【解脱術】パチンコがどうしてもやめられない時に取るべき手段&究極の一手

何度やめようと心に誓っても、どうしてもパチンコがやめられない。そんなときは、最後の一手が残されています。

思いつくかぎりのことはやった。それでも、どうしてもパチンコやスロットがやめられない。もうパチンコなんてやめたいのに、どうあがいてもやめられない。

ギャンブル依存症という病気を患ってしまうと、こういったことはふつうに起こりうることだと思いますし、かくいう(元重度のギャンブル依存者だった)私も、10年以上はそのような状態がつづいていました。

しかし、あきらめるのはまだ早いかもしれません。そんな私でもパチンコをやめることができ、現在はギャンブルのない生活を送ることができているからです。つまり、重度のギャンブル依存症でパチンコがやめられなくても、適切な方法を駆使していけば、パチンコをやめることはできるのです!

今回は、なぜパチンコがやめられなくなってしまうのか、その理由や心理について解説しつつ、まずは自分でもできることや、人に助けてもらう方法など、ギャンブル問題をかかえている方にぜひためしてもらいたい解決策をご紹介するとともに、それでもどうにもならないという方のため、最後かつ究極の一手もあわせてご紹介することにしたいと思います。

パチンコがやめられない理由・心理

パチンコなどのギャンブルから得られるスリル・興奮は、私たちの脳に「快楽」の感情をあたえますが、この「ギャンブル行為  快楽の補給」が常習的におこなわれるようになると、私たちの脳には「快楽」への耐性ができていき、これまで味わってきたスリル・興奮では、しだいに満足できないようになっていきます。

最初は5000円でドキドキ、そのうち2万~3万円でハラハラ、ついには5万~8万円くらいはあたりまえ。

パチンコはレートが決まっていて営業時間もあるため、使用できる金額には、ある程度(といっても大きな金額ですが)の制限がかかります。そこで、8万円前後くらいの金額に慣れてしまえばどうでしょう。

この「耐性」によって、ほとんどの場合はパチンコに行っても、私たちは満たされてなくなってしまっているのではないでしょうか?

もっとやりたい。もっと勝ちたい。もっとスリルを感じたい。

快楽を求めつづけるギャンブル依存症になってしまうと、脳は、なんとか底の深いプールを快楽で満たそうとします。パチンコをやめたかったとしても、脳はギャンブル行為をやめることをゆるしてはくれず、私たちの意志とは関係なく、私たちをパチンコ店へといざなうのです。

さらには「プロスペクト理論」といって、人は負けた(お金を失った)ままでは引けなくなってしまう傾向があり、これによっても、基本は負けるパチンコで「負ける  取り返そうとする  やめられない」という流れが生まれます。

満足せずに快楽を求めつづける脳、負けてもやめられずにのめりこむ心理、そしてこれらのエンドレスループ。

こうなって(ギャンブル依存症になって)しまえば、そう簡単には、この流れから抜け出すことはできなくなってしまうでしょう。

パチンコがやめられない時にまずはすべきこと

ギャンブル依存症になってしまうと、あらゆる観点から見ても、パチンコをやめられなくなってしまうものと感じますが、最後の一手にいくまえに、いくつかためしてみてもらいたいことがあるので、さきにそちからからお話しします。

最後の一手は、最後の一手というだけあって、危険がともないます。安全でかつ効果的な方法でパチンコをやめられれば、それに越したことはありません。まずはそういったものから見ていきましょう。

1. 一人でもできる方法から始める

パチンコがやめられないときの対策としては、自分ひとりでもできる方法がいくつかあります。そんななかでもまっさきにしておきたいのが、「やめようと思うだけではなく行動を起こす」ことと、「借金がある場合は借金問題の解決を目指す」こと。

パチンコで負けると、だれもが最初はやめようと思います。しかし「思う」だけでは3日とその「思い」はもちません。

日々の習慣が変わらなければ、パチンコにかよう習慣も変わらないので、以下の「パチンコをやめる方法」などを参考に、まずはなにか行動を起こしてみてください。

また、借金がある場合は、その借金があるだけでパチンコに行きたくなり(負けてできた借金をパチンコで取り返そうと考えたくなる)、お金を借りられることで、よけいにギャンブル行為に歯止めがかからなくなってしまいます。

