パチンコ依存症が再発したので自己申告プログラムを申し込んできた

パチンコ店を出入り禁止状態にしてもらうことができる「自己申告プログラム」をパチンコ店に申し込んできました。

一度は克服できたと思われたパチンコ依存症でしたが、たった一度のリバウンドをきっかけに完全に依存症が再発してしまいました。

今までやめられていたんだからこれからも大丈夫だろうと高を括っていたのですが、もはや事態は深刻を極めると思われたので、本気を出して「自己申告プログラム」をパチンコ店に申し込んできました。

関連記事

依存症再発のきっかけとなったリバウンドの記録
【パチンコのリバウンド】1回だけと思い再びパチンコ店へ行った結果

そもそも自己申告プログラムって何?という方はこちらを参照下さい
パチンコ店を家族の申し出でも出禁可能となった「家族申告プログラム」

きっかけは「一回だけ」のパチンコだった

今までやめられていたんだから一回だけならいいだろうとパチンコにいったのが始まりで、それからズルズルとパチンコ店に行き始め、負けた金額は5回で15万円。そこから禁パチンコを再スタートと意気込むも完全にリバウンドしてしまい、さらに追加で負けた金額は4回で17万円。見事に1か月で32万円も負けるという、歴代最高記録を叩き出してしまいました。

私はお金持ちではありませんし、むしろ貧民なのですが、依存症+リバウンドで歯止めがきかなくなってしまい、今後必要になるため貯蓄しておいた使ってはいけない大切なお金や、負けを補填するために何とかしてかき集めたお金に手を出してしまったのです。

今まであれこれパチンコ店に行かないための策を打ってはきましたが、結局パチンコ店はいくらでもあるわけで、生活圏内に行けるパチンコ店を残してしまっていたのが今回依存症が再発した最大の要因になったと思われます。

カジノから帰ってきた後でもパチンコ店には行かずに済んでいたので、依存症は克服することができたと思っていましたが、やっぱりもう無理かもしれないと痛感。結局私は夢半ばにして倒れていく一介の存在に過ぎなかったのかもしれません。

しかし、『血界戦線』のクラウスさんはこう言ったのです。

光に向かって一歩でも進もうとしている限り、人間の魂が真に敗北する事など断じてない 『血界戦線』クラウス・V・ラインヘルツ

私にはこれからやりたい事が山ほどあります。それらを何一つできないまま朽ち果てていくわけには絶対にいきません。
やはりこのまま終わるわけにはいかなかったので、私は今回初めて本気を出して「自己申告プログラム」をパチンコ店に申し込んできました。

これまで自己申告プログラムが受理されたことはなかった

私はこれまでパチンコ店に出入り禁止を申し出たり、自己申告プログラムを申し込もうとしたことがありますが、実は両方とも受理されたわけではありませんでした。

最初に出入り禁止を申し出た時はそもそも自己申告プログラムという存在自体知りませんでしたし、リバウンドしてしまった時に話をしてきたというのは、実はホールにいた従業員に軽く話をした程度だったので、そこまで本気で申し込む気もありませんでした。(加盟店表記がなかったことと、依存症が再発したわけではないと思っていたことに加え、全体的にいいお店ではなかったため。そのパチンコ店にはそれからも行っていません)

しかし今回ばかりはそういうわけにも行かなくなりました。というのも、またしても通ってしまいそうなパチンコ店を生活圏内で見つけてしまったのです。

通ってしまいそうなお店を発見してしまった

私は基本的に生活圏内(自転車で行ける範囲)のパチンコ店しか行かないのですが、出禁を申し出たりなどのことから行かなくなったお店も多く、実はほとんど行けるお店も残っていませんでした。

しかし今回の再発でこれまでほぼ行ったことがなかったお店に行き始めてみると、そのパチンコ店は清潔で広々としていて従業員のサービスも良く、あまり混雑しておらず(ということはあまり出ていないということなのですが)、設備も充実していて色々と便利だったため、またしても通い始めてしまいそうなお店だったのです。(ちなみにこのお店で17万円負けました)

このお店に行ける状態のまま放っておけば、今は大金を失ったショックで行かなくなったとしても、恐らく今後何かあった時に再び行くだろうということは容易に想像がつきました。よって、再び禁パチンコを誓ったエネルギーのある内に今後もお店に行けないようにしておかなければならないと思い、私はこのパチンコ店(H店とします)に自己申告プログラムを申し込むことにしたのです。

パチンコ店に自己申告プログラムを申し込んできた

まず、パチンコH店は店内やホームページには「自己申告・家族申告プログラム」の加盟店であることは明示されてはいなかったので、恐らくプログラム加盟店ではありませんでした。しかし、今回はだからと言ってそのまま引き下がる訳にもいきません。私も私で今後の人生がかかっているのです。

私は自宅に保管しておいた自己申告プログラムの「入店制限(出入り禁止)」の申告用紙に記入し、顔写真と身分証明書だけを持って走ってパチンコ店まで向かいました。

(距離は結構あったのですが、なぜ走っていったのかというと、運動することでノルアドレナリンという物質の分泌が促されると心身が戦闘状態になるので、途中でビビッて逃げ出さないようにするためでした。財布を持っていかなかったのも同様の理由からです)

そして走ること20~25分ほどで目的のパチンコ店に到着。汗を拭いながら暫く精神を落ち着かせ、私はパチンコH店に入りました。

まずはホールの従業員に相談した

パチンコH店に到着した私はまずはホールを巡回していた男性の従業員を捕まえ、こう切り出しました。

湊
ミナト

すみません、ご相談したい事があるのですが、責任者の方はいらっしゃいますか?

