【パチンコをやめた秘技】重度の依存症だった私がたどり着いた最終手段

数々のパチンコをやめる方法を実践するも、そのすべてが失敗で終了。しかし、私には最終手段が残されていました。

パチンコをやめる方法には自分一人でもできる方法がいくつもあり、私はそれらを実践してきたのですが、ことごとく失敗に終わってしまい、もはやパチンコをやめるのは不可能だ、としばらくのあいだあきらめてしまっていました。

いつもやめたいと思いながらも、ギャンブル依存症によってやめられない日が続き、パチンコ店へ通い続けた10年以上のあいだで、禁パチンコが続いた期間というのはせいぜい1~2か月程度。それも、どうしてもお金をつくることができなくて行けないといった事情があるようなときばかりでした。

けれども、私はついにたどり着いてしまったのです。重度のパチンコ依存者でも完全にパチンコをやめられる方法、それは、他者の力を借りる、他者に助けてもらうという方法でした。

パチンコをやめることに成功した最後の方法

パチンコ依存症関連の文献を読みあさりました。パチンコ店で働くことで内部事情を調査しました。自身の生活に制限を設けて、パチンコ店へ行けないようにしたりもしました。

私は、パチンコやスロットをやめるために、自身が考えうる、ありとあらゆる方法を試した、できることはすべてやってきたつもりになっていました。しかし、心のどこかではずっと、このように思っていたのだと思います。

「自分はまだ、専門機関や自助グループのお世話になるほどひどくはない」

ギャンブル依存症というものは、程度によっては一人でもなんとかすることができるものだと思います。ただ、それが重症と化してしまった場合は、もはや自分一人の力でどうこうするのは不可能だと思うのですが、誰もが「自分は重症だ」とはあまり考えないことに、この病の真の恐ろしさがあるのかもしれません。

ところが、そんなある日、私はパチンコによって、これまでにないようなショックを受ける出来事を経験し、そしてどうあがいてもやめられないパチンコに絶望しながら思ったのです。

「もう一人の力では限界だ、これ以上はどうにもならない」と。

そこで私は、初めて他者の力を借りる決意を固め、パチンコをやめるために、相談機関に電話をかけることにしたのです。

RSNに電話をかけた

RSN(リカバリーサポートネットワーク)とは、パチンコ・パチスロ依存問題を解決するために設立された非営利の相談機関で、パチンコ店のトイレにポスターが貼られているあれのことです。

私は、何年も前からこの相談機関の存在は知ってはいましたが、電話をかけようと思ったことは一度たりともありませんでした。それはやはり「自分は専門機関のお世話になるほどではない」と思い込んでいたからだと思います。

しかし、実際にRSNに電話をしてみると、思っていたよりもスマートに相談員が話を聞いてくれ、以下のような提案をしてくれました。

  • 1回の遊技に使う金額を決められないか
  • 1回の遊技の時間を何時間までと決められないか
  • レートを落とすことはできないか

ただ、そんなことができていれば、ここに電話をすることもなかったでしょう。私はできそうにないことを伝えます。すると、

recovery
相談員

人と話すのが苦手でなければ、「GA」という自助グループの会合がご自宅周辺でも開催されているので、そこに参加してみてはいかがでしょうか?

こうしてRSNでの相談は終わり、私は電話を置きました。

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)とは、ギャンブル依存症を患っている本人向けの、依存症からの回復を目的とした自助グループのことです。

GAの存在も以前から知ってはいましたが、これも先ほどと同様、それまでは自助グループのミーティング(会合)に参加しようと思ったことはありませんでした。しかし、今回ばかりは事情が違います。一度他者の力を借りようと決意したことで、こうなったら行くところまで行こうと思えてきていたのです。

RSNでの相談が終わると、すぐに私は、GAのミーティング開催日と最寄りの会場を調べました。ところが、残念なことに、これはすべて予定が合いません。

私は東京在住なので、少し移動すればほかにも会場はあったのですが、私は同じものがあるのであれば、基本的に近場しか行かないという主義なので、わざわざ遠くの会場に行こうとは考えられず、ひとまずGAは保留とすることにしたのです。

