【逆転の発想】パチンコに行って後悔するのは「まだマシ」な状態だと考える

パチンコに行った過去は取り返しはつきませんが、その後悔があるからこそ、未来は変えられるのではないでしょうか?

つい最近パチンコに行って負けた、数年まえまでパチンコをやっていて負けていた、ギャンブル依存症のきっかけとなってしまった「最初の1回」に手を出してしまったことを、パチンコがやめられないいま現在もただただ後悔している。

パチンコに行けば、そのあとにのこるものは、基本的には後悔しかないといえます。行けば行っただけ後悔が積み上がり、失ったものの大きさに、私たちは押しつぶされてしまいそうになってしまったりもします。

ただ、考え方によっては、後悔できるだけまだマシで、後悔(または反省)しているからこそ、皆さんはいまこうしてなにかの行動、つまりはおなじく悔やんでいる仲間を見つけたい、あるいはなにか解決の糸口はないか、と動いているのではないでしょうか?

10年以上パチンコ・スロットがやめられなかった元ギャンブル依存者の私は、その状態はまだマシ、いやそれどころか、もう後悔しなくてもよくなれる可能性をおおいに秘めたいい状態だと考えます。

今回は、パチンコへの依存から抜け出すことができた私が、なぜ後悔・反省できているだけマシとするのかを解説することにしましょう。たしかにつらいと思いますが、悔いる感情があるうちはまだだいじょうぶですよ。

パチンコをやって残るものは基本後悔しかない

パチンコは適度に遊べるという方もすくなくはないでしょうし、むしろその状態がふつうなのかもしれませんが、ギャンブル依存症の人間にとってパチンコに行くということは、すべてを犠牲にすることを意味します。

家族や恋人がいるのであれば、大切な人と過ごす時間を犠牲に。ペットを飼っているのであれば、ご主人しかいない動物をひとり家にのこし、ペットのしあわせを犠牲に。家事や仕事の準備などがのこっていても、それらはすべてあとまわし。その日にやらなければならないことを、すべて犠牲にしなければなりません。

さらにいうと、パチンコの実態はただのギャンブルであるので、その目的は、つきつめると勝ってお金を得ることにあります。したがって、勝てる可能性がある以上は、かならず存在する負けの可能性、お金を失うリスクをも背負わなければなりません。

これでようやく、パチンコ店に行く準備がととのう。

大切な時間を犠牲として支払い、お金を失うリスクを背負い、意気揚々とパチンコ店に行く。そこで、それらを代償として得られるものはいったいなんなのでしょうか?

長年行きつづけている方であればもうわかっているはず。得られるものなんてのは、なにもないですよね。あるとすれば、残高に印字されるマイナス表記くらいでしょう。

パチンコ店の閉店とともに帰宅したあとは、シャワーであぶらぎった体を洗い流し、食事をするころにはすでに日付けはまわっていて、翌日も仕事だからと、最低な気分でベッドに横たわる。そして、私たちは思うのです。

「やっぱり行かなければよかった」と。

犠牲とリスクを代償にパチンコから得られるもの、それは後悔だけです。まずはパチンコに行くことで、二度ともどってはこないものがどれだけあったのかということを、よく考えてみてください。

負けてお金がなくなった、それ以上の後悔が、きっとたくさんあるはずですよ。

後悔するからこそパチンコへの依存から脱出できる

では、このように後悔することのなにがいいのでしょうか? 後悔したところで結果はなにも変わらないのに、それがなにを生むというのでしょうか?

この答えは単純で、後悔するからこそパチンコをやめようと思うことができ、後悔するからこそ行動を起こそうと考えることができるのです。

いわばこの逆転の発想は、具体的にはどういうことなのか。ここからは、それを私の経験をもとにお話ししましょう。

某ギャンブル依存者の後悔

10代のころからパチンコをはじめた私は、貴重な、そして取りかえしのつかない時間をパチンコによって失ってきました。

とくに高校卒業後の学生時代は、これでもかとパチンコ店に入りびたり、借りていた奨学金を受けもしない授業のためにたれ流し、当然単位を取得することもできずに、400万円近くの借金だけをのこして中退。

さそわれるがままに飲食業界で働きだすも、激務と過労によって限界をむかえ、1年弱で退職。その後は運よくやりたい仕事が見つかるも、やはりこれもどうにもならなくなって無期限の活動休止。

そのあいだのほとんどの期間、私はパチンコをつづけていました。

当初は、パチンコができることが最上のよろこびであって、文字どおりパチンコが人生のすべてだと感じていました。将来うんぬんよりも、パチンコをできる「いま」こそが大切な時間なのだと。

ところが、途中から「やりたいからパチンコをやっている」ではなく、「やめたくてもやめられなくてパチンコをやっている」になってくると、この“パチンコが人生”の心境に変化があらわれます。

この時間とお金があれば、ほんとうにやりたかったこと(たとえば海外を旅してまわるなど)の多くはできたのではないか? パチンコをしていなければ、一般企業で働くべつの人生があったのでは? 最初に行ったあの日、すぐにだれかが止めてくれていれば……