パチンコ店員
従業員

どういったご用件でしょうか?

湊
ミナト

自己申告プログラムを申し込みたいと思って伺いました

それから従業員の方は慌ただしく動いてくれ、私はパチンコ店の一角で待機。
この時私は携帯電話すら持ってきていなかったので何をするでもなくボーっとしながら、やかましく鳴り響くパチンコの演出を横目に、責任者の方が来ることを祈りました。もはやこの件に関しては責任者の方とでないと話がつかないと思われたからです。(申込用紙も店長宛てになっています)

待機すること10~15分ほどで、先ほどの従業員の方が戻ってきました。

パチンコ店員
従業員

それではすみませんが、こちらの申込用紙に記入して頂いても宜しいでしょうか?

湊
ミナト

あっすみません、用紙は持っていて記入して持ってきました

まず、私はここで驚きました。自己申告プログラムの加盟店でなければプログラムを申し込むことはできないと思っていたからです。どうもわざわざ申し込み用紙を印刷してくれていたようで、それで時間がかかっていたようでした。

申込用紙をコピーする必要があるとのことで、私は用意してきた申込用紙と顔写真、そして身分証明書を従業員の方に渡し、再び待機します。

お店の責任者と一対一で話した

それから再び待つこと5~10分ほどで、お店の責任者の方が来てくれました。

店長
店長

お待たせ致しました、当店の店長です。それで、えーと、当店にはどれくらいの頻度で来られているんでしょうか?

私は店長さんに、パチンコH店には当月は4回ほどで頻繁に通っているわけではないことや、自分が依存症であり、それが再発してしまったこと、当月の負けた金額や、今後パチンコH店に通ってしまいそうなので入店制限をかけてほしいことなどを話しました。

店長
店長

そうですか……例えば毎月1万円だけとかではなく、もう完全にやらないというのを希望されるということでしょうか?

湊
ミナト

そうですね……申し訳ないのですが、やり始めてしまうと自分では歯止めがかからなくなってしまい、誰が何と言おうと途中ではやめられないので、完全に出入り禁止状態にしてほしいと思っています

店長
店長

わかりました。従業員にも周知させるようにしますが、もし見つけられなかったりだとか、発見が遅れたという場合はご容赦下さい

ここでプログラムの申し込み自体は終わりましたが、私は最後に、気になっていたことを店長さんに伺います。

湊
ミナト

ホールやホームページにプログラムの加盟店という表記がなかったので申し込めないと思っていたのですが、H店さんは加盟店なんですか?

店長
店長

そうですね、表記などはしていないのですが大丈夫です、やってますよ。でも申し込まれたのはお客さんが初めてですよ

店長
店長さん

それと、依存症でお困りなのであれば、私も立場上こう言うのも心苦しいのですが、近付かないようにされた方がいいですよ。それとこちらにも電話してみて下さい

私は最後にリカバリーサポートネットワーク(RSN)のパンフレットを貰い、パチンコH店を後にしました。店長さんは出口まで見送ってくれました。

パチンコ店からは歩いて帰った

パチンコH店を出た私は、帰り道をトボトボと歩きながら帰りました。特に店長さんがとてもいい方だったので、こんな出会い方じゃなければもしかしたら友人になれたのかもしれないなとか、自分が依存症にならなければ店長さんにしんどい思いをさせることもなかったのになとか、そんなことを考えながら歩いていました。

確かに依存症の元になり得るものを売るということは時に被害者を出してしまいます。
しかし、だからと言ってその立場の人や、依存対象自体が悪いとは一概には言えないと思いますし、もちろん依存症になってしまった人が悪いということも絶対にないと私は思うのです。

私のような依存症になってしまった者がやることはただ一つ、前に向かって進み続けることだと思います。誰かに迷惑をかけたとしても、依存症を克服できた暁には、迷惑をかけた過去を詫びる機会がもしかしたら訪れるかもしれません。
そんな日が来ることを想い、前を見て進み続けるしかないのだと私は思います。

今回のまとめ

・自己申告プログラム加盟店の表記がなくても受け付けてもらえる場合がある
・申込用紙がパチンコ店になくても印刷できるので、最低でも身分証明書だけあれば(顔写真が店内撮影可の場合は)OK
・加盟店でなかったとしても店長の裁量によっては受け付け可能

今回私が申し込んできたパチンコ店は店長との会話から推測するに、恐らく「自己申告・家族申告プログラム」の加盟店ではなかったと思いますが、店長の裁量によっては加盟店でなかったとしてもプログラムを受け付けてもらえる場合があります。

パチンコ店のホームページやホールにプログラムの表記がなかったとしても、申し込みたいと思うのであればまずはパチンコ店に行ってみて、店舗責任者(店長)と話をしてみる価値はあるでしょう。

そして生活圏内全てのパチンコ店にプログラムを申し込むことができれば、それは恐らくパチンコ依存症克服の最短ルートになるのではないかと思います。

関連記事

後日パチンコ店の店長に言われた通り、RSNに電話をかけてみました
リカバリーサポートネットワーク(RSN)に電話してみた時の相談内容

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す