そしてこの選択が、功を奏しました。

関連記事

RSN、GAなどの相談機関、自助グループについて
ギャンブル依存症による借金でも家族や恋人に肩代わりさせるのは絶対NG

RSNにふたたび電話したときの内容詳細
【パチンコ依存症】無料の相談機関「RSN」に電話してみたときの内容詳細

パチンコ店に「行かないようにする」ではなく「行けなく」する

おそらく、このときの私はかつてないほどに動いており、その目の前には、過去最大級のチャンスが転がっているような気がしていました。

いまを逃せば一生パチンコをやめることはできないかもしれない。私は考えに考えます。これまで実践してきたような方法だけでは、しばらくのあいだはうまくいったとしても、どこかでまた失敗してしまうことはわかりきっていたからです。

そこでまず思いついたのが、指や腕、足をけがでもさせて、パチンコを打てない体にしてしまうという、やたらと物騒な方法です。

ただ、実際に私は、腕や足を骨折してでもパチンコ店に来る人を、以前働いていたパチンコ店で目撃しており、むしろ怪我をすることでパチンコ店に来る頻度が増えているというケースがあることも知っていました。

それに実際問題として、けがをしてしまえば仕事もできなくなってしまうので、そんなことはできるはずがありません。

そのようなことをあれこれ考えながら、これまでに実践してきた方法や、これまでの失敗、パチンコ店で働いてきた際に見てきたことなどを振り返っていると、私の頭にある「秘策」が浮かんできました。

それは、パチンコ店に行かないようにするのではなく、行けなくする方法で、かつ物騒ではない、まさに秘技ともいえる方法だったのです。

パチンコ店を出禁になるという荒業

私がたどり着いた答えというのは、「通っているパチンコ店を出入り禁止になる」という方法でした。なにをどうやってもパチンコ店に行ってしまうのであれば、パチンコ店側から出入り禁止にされてしまえば、今後は行きたくても行くことができなくなるからです。

そして、実際にどうすればパチンコ店を出禁になるのかも、パチンコ店で働いていた際に、数々の出禁になった人を見たり、聞いたりもしていたのでわかっていました。

ただ、そうはいっても、パチンコ店を出禁になるのは意外と簡単ではありません。

店側のルールを破ったりしても、だいたいは注意ですまされます。1回で出禁となるのは完全にアウトな場合で、たとえば、器物損壊や窃盗、不法侵入(ゴト行為)といった、法律に違反する場合などがそれにあたります。

当然ながら、私はこんなことで、自助グループを通り越してまさかの警察のお世話になんてなりたくはなかったですし、また、長年にわたってお金を搾取され続けてきたとはいえ、いちおう長いあいだかよっていたお店でもあったので、お店に迷惑をかけるのも嫌でした。

そこで私は、まっとうな方法でパチンコ店を出入り禁止、もしくは出入り禁止と同じ状態になることを目指して動きだしたのです。

私を取り巻くパチンコ店の環境

私の自宅周辺には数多くのパチンコ店があり、少し自転車で移動するだけでも十数件のパチンコ店があったのですが、私はパチンコ店も近場しか行かない主義なので、そのなかでも行くお店、行かないお店は決まっていました。

とくに、私がふだんからかよっていたのは、以下の2店舗となっていました。

  • 隣駅にあるA店・・・ふだんからかよっていたパチンコ店。7~8年はずっとここに行っていた
  • 少し離れたB店・・・日用品などの買い物帰りに立ち寄っていたパチンコ店。買い物などの用事がなければ行くことはなかった

基本的にはA店とたまに行くB店でこと足りていたので、わざわざほかのお店に行く必要もなく、新しいところに行ってみようと思うこともありませんでした。

反対に、なにがあっても行かないお店も決まっていました。

  • 隣駅にあるC店・・・もともとかよっていたパチンコ店。遊戯中にICカードを盗まれたことから行かなくなった
  • 隣駅とは反対にある数店舗・・・このエリアのパチンコ店で以前働いていたため、打ちに行くことはなかった

もともとは隣駅にあるC店にかよっていたのですが、取り忘れていた9千円分が入ったICカードをトイレに立った隙に盗まれてしまい、その際の従業員とのやりとりで不信感を抱くことがあったため、その日から行かなくなっていました。

