【実践上の成功率100%】パチンコに行きたくなったら取るべき奥義を伝授

休日は奥義を使用することで、パチンコ店に行く時間を強制的に消し去るという方法が非常に有効です。副作用もありますが。

今日は仕事が早く終わったから、明日はまる一日休みで時間があるから、といった空いた時間は、パチンコに行きたくなる衝動が大きくなってしまいがちで、とくに朝から自由に過ごせる休日は、禁パチ・禁スロが失敗してしまう可能性が最も高くなる日でもあると思います。

休みの前日から目覚ましをセットして、「朝一番でいくぞ!」と、完全にパチンコに行きたい衝動にとらわれてしまってからではむずかしいのですが、パチンコに行きたいとなんとなく考えている、行くか行かないか決めかねている状態であれば、休日であってもパチンコに行かずにすむ方法があります。

今回はそんな、禁パチンコが失敗しやすい休日のパチンコ回避方法についてです。ちなみに私の場合、この方法を使用した日に限っていえば、実践上は100%で成功しています。

関連記事

衝動を沈めるには欲しい物リストを作る方法も有効
【厳選】パチンコをやめる11の方法でギャンブルへの依存を断ち切ろう!

なにも予定がない休日が危険

基本的に禁パチンコが失敗するのは、夕方以降がフリーになる「アフター5」や、まる一日自由な時間がある休日のどちらかだと思うのですが、やはり開店時間からパチンコ店に行くことができる休日が最も危険な日であるといえるでしょう。

そのなかでもとくに危険なのが、精神的に不安定になってしまったときや、ふと気が抜けてしまったときの休日です。

仕事でなにか嫌なことがあったり、プライベートでやる気がなくなるような出来事があったりしたあとの休日は、なにもする気がなくなって、パチンコ店で憂さ晴らしをしたくなったりもします。

なにも考えたくないときは、パチンコ店に逃げ込みたくもなりますし、気がゆるんでしまったときは、ちょっとぐらい大丈夫かなとも思ってしまいます。

そのような状態で迎えた休日の朝、もしくは昼前に、「パチンコでもしに行こうかな、でもやっぱり……」という葛藤が起きた場合、そのまま放っておくと、いつの間にか着替えだしていて、気づけば家を飛び出している、なんてことになってしまうのです。

しかし、「パチンコに行こう、やっぱりやめておこう」のパワーバランスが、「パチンコに行こう」優勢になってしまう前にあることを実践すれば、この葛藤を強制的に終わらせ、パチンコに行くことを防ぐことができます。

その方法とは……とりあえず寝ることです。

禁パチンコ奥義「昼寝」

いやいや……と思われるかもしれませんが、まぁそういわずに聞いてください。

パチンコ店にはかならず営業時間があり、たいていは朝10時~夜11時前となっていますが、私の経験上、パチンコ店が開店してから時間が過ぎれば過ぎるほど、パチンコに行きたくなる衝動は弱くなっていきます。

じつはこれには理由があって、もちろん人それぞれのライフスタイルにもよるのですが、一般的な平日の朝から働いて、夕方ごろに仕事が終わるという場合、パチンコ店に行けるようになるのは夕方の5~6時以降になるので、遊べる時間はせいぜい4~5時間程度です。

一方で休日は、パチンコ店の開店から行けるため、まるまる12時間ほど遊べるわけですが、パチンコ店に向かう時間が遅くなればなるほど遊べる時間も減っていくので、そこでまず損をしたような気分になる(遊べる時間を失ったから)ことに加え、この遊べる時間が平日とたいして変わらないところまでくると、「わざわざ今日行く必要もないか」と、なるからです。

休日にパチンコに行く理由なんて、閉店時間を気にせずに遊べるか、暇でやることがないくらいしかないですからね。

さらには、開店時間を過ぎてもパチンコ店に向かう行動を起こしていないと、朝から行けたのに間に合わなかった、すでにもう埋まっているかもしれない、とも考えたりするため、よけいに行く気がなくなってきます。

つまり、休日は開店前の午前中と、時間にまだ余裕がある昼過ぎの時間帯が最も危険だと考えられ、その時間帯を死守することができれば、そのままパチンコ店に行かないですむ確率が飛躍的に上がると思われるのです。

そして、その最も危険な時間帯の葛藤や思考を強制的にシャットダウンする方法が、この「昼寝」というわけです。

昼寝の手順

それではさっそく、昼寝の手順について見ていきましょう。昼寝ごときに手順もなにもない! と思われるかもしれませんが、よく眠れるコツがあるのです。

(手順その1)

