【大負け】パチンコは負けたままやめることができないからこそ爆死する

ギャンブルというのは負けたまま身を引くことができないかぎり、かならず爆死の時が訪れるものだと思います。

パチンコが勝てない理由についてはこれまでもいくつか解説してきたのですが、結局のところパチンコで負ける理由というのは、負けたままやめることができないから、負けた状態で帰ることができないから、というのが最大の要因となっているように思います。

期待値がどうとか、機械割、設定、釘が、とか、そんなものを追って小勝ちを積み上げていても、負けを受け入れ、あきらめて退くことができなければ、待っているのはちまちま稼いだお金を一撃で吹き飛ばす大負け(爆死)だけなのです。

では、どうすれば負けたままでもやめられるのでしょうか。負けたままやめられない場合は、どうすればいいのでしょうか? 今回は、そういったことを少し考えてみたいと思います。

関連記事

基本的な負ける理由についてはこちら
パチンコが絶対に勝てない(必ず負ける)理由は、そういう仕組みだから

ギャンブルは負けたままではやめられない

現在は克服することに成功したものの、私は病的なまでにパチンコに依存していた過去があり、パチンコ以外のギャンブルに依存することはなかったのですが、だいたいのギャンブルというものは経験してきました。

パチンコやスロットは当然のこと、ギャンブルになりうる麻雀であったり、競馬や競艇(ボートレース)などの公営賭博。投資(FX)はいちおうギャンブルではありませんが、私にとっては結局ギャンブルみたいなもので、海外カジノも何度かにわたって攻め込みました。

ところが、10年以上こういったギャンブルを続けてきても、私の場合、あることだけは一度も変わることはありませんでした。

そう、負けたままやめて帰ることができなかったのです。

ギャンブルというものは、とどのつまり、確率がどうこうなんていうのは机上の計算であって、実際に現場を支配しているのはほとんどが当人の運だけです。

勝てるときは確率を無視して当たり続けますし、反対に負けるときは、なにをやってもダメで、もはや勝負にすらならないような状態がなぜか1日をとおして続きます。

そこで、そういった運が悪い日というのは、勝負を続けていても負け続けるだけなのでさっさと帰ったほうがいいのですが、これがそう簡単にはできません。というかむしろ、できないのがふつうなのかもしれません。

人は、負けたお金を取り返したいと思うようにできているからです。

使ったお金を取り返すため、込んできた負けを少しでも減らすため、運が悪く、まるでお話にならないような状態でも、人は勝負を続けてしまいます。そこに大きなリスクがあったとしてもかまいません。可能性が見えているかぎり、人はお金をつぎ込んでしまえるのです。

その結果待っているのが爆死、つまり大負けのわけですが、はたして、この典型的な負けパターンをどうにかする方法はあるのでしょうか。

先ほど「一度も変わらなかった」といったように、おそらく私は、もともと依存症状があったパチンコと、大きなお金が動くカジノに関しては、依存を克服したいまでも変わっていないと思われるのですが、私の考えを述べておきたいと思います。

パチンコを負けたままでもやめる方法

あらゆるギャンブルのなかでも控除率(胴元の取り分)が極端に低いカジノがボロもうけしているように、負けを取り返そうとせずに、この日はダメだと割り切ることができる、深追いはせずに、あきらめて帰ることができる、という人は少数派なのではないかと私は思っています。

では、そういったことができない場合はどうすればいいのかというと、これはパチンコで使う軍資金を趣味に費やせるお金、すなわち、なくなってもさほど痛くはない余剰資金でまかなうか、途中で自分をクールダウンさせる訓練を積むか、それくらいしかないような気がします。

1. 余剰資金でパチンコに行く

私が公営競技(賭博)にのめり込まなかったのは、レースではあまりアツくなれなかったからであって、競馬は一度だけ大きく負けたことがありましたが、それ以降は競馬場などに行っても遊び程度にしかお金を使うことはなく、なくなってもいいお金くらいしか賭けないようになっていました。

その結果どうなったのかというと、公営競技で遊ぶときというのは、勝ってもそんなにうれしいこともなく、負けてもたいして痛くはなく、ちょうどいい娯楽として遊べていたのです。

ようするに、それと同じことで、パチンコもなくなってもいいお金だけで遊んでいれば、負けたままでも帰れることになるわけです。が、残念ながらパチンコの場合はそうはいきません。