また、以前働いていたパチンコ店があるエリアは、他店の調査(客入り、出玉等)などでお互いが顔見知りとなっていて、私は自分がパチンコをしている姿を知り合いには見られたくないので(恥ずかしいから)、店を辞めたあとはそのエリアには行けなくなっていたのです。

関連記事

結局警察を呼んだICカード盗難事件
パチンコ店で窃盗被害にあった(残高有のICカードを盗まれた)時の話

このように、私の場合は行くお店、行かないお店がはっきりと決まっていて、とくに行かないお店に関しては、C店のような「なにがあってもいかない」と思うような出来事があったところや、以前働いていたエリアの「パチンコをしている恥ずかしい姿を人に見られたくない」といった、ギャンブル依存症とはいえ、自分が絶対にゆずれない一線を越えてまではそのお店に行くということはなかったのです。

ところで、話は少し変わりますが、以前私がパチンコ店で多少の出玉を出していたときに、見ず知らずの40~50代くらいの男性から、このように話しかけられたことがあります。

男性
男性

パチンコで有り金全部すっちゃって家に帰れないんだ。お兄さん勝ってるみたいだし、交通費数百円でいいからくれない?

私は、たとえこの方と同じ状況になったとしても、そんなことは言えません。口が裂けても言えません。何時間かかろうとも歩いて帰ると思います。

それは、依存症によって苦しめられていても、自分の尊厳だけは守りたいからです。

ようするに私の場合、絶対にゆずれない一線を越えなければお店に行けなくなる出来事をパチンコ店で起こせば、出入り禁止になれなかったとしても、尊厳を守るために二度と行くことはなくなるだろう、と思われたのです。

それも、法律に違反しない内容で。

パチンコ店に出禁を申し出るという秘策

パチンコ店のルールを破らない、法律に違反しない内容でパチンコ店を出入り禁止になる、もしくは二度と行けないような状態にするには、「パチンコ店に直接、出禁を申し出る」しかないと私は考えました。

しかし、最初からうまくいくとは思ってはいませんでした。

お客さんを1人出禁にする場合、まず社員は当然のこととして、全従業員と情報を共有しなければなりません。グループ企業の場合は、全グループ店とその出入り禁止情報を共有しなければならなくなる場合もあるかもしれません。

また、出禁にした人がふたたび来てしまったときに、しばらく誰も気づけなければ、使った金を返せと金銭トラブルに発展する可能性もありますし、パチンコ店側からすれば、私のようなやめたくてもやめられない客がいるからこそ経営が成り立っているような部分もあります。

つまり、パチンコ店側からすると、出禁を申し出た客の要望に応えるメリットがなにもないどころか、デメリットしかないわけです。そうすると、私が直接出禁を申し出ても、一筋縄ではいかないことは容易に想像ができました。

ただ、お店を出禁になれずとも、そのやりとりのなかで「自分はもうここには来れない」と思わせるようなことが起きれば、おそらく私は、二度とそのお店には行かなくなると思われたので、この作戦が失敗した場合に備え、自分のなかで出入り禁止状態をつくるため、最後に家族の助けを借りることにしたのです。

家族に助けてもらうことにした

正式な出入り禁止が不可能だったとしても、二度と行けなくなると思える出来事がお店で起これば、それは事実上の出禁となにも変わりません。そして、私にとってのそれは「これ以上にない耐えがたい恥をかくこと」だと思われました。

醜態をさらしたパチンコ店にふたび行くなんてことは、尊厳を守りたいという意志が生きている以上はできるはずがありません。

私は家族に頼み、長年かよっていたパチンコ店(A店)にいっしょに来てもらうことにします。考えるまでもないですが、いい年をした男が、家族を連れてきて店を出禁にしてくださいって、考えただけでも穴があったら入りたくなってきますよね。

だが、それがいい……

そして来たる、壮大な出禁計画の決行日。もはや私に、退路はありませんでした。

隣駅のA店に出禁を申し出た

A店は長年かよっていたので、お店の店長とも会えば会釈するくらいの関係ではありました。出入り禁止を申し出るには、お店の店長がいちばんよかったので、顔見知りであることは私にとっては都合がいいことでした。

そして当日、私はお店の店長がふだんいる時間帯にパチンコ店へ。

これから大衆の面前で行うことはハラキリものだ。生き恥をかく覚悟を決めたとはいえ、尋常ではなく気分は重く感じられます。

boss
店長

ああどうも、こんにちは……どうかされたんですか?

