【パチンコをやめた秘技】重度の依存症だった私が辿り着いた最終手段

数々のパチンコをやめる方法を実践し、失敗し続けてきた私が最終的にパチンコをやめた方法についてお話しします。

パチンコをやめる方法には以前見てきたように自分一人でもできる方法があり、私はそれらを全て実践してきたのですがことごとく失敗し、もはやパチンコをやめるのは不可能だと暫くの間諦めていました。

ギャンブル依存症によってパチンコ店へ通い続けた10年に及ぶ間で、パチンコ店へ行かなかった期間はせいぜい1~2か月程度。それもどうしてもお金を作ることができなくて行けなかったといったような事情があった時ばかりでした。

そんな重度のパチンコ依存症だった私が、完全にパチンコをやめることに成功した方法について今回はお話しします。

関連記事

自分一人でもできるパチンコをやめる方法についてはこちら
【パチンコをやめる方法】依存症克服への第一歩!一人でもできる11の技

私がパチンコをやめることに成功した最後の方法

私はパチンコやスロットをやめるために、自分が考え得るありとあらゆる方法を試してきました。

パチンコ依存克服関連の本を読んだり、パチンコ店で働くことで内部事情を知ったり、自身の生活に制限を設けパチンコ店へ行けないようにしたり、できることはやってきたつもりでした。

しかし心のどこかでずっと、私はこう思っていたのだと思います。

「自分はまだ専門機関や自助グループのお世話になるほど酷くははない」

これが大きな間違いでした。ギャンブル依存症は程度によっては一人でもなんとかすることができると思います。しかし、重症と化してしまった場合、それはもはや自分一人の力でどうこうするというのは不可能に近いと私は思います。

ある日、私はパチンコによってこれまで味わったことがないような強烈なショックを受ける出来事を経験しました。そして私は思ったのです。

もうだめだ。一人の力では限界だ。これ以上はどうしようもできない。

そして私は電話を取り、専門機関へ電話をかけたのです。

リカバリーサポートネットワークへ電話をかけた

リカバリーサポートネットワーク(RSN)はパチンコ・パチスロ依存問題を解決するために設立された非営利の相談機関です。パチンコ店のトイレにポスターが貼ってあったりするので知っている方も多いと思います。

私も何年も前からこの相談機関の存在は知ってはいましたが、電話をかけようと思ったことは一度たりともありませんでした。それはやはり「自分は専門機関のお世話になるほどではない」と思い込んでいたからだと思います。

実際にリカバリーサポートネットワークに電話をした際、女性の相談員の方が私の現状や電話をかけるに当たった経緯などを聞いてくれ、いくつか提案をしてくれました。

  • 一回の遊技に使う金額を決められないか
  • 一回の遊技の時間を何時間までと決められないか
  • レートを落とすことはできないか

しかしそんなことができていればここに電話をすることもなかったでしょう。私はできそうにないことを伝えます。

recovery
相談員

そうですか……。ところで人と話すのは苦手じゃないですか?もし大丈夫そうでしたらGAという自助グループのミーティングがご自宅の近くで毎月開催されているので、参加してみてはいかがでしょうか?

こうしてRSNでの相談は終わり、私は電話を置きました。

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)とは、ギャンブル依存症を患っている本人向けの、依存症からの回復を目的とした自助グループです。

禁パチンコ・禁スロット関係の本を読むと大体出てくるので、この自助グループの存在も私は以前から知っていました。しかしこれも先ほどと同様に「自分は自助グループのお世話になるほどではない」と思い込んでいたので、それまでは自助グループのミーティングに参加しようとは思ったことすらなかったのです。

しかし今回ばかりは違いました。リカバリーサポートネットワークでの相談が終わってからすぐに、私はGAのミーティング開催日と最寄りの会場を調べます。

ここまできたらもう行くしかない。このエネルギーを無駄にしてはならない。そう思いながら最寄りの会場での開催日を調べました……が、なんと残念なことに最寄りの会場では開催日が全て予定がつかなかったのです。

私は東京在住なので少し移動すれば他にも会場は沢山あるのですが、最寄りの会場と決めたからにはそれ以外は行かないと、この時は変に意固地になっていて別の会場に行こうとは考えられませんでした。