借金がある場合は、借金問題の解決に本気で取り組むこと。

これがあるとないとでは、まるで話が変わってきます。借金があれば簡単にお金を借りてしまいますが、借金を完済して消費者金融などを解約すれば、まずお金を借りてパチンコに行こうとは考えなくなります。

すでに借金問題で詰みかけている場合は、6都府県に拠点を置く司法書士事務所が運営する「司法書士法人みつ葉グループ借金の減額診断」という、無料の借金減額シミュレーターもあるので(結果は要電話回答)、どうにもならない場合は、そういったものの利用もぜひ検討してみてください。

2. 人に助けてもらう(力を借りる)方法

自分ひとりでもできる方法だけではむずかしいときは、より強力な効果も見込める、人に助けてもらう方法も検討してみてください。

他者の力を借りる方法には、GA(ギャンブラーズ・アノニマス)という、ギャンブル問題からの回復を目的とした自助グループに参加する方法や、リカバリーサポートネットワーク(RSN)という、パチンコ・パチスロの依存問題を解決するために設立された相談機関を利用する方法、またはRSN主催の相談会に行く方法などがあります。

家族や恋人に協力してもらうのもいいですが、これは私の経験上、あくまで間接的な協力(たとえば借金の返済を監視してもらうなど)でないと、逆効果になってしまうことのほうが多いと感じたので、注意が必要となります。

相談機関や家族・恋人に協力してもらう方法については、以下の関連記事にも書いてありますので、よろしければこちらもご参考にしてみてください。反対に、彼氏や旦那さんがパチンコをやめられなくて困っているという方へは、2番目の関連記事に対策を記してあります。

関連記事

人に協力を頼む際の注意点と自助グループ
【共倒れ】パチンコ依存症での借金でも家族に肩代わりさせるのは絶対NG

彼氏や旦那さんが依存症というケースはこちら
ギャンブル依存症の彼氏や旦那にパチンコをやめさせる方法を経験者が考案

また、パチンコ・パチスロ産業21世紀会という団体による、依存症対策の取り組みの一環であり、パチンコ店に入店制限などを申し出ることができる「自己申告・家族申告プログラム」というものを申し込む方法もひじょうに有効です。

同プラグラムは、申し込むだけで「正式に」パチンコ店を出入り禁止になることができるもので、いわばパチンコ店にパチンコをやめることを協力してもらえる方法。

法的な拘束力があるものではないことから、最終的にパチンコ店に行くか行かないかは、自身の判断にゆだねられるとはいえ、出入り禁止になったパチンコ店に行くのか? といったら行けるはずもなく、申し込み一発でそのパチンコ店には行かなくなります。

すでに私も、2回ほど同プログラムを利用したことがありますが、とんでもなく強力な効果があることは実証済みなので、ほんとうに困っている方は、このプログラムの利用もぜひ検討してみてください。

最終奥義「解放」の成功率は約50%

ここまでの方法を駆使すれば、そう低くはない確率でパチンコからは遠ざかれると思うのですが、やはりギャンブル依存症は根が深い病なので、それでもダメという方もおそらくいらっしゃることでしょう。

そこで、ここからは、「やれるだけのことはやった。それでもパチンコがやめられない」という方のため、最後かつ究極の一手についてお話ししていきます。

その方法とは、本気でいくところまでいく、すなわち、限界までパチンコにお金をぶち込むという捨て身の作戦。

さきにいっておきますと、この方法は、かなりの荒療治なので、あまりおすすめはできません。背負うリスクも大きく、成功する確率もよくて50%くらいだと思います。

ただ、そのような大きなリスクを背負うだけの効果もあることは私が実証済みなので、奥の手ということでご紹介しましょう。

限界までいくところから全ては始まる

そもそもなぜパチンコがやめられないのかというと、ものすごく根本的な部分の話をすれば、パチンコに使うためのお金があるからであって、消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングから、お金を引っ張ってこれるからこそパチンコに行くことができます。

限界までお金をぶち込むというのは、基本はその限度額いっぱいまでいくこと。ほんとうにもうお金を調達できないところまでいくことを指します。

休日は朝からパチンコ店に入りびたり、夕方からでも、時間がなくてもパチンコ店に行き、閉店まぎわでもかまわずに追加投資。勝ち負けなんて関係なく、スロットの場合は低設定だろうが、敗色濃厚だろうがぶん回し、欲望のおもむくまま、むさぼるようにひたすらパチンコを打ちつづける。