パチンコでもスロットでも、軍資金は最低でも2~3万円はなければ心もとないと感じられ、それ以下だとなにもできずに、遊技ですらないような展開で終わってしまうこともあるわけですが、このうん万円というお金がなくなっても痛くはないと感じる人はかなり少ないと思われるからです。

それでは、低貸しに行けばいいじゃないか、とも考えられますが、パチンコ店の低貸しコーナーの稼働が示しているように(土地柄にもよると思いますが)、多くの人は低貸しでは遊びません。なぜなら、たいしたお金がかかっていないパチンコは、あまりにもつまらないからです。

つまり、この1つ目の選択肢である「余剰資金で遊ぶ」という方法は、お金持ちにならなければその方法を選択することはできない、逆にいえば、物理的に多くの人は途中で帰ることができないともいうことができると思います。

もっとも、お金持ちになってうん万円が痛くないと感じるようになるということは、多くの人が低貸しがおもしろくないと感じることと同じことだと思うので、パチンコ自体をしないようになると思いますが。

2. 途中で帰る訓練を積む

私の場合負けているときというのは、お金が尽きるか、気持ちが折れるか、閉店時間になるか、そのくらいでしかやめることができず、パチンコ店にいるあいだは、いつも負けを取り返すことしか頭にない状態となっていました。

完全にアツくなっていたのだと思います。

しかし何度か、店舗内のATMが利用上限に達し、近場にもATMがないという事態に遭遇したとき、イライラしながらもお金をおろすために遠くまで歩いていると、徐々に熱も冷め始め、自分のしていることがひどく滑稽に感じられ、どうでもよくなってくるということがありました。

一度ホールの外に出たことでクールダウンすることができ、負けたお金を取り返すことに必死になっている自分を、一歩引いた目線で見ることができたのでしょう。

ようは、これ以上は負けてはいけないというところまできたら、どれだけ出せば取り返せるなどとは考えずに、一度外に出るなどして頭を冷やし、日を改めよう、今日はもうやめよう、と負けたままでも帰れるように、意識的に訓練を積んでいくということです。

ただ、訓練を積んだところでパチンコはやり続ければ負けますし、それが身につくかどうかも定かではありません。

どうしてもパチンコとうまく付き合いたいのであればそれでもいいのかもしれませんが、私からすると、そんなことに力を使うくらいであれば、パチンコをやめることに力を使ったほうがいいような気もします。

パチンコで見切りがつけられないときは

うまいこと勝ちが続いていたとしても、なすすべもない日というのはかならずや訪れるものなので、負けたままやめることができないのであれば、たった一度ですべてがくつがえってしまうような「運命の日」を先延ばしにしているにすぎません。

それでは、そういったときはどうすればいいのかというと、これはもう爆死する未来を受け入れるしかないように思います。

パチンコで動く金額というのは、軽く趣味の範囲を超えています。いい思いをすることもたしかにありますが、これを続けるかぎり、生活はおびやかされ、お金を搾取され続ける人生になってしまうことでしょう。

パチンコをやめようと考えるのは、基本的には負けたとき以外にはないように私は思います。

爆死する運命の日というのは、なにもできずに大金を失うことになってしまった最悪の日ではなく、負けたお金を取り返すために、必死になってパチンコにしがみつき続ける、呪縛のようなものから解放される日なのではないでしょうか。

パチンコで(その日に)負けたままやめることができないのであれば、(収支も)負けたままやめるしかないということです。

今回のまとめ

・ギャンブルは負けたままでは基本的にやめられない
・パチンコの金額設定は余剰資金ではむずかしい
・爆死してやめるしかない

パチンコ店などの賭場がなぜ成り立っているのかというと、もちろん胴元がもうかる仕組みになっているのもありますが、大多数が負けたままやめることができないからであり、それは誰もが持ち合わせている心理だから、ということもおおいに関係しているのではないかと私は思います。

いくらまでという予算を決めていても、ひとたびアツくなってしまえば、予算の上限なんてものは即撤廃されてしまいます。お金がなくなってしまえば、お金を借りてでも勝負したいと思うようになります。借りることができなければ、物を売ってでもお金をつくろうと考えることもあります。

そして、そういったことが続いているうちに、人はギャンブル依存症になってしまうのです。

私の経験上、パチンコを負けたまま切り上げるよりも、パチンコ自体をやめることのほうがまだ難易度が低いように感じられました。同じ、いや、少なくてすむ労力でパチンコをやめることができるのであれば、うまいこと立ち回るすべを身につけるよりも、パチンコを引退してしまったほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す