パチンコの自己申告プログラムとは?依存症が再発したので店に申し込んできた

パチンコの自己申告プログラムとは? 実際にパチンコ店に申し込んできた

私は歴10年以上の元ギャンブル依存者で、いまでこそパチンコのない生活を送れていますが、やはりスリップ(再パチンコ)は経験しました。

では、そんな依存症が再発したときにどうしたのかというと、それこそが「自己申告プログラム」の活用でした。

そのことをふまえ、本記事では以下の内容をお話しします。

この記事の内容
  • 自己申告プログラムとは何か?
  • 自己申告プログラムをパチンコ店に申し込むときの流れ
  • そもそもなぜギャンブル依存症は再発したのか

これまで私は、この自己申告プログラムを2回は利用したことがあります。

はっきりいって、パチンコをやめたいのなら、絶対に使ったほうがいいものだといえます。

この話を聞いてもらえれば、

  • プログラムを利用するさいの手続き
  • プログラムが依存症の克服にどれだけ役立つか

こういったことも知ることができます。

じっさいにプログラムを店舗で申し込んださいのやりとりもお話しするので、どうぞ最後までごらんください。

目次

自己申告プログラムとは何か

自己申告プログラムとは、2015年にはじまった、パチンコ・パチスロ依存問題(のめり込み)の防止策のこと。

当初は「設定した金額に達したらお店から教えてもらえる」といった、あまりパッとしないものでした。

しかしこれは、2017年から「自己申告・家族申告プログラム」へと進化しています。

内容が強化されたことで、つぎのようなことができるようになりました。

  • 本人の申告により、入店制限(出入り禁止)がかけられるようになった
  • 家族の申告により、本人同意のうえで入店制限をかけられるようになった

ようは、プログラムをパチンコ店に申し込むことで、正式にお店を出禁になれるようになったのです!

ミナト

これはかなりすごいことだと思いますよ

パチンコをやめたいと思ってもやめられないのは、パチンコ店に「行けてしまう」からでもあります。

だったら、もうそのお店に「行けなく」してしまえば、問題を解決できる可能性は一気に上がりますよね?

それをできるのが、この「自己申告・家族申告プログラム」というわけです。

  • 申込書の入手方法
  • 申し込みに必要なもの
  • プログラム加盟店の確認方法

こういったことは、以下の関連記事でくわしく解説しています。

より深く内容を知りたいときは、こちらもあわせて確認しておいてください。

後述しますが、自己申告プログラムを使えるのは、基本はプログラムの加盟店だけとなっています。

パチンコへの依存が再発したきっかけ

いちどは解決できたと思われたパチンコ問題は、なぜまた再発してしまったのか?

ここからは、私の場合でそのことをお話しします。

結論からいうと、「1回だけなら大丈夫だと思って行ったらやっぱり無理だった」からです。

ミナト

これまでやめられてたんだから、1回だけなら……!

無理でした。

その1回が起点となって、またずるずるパチンコ店に行きはじめ、計5回で15万円の負け。

そこからは禁パチンコを再スタートと意気込むも、結局は完全にリバウンドしてしまい、さらに追加で4回です。

そこで計17万円を失ったことで、みごとに1か月で32万円も負けるという、歴代最高記録を叩き出してしまいました。

イブスター店長

しかもそのお金は……

そう、このお金は、長年つづけてきたバーの仕事を辞めたあとで必要となる生活資金で、絶対に手をつけてはいけない大切なものでした。

ところが私は、以前のギャンブル問題で悩まされていたころのように、じゃぶじゃぶとお金を使ってしまっていたのです。

長年苦しめられてきたパチンコ依存症を、克服することができたと思っていたのにこのざま。

私はこのとき、「やっぱりもう無理なのかもしれない」と感じていました。

結局のところ私という人間は、夢なかばにして倒れていく、ただの「敗北者」だったのではないかと……。

自己申告プログラムを申し込もうと思った理由

この依存症の再発は、つぎのような「大切な時期・貴重な資金」のなかで起きたものでした。

  • 今後の未来を切りひらく決断をし、バーの仕事を辞める直前だった
  • このお金は新たな挑戦(自力でお金を稼いでいく)の活動資金だった
  • 骨休めにと、海外で羽を伸ばしてくるための旅行資金でもあった