そんなことをつづけていれば、すぐにお金がなくなると思いますし、契約している消費者金融などからも、(これは各自の限度額にもよりますが)お金が借りられなくなってしまうのは時間の問題で、どこからも、ほんとうに1円たりともお金が借りられないという状況に、はやばやと到達してしまうのではないかと思います。

するとどうでしょうか。このような状況になったことでしか生まれない、ある感情が私たちのなかで芽生えるのです。

「終わった…………

この「終わった」というのは、人生が終わったという絶望ではありません。もうパチンコに行かなくていいんだ、もうパチンコの呪縛から解放されたんだ、もう自分は自由なんだという、絶対的な安堵感と解放感です。

もしかすると、薬物依存者が警察に捕まったことでいうところの、「もうやらなくていいんだ、ほっとした」という安心感に近い感情なのかもしれません。

これは、人それぞれの経済状況による部分が大きいと思いますし、べつに限度額いっぱいまでいかなくてもすむケースもあるかと思いますが、いずれにせよ、自身の許容範囲や限界を超えて負けなければ起こらない現象だと思います。

そしてこの感情こそが、ギャンブル依存症の克服に向けた初動に、とんでもないブーストをかけるのです!

解放感の持続期間「解放期間」中にやるべきこと

すべてのお金を使い果たすか、許容範囲を超えてお金を失ったことで生まれる「パチンコから解放された安堵感」は、最低でも3~7日はつづくと思いますし、場合によっては1~2週間ほどつづくこともあると思います。

しかし、ここで安心してはいけません。最終奥義を完遂させるには、このブースト期間中にあることに気づかなければならず、かつ、できるかぎりのことをしなければならないのです。

「パチンコ店に出入り禁止を申し出る? そんなの恥ずかしくてできないよ。相談機関に相談? もうそんなのは必要ないさ。だって、もうパチンコはおわったんだから……

おそらく、この境地に初めて達した方は、このように考えることでしょう。ところが残念なことに、それだけではほぼまちがいなくまたパチンコに行きます。これはもう断言してもいいかもしれません。

それは失敗する人間の思考であって、成功する人間の思考ではありません。成功者になるためには、このように考えなければならないのです!

「この気持ちよさが永遠につづくように、パチンコにはここでトドメを刺そう」

これまでの経験をふりかえってみれば、またパチンコに行く自分が、容易に想像できるのではないでしょうか? やれるだけのことはやったと思っていても、まだやれていないことがたくさんあるのではないでしょうか?

この解放期間中は、これまでの「もうパチンコはやめよう」とは、意志のレベルがまったくちがっていることと思います。

まだパチンコはおわってはいない。トドメを刺さなければ、ギャンブル依存症は何度でもよみがえる。ここでは、そのことを認識し、トドメを刺すための行動、それこそ近所のパチンコ店をすべて出禁になるなどの、大きな行動に出なければなりません。

これまではできなかったことでも、このときならできます。なぜなら、皆さんの心は、パチンコの呪縛から解き放たれているのだから。

解放期間の終了とともに訪れる危機を乗り越えよう!

ところで、ギャンブル依存症というものは、いちど克服に成功すると、その後に再発があったとしても、比較的らくにまたもとの克服状態にもどせるものだと思いますが、最初の1回目はとくにしんどいものがあり、それはこの方法も例外ではありません。

これまでに成功した経験がなければ、おそらく、これまではできなかったような行動を起こすことができたとしても、解放期間の効力が消える1~2週間後には、またパチンコに行きたくなっているものと思います。

そうはいっても、もし限界までお金を借りていれば、これ以上は1円たりともお金は借りられないわけで、ここからはどうあがいても、働いてお金を返していくしかありません。

行きたいとか、やめられないとかではなく、とにかくパチンコに行けない。これこそが、限界までいく「最後の一手」の本領を発揮する瞬間でもあるのですが、しかし、なかには気づいてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そう、アンダーグラウンドに下りていけばお金をつくれる、闇金ならお金を貸してくれるんじゃないかということに。

第一関門:なんとかしてお金をつくろうとする画策を阻止

これは私の場合ですが、限度額いっぱいまで借りているのにパチンコに行きたくてしかたがなかったとき、借りた金額は数万円だけだったのに、わけのわからない利息がついて借金が何百万円になるだとか、お金を返したいのに受け取ってもらえずに法外な利息を取られるだとか、そういった闇金の手口を知ってはいたものの、闇金に手を出そうとしたことがありました。