しかし、この無駄な意地が功を奏したのです。

関連記事

RSN、GAなどの相談機関、自助グループについてはこちら
ギャンブルによる借金を家族や恋人に肩代わりさせてはいけない理由

パチンコ店に「行かない」ではなく「行けなく」する

この時、私の目の前にはこれまでにないほどの最大のチャンスが転がっていたと思います。この好機を逃せばこの先5年、10年と同じような好機は巡ってこないかもしれない。下手すると今を逃せば一生パチンコをやめることはできないかもしれない。

私は考えに考えました。これまで実践してきた方法だけでは、暫くの間うまくいったとしても、おそらくどこかでまた失敗してしまうことはわかりきっていました。

それならばもうパチンコ店に行けないように、指でも、腕でも、足でも、骨折させるしかないのか?自分の体を破壊すれば最低でも治るまでの数か月は行けないだろう。

物騒な話ですが、私は割と真剣でした。

しかし腕や足を骨折していてもパチンコ店に来る人は来ます。むしろ怪我ですることがないためパチンコ店へ行く頻度が多くなるという場合もあります。私はパチンコ店で勤務していたことがあるのでそういった状況はしばしば目にすることがありました。

それに実際問題として、怪我をしてしまえば仕事ができなくなり生活がままならなくなってしまうため、そんなことはできるはずがありません。

そんなことをあれこれ考えながら、これまでに実践してきた方法や、これまでの経験、パチンコ店の従業員として働いてきた際に見てきたことなど、それらの全てを加味して考えること数時間、私はついに答えに辿り着いたのです。

「そうか、パチンコ店を出禁になればいいじゃないか」

パチンコ店を出禁になる

私が辿り着いた答えは「パチンコ店を出入り禁止になること」でした。何をどうやってもパチンコ店へ行ってしまうのであれば、パチンコ店側から出入り禁止にされれば行きたくても行けないわけです。

実際にどうすればパチンコ店を出入り禁止になるのかはパチンコ店で働いていた時に数々の出入り禁止になった人を見たり、聞いたりしていたのでわかっていました。

関連記事

私が見てきたパチンコ店を出禁になった人の例はこちら
→ 【犯罪の温床】元従業員は見た!パチンコのルールと出禁になった人たち

しかし、パチンコ店を出入り禁止になるのは意外と簡単ではありません。店側のルールを破ったりしても大体は注意で済まされるため一発出禁とはなりません。一回で出入り禁止となるのは完全にアウトな場合、例えば器物損壊や窃盗、いわゆる不法侵入など、法律に違反する場合などです。

私はこんなことで法律に抵触したくはなかったですし、長年大切なお金を搾取され続けてきたとは言え長い間通っていたお店だったので、お店に迷惑をかけて出入り禁止になるというのは嫌でした。

そこで私は真っ当な方法で出入り禁止、もしくは出入り禁止と同等の状態になることを目指して動き出したのです。

私を取り巻くパチンコ店の環境

私の自宅周辺には数多くのパチンコ店がありました。自転車で移動できる範囲だけでも十数件のパチンコ店があり、電車を使えばそれこそいくらでもパチンコ店はありましたが、その中でも行くお店、行かないお店は決まっていました。

特に以下の2店舗に私は普段から通っていました。

  • 隣駅にあるA店・・・普段から通っていたパチンコ店。7~8年はずっとここに通い続けていた
  • 少し離れたB店・・・日用品などの買い物帰りに立ち寄っていたパチンコ店で、買い物の用事がなければ行くことはなかった

反対に、何があっても行かないお店も決まっていました。

  • 隣駅にあるC店・・・元々通っていたパチンコ店。遊戯中にICカードを盗まれたことから行かなくなった
  • 隣駅とは反対側にある数店舗・・・このエリアのパチンコ店で以前働いていたため

基本的には隣駅にあるA店とたまに行くB店で事足りていたので、わざわざ他のお店に行く必要もなく、新しいところに行ってみようと思うことはほとんどありませんでした。

隣駅にあるC店は、元々ここに通っていたのですが、取り忘れていた9千円分が入ったICカードをトイレに立った隙に何者かに盗まれてしまい、結局警察を呼ぶことになったのですが、その際の従業員とのやり取りで不信感を抱くことがあったため、その日から行かなくなりました。