そういった理由があったからこそ、当初私は、絶望に打ちひしがれてしまっていたのです。

でも、これから成しとげたいことを、なにひとつできないまま朽ち果てることを考えたとき、それだけは許されないと心が引き締まりました。

そして、ちょうど読んでいたマンガ『血界戦線』のなかで、ミスタークラウスはこう言っていたのです。

光に向かって一歩でも進もうとしている限り、人間の魂が真に敗北する事など断じてない

『血界戦線』

あきらめたらそこで終わり。あきらめなければ目標はかならず達成できる。

私はいつも、自分にそう言い聞かせてきました。

前を向いて進みつづけるかぎり、人の心は、依存症に屈することはけっしてないと。

そもそもこの失敗は、生活圏内に「行けるパチンコ店」をのこしてしまっていたのが最大の要因と思われました。

だったら、そのパチンコ店を行けなくしてしまえばいいだけの話。

そこで私は、以前からその存在を知っていた伝家の宝刀「自己申告プログラム」を、じっさいに利用しようと決めたのです。

血界戦線は「ebookjapan」で全巻配信されています。アツいマンガなのでおすすめですよ。

通ってしまいそうなお店を発見したのもよくなかった

また、対策プログラムを申し込むことにしたのは、またしても「かよってしまいそうなお店を発見してしまった」のにも理由がありました。

私は基本的に、生活圏内のパチンコ店しか行かなかったのですが、じつはほとんど行けるお店はのこっていませんでした。

もともとかよっていたお店は出禁を申し出るという荒業で行けなくなり、周辺のお店も、その他の事情から行かなくなっていたからです。

イブスター店長

対策プログラム関係なしに「直接申し出た」らしいぞ

ところが、これまで行ったことがなかった(再発があった)お店に行きはじめてみると、そのパチンコ店はなんとも魅力的。

清潔で広々としていて、従業員のサービスもよく、あまり混雑していません。

ようするにそのお店は、あらたな「マイホ」としてふさわしい場所だと思われたのです。

ミナト

「出ない」という条件をのぞけばでしたが……

ここに行ける状態のままにしておけば、しばらくは行かなかったとしても、おそらく今後また行くだろうな。

だからこそ、もういちど禁パチンコを誓ったエネルギーのあるうちに、このお店には「もう行けない」ようにしておかなければならない。

そう思って、私はこのパチンコ店(H店とします)に、自己申告プログラムを申し込んでくることにしたのです。

パチンコ店に自己申告プログラムを申し込んできた

パチンコH店は、店内やHPに「プログラム加盟店」の表記はなかったので、自己申告プログラムを利用できない可能性がありました。

最初のほうで補足したとおり、同プログラムは、基本は加盟店でしか使えないものだからです。

しかし、だからといって、そのまま引き下がるわけにもいきません。

私も私で今後の人生がかかっていたからです。

そこで私は、自宅に保管しておいた申告プログラムの申込書に記入し、顔写真と身分証明書だけを持って、走ってパチンコ店まで向かいました。

ミナト

それだけしか持たない+走って行くことで、途中で怖気づいて逃げなくするためでした

それから走ること20分ほど、私は目的のパチンコ店に到着します。

汗をぬぐいながらしばらく精神を落ち着かせ、そして、パチンコH店に入りました。

まずはホールの従業員に相談した

ここからは、じっさいにあった店側とのやりとりをお話しします。

パチンコH店に到着した私は、まずはホールを巡回していた男性従業員を呼びとめ、こう切り出しました。

ミナト

ご相談したいことがあるのですが、責任者の方とお話しできないでしょうか?