これが、さきほどあげた成功率50%にも関係する部分で、ここまできたときに踏みとどまれるか踏みとどまれないか、まずは第一関門としてこの2択が立ちはだかります。

平成30年に金融庁によって発表された数値によると、闇金融の利用者は、3年以内の借り入れ経験者の4.6%。しかし平成28年の委託調査では、3年以内の借入経験、借入残高が年収の3分の1以上、かつ現在も残高ありの条件では、闇金融の利用者は12.3%という数字が報告されています。

つまり、捨て身の策に出たとしても、ここで10%強の人は脱落してしまい、この第一関門を突破できる確率は、90%程度と考えることもできます。

いうまでもありませんが、意外と利用者が多いからといって、闇金だけは絶対に利用しないでください。ほんとうにシャレにならないことになってからでは遅いです。ここだけは死守するようにしましょう。

第二関門:借金の返済中に起こる衝動を事前に封じ込める

闇金に手を出すこともなく、手元にのこったわずかなお金だけでぶじに給料日を迎えることができれば、ここからが正念場。たまりにたまった借金の返済生活、第二関門が立ちはだかります。

もっとも、給料日までのあいだになにもしていなければ、十中八九この第二関門で脱落すると思っていたほうがいいでしょう。

解放期間中にどれだけのことをできるかで、給料が入った時点での動きはまちがいなく変わってきます。借金を一本化してこれ以上借り入れをできなくするとか、返済の計画をつくって家族や恋人に協力をあおぐとか、とにかくお金を手にしたあとでもつづく「強制力」を解放期間中につくりあげておくこと。

借金の返済生活でのミソは、返済した金額によって借入可能額が増え、また借金ができるようになってしまうことにこそあります。

ゆえに、その空いた借入可能額に手をつけないようにする仕組みをつくっておくことがもっとも重要で、これができていれば成功率は格段に上がると思いますが、反対にできていなければ成功率はほぼ失敗するレベルまで落ち込むと思われるので、それらを踏まえたうえでの第二関門の突破率は、50%程度がいいところでしょう。

第一関門は90%、第二関門は50%で、両方突破できる確率は45%。よって、よくて50%ということです。

私の場合はすべて手さぐりだったので、失敗してはトライをひたすらくりかえし、ようやく解放期間中に対策を取らなければならない、つまり依存症の克服には合わせ技が必要ということに気づいたことで、第二関門の突破、すなわち借金の完済とギャンブル依存症の克服をなしとげられましたが、トータルでの成功率でいえば、50%なんて全然ないレベルの低さになっていると思います。

しかしながら、逆にいえば、がむしゃらにでもつづけていればいつかは成功するという話でもあるので、ギャンブル依存症のまま人生がおわってしまうんじゃないかと考えてしまっている方には、どうか希望を持ってトライしてみてほしいと思います。

大きな代償を支払うことになっても、瀕死の重傷を負うことになっても、やりつづけていればいつかは成功する。第二関門をこじ開け、ギャンブル依存症をみごと克服することはできる。

けっしてあきらめないこと。それこそが、ほんとうの最後の一手なのかもしれませんね。

今回のまとめ

・限界に到達したときの解放期間ですべてが決する
・ブースト期間中にパチンコに行けない状態を作り上げよう
・あきらめなければいつかは成功するのでトライあるのみ!

今回の方法は本来意図的にやるものではなく、結果的にそうなってしまった、つまり、パチンコがやめられなくて限界に到達してしまったときにこそすべき方法なので、それを意図的に起こすのは、一種の賭けでもあります。

それに借金があるという場合、金額にもよりますが、利息を基本的にはすべてカットできる「債務整理」を利用すれば、ペナルティで、強制的に新規の借り入れが最低でも5年間はできなくなるので、わざわざ借金を増やす必要もなく、パチンコに行けなくなる状態をつくりあげることもできます。

それじゃあ、まだ余力があるその状態で、5年間お金が借りられなくなるリスクと引き換えにパチンコをやめようと思いますか? というと、そうは思わないですよね。

結局のところ人間は、ほんとうに痛い目にあわないと真剣にやめようとは思いません。だからこそ限界に到達したあとの解放期間が重要となってくるのです。

一時の自由を得るか、一生の自由を得るか。それは解放期間の最初の1~2週間で決まるといっても過言ではありません。自由を勝ち取るためには、むしろこの短期間にこそ、己の限界を超えて動くべきですよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。