隣駅とは反対側にある数店舗では、以前その中にあるパチンコ店で働いていたことがあり、お互いが他店の調査(他の店舗の従業員が紙とボードを持ってどれくらいお客さんが入っているのか、どれくらい出玉がでているのかをメモする業務)をしたり、使用された他店のメダルを返し合ったりしていたため、店を辞めたあとでそのエリアのお店に遊技をしに行くと、顔見知りの従業員に見つかったりするのが嫌だったので、店を辞めたあとはそのエリアのお店には行かなくなっていました。

このように、私の場合は行くお店、行かないお店がはっきりと決まっていて、特に行かないお店に関しては、隣駅にあるC店のような「この店には何があってもいかない」と思うような出来事があった所や、以前働いていたエリアの「パチンコをしている恥ずべき姿を知り合いに見られたくない」といった、ギャンブル依存症とは言え、自分が絶対に譲れない一線を越えてまでその店に行こうと思うことはありませんでした。

話は少し変わりますが、これは実際にあったことで、私がパチンコ店で多少の出玉を出していた時に、見ず知らずの40~50代くらいの男性からこのように話しかけられたことがあります。

男性
男性

パチンコで有り金全部すっちゃって家に帰れなくなっちゃったんだけど、お兄さん勝ってるみたいだし、交通費数百円でいいから恵んでくれない?

この方に対しては失礼ですが、私は例え同じ状況になったとしてもそんなことは口が裂けても絶対に言えません。何時間かかろうとも歩いて帰ると思います。

それは依存症によって苦しめられていても、自分の尊厳だけは守りたいからです。

要するに、何が言いたいのかというと、自分が絶対に譲れない一線を越えなければ店に戻れなくなる出来事を行きつけのパチンコ店で起こせば、出入り禁止にしてもらえなかったとしても、自分の尊厳を守るために二度と行くことはなくなるだろうということです。それも法律に違反しない内容で。

パチンコ店に出禁を申し出た

パチンコ店のルールを破らない、法律に違反しない内容でパチンコ店を出入り禁止になる、もしくは二度と行くことはなくなる状態にするには「パチンコ店に出入り禁止を申し出る」方法しかないと私は考えました。

しかし、最初から上手くいくとは思ってはいませんでした。

人を一人出入り禁止にする場合、まず社員は当然のこととして、全従業員と情報を共有しなければなりません。グループ企業の場合は全グループ店とその出入り禁止情報を共有しなければならなくなる場合もあるかもしれません。

また出入り禁止にした人が再び来てしまった時に誰も気づくことができなかった場合、使った金を返せと言いがかりをつけられ金銭トラブルに発展する可能性もありますし、パチンコ店側からすれば私のようなやめたくてもやめられない客がいるからこそ経営が成り立っているような部分もあります。

つまり、パチンコ店側からすれば、出禁を申し出た客の要望に応えるメリットが何もないどころかデメリットしかないわけです。そうすると私が直接出入り禁止を申し出ても一筋縄では行かないことは容易に想像ができました。

しかし出入り禁止にしてもらえなかったとしても、そのやりとりの最中で自分はもうここには来れないと思うようなことが起きれば、おそらく私はそのお店には行かなくなることはこれまでの傾向でわかっていたので、敢えてその出来事を起こす必要がありました。

私は「専門機関」の助けを借りてからここまでの考えに辿り着いた後、自分の中で出禁状態になる出来事を起こすため、最後に「家族」の助けを借りることにしました。

家族の助けを借りる方法

パチンコ店に二度と戻れなくなる出来事を起こす内容ですが、私にとっては「これ以上にない耐えがたい恥をかくこと」が一番効果的だと思われました。

醜態を晒したパチンコ店に再び行くなんてことは、尊厳を守るという意志が生きている以上、私にはできるはずがなかったのです。

私は家族に頼んで、長年通っていたパチンコ店(隣駅のA店)に一緒にきてもらうことにしました。考えるまでもないですが、いい年をしてパチンコ店に親を連れてきて出入り禁止にして下さいって、考えただけでも穴があったら入りたくなってきますよね。

だが、それがいい!

