ギャンブルによる借金を家族や恋人に肩代わりさせてはいけない理由

パチンコ・パチスロなどのギャンブルによってできた借金を「ちゃんと返すから」と家族や恋人に肩代わりしてもらったり、家族や恋人の方から「ちゃんと返してくれるなら」と肩代わりを申し出るのは非常に危険な行為です。

ギャンブル依存症と切っても切れない関係にあるのが多重債務などの借金問題。そこでまず考えてしまうのが家族や恋人に借金を肩代わりしてもらい、利息をなくして毎月返済していけばなんとかなるのではないか、ということです。

反対に、家族が借金で苦しんでいて不憫で放っておけない、苦しむ恋人の借金問題を解決してあげたいとの思いから、家族や恋人の方から借金の肩代わりを提案してしまう場合もあるでしょう。

これはギャンブル依存症を克服し、借金問題を解決する上で絶対にやってはいけないことの一つだと私は思っています。そしてこのことは依存症の当事者だけでなく、そのご家族、そして恋人の方にも知っておいて頂きたいことでもあります。

借金の肩代わりは8割以上の家族が経験

ギャンブルによってできた借金を肩代わりしてあげるから、毎月いくらお金を持ってきてと例えば家族に言われたとしたら、正直心が揺らぎますよね。

これはギャンブル依存症問題を考える会という団体によって、同会が支援する家族224人に対し、筑波大学の研究チームと共同で行われた調査結果です。

ギャンブルによる借金の、家族の肩代わり経験率

まず、ギャンブル依存症本人の借金を肩代わりしたことがあるとの回答は約84%にまで及びました。(※1)

ギャンブルによる借金を家族が肩代わりした金額の分布率

さらに、肩代わりの合計金額は最多となるのは100~300万円でしたが、問題なのは500万円以上合計で肩代わりしている割合は37.2%と、約4割にも及んでいることです。(※2)

ギャンブル依存症の対象先

そして依存の対象として最多となったのが、やはり「パチンコ・パチスロ」でした。その内、約7割が「パチンコ・パチスロ」しかしないと回答したそうです。(※3)

(※1~3) ギャンブルを行う際に注意すべきこと(pdf)を元に作成

ギャンブル依存症の方であれば、借金を肩代わりしてあげるなんて甘い言葉を囁かれたら自分はどうなってしまうのか、想像するまでもないですよね。
確かに、最初はこのまま毎月決められた額だけ返済していけば借金を完済できると思うでしょう。しかし、頭の片隅では既にこのように考えてしまっているのです。

また、ギャンブルができる。また、パチンコができる。また、パチスロができる。

この考えが一瞬でも頭をよぎってしまったらもうアウツ。パチンコ店にまた通い出し、消費者金融などから再び借金をし始め、借り入れ限度がきたら再び家族や恋人に肩代わりをしてもらう。そしてそれによって上記のように肩代わりの合計金額がどんどん増えていってしまうのです。

800万円とか、1000万円とか、こんな金額まで、と他人事のように感じてしまうかもしれませんが、家族や恋人がお金を工面し続けてくれる限り、そんな金額はあっという間ですよ。現に私もほぼパチスロだけで800万円以上、パチンコ・パチンコを合わせると1,000万円以上負けてきているので、この金額が現実的だということがよくわかります。家族などにお金を出してもらっていたらこんな金額では済まなかったと思っています。

ギャンブルによってできた借金を家族や恋人に負担させてはいけません。それはご自身の首と、家族や恋人の首も絞めることになってしまうだけですよ。

家族や恋人にカード類を預ける方法も危険

借金の肩代わりとは少し違いますがそれと似たようなもので、当事者の家族や恋人が本人のキャッシュカードや通帳を管理し、パチンコ店へ行かせない。ギャンブルをやらせないでお金と月々の返済を管理し、借金を完済するまでお金の管理を手伝うという方法があります。

これも私の経験上から言うと、やめた方がいいです。

私の場合は当時交際していた女性に自分から頼みました。その時の私は自分が考え得る限りのことをやってもギャンブルへの衝動に抗うことができず、もう自分でもどうすればいいかのわからない、万策尽きたといった状態に陥っていたからです。
消費者金融からずっと借金をしていたため、クレジットカードも持っておらず、お金が必要になった時にお金を引き出せないといった生活が不便になることを覚悟の上でキャッシュカードや通帳など全てを預けました。

その結果どうなったのかと言うと、なんとかしてパチンコ店へ行くために恋人が寝ている隙にカードを捜索したり、目を離した隙に財布から自分のカードを取り返したり、お金が必要だと嘘をついてパチンコ店へ行くためのお金を下ろしたりしていました。

パチンコ店へ行くことがばれて咎められれば怒り出し、喧嘩に発展することはしょっちゅうという状況。結局そのようにして隙を伺ってパチンコ店へ行っていたため借金はほとんど減らず、当然の如く破局することになったのです。

