パチンコは負けを取り返す!の思考をしたらもう勝てない【じゃあどうする?】

ギャンブル(パチンコ)は「負けを取り返す」の思考をした時点でもう勝てない

パチンコをしていると負けますが、とくにその日の負けは、その日じゅうに取り返したくなりますよね。

あせるネコ

なんとしてもこの負けだけは……

今週、今月、先月の負けでもそう。

とにかく私たちは「ギャンブルの負けはギャンブルで取り返す」の思考におちいってしまいます。

でも、残念ながらその思考をしてしまった時点で、じつはもうアウトだと元依存者の私は思うわけです。

この記事でわかること
  • ギャンブルの負けを取り返したくなる心理
  • パチンコ店で粘ったさきにあるもの
  • 負けを取り返すための3つの対策方法

結論からさきにいいましょう。

ギャンブルで負けを取り返すなんて、9割くらいの人にはできないことなので、あきらめたほうがいいです。

ただ、そんな「諦めましょう」で納得できる話ではないと思うので、本記事では、

  • なぜ負けは取り返せないのか?
  • それじゃあどうすればいいのか?

こういったことをお話ししていきます。

最後まで読んでもらえれば、今後は「負けない人生」を歩めるようになると思います。どうぞごらんください。

目次

ギャンブルで「負けは取り返す」になるのはなぜか

イブスター店長

負けたままで帰るわけにはいかない!

そもそもの話、私たちはどうしてギャンブルでの負けを取り返したくなるのか?

このことから見ていきましょう。

つぎのような理由があるからです。

取り返す!の心理
  • 人は得た(勝った)喜びよりも、失った(負けた)痛みのほうを強く感じるから
  • 人は失った状態になると、リスクを背負ってでもそれを回避したいと考えるようになるから

心理学で有名な「プロスペクト理論」というものですね。

こういった人間が持つ根本的な心理がかかわっているので、だれもが負けを取り返したくなるのです。

さらにいうと、ギャンブルは「遊び」です。

ミナト

本来は「趣味」の遊びですよね

勝負……とはいえ、遊びで大切なお金を失っているわけです。

でもギャンブルは、ふつうの趣味(使えばお金がなくなる)とはちがって、お金が増える「可能性」がある。

そうなると、どうしてもこのように考えるようになってしまいます。

勝負師

楽しかったからそれでいい……とはならん!

それもあって、負けたままではやめられなくなってきてしまうのです。

パチンコやスロットの場合、楽しませてすらくれないパターンも多いので、よけいに負けを取り返したくなってしまうでしょう。

9割は負けを取り返せないとする理由

では、どうして9割は負けを取り返せないとするのか?

ミナト

これを見ていきましょう

さきほどの「プロスペクト理論」は、投資でよく登場するものですが、FXなんかは9割が負けるといわれています。

FXで負ける最大の理由、それは「損切り」ができないことにあると私は思います。

損切り:マイナス(負け)の状態で取引を確定させて資産を減らすこと。

取引をマイナスで確定させてしまえば、その勝負は負けでおわり。

損切りをしないで耐えていれば、もしかすると(値動きがあって)負けを取り返せるかもしれない。

でも結局ダメで、負けを増やして終了。

こうやってFXでは多くの人が負けていくわけです。

ミナト

これはパチンコからFXへの移行で私も経験しました

そしてこれは、パチンコでもおなじことが起こりますよね。

そう、負けたままでは帰れず、取り返そうとがんばった結果、負けを増やして閉店するあれです。

イブスター店長

だれもが経験してきたやつだな

パチンコもFXとおなじく、9割が負けるといわれています。

ギャンブルには胴元(運営側)がもうかる仕組みがあり、パチンコも負けるようにできているから。

ただ、これも結局は、「負けを受け入れられないからこそ」ではないかと思うのです。

パチンコは深追いするからこそ負ける

パチンコ店がもうかる仕組みをすこし補足しておきましょう。

ギャンブルには胴元の取り分(抜き)が設定されていて、これは当然パチンコ店もいっしょです。

ミナト

ちなみに、パチンコの抜きは10~15%とされています

でも、5万円持っていったら5000~7500円(10~15%)の負けですむでしょうか?

いや、そうはならないですよね。

なぜかというと、負けを取り返すためにも深追いしてしまい、私たちは不利な勝負をしてしまうからです。

イブスター店長

時間はないけど一発当てられれば……

残り時間がすくなくても、低設定が濃厚でもおかまいなし。

そこに負けを取り返せる「可能性」が見えれば、いくらでもお金を突っ込めてしまいます。

……で、負けがすこしだったとしても大きく負けていくと。

  • FXは損切りができない、パチンコは負けたまま帰れない
  • もともと勝てないものが「取り返す」によってさらに勝てなくなる

つまりギャンブルは、

「負けを取り返す」なんてことを考えだした時点でもう勝てない

こういうものなのです。

負けを受け入れられなかった時点で、「負けを増やす未来」しかそのさきにはないから!