パチンコ店に入ると、運よくいつもの店長が出迎えてくれ、しかし、私のただならぬ気配をすぐに察してくれもしたようでした。

私が相談したいことがあることを伝えると、空いているカウンターで話を聞いてもらえることに。

そして準備が整ったところで、私はこう切り出したのです。

湊
ミナト

じつは長年パチンコに依存していまして、自分では制御することができないので、お店を出入り禁止にしてほしいと思っています

boss
店長

そうでしたか……。せっかくお越しいただいたのですが、現状こちらとしてもできることが……

boss
店長

ただ、「自己申告プログラム」を当店でも今後導入する予定があるので、それが導入されましたら、正式に申し込んでいただくということでもよろしいでしょうか?

「自己申告プログラム」とは、2015年から運用が開始された、パチンコ・パチスロ依存(のめりこみ)の防止策のことです。当時はそんなものがあったことを私は知りませんでしたが、現段階ではこれが妥協点となり、話し合いは終わりました。

パチンコ店に出入り禁止を申し出た結果

まさに切腹ものの生き恥をさらしてきた私は(周りからじろじろ見られ続けたわけでもないので、いうほど恥ずかしい思いをしたわけではないのですが)、なんとか無事に生還することができました。

行きつけのパチンコ店を出禁にしてもらうという目的を果たすことはできませんでしたが、当初の最大の目的でもあった「パチンコ店で恥をさらしてくる」という目的は、無事に果たすことができたのです。

思えば、A店の店長は、私が勝手に思い込んでいただけで、もしかすると店長ではなく、副店長や主任といった別の役職だったのかもしれませんが、いまとなってはそれはどちらでもいいこと。

結果から先にいうと、この日から私は、長年行き続けてきた隣駅のパチンコA店には行かなくなりました。

ついに私は、悲願を成就させることに成功したのです!

出禁を申し出てからの葛藤

もちろん出入り禁止を申し出た日から、突然スッパリとパチンコをやめられたわけではありません。

やはり、いつものとおりで、それから3日後にはパチンコ店にすでに行きたくなっていました。しかも、そのときはまだどうしても遊技したい台がA店にはあったので(周辺の店舗にはなかった)、パチンコに行きたいという衝動は、なおさら大きなものがありました。

大丈夫、ばれなければいいんだ。

正直いうと、A店に行けなくなってしまったこと、出禁を申し出るなんて行動を起こしたことを私は後悔しており、数日間で急速に肥大化するパチンコ欲に従って、ふたたびA店に行こうと考えるようになりました。

しかし、冷静に考えて行けばばれますし、なに食わぬ顔でふつうにパチンコを打っているなんてことはできるはずもなかったので、私はただ行きたい欲求に耐えることしかできず、1日に何回も、何十回も同じことを繰り返し考えていました。

行くしかない。いや無理だ。でもやっぱり。いや無理か……

休日になると朝も昼も夕方も、呪文を唱えるかのようにぶつくさとつぶやき、なにか、「行く、行かない、行く、行かない」と、花びらをちぎる花占いを、頭のなかで1人やり続けているような状態となっていました。

……が、お店に出禁を申し出たという事実が非常に強力なストッパーとなって、私がパチンコ店へ向かうのを阻止したのです。

そして、そんな葛藤を繰り返すこと1~2週間、だんだんと毒が抜けてきたかのようにパチンコ店に行きたい、あの台を打ちたいといった衝動は、あきらかにおさまってきたのです。

それでも、パチンコ店に行きたい衝動が完全に弱ったわけではありません。私が次に考えることは決まっていました。

A店にはもう行けないから、たまにいくB店に行こう、と。

今度は少し離れたB店に行くようになった

買い物帰りなどにたまに立ち寄ることがあったパチンコB店は、年に数回程度しか行かないようなところで、滞在時間も買い物の帰りだったので短く、その実態を知ることはそれまでありませんでした。