自分から言い出しておいてこう言うのも失礼な話ですが、この選択からは何も生み出されることはありませんでした。一つだけ意味があったとすれば、これは絶対にやってはいけないことだとわかったということくらいでしょうか。

また、ギャンブル依存症になってしまうと、ギャンブルへの衝動やギャンブル行為を邪魔されることに対してはこの世の物ではないような激しい怒りを感じるようになってしまいます。例えそれが最愛の家族や恋人であってもです。

カードを返さないのなら別れるといった言葉の暴力や、中には最愛の恋人や実の両親にもお金を出させるために暴力をふるってしまう人もいます。
当事者からキャッシュカードなどを家族や恋人に預けると安易に申し出る、反対に家族や恋人がお金を管理すると申し出ることは、お互いを傷つけ合い、何も生み出さないで最悪の結末を迎えてしまう危険性があることを知っておいてほしいと思います。

家族や恋人にお金を工面させている場合

当事者の方で、既に家族や恋人に不本意ながらもお金を工面させてしまっている、借金を何度も肩代わりさせてしまっているという場合、それは放っておけば何度も同じことを繰り返すだけの可能性は高いため、一刻も早く手を打つ必要があると思います。

そしてこの現状を打破する方法に、専門機関や自助グループの助けを借りるというものがあります。
まず専門機関に関してはパチンコ店へ普段から通っている方であれば誰もが知っているとは思いますが、「リカバリーサポートネットワーク」というパチンコ店のトイレに張ってあるあれがお勧め。

1.リカバリーサポートネットワーク(RSN)

リカバリーサポートネットワーク

リカバリーサポートネットワーク(RSN)はパチンコ・パチスロの依存問題を解決するために設立された非営利の相談機関で、依存問題に悩む本人やその家族を対象に無料で電話相談を実施しています。相談者の住んでいる地域や現状を踏まえ、対面相談会やその他の自助グループを紹介してくれたりします。

実際に私がRSNに電話をかけた時は、電話をするに至った経緯を相談員の方に聞いてもらい、自助グループが開催している本人向けのミーティングに行ってみてはどうかとアドバイスを受けました。
現在ではRSNが主催する本人向け、家族向けのグループ相談会が東京にて毎月無料で行われています。東京にお住まいの方であれば尚のこと、まずは電話をかけてみることをお勧めします。

「専門機関?対面相談会?そんなもの自分は行かなくてもまだ大丈夫だ」

そう思われる方も多いと思います。実際に私もずっとそう思っていましたし、ずっと電話をかけてみようと思うこともありませんでした。
しかし、実際は全然大丈夫な状態ではないことは皆さんもなんとなくお気づきになっているのではないでしょうか。自分はまだ大丈夫と、思い込もうとしているだけではないのでしょうか。

私がRSNに電話をかけたのはギャンブル依存症で悩んでいた最後の最後でした。そして、電話をかけるという行動を起こしたことで、諦めていたギャンブル依存症への抗いに一つ、また一つと希望や未来を見出すことができました。

電話をかけてみるだけ、たったその一つの行動に今後を変えていく可能性はあると私は思います。当事者や家族の方、友人の方もOKみたいなので、一度電話をしてみる価値はあると思います。

また、RSNでは配偶者からの暴力の防止や、被害者の保護を支援する公的機関などへの紹介も行っています。一刻を争うような状態でどうしたらいいのかわからないという方も、まずは電話をしてみることをお勧めします。

関連記事

RSNに実際に電話した際の内容、相談会の詳細はこちら
リカバリーサポートネットワーク(RSN)に電話してみた時の相談内容

2.GA(ギャンブラーズ・アノニマス)

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)とはギャンブル依存症を患っている本人に向けた、ギャンブル問題からの回復を目的とした自助グループです。
1957年にアメリカで発足して以来グループは世界中に広がっていき、日本では1989年に発足。ギャンブル依存症の当事者同士が集まって自身の体験を話したり、仲間の話を聞くといったミーティングを行っています。

リカバリーサポートネットワークの対面相談会は場所が東京に限られ、人数制限があるため予約が必要なのに対し、GA(ギャンブラーズ・アノニマス)のミーティングは全国の会場で毎月行われていて、予約や料金の必要もありません。(献金で成り立っています)
また「アノニマス」には「匿名の」という意味があり、GAでのミーティングでは本名や仕事、年齢などを話す必要もありません。

実際に自分がギャンブルで苦しんでいること、本当はもうパチンコ店なんて行きたくないのにギャンブルがやめられないこと、自分がギャンブルをしにいくことで家族や恋人が悲しい顔をするのを本当はもう見たくないこと。そういったことを誰かに話したり、聞いてもらったりしたことは皆さんにはありますか?

家族や恋人に話しても、そんなの行かなければいいだけだとか、意志が弱いだけだとか言われたことはありませんか?