休日の朝は、遅くてもだいたい午前中には起床すると思うのですが、このときからすでにパチンコに行こうか迷うといった葛藤が始まっている場合もあります。

しかし、まずは落ち着いて朝ごはん、またはお昼ご飯を食べます。人間食べずには生きていけないですからね。

そしてこのとき、ご飯や麺類などの糖質が多いものから食べると、「奥義」である昼寝はより効果を発揮します。

というのも、私たちが食後に眠くなる原因はおもに、食事による血糖値の急激な上昇と、それを低下させようとするインスリンというホルモンの分泌によるものとされているからです。

一度に多くの糖質を摂取することで高い血糖値が維持されると、インスリンが強く働き、エネルギー源であるブドウ糖が不足、その結果、脳の働きも低下し、眠気が生じるというわけです。

ようするに、糖質が多いご飯などをおなかいっぱい食べると眠くなりやすいということです。私の場合、サラダなどの野菜から食べようが、糖質を控えようが、おなかいっぱいになると眠くなりますが、それはまぁいいでしょう。

パチンコ店がすでに開店していたとしても、腹が減っては戦はできぬ、時間はまだ十分にある、などと考えて、ひとまずは食事をすることに集中しましょう。

(手順その2)

次に、お昼ご飯を食べて気持ちがよくなってきたら、ベッドに横になって休憩します。するとどうでしょうか、だんだんと眠くなってきましたよね?

そうしたら、あとのことはなにも考えずに昼寝をするだけです。

目覚まし時計なんてかけず、好きなだけ、欲望のままに眠ればいいのです。パチンコに行くかまだ迷っている場合は、とりあえず寝て起きてから考えようということで、睡眠欲に身をゆだねてしまいましょう。

(手順その3)

ぐっすりと寝て起きたら時間を確認します。

夕方前であれば、開店からずいぶん時間も経っているし今日はやめておこうかな、となりますし、夕方過ぎになっていれば、もう時間も遅いし今日はいいや、となります。夜になっていれば、もうパチンコ店も閉店だし行くのは無理だな、となるわけです。

以上、この日の禁パチンコは成功です。おめでとうございます。

にわかには信じがたいと思われるかもしれませんが、まずはだまされたと思って実践してみてください。かなり強力な効果があることは私が保証します。

奥義「昼寝」は諸刃の剣

パチンコ店の営業時間中である日中の思考を強制的にシャットダウンし、パチンコ店に行ける時間を消し去るという「昼寝」。しかしながら、強力な効果を持つこの禁パチンコ奥義には、強力な効果を持つゆえの副作用があります。

それは、夜眠れなくなること。

日中に寝すぎてしまったことで、夜もふけてきたというのにまだ眠れない、なんてことは平気で起きたりもします。

けれど、この方法を実践することで、翌日の朝が多少つらくなったりする場合もたしかにありますが、それ以上にパチンコに行かずにすんだ休日の夜になって、今日は(今日も)やっぱりパチンコに行かなくてよかったな、ときっと思えるはずです。

それにいくら夜に目がさえていて、活動的になっていたとしても、パチンコ店は深夜は営業していないので物理的に行くことは不可能ですから、その点を考えれば、デメリットよりもメリットのほうが大きいと私は思っています。

夜になってから、せっかくの休日をなにもせず、無駄に過ごしてしまったと感じることもあるかもしれません。が、その1日はけっして無駄に終わったわけではありません。

なぜなら、まる一日パチンコ店に行けたのにもかかわらず、パチンコ店に行かずに一日を終えることができたからです。

禁パチンコが2週間、1か月、2か月……と続いていけば、パチンコの衝動にとらわれずに、うまく時間を使うことができるようにもなっていきます。

まずは30日間を目標に禁パチンコを継続させてみてください。休日だけに関していえば(週休2日であれば)、たったの8回程度をクリアすればもう1か月ですよ!

今回のまとめ

・パチンコに行きたくなったらとりあえず昼寝をする
・眠りについた先に広がるのはパチンコとの葛藤はない世界
・夜なかに目がさえるかもしれないが、パチンコ店は営業していない

この方法は夜勤明けの方や、仕事が早く終わって一度自宅に戻った場合などにも活用することができます。その場合は昼寝ではなく、仮眠や夕寝になりますが、本質的な部分はなにも変わりません。

パチンコの衝動に完全にとらわれてしまうと、葛藤の余地なしにパチンコ店に直行してしまうことも多いです。冒頭でも紹介した「パチンコをやめる方法」などを駆使して、ふだんから衝動を大きくしないように心掛けるといいと思いますよ。

ちなみに、この奥義を極めると、もはや昼寝をする必要もなく、開店時間を超えただけでもパチンコ店に行く気が失せるようにもなります。免許皆伝者は、睡眠状態で意識を消失させる必要もなく、覚醒状態でも、パチンコとの葛藤のない世界へ行けるということです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す