イブスター店長

……!!

9割が負けるというのは、ふつうの人はそうなってしまうからこその話。

ギャンブルに依存症状がでてくるとなれば、この「勝てない」はほぼ確実になってしまうでしょう。

負けたまま帰るなんて、絶対にできなくなってくるからですよね。

おすすめの借金減額シミュレーター

パチンコは借金があるとよけいに負けを取り返したくなります。この場合は無料の減額シミュレーターも使ってみてください。

なら4つの質問に答えるだけ。払いすぎた利息があれば返してもらえるのでオススメですよ。

>> 減額診断の使い方はこちら

パチンコで負けを取り返す行為の先にあるもの

  • だれもが負けは取り返したくなる
  • しかしその思考をした時点でもう勝てない

ここまでで、以上のことがわかりました。

そうなると、

取り返したい人

じゃあ、どうすれば……?

という話になってきますが、そのまえにつぎのことを確認しておきましょう。

パチンコに行って負けると「ふつうの人はどうなってしまうのか」という話です。

閉店間近
  • 負けている状態でむかえた閉店間近の21~22時
  • 店内BGMは最後のひと勝負を煽り、お客さんは何発か当てようと完全告知台に結集

スロットのコーナーでよくあるやつですよね。

イブスター店長

その姿はまさに「必死」……

はたから見れば、異常としか思えない光景ともいえます。

ただ、この時間は「その日の負けを取り返す最後のチャンス」なので、そうならざるをえません。

とはいえ、ここで運よく負けを取り返せたとしても、状況は悪化していく一方だと私は思うのです。

パチンコは「粘ると負ける」がくりかえされる

  • 疲れていてもう帰りたい、必死になっているのがばからしい
  • 出玉がさっさとなくなれば帰れるのに……と思うも帰れない

パチンコ店で粘っていると、だいたいこんな感じになります。

そしてこの場合、私たちにはつぎの2つの未来が用意されています。

  1. 奇跡的に負けを取り返せる
  2. 結局ダメで負けを増やして閉店終了

ただ、どっちにしろまたパチンコ店には行きますよね。

以下のとおり、どう転んでもまたパチンコに行きたくなるからです。

取り返す or 負け
負けを取り返せた場合

勝ったような、すべてがまるく収まったような気になってまた行きたくなる。

負けを増やした場合

その日は二度と行くかと思うも、数日後には傷が癒えてまた行きたくなる。

イブスター店長

と、いうことは……?

そう、パチンコは粘れば粘るだけ(その日は取り返せても)負けていくのです。

勝っても、負けても、引き分けでもダメ。

結局はまた行くので、「負けを取り返す」思考をしてしまうかぎり、やればやるだけ負けていくことでしょう。

パチンコは引き分けも勝ち負けと変わらないと私は感じます。

そうなると、しんどい思いをしながら粘っているあの時間は、むだ以外のなにものでもないといえます。

それなら、こんな生産性のないことは、もうおわりにするしかないですよね?

負けを取り返したくなった時の3つの対策方法

負けを取り返そうとする思考が負けを誘発する。

そんなことはわかっていても負けは取り返したくなるもので、これをどうにかするのはむずかしい。

とはいっても、対策方法がないわけではないので、最後にこれを3つご紹介します。

ミナト

今後は負けない人生のために……

どうぞごらんください!

1. 家に帰ってパチンコをやめる

家に帰ってパチンコをやめる

パチンコでの負けを取り返したくなったとき、そこをなんとかこらえて「家に帰る」というワザがあります。

これが1回でもできると、なんと、そのままパチンコをやめられる可能性がでてきます。

となると、今後は取り返すもなにもなくなりますよね?

ミナト

そもそもパチンコに行かなければ負けないですからね

前述したように、うまく立ち回れる人なんていうのは、1割くらいしかいません。

そうだったら、もうパチンコ自体をやめてしまうのが、じつはいちばんいい方法なのではないでしょうか?

10年以上にわたってパチンコ・パチスロに依存してきた私の場合、

  • 負けている
  • 閉店間近でも粘っている
  • まだ出玉はいくらか残っている

こういった、ようは「やめようと思えばやめられる」状態で家に帰れたのは、じつは数えるくらいしかありません。

イブスター店長

出玉を交換するのも面倒くさくなるからな

ただ、この「途中で家に帰る」ができたとき、考え方にはあきらかな変化を感じることができていました。

わりとまじめにパチンコをやめようと思えた、という変化です。

精神エネルギー「大」を目指せ

  • 粘って負けを取り返せれば、結果は最悪ではなかったと変に納得してしまう
  • 粘って負けが増えれば、負けを取り返しに行こうと結局またパチンコに行く

ところが、途中で帰るという英断をくだせると、「もうパチンコはやらなくてもいいという解放感」を味わえたりもします。

そして、こういった精神エネルギーが大きいときは、パチンコをやめられるチャンスとなります。

ミナト

逆にいうと、そんなときくらいしかやめようと思えません

途中で帰る行動は、そのような精神エネルギーを生み出すことにつながります。

だからこそ、負けを取り返そうと粘っているのなら、あきらめてさっさと家に帰ったほうがいいのです。

ふだんは「パチンコに行きたい」にしたがっているのなら、「早く家に帰りたい」にもしたがっていいのでは?