ギャンブル依存症の辛さや苦しみは当事者同士でしか共有できない部分もあります。ただ何も言わずに話を聞いてくれる仲間がいて、自身の思っていることを口に出してみることで何かが変わる可能性は大いにあります。

ギャンブル依存症には有効な薬物治療法は確立されていません。よってギャンブル依存症の治療にはこのような自助グループのミーティングが最も効果的な回復手段であるとも言われています。
試しに一回だけ行ってみようかなという気持ちでもいいと思います。一番大切なのは依存症を克服するために具体的な行動を起こすことですからね。

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)公式サイトはこちら

家族や恋人向けの自助グループもある

また、本人向けのGA(ギャンブラーズ・アノニマス)があるように、ギャンブル問題で影響を受けている家族や恋人、友人のための自助グループも存在します。ギャマノンという自助グループです。

1.ギャマノン(GAM-ANON)

ギャマノンは日本では1991年に発足し、ギャンブル依存症当事者の家族や友人らが集まって悩みや苦しみを分かち合うミーティングを行っています。
GA(ギャンブラーズ・アノニマス)と同じく本名や身分を明かす必要はなく、ミーティングはGAよりも会場は少ないですが、全国規模で行われていて、予約や料金も必要ありません。(こちらも献金で成り立っています)

ギャンブル依存症の本人からお金を無理矢理工面させられていたり、借金を何度も肩代わりさせられている、脅されたり言葉の暴力を受けている、また言葉ではなく「暴力」を振るわれているという場合もあるでしょう。そのような家族や恋人の方は、問題を一人で抱え込んでしまっている方も多いのではないかと思います。ギャマノンではそういった問題を抱えていたり、問題を解決するために行動している仲間がいます。

ギャンブル依存症の解決には家族やそれに近い関係の方の協力が必要不可欠となります。ギャンブル依存症を抱える本人と敵対関係になり、最大の被害者となってしまうのではなく、共同戦線を張る味方として、最大の協力者として依存症当事者と向き合うことが、ギャンブル問題を解決へ導いていくと思います。

参加してみることで心が軽くなったり、様々な人の話を聞くことで、当事者に対して新しい見方ができるようになるかもしれません。

ギャマノン公式サイトはこちら

借金問題を解決する方法

ギャンブルによってできた借金を家族や恋人に肩代わりさせたり、お金を工面してもらうことは当事者のギャンブル行為を助長させるだけになってしまう可能性が極めて高いため、家族や恋人がお金を出すことはギャンブル問題を解決するための協力では決してありません。

それでは返しきれなくなった借金はどうすればいいのかという話になるわけですが、ギャンブルによってできた借金は本人の手で返していく必要があります。それは、ギャンブルに対する依存への決別やケジメとなると共に、借金を返済する期間がギャンブル依存症のリハビリ期間となるからです。

借金問題を解決する具体的な方法としては、複数社から借り入れがある場合や借り入れの金額が多い場合、それらを一本化して利息を安くする「おまとめローン」があります。しかし大手のおまとめローンは多重債務者に対しては特に審査が厳しいため審査が通らなかったり、銀行系のおまとめローンは審査が厳しいことに加え、追加で借り入れができてしまったりと、あまりお勧めはできません。

東京にお住まいの方や、契約時に東京に来れる方にはおまとめローン最後の砦と言われる「中央リテール 」がお勧めできますが、東京にお住まいの方以外はやはり移動がネックとなってしまうと思います。

そこで検討してみてもらいたいのが「債務整理」です。
「債務整理」は全国に対応していて、且つ借金の返済中は追加で借り入れが一切できず、さらに最低5年間は新規の借り入れができなくなるという、本来デメリットやペナルティにあたるものが、ギャンブル依存症を克服するためのリハビリ環境としては非常に良いのです。

ギャンブル依存症によってできた借金は確かに病気のせいでもあり、不可抗力のような部分もあります。しかしギャンブル依存症を克服して、ギャンブルにとらわれない人生を取り戻したいのであれば、自身が作ってしまった借金は自分の手で終わらせなければなりません。
借金問題にケリをつけ、ギャンブル依存症克服への第一歩を踏み出して下さい。

今回のまとめ

ギャンブル依存症は当事者にしかわからない苦しみや辛さがあります。それと同様に当事者の家族や恋人も被害を受け、苦しみを背負ってしまうこともあります。しかし、だからといって当事者の皆さんはこれは病気だからと諦めないで下さい。家族や恋人の皆さんもそんなものは理解できないと自身の考えを押し付けてしまわないで下さい。

依存症を患っている本人の立ち直りたい、自分の人生を取り戻したいという強い思いと、周りの方の依存症を理解し、依存症の克服に協力したいという強い思いがあれば、それはきっと相乗効果となってギャンブル問題を解決に導いてくれると思います。

まずは一歩を踏み出し、行動することです。ギャンブル依存症で苦しんでいる方も、その家族や恋人の方も、一人ではありません。同じような悩みを持ち、解決に向けて動いている仲間が全国にいます。

何事も行動あるのみだ!

関連記事

パチンコによってできた借金を返済する方法まとめ
【金額別でキメる】パチンコ・ギャンブルでの借金を返済する方法まとめ

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す