パチンコ店でICカードの盗難被害に遭った(残高ありを窃盗された)時の話

パチンコ店内で起きたICカード盗難事件。その結末に待っていたものは、心に魔が棲みつくという展開でした。

パチンコ店というものはお金がからむので、店内には負のオーラが渦巻いていたりもするものですが、それに飲まれてしまい、悪事を働いてしまう人もいる一方で、なかには、パチンコをするつもりなど初めからなく、獲物を狙いながら悪巧みをしている不届き者がいることもあります。

そう、なにを隠そう、私はパチンコ店での遊戯中、その手の不届き者に、お金(というか残高ありのICカード)を盗まれたことがあるのです!

まさかの窃盗、予想だにしていなかった盗難事件。

以前から、置きっぱなしにされた出玉も危険だとは思っていましたが、それはさておいても、このようなことが起きてしまったとき、被害届はどうするのか、犯人は捕まるのか、お金は返ってくるのか、ということは気になることでもあると思います。

この話をすることで注意喚起にもなると思いますし、そしてなによりも、新たな被害者、いや「加害者」を出さないことにもつながるでしょう。今回は、私が以前経験した、「パチンコ店ICカード盗難事件」の一部始終をお話しします。

ICカード盗難事件はパチンコ店内で起きた

これは、私がまだパチンコ依存症によって、パチンコばかりしていたころの話です。

当時の私は、近所のパチンコ店に毎日のようにかよっていて、その日は昼過ぎに入店し、スロット台で遊技をしていました。

遊戯していた台は、「撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけだ」でおなじみの、コー……まぁそれはいいとして、サンドに投入した1万円はあっさりと消えるも、追加で投入した1万円のうち、最初の1000円が運よくヒット。そこからは、あれよあれよと出玉が増えていきました。

このとき、投入した1万円は1000円しか使っていないので、ICカード(現金を記録するプリペイドカード)の残高は9000円。

出玉はうまいこと出続けていたため、この状況であれば、取り忘れ防止のためにも、ICカードは抜いて財布の中に入れておくべきでしょう。が、ギャンブルは先が予見できないという特性上、ギャンブラーはある種のオカルト的思考を持っていることはめずらしいことではありません。

まして、このときの私は、重度のギャンブル依存者です。当然ながら、それは私の場合も例外ではなく、この状況に私は、このように考えるようになっていたのです。

湊
ミナト

カードを抜いてしまえば、このいい流れが終わってしまうかもしれない……

ICカードを抜くこと、それはつまり、現金を投入する必要がなくなったということ。

それを、一度でも「なにか」に察知されてしまえば、見えない巨大な力が、この流れを断ち切りにくる。

そんなわけのわからないことを、私は考え始めていたのです。

そのため、私は出玉が出ているのにもかかわらず、ほぼMAXに近い現金が入ったICカードを、サンドの中に入れたままにして遊技を続行。すると、それが功を奏したのか、出玉の流れはさらに加速していき、私は夢中になるあまり、しだいにICカードの存在が頭の中から消え去っていくことに、気がつくことができませんでした。

また、パチンコ店での遊戯中は、水しか口にできないため、必然的にトイレが近くなるものですが、尿意を我慢しているとツキが悪くなる、トイレから戻ってきた瞬間はとんでもないヒキが発揮される、というオカルト思考も私は持ち合わせていました。

勝負はまだこれからだ。「私は帰ってきた」を起こせ……

私はさらなる勝負のためトイレに行き、気合を入れ直して遊技を再開します。そして、しばらくしてから、「そういえば」とICカードの存在を思い出した私は、サンドに目をやりました。

すると……

湊
ミナト

……ない?

なんと、9000円が入ったICカードが、なくなっていたのです。

監視カメラは確認できないから警察を呼べ

ICカードがどこかに消えた。いや、これはおそらく、お店の人が抜いてあずかってくれているのだろう。

若干のあせりを覚えながらも、私はパチンコ店の従業員(おそらく社員)に声をかけました。

社員
社員

知らないですね……。もしかすると、盗まれた可能性が高いかもしれませんね……

湊
ミナト

えっ!? それって、監視カメラで確認してもらえないんですか?