「帰る」というたったひとつの行動をするだけ。

それだけで、今後は負けない人生を歩める可能性がでてきます。

ですから、個人的には「家に帰る」のがベストなように感じますよ。

周りのお客さんはみんな帰っていって、自分の台の音だけが響くあのイヤな時間。さっさと帰宅して、こんな悪夢はもう終わりにしましょう。

2. 理論上勝てる台しか打たない

理論上は勝てる台しか打たない
取り返したい人

いや、パチンコをやめるとかいう話じゃないんですよ

こういうと、そう感じたりもすると思うので、つぎの対策をご紹介しましょう。

今後は「理論上勝てる台しか打たない」という方法です。

イブスター店長

そんな台はあるのか?

スロットなんかだとよくありますよね。

設定1でも「完全攻略で機械割が100%を超える」台です。

たとえば、フル攻略で103%の台を月8回ぶん回したとすると、期待値は以下のとおりとなります。

期待値を追う方法
  • 3枚×8000回転×103%-3枚×8000回転=720枚(1日の期待値)
  • 720枚×月8回=5760枚=11万5200円(1か月の期待値)

もちろん、目押しミスや換金率でも変わってきますが、理論上勝てる台だけやっていれば期待値はプラスになります。

ただし、この方法を成功させるにもアレが関係してきます。

イブスター店長

負けたまま帰れるか、だな

期待値はあくまで期待値で、かならずしもその日がプラスでおわるとはかぎりません。

つまり、負けたら負けたでそれを受け入れられなければ、結局はこの方法を駆使しても負けていきます。

調子がわるいときでも深追いしてしまったり、台移動をしてほかで負けを取り返そうと考えてしまうからです。

ミナト

私も結局はこれでダメでした

「その日の負けをその日に取り返そうとしない」

これができなければ、期待値プラスの台を追いつづけていても(これまでの)負けは取り返せません。

そしてこれは、おそらく1割くらいの人にしかできないことなので、個人的にはやはりおすすめできないです。

3. 負けは働いて取り返す

負けは働いて取り返す

最後の方法は、「負けは働いて取り返す」というものです。

最初のほうでお話ししたとおり、パチンコなどのギャンブルは「遊び」です。

そこに使ったお金を「遊び」で取り返そうと考えることが、そもそもまちがっているともいえないでしょうか?

ミナト

なので、働いて取り返すと

私はパチンコ・パチスロで1000万円以上負けてきましたが、年収が200万円でも5年働けば取り返せます。

年収が足りないのなら、副業でかせいでもいい。

私もやっているブログなんかは収益化もできるので、そこで負けを取り返すことだってできるでしょう。

遊びで使ったものは、遊びで使ったものとして割り切る。

1つめのパチンコをやめる方法と駆使すれば、今後はプラスにしかなりません。

負けることがいっさいなくなり、これからは勝つだけの人生になるのではないでしょうか?

そんなわけで、負けを取り返したくなったときは、

  1. さっさと家に帰る
  2. パチンコをやめて働く

この合わせ技がベストなのではないかと、パチンコをすでにやめた私は思いますよ。

今回のまとめ

  • 負けを取り返したくなるのはだれもがそう
  • しかしその思考に入った時点でギャンブルは勝てなくなる
  • パチンコをやめれば今後は負けることない

負けを取り返すために粘る時間は、完全告知台のランプをおしぼりでかくす以上にむだな気がします。

それでも、負けは取り返したくなるものですし、その思考を断ってうまく立ち回るのはほんとうにむずかしいです。

それなら、もうパチンコをやめてしまうのが、やはりいちばんなのではないでしょうか?

いや、1割の人間になれば……

そう、だれもが「自分は特別な人間だ」と考えたくなります。

でもパチンコには、強い依存性があり、やればやるだけ依存症状がでてきます。

そしてギャンブル依存症になってしまえば、もう1割もなにもありません。

負けを取り返そうとして負けつづける「養分」になるだけです。

ですから、負けるだけの人生は、もうこのへんでおわりにしましょう。

その日に取り返せる金額なんてたかが知れていますし、パチンコをつづけていれば、負けはうん百万円単位で増えていくと思います。

ミナト

そんなわけで、

たまにはさっさと家に帰るか、パチンコに行かない努力をしてみましょう。

ふだんとちがう行動を起こせれば、ふだんとちがう結果がきっと出ると思います。

そうやって元依存者の私も、パチンコではなく「人生での勝ち」を目指す生活を手に入れられましたよ。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次