そんなことを仕出かしたお店には二度と行けるわけがありません。家族も私が病的パチンカーだったことは知っていたので二つ返事で快諾してくれました。

そして来たる、計画の決行日。もはや私に退路はありませんでした。

隣駅のA店に出禁を申し出た

隣駅のA店は長年通っていたので、お店の店長ともお互い会えば会釈するぐらいの関係ではありました。出入り禁止を申し出るにはお店の店長が一番よかったので、お互い顔見知りであることは私にとっては都合がいいことでした。

当日、私は家族を連れて、お店の店長が普段いる時間にパチンコ店へ向かいます。

湊
ミナト

これから大衆の面前で行うことはハラキリものだな……

生き恥をかく覚悟を決めたとはいえ、尋常ではなく気分は重たく感じられます。

パチンコ店は隣駅にあるのですぐに到着。私はいつものようにパチンコ店の中に入るとまずは店長を探しました。ここで店長がいないとかなり厳しかったのですが、運よく店長がいたので私はすかさず声をかけました。

boss
A店店長

ああどうも、こんにちは……どうかされたんですか?

私の隣にいるのが親であると店長はすぐに察してくれたようでした。私が相談したいことがあることを伝えると、空いているカウンターで話を聞いてもらえることになりました。

準備が整ったところで、私はこう切り出しました。

湊
ミナト

実はギャンブルに依存してしまっていて、自分で制御ができないので出入り禁止にしてもらいたいんです

boss
A店店長

そうでしたか……。せっかくお越し頂いたのですが、現状私だけの判断ではご要望にお応えすることができません……

boss
A店店長

ただ、1日の遊技上限金額を自己申告によって設定する「自己申告プログラム」を当店でも今後導入する予定があるので、もしプログラムが導入されましたら正式に申し込んで頂くということでも宜しいでしょうか……

「自己申告プログラム」とは2015年から運用が開始されたパチンコ・パチスロ依存(のめりこみ)防止策のことです。当時そんなものがあったことは私は知りませんでしたが、現段階ではこれが妥協点となり、話し合いは終わりました。

出入り禁止を申し出た結果

まさに切腹ものの生き恥を晒してきた私は(周りからじろじろ見られ続けたわけでもないので言うほど恥ずかしい思いをしたわけではないですが)なんとか無事に生還。

行きつけのパチンコ店を出入り禁止にしてもらうという目的を果たすことはできませんでしたが、当初の最大の目的でもあった「パチンコ店で恥を晒してくる」という目的は無事に果たすことができたのです。

思えばパチンコA店の店長は私が勝手に思い込んでいただけで、もしかすると店長ではなく、副店長や主任といった別の役職だったのかもしれませんが、今となってはそれはどちらでもいいこと。

結果から先に言うと、

この日から私は長年行き続けてきた隣駅のA店には一度も行っていません。

遂に私は悲願を成就させることに成功したのです。

出禁を申し出てからの葛藤

もちろん出入り禁止を申し出た日から突然スッパリとパチンコをやめられたわけではありません。やはりいつもの通り3日後にはパチンコ店へ既に行きたくなっていました。しかもその時はまだどうしても遊技したい台が隣駅のA店にはあったので尚更でした。

正直言うと私はパチンコA店へ行けなくなってしまったことを後悔していました。こんなことになるのであれば出禁を申し出るなんてことはしなければよかった。なんで自分はあんなことをしてしまったんだと。

「パチンコA店へ行こう。行っても大丈夫だろう。ばれなければいいんだ」

しかしどうしても出禁を申し出たパチンコ店へ再び行くことはできませんでした。私は1日に何回も何十回も同じことを繰り返し考えていました。

「行くしかない。いや無理だ。やっぱり行こう。いやどう考えても無理だ」

休日になると朝も昼も夕方も、何度もパチンコA店に行こうと思いましたが、お店に出禁を申し出たという事実が非常に強力なストッパーとなって私がパチンコ店へ向かうのを阻止します。