社員
社員

いや、それはできません

監視カメラの映像を見せてほしいということであれば、プライバシーの問題などもあるので断られてもしかたがないですが、なぜか店側の対応は「確認することはできない」の一点張りで、どうしても確認してほしければ、警察を呼んでくれと。

監視カメラに映っている内容というのは、基本的にはパチンコ店にかぎらず、人に話してはいけないようでもあるので(これはあとから知りました)、ここでは便宜上確認できないとしていたのかもしれませんが、いずれにせよ、このときの私に与えられた選択肢は、「放置か通報」、この2つしかありませんでした。

撃っていいのは撃たれる覚悟がある奴だけ……。私には、撃たれる覚悟なんてものはありません。これは、あきらかな反則でしょう。

当時、病的なギャンブラーだった私は、この期におよんでもなお、いい流れを断ち切りたくない、早く遊技を再開したいと最初は思っていたのですが、すでにその流れはどこぞの不届き者によって断ち切られているわけで、徐々に熱くなっていた頭もクールダウン。

2000~3000円程度ならまだしも、MAXに近い9000円を奪われたことは許しがたいと感じ始め、しだいに大切なお金を盗んでいった不届き者に対する怒りも込み上げてきたため、私はしかたなしに遊技を中断、ここで警察を呼ぶことにしたのです。

被害届は後日でもいいと言われたが……

パチンコ店にパトカーが到着

それまで警察が介入するようなトラブルとは無縁だった私は、このあとどうすればいいのかというのがよくわからなかったのですが、ひとまず近くの交番に電話で連絡することにし、警察官にパチンコ店まで来てもらうことにしました。

それからしばらくすると、2人の警察官がパチンコ店に到着。1人は監視カメラの確認のため、パチンコ店の社員と事務所へ行き、もう1人は実況見分(現場検証)のため、私と問題が起きたスロット台へ。

私は警察に、昼ごろから遊技していて、ICカードを入れたままにしていたらそのことを忘れてしまい、トイレから戻ってきたらなくなっていた、という、これまでに起きたことを説明しました。

また、これはおそらく、問題が起きた場所の証拠を残すためでしょう。ICカードが入っていたサンドを私が指でさし、何枚かの写真も撮られました。

いちおう台の承認・許可などで警察とパチンコ店には関係はあるとはいえ、事実上換金をおこなっているグレーなパチンコ店に、制服を着た警察官がいるというのはかなりの違和感があるもので(日本は公営以外の賭博は違法)、まわりのお客さんからその様子をじろじろと見られるなど、パチンコ店での実況見分の居心地は、あまりいいものではありませんでした。なんだか、自分が悪いことをしたような気分です。

そして、警察立ち会いのもとでの、監視カメラの確認も無事に終了。

警察官いわく、不届き者は私が席を立つ瞬間をかなり前から狙っていたらしく(遊技はしないで休憩スペースに座っていたり、ホールを歩きまわったりするなどして、機をうかがっていた)、私がトイレに立った瞬間を「好機」と見るやいなや、稲妻のごとき速さでICカードを抜き去り清算、疾風のように立ち去っていったのだそうです。

警察官
警察官

被害届どうします? いつでもいいですよ

被害届はこれからすぐでも、後日(翌日以降)でも、どちらでもかまわないとのことでした。

しかし、もやもやしたまま遊技を再開する気分にもなれず、ことがことだけに、パチンコ店側も台の(休憩)時間は気にしなくていいといってくれていて、なにより、後日また交番に行かなければならないのが面倒くさかったため、私は遊技していた台はそのままに、先に交番へ行ってすべてを終わらせることにしたのです。

(注:被害届の提出は後日でも問題ないようですが、通報や実況見分を後日というのはむずかしいケースも多いと聞くので、通報する場合は「すぐに」交番ないしは110番に電話をかけることをおすすめします)

犯人は捕まらないと思われるも被害届を提出

パチンコ店を出て交番に到着してからは、被害届の提出作業となりましたが、これは住所などの必要事項や、事件の起きた日時、盗まれたものなどを記入する程度のもので、べつにたいしたことはありませんでした。

けれども、書類に記入しながら、私はこう思ったことをいまでも覚えています。

これ、犯人捕まらないだろうな、と。

パチンコ店の社員も「顔は覚えたので、もし次に来たら捕まえておきます」とはいってくれたものの、顔がハッキリ写るほどの高性能なカメラがあるパチンコ店で盗みをしたやからが、またそこに戻ってくるとは考えにくいですし、警察も対応はしてくれたとはいえ、それをもとに、犯人を捕まえるための捜査を始めてくれることもないでしょう。

これはあくまでも形式上の手続きであって、自分が出したこの被害届は、山積みになった書類の塔を構成する、1枚になるだけ。

犯人が捕まる確率は、かぎりなく低いのではないか、と思われました。

しかし、そんなわからないことを考えていてもしかたがないですし、犯人がどこかのパチンコ店で捕まれば、この被害届が生きてくるかもしれなかったので、これはこれでよしとすることにし、私はパチンコ店に戻ることにしました。

