぱりやめておこう」のパワーバランスが「パチンコに行こう」優勢になってしまう前にあることを実践すれば、この葛藤を強制的に終わらせ、パチンコのスリップ(リバウンド)を防ぐことができるのです。

その方法とは、とりあえず寝ることです。

禁パチンコ奥義「昼寝」

いやいや……と思われるかもしれませんが、まぁそう言わずに聞いてください。

パチンコ店には必ず営業時間(大抵は朝10時から夜11時前まで)がありますよね。私の経験上パチンコ店が開店してから時間が過ぎれば過ぎるほど、パチンコに行きたくなる衝動は弱くなっていったのですが、実はこれには理由があります。

これは人それぞれのライフスタイルにもよるのですが、一般的な平日の朝から働いて、夕方頃に仕事が終わるという場合、パチンコ店に行けるようになるのは夕方の5~6時以降になるので、遊べる時間はせいぜい4~5時間程度。

一方で休日はパチンコ店の開店から行けるため丸々12時間ほど遊べるわけですが、パチンコ店に向かう時間が遅くなれば遅くなるほど遊べる時間も減るわけで、この遊べる時間が平日と大して変わらない所までくると、「わざわざ今日行く必要もないか、平日に行くのと大して変わらないし」となるからです。

休日にパチンコに行く理由なんて時間を気にせず遊べるか、暇でやることがないくらいしかないですからね。

つまり、休日は午前中と昼過ぎの時間帯が最も危険と考えられ、その時間帯を死守することができれば、そのままパチンコ店に行かないで済む確率も上がるのです。そして、その最も危険な時間帯の葛藤や思考を、強制的にシャットダウンする方法が「昼寝」なのです。

昼寝の手順

それでは早速、昼寝の手順について見ていこう!昼寝如き手順も何もないと思われるかもしれませんが、よく眠れるコツがあるのです。

(手順その1)

休日の朝は遅くても大体午前中には起床すると思うのですが、この時から既にパチンコ店に行くか行かないかの葛藤が始まっている場合もあります。

しかし、まずは落ち着いて朝ごはん、またはお昼ご飯を食べます。人間食べずには生きていけないですからね。

そしてこの時、ご飯や麺類などの糖質が多いものから食べると「奥義」である昼寝はより効果を発揮します。

というのも、私たちが食後に眠くなる原因は主に、食事による血糖値の急激な上昇と、それを低下させようとするインスリンというホルモンの分泌によるものとされているからです。

一度に多くの糖質を摂取することで高い血糖値が維持されると、インスリンが強く働くことでエネルギー源であるブドウ糖が不足し、その結果脳の働きも低下することで眠気が生じるわけです。

つまり、糖質が多いご飯などをお腹いっぱい食べると眠くなりやすいということですね。とは言っても私の場合、サラダなどの野菜から食べようが、糖質を控えようが、お腹いっぱいになると眠くなりますけどね!

また、パチンコ店が既に開店していたとしても「腹が減っては戦はできぬ」「時間はまだ十分にある」などと考えて一先ずは食事をすることに集中します。

(手順その2)

次にお昼ご飯を食べて気持ちが良くなってきたら、ベッドに横になって休憩します。すると、だんだん眠くなってくるはず。

そうしたら後のことは何も考えずに昼寝をするだけです。

目覚まし時計なんてかけず、好きなだけ眠ればいいのです。パチンコ店に行くか迷っている場合は、とりあえず寝て起きてから考えようということで、睡眠欲に身を委ねてしまおう!

(手順その3)

ぐっすりと寝て起きたら時間を確認します。

夕方前なら「開店から随分時間も経っているし今日はやめておこうかな」となりますし、夕方過ぎになっていれば「もう時間も遅いし今日はいいや」となります。夜になっていれば「もうパチンコ店も閉店だし行くのは無理だな」となるわけです。

以上、この日の禁パチンコは成功だ!

にわかには信じ難いと思われるかもしれませんが、まずは騙されたと思って実践してみて下さい。かなり強力な効果があることは私が保証します。

奥義「昼寝」は諸刃の剣

パチンコ店の営業時間中である日中の思考を強制的にシャットダウンし、パチンコ店に行ける時間を消し去るという「昼寝」。しかしながら強力な効果を持つこの禁パチンコ奥義には、強力な効果を持つ故の副作用があります。

それは、夜眠れなくなること。

日中に寝すぎてしまったことで、夜も更けてきたのにまだ眠れないなんてことは平気で起きたりします。

しかし、この方法を実践することで翌日の朝が多少辛くなったりする場合も確かにありますが、それ以上にパチンコに行かずに済んだ休日の夜になって、今日は(今日も)やっぱりパチンコに行かなくて良かったな、ときっと思えるはずです。

それにいくら夜目が冴えていて活動的になっていたとしても、パチンコ店は深夜は営業していないので物理的に行くことは不可能ですから、その点を考えればデメリットよりもメリットの方が大きいと私は思っています。

また、夜になってからせっかくの休日を1日何もせず無駄に過ごしてしまったと感じることもあるかもしれません。しかし、その1日は決して無駄に終わったわけではありません。

なぜなら、丸一日パチンコ店に行けたのにも関わらず、パチンコ店に行かずに1日を終えることができたからです。

禁パチンコが2週間、1か月、2か月……と続いていけば、昼寝をしなくてもパチンコの衝動に囚われずに上手く時間を使うことができるようになっていきます。

まずは30日間を目標に禁パチンコを継続させてみて下さい。休日だけに関して言えば(週休2日であれば)たったの8回程度をクリアすればもう1か月ですよ!

今回のまとめ

・パチンコに行きたくなったらとりあえず昼寝をする
・眠りについた先に広がるのはパチンコとの葛藤や戦いはない世界
・夜中に目が冴えるかもしれないが、夜中はパチンコ店は営業していない

この方法は夜勤明けの方や、仕事が早く終わって一度自宅に戻った場合なんかにも活用できます。その場合は昼寝ではなく仮眠や夕寝になりますが、本質的な部分は何も変わりません。

また、パチンコの衝動に完全に囚われてしまうと葛藤の余地なしにパチンコ店に直行してしまうことも多いため、冒頭でも紹介した「11の方法」などを駆使して、普段から衝動を大きくしないように心掛けるといいと思いますよ。

関連記事

パチンコ店に「行けなくする」という方法もかなり強力だ
パチンコ店を家族の申し出でも出禁可能となった自己・家族申告プログラム

パチンコに行っておけばよかったは存在しない
パチンコは行かなくて良かったはあるが、行っておけば良かったはない

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す