ところが、少し行き始めてみると、B店は超絶的なボッタ店だったことが判明。

そもそもギャンブルは、勝てる可能性が見えるからこそお金を賭けるのであって、最初から負けることがわかっていれば、誰もお金を賭けたりはしません。可能性が薄かったとしても、勝てるかもしれないという希望があるからこそお金を賭けます。

しかしこのB店では、その希望がまったく見えませんでした。

ここにいたら間違いなく負ける。この店はやばい。つねに負け続けてきたギャンブル依存症の私でさえも危機感を覚え、お金を使うことをためらうほどのひどさでした。

現金投資がかさんでくれば、負けたお金を取り返したくなるので制御は効かなくなりますが、その現金投資をそもそもする気にならないのです。

このB店に関しては出禁を申し出る必要すらなく、何度か行ったあとに、自然と行かなくなってしまいました。

ギャンブル依存症を克服するためのリハビリを始めた

A店には行けなくなり、B店に関しては毎回行く前に、「A店であれだけのことをしておいてまだパチンコを続けるのか?」という葛藤があったことも幸いして、行く気がなくなってしまった結果、私は行くパチンコ店がなくなってしまいました

当時は新しいパチンコ店を探す気にもならず、この「行く場所がない」うちに、私はパチンコ依存を克服するためのリハビリを開始。

リハビリの方法は、以前ご紹介した一人でもできる方法(【厳選】パチンコをやめる11の方法でギャンブルへの依存を断ち切ろう!)です。

私は、ほんとうに必要なものや欲しいもの、パチンコで勝ったらしたいと思っていたことにお金を使うようにして、金銭感覚を戻していきました。

用事があって知らない場所に行ったときは、無意識にパチンコ店を探してしまうので、用事をすませたあとはすぐに家に帰るようにしました。

ある程度時間が経つと、財布にお札が入っていても、キャッシュカードを持っていてもパチンコ店に行こうとは考えないようになっていき、毎日の終わりには、パチンコ店へ行かなかった自分をねぎらい、カレンダーをめくりました。

そして私は、何度も希望を抱いては絶望し、手が届くことはないとあきらめていた、それでも何年間もずっと思い描いていた、パチンコのない日常を取り戻すことができたのです。

今回のまとめ

・自分一人の力では限界と感じたら人の力を借りよう
・出禁または出禁と同等の状態になれば、パチンコ店には行けなくなる
・現在はパチンコ店を「正式」に出禁にしてもらえるようにもなりました

私の場合は、家族の助けを借りてパチンコ店に出禁を申し出る方法と、その後の一人でもできる方法を併用することで、脱パチンコに成功しました。これでもダメだった場合は、自宅から離れていても、自助グループの会合に参加しようと思っていたのですが、ひとまずはその必要はありませんでした。

また、パチンコ・パチスロ依存問題の対策として当時実施されていた「自己申告プログラム」は、現在「自己申告・家族申告プログラム」へと内容が強化され、家族の申告でも、遊技者に入店制限(出入り禁止)をかけることができるようになりました。

私は知らなかったこともあって、なにも持たずにパチンコ店に乗り込みましたが、現在はプログラム導入店舗であれば、正式にパチンコ店を出入り禁止にしてもらうこともできますし、プログラムを導入していない店舗でも、店長の裁量によっては受け付けてもらえる場合もあります。

もしそれがだめでも、申請用紙を別で入手してパチンコ店に持っていき、入店制限をかけてほしいと私のように相談するだけでも、間違いなく効果はあると思います。ようはここにはもう「行けない」と思い込むことが大事なのです。

パチンコで負けるなどして「もうやめたい」と思ったそのときから、じつはパチンコをやめる機会は目の前に転がっているものだと思いますが、心のなかのどこかで「まだなんとかなる」と楽観視してしまっていると、その機会は目の前をただ通り過ぎていってしまうのかもしれません。

しかし、訪れた機会を離さないように、しっかりとつかんで生かすことができれば、依存症によって苦しめられてきた人生をも変えることができると私は感じました。

未来は、行動することでしかつかみ取ることはできません。どのタイミングで機会が訪れるかは人ぞれぞれだと思いますが、もしかすると、それはまさにいまということもあるかもしれません。

パチンコをやめたいと思う皆さんが、そういったチャンスをみごとにつかみ取れることを、私は心から願っています。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す