ことが起きてからは、おそらく1~2時間はゆうに経過していたと思います。私はここで、ようやく遊技を再開することができたのです。

ところが、このあとに起きることは、想像にかたくない展開でした。

それまでの順調に出玉を伸ばしていたいい流れは、まるで無抽選にでもなったかのように突然止まってあっけなく終了。お金を奪われたあげく、出玉もすべて飲まれてしまい、しかも結局は追加投資になるという、目も当てられない展開が私を待ち受けていたのです。

心に魔が棲みつくようになった

さらに、この事件での被害は、それだけではすみませんでした。この一件以降、しばらくのあいだ私の心の中には、魔物が棲みつくようになってしまったのです。

長年パチンコ店に行っていれば、落ちているICカードや、取り忘れたICカードを見かけることは、少なからずあると思います。

そういった現場に出くわしたとき、それまでであればなにも感じることはなかったのですが、これ以降、とくに数か月間は、悪魔のささやきが聞こえるようになってしまったのです!

悪魔
悪魔

よぅ、ミナトくん。やられっぱなしの甘ちゃん

悪魔
悪魔

やられたら、やり返せよ? どうせ捕まらないって……おまえの金を奪っていったヤツのようにさ!?

取り忘れたICカードでも、換金してすぐに逃げてしまえばだいじょうぶだ。落ちているICカードだったら、べつにもらってもいいんじゃないのか? 自分だけがこんな目に遭うのはおかしい、この苦しみはほかの人も知るべきだ!

私は、大切な人に危害を加えられた平和主義者が、復讐のため悪魔に魂を売り、血も涙も捨てた「非情の断罪者」になる心境の一片を、このとき垣間見たような気がしました。

しかし、そうはいっても、奪われたからといって(なんの関係もない人から)奪い返すのはちがいますし、置き引きは立派な犯罪です。

さすがにそういった現場に遭遇することがあっても踏みとどまることはでき、しばらくすると、悪魔もどこかへ消えていきましたが、パチンコ店に入り浸っていると、ここまで心がけがれていってしまうのか、と思わざるをえませんでした。

これが、「パチンコ店ICカード盗難事件」の一部始終です。犯人は、まだ捕まっていません。

(注:落ちているカードでも持ち主が従業員にすでに連絡していた、抜き忘れを従業員が事前に発見して動いていた、といった場合、店側はICカードにロックをかけ、清算はできないようにすることができます。この場合でも、カードを清算しようとすれば「窃盗未遂」になる可能性が高いので、悪いことはやめましょう)

今回のまとめ

・パチンコ店には負のオーラが渦巻いている
・負のオーラに飲み込まれてしまった者は悪魔の声を聞く
・置き引きは犯罪、落ちているカードもアウト

パチンコ店に渦巻く負のオーラを浴び続けていると、ふだんではけっしてそのようなことはしない人でも、悪事に手を染めてしまいそうになることがあります。

これは、以前勤めていたパチンコ店の社員も同じことをいっていましたし、実際に私の勤務中にも、店内で窃盗事件が起きたこともあります。また、なかには、最初から遊技目的で来ているのではなく、こういった取り忘れのICカードを狙ってホールを巡回している不届き者もいると聞きました。

それだけ、パチンコ店という場所の持つ、マイナスのエネルギーは大きいのです。

とはいえ、パチンコ店内は高性能な監視カメラだらけですし、先ほどのとおり、店側がICカードにロックをかけることもできるので、悪いことをすれば一発でバレます。もし、悪魔の声が大きくなるようなことがあれば、それを思い出してみてください。顔はカメラにバッチリ映りますよ。

まぁ、そもそもの話、パチンコ店に行かなければこんなことは起こらないので、パチンコ店には行かないに越したことはない、という話なのですが。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

Comment

  1. 通りすがり

    きちんと被害届を出しただけ偉いです
    私も以前4000円残ったカードを取り忘れて戻った時にはなくなっていて、店員に言ったら自分で警察にいって被害届出してくれと言われめんどくさくてそのまま帰った事があります
    こそ泥の思惑通りだと後悔してます
    少額でも、正直取り返すのが厳しいとわかっていても、ただ泣き寝入るのはこそ泥しか得しませんからね

  2. 投稿作成者

    私腹を肥やすために人から物を奪う人というのは、いずれ自分が奪われる側にまわるか、奪っただけの代償を払う権利を得ただけのようにも思います。
    通報はしなかったとしても、その不届き者は、いずれ報いを受ける時がくると思いますよ。犯人にとってはその4000円が、大きな利息になるのではないでしょうか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。