そしてそんな葛藤を繰り返すこと1~2週間、だんだんと毒が抜けてきたかのようにパチンコA店へ行きたい、あの台を打ちたいという衝動は明らかに収まってきたのです。

しかしパチンコ店に行きたい衝動が完全に弱ったわけではありません。私が次に考えることは決まっていました。

A店にはもう行けないから、たまにいくB店へ行こう。

少し離れたB店に行くようになった

買い物帰りなどにたまに立ち寄ることがあったパチンコB店は年に数回程度しか行かないような所で、滞在時間も買い物の帰りだったので短く、その実態を知ることはそれまでなかったのですが、少し行き始めてみると、客付きが悪い、全く出ていない、通路状態という三拍子が揃ったような店だったことがわかりました。

そもそもギャンブルは勝てる可能性が見えるからこそお金を賭けるのであって、最初から負けることがわかっていれば誰もお金を賭けたりはしません。可能性が薄かったとしても勝てるかもしれないという希望があるからこそお金を賭けます。

しかしこのパチンコB店では、その希望が全く見えなかった。

ここにいたら間違いなく負ける。この店はやばい。常に負け続けてきたギャンブル依存症の私でさえも危機感を覚え、お金を使うことをためらうほどの酷さでした。

このパチンコB店に関しては出禁を申し出る必要すらなく、私は何度かこの店に行った後自然と行かなくなってしまったのです。

依存症を克服するためのリハビリを始めた

パチンコA店には行けなくなり、B店に関しては毎回行く前に「A店であれだけのことをしておいてまだパチンコを続けるのか?」という葛藤があったことも幸いして行く気がなくなった結果、私は行くパチンコ店がなくなってしまったのです。

当時は新しいパチンコ店を探す気にもならなかったので、この「行く場所がない」うちに私はパチンコへの依存を克服するためのリハビリを開始。

リハビリの方法は以前見てきた【パチンコをやめる方法】依存症克服への第一歩!一人でもできる11の技です。

私は本当に必要な物や欲しい物、パチンコで勝ったらしたいと思っていたことにお金を使うようにして金銭感覚を戻していきました。

用事があって知らない場所へ行った時は無意識にパチンコ店を探してしまうので、用事を済ませたらすぐに家に帰るようにしました。

ある程度時間が経つと、財布にお札が入っていても、キャッシュカードを持っていてもパチンコ店へ行こうとは考えないようになりました。

毎日の終わりにはパチンコ店へ行かなかった自分を労い、カレンダーをめくりました。

そして私は、何度も希望を抱いては絶望し、手が届くことはないと諦めていた、それでも何年間もずっと思い描いていた、パチンコのない日常を取り戻すことができたのです。

今回のまとめ

私は家族の助けを借りてパチンコ店に出入り禁止を申し出る方法と、その後の一人でもできる方法を併用することで完全にパチンコをやめることに成功しました。これでもだめだった場合は自宅から離れている会場でも関係なく自助グループのミーティングに参加しようと思っていましたが、ひとまずはその必要はありませんでした。

また、パチンコ・パチスロ依存問題の対策として当時実施されていた、設定した遊技金額を超過した場合に声掛けで自粛を勧奨する程度だった「自己申告プログラム」は、現在「自己申告・家族申告プログラム」へと内容が強化され、家族の申告でも遊技者に入店制限をかけることができるようになりました。

私は直接出入り禁止を申し出るという方法を取らざるを得ませんでしたが、現在はプログラム導入店舗であれば、正式にパチンコ店を出入り禁止にしてもらうこともできますし、プログラムを導入していない店舗でも、店長の裁量によっては受け付けてもらえる場合もあります。もしそれがだめでも、用紙を持っていき入店制限をかけてほしいと私のように相談するだけでも効果は間違いなくあると思います。要はここにはもう「行けない」と思い込むことが大事なのです。

パチンコで負けるなどして「パチンコをもうやめたい」と思ったその時からパチンコ・パチスロをやめる機会は実はいつも目の前に転がっているものだと思いますが、心の中のどこかで「まだ何とかなる」と楽観視してしまっていると、その機会は目の前をただ通り過ぎていってしまいます。

しかし訪れた機会を離さないように、しっかりと掴んで活かすことができれば、依存症によって苦しめられてきた人生をも変えることができるでしょう。

未来は行動することでしか掴み取ることはできません。まさに今訪れているかもしれないこの好機、逃すことなかれ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す