従業員

どういったご用件ですか?

ミナト

自己申告プログラムを申し込みたいと思っております

従業員の方からは「ちょっと待っていてほしい」といわれ、私はパチンコ店の一角で待機することに。

やかましく鳴りひびくパチンコ台の演出を横目に、私は責任者が来てくれることを祈りました。

この件に関しては、責任者とでないと話がつかないと思われたからです。

申告プログラムの申込用紙も「店長あて」になっています。

それからしばらくしたところで、さきほどの従業員がもどってきます。

従業員

それでは、こちらの申込用紙に記入していただけますか?

ミナト

あ、用紙は持っていまして、もう記入して持ってきました

おどろきました。

そのために来ておいて(こう言うのも)なんですが、「プログラムはたぶん受け付けてくれないだろう」と思っていたからです。

どうやら、申し込み用紙をいちから印刷してくれていたようで、それに時間がかかっていたようでした。

この用紙は、せっかくなのでいただくことにしよう。

記入がすんだ申込用紙は、コピーする必要があるとのこと。

用意してきた申込用紙と身分証明書などを従業員に渡し、ふたたび私は待機しました。

お店の責任者と1対1で話した

当初懸念していた責任者不在という事態はひとまず回避することに成功。

そして、従業員に書類を渡してからさらにしばらくすると、ついにお店の責任者が来てくれました。

店長

お待たせしました、店長です。それで、当店にはどれくらいの頻度で来られているのでしょうか?

私は店長に、つぎのことを話しました。

店長に伝えたこと
  • 当月は4回で通いはじめたのは最近(ひんぱんに来ているわけではない)
  • 自分はギャンブル依存症でそれが再発してしまったこと
  • 当月の負けた金額や自分の経済状況
  • 今後パチンコH店に通ってしまいそうだったので入店制限をかけてほしいと思ったこと
店長

そうですか……たとえば毎月1万円だけとかではなく、もう完全にやらないのを希望されるということでしょうか?

ミナト

やり始めてしまうと歯止めがかからなくなってしまうので、完全に出入り禁止にしてほしいと思っています……

店長

わかりました、従業員にも周知させるようにします。ただ、もし見つけられなかったとか、発見が遅れたという場合はご容赦ください

ここで、申し込み自体はおわり、私は正式にパチンコH店を出入り禁止となりました。

ただ、どうしても聞いておきたいことがあったので、それもついでにうかがわせてもらいます。

ミナト

ホールやHPにプログラムの表記がなかったので申し込めないと思っていたのですが、H店さんは加盟店なのでしょうか?

店長

そうですね、表記などはしていませんが大丈夫です。受け付けますよ。でも、申し込まれたのはお客さんが初めてですね(笑)

店長

それと、依存症でお困りなら、私も立場上いいにくいですが、近づかないようにされたほうがいいです。こちらにも電話してみてください

私は最後に、依存症対策の相談窓口であるリカバリーサポートネットワーク(RSN)のパンフレットをもらい、パチンコH店をあとにしました。

店長は、出口まで見送ってくれました。

RSNとは、よくトイレにポスターが貼られている電話相談窓口です。

パチンコ店からは歩いて帰った

パチンコH店を出た私は、帰り道をトボトボ歩きながら帰りました。

こんな出会い方じゃなければ、自分が依存症にならなければ、店長にしんどい思いをさせることもなかったのかな……。

店長がとてもいい方だったので、そんなことを考えながら、走る気力もなく歩いていました。

ただ、家に帰りながら、私はこうも思ったのです。

  • たしかに、ギャンブルなどの依存症のもとにもなるものは、時として被害者を出してしまう
  • でも、だからといって、その立場(売る側)の人や、依存対象自体がわるいとは一概にはいえないし、もちろん依存症になってしまった人がわるいなんてことも絶対にないだろう

ようは、私のように、ギャンブル依存症になってしまった人がやることはただひとつだけ。

やはり「前に向かって進みつづけるしかない」ということです。

だれかに迷惑をかけたとしても、過去を詫びる機会はおとずれる。依存症によって壊れてしまった関係が修復されることもあれば、構築されるはずのなかった関係が新しくできていくこともある。

だから、どんなことがあっても屈せずに、前だけを見て進もう。

この件をとおして、そう私は、決意をあらたにすることができました。

依存症を克服できたあとで、すべてがくつがえるような、そんなすばらしい日がくることを思いながら。

今回のまとめ

  • 加盟店表記なしでも申告プログラムは受け付けてもらえる場合がある
  • 申込用紙は印刷もできるので、身分証明書と顔写真があればOK(店内撮影可の場合も)
  • 加盟店でなかったとしても店長の裁量によっては受け付けてもらえる

私が申し込んできたパチンコ店は、あとからしらべてわかりましたが、やはり「自己申告・家族申告プログラム」の加盟店ではありませんでした。

ただ、この件をとおして「店長の裁量によっては、加盟店でなかったとしても受け付けてもらえる場合がある」ことがわかりました。

パチンコ店のHPやホールに表記がなかったとしても、パチンコ店を正式に出禁になることはできる。

ようは、申し込みたいと思ったのなら、まずはパチンコ店に行ってみて、店舗責任者(店長)と話をしたほうがいいということです。

伝家の宝刀「自己申告プログラム」の持つ力は半端ではありません。

このできごと以降は、いちどもパチンコH店には行っていないからこそ、私はそういえます。

なにもむずかしいことはないので、パチンコがどうしてもやめられないのなら、まずはためしに使ってみてください。

ギャンブル問題が、一発で解決する可能性もありますよ。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (4件)

  • パチンコ店に自己申告する恥ずかしさを乗り越えることができず、自己申告できずにいます。自分が情けなく、とても辛いです。

    遠方に遊びに行かれた際にパチンコ屋に出くわされた場合は、どうされていますか…?

  • はらださん、情けないなんてことはないと思いますよ。この手を使うのは、たしかに恥ずかしいと思いますし、だれでもそう簡単に実行に移せるものではないと思います。私も、これを自分がすることで、いずれは同じように困っている方の手助けになるだろう、というあと押しもあってできたような部分もあるので、踏ん切りがつかないことを恥じる必要はないと思います。

    ただ、実際に申し込んできた私からすると、いうほど恥ずかしいことでもありませんでした。お店の責任者とちょっと話をして、書類に記入するだけで、そのパチンコ店にはもう行けません。お店の人と会うこともおそらく二度とないでしょう。恥ずかしいのは、じつは「申し込む前だけ」だったりもするわけです。

    それに、それをするだけで、今後うん百万円とお金を失わないですむ可能性があるとも私は思います。恥ずかしさはあれど、書類を書いて出すだけの作業でうん百万円ももらえるとなったらやりますよね? それと一緒のことだと思いますよ。

    また、出かけているときにパチンコ店を発見しても、いまはなにも感じなくなりました。行こうとも思わないですし、行きたいとも思いません。パチンコが人生から消えたような感じです。これを出せば、はらださんも、その状態になれるかもしれませんよ!

  • おっしゃる通りだと思います。確かに恥ずかしさは一時的なものですね。恥ずかしいからこそ効果が最大なのだとは思います。丁寧なご返信ありがとうございます。参考にさせていただきます。

  • そうですね、それもお伝えし忘れていました。あえて恥をかくことでそのお店には二度と行けなくなる、というかなり強力な効果もあるので、ぜひ検討してみてください。いちど腹をくくれば、あとは「恥も外聞もない」といった状態でお店に突撃できると思うので、考え込んでしまう前に、ご自宅からとびだしてみるのがいいかもしれませんよ。

コメントする

目次
閉じる