そう、私は後悔しはじめたのです。

どれくらい後悔したかというと、何十回、何百回と、それはもうめちゃくちゃに後悔しました。毎日のようにみずからのおこないを悔いるようになり、パチンコに行けば行くたびに、勝敗はほぼ関係なく行ってしまったことを後悔。

けれども、そこまで悔いてもパチンコがやめられないとなると、こんどはその後悔する思考さえも完全に停止。気づけば、10年以上の時間と、推定1000万円以上のお金が消失していたのです。

最悪の結末がリアリティを帯びてきた

ただパチンコがやりたかったのが「第1段階」だとすると、後悔しはじめたのが「第2段階」で、思考が停止したのが「第3段階」。

ギャンブル依存症が末期まで進行してしまった私は、後悔することさえもやめてなにも考えられなくなってしまい、ただパチンコ店にお金をみつぎに行くロボットのようになっていたのです。

では、そんな私がどうしてパチンコへの依存から脱出できたのか? それは、私が、ふたたび自分のおこないを後悔するようになり、ふたたび後悔しつづけるようになったからにほかなりません。

いまでもその光景をはっきりと思い出せる、パチンコ店でのワンシーンがあります。

学生のころに見た、パチンコ・スロットをつまらなそうに(あるいはイライラしながら)打っている年配のお客さんたち。私はその人たちを横目で見て、「ああいうふうにだけはなりたくないな、ああなったら人生はおわりだ」などと、いま思えば人の事情のあるなしも知らずに、たいへん失礼ながら考えていました。

しかしふと考えてみると、いま(末期)の自分はどうなんだと。かつてのおまえがいった「人生のおわり」に、いまのおまえは片足を突っ込んでいるんじゃないか? と。

若いころの自分が、鼻で笑いながら頭に浮かべた最悪のシナリオが、とつぜん現実味をおびてきているように感じられたのです!

もしかすると、ちょうど仕事・年齢などを考える時期であったことも関係していたのかもしれませんが、いずれにせよ、これを機にすこしずつ私は考えごとをするようにもなり、それによって、しだいに停止していた感情も復活。

また私は、自分のおこないを反省することができるようになり、どうすればもう後悔しないですむかを考えるようになったのです。

その後悔こそが人の足を前に進める

私がまだ若者の部類に入るころ(無限に時間があるかのように感じられ、そのときが楽しければそれでいいとまだ思っていたころ)は、パチンコへ行ったことによる後悔はさほど感じることはありませんでした。

きょうは運がわるかった、負けたのはいい台をつかめなかったことが原因だ、またつぎがあるからつぎをがんばろう。

後悔することといえば、そのような運のわるさや、実力(?)不足といったことで、たしかにお金を失った後悔はあったとはいえ、高揚感・スリル・勝ったときのうれしさを考えればチャラだと感じていたのです。

しかし、ギャンブル依存症の終盤で感じたのは、「このままだと本気で、一生パチンコがやめられずに人生がおわるかもしれない」という強烈な不安。それはやはり、後悔するからこそ生まれる感情でもありました。

人の記憶にいやなことがのこりやすいのは、おなじあやまちを繰り返させないためだといいます。人は死に直面するとき、夢をかなえられなかったこと、あるいは夢を捨ててしまい、それを持ちつづけなかったことを後悔するといいます。

だから私は、挑戦し、失敗し、後悔しつづけても行動することをやめませんでした。後悔の感情が復活したことで、ほんとうにやりたかったことが鮮明に見えるようにもなり、それを達成するためにも動きつづけました。

その結果として、パチンコへの依存から脱出できたいまがあると思っています。

過去を悔やんでも失ってしまった時間・お金は絶対にもどってはきませんが、忘れていたものを思い出させてくれ、挑戦する機会をあたえてくれ、そして未来でも失われてしまうかもしれなかった「時間・お金・夢」を守ることができます。

それゆえに、後悔できるだけまだマシなのです。その感情があるからこそ、人はまえに進もうと思えるのではないでしょうか?

番外編:パチンコをやめたあとの生活に後悔はあるか

人は後悔するからこそ未来を切りひらくことができる生きものだと私は思いますが、過去だけはどうしても変えられないため、「パチンコをやめたあとでも後悔しつづけることになってしまうのでは?」と不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、私の休日の(かなりベストに近い過ごし方をできた)1日をもとに作成した「克服者の後悔のない優雅な休日」、つまりはパチンコに行かない休日が、どのようなものになるのかというモデルケースのようなものを、最後にご紹介しておきましょう。

AM7時:未来を切りひらくための副業開始

克服者の朝は早い。

気持ちのいい朝日で目が覚めると、克服者はパソコンを立ち上げ、未来を切りひらくための副業(ブログの運営作業)を開始。適当なタイミングで洗濯機を回し、洗濯物がぐるぐる回る音をBGMに午前中にひと仕事をおわらせます。

克服者
克服者

これで午後は自由だ!

克服者は、自由をつかみ取るための仕込みをおえ、自由な午後を手に入れたのです!

午前中にやることがおわった最高な気分は、パチンコでは味わえないものがあるといえるでしょう。さて、優雅な休日のはじまりです。

PM12:30 優雅な昼食をいただく

克服者のお昼ご飯は、じつは前日の夜からすでに決まっている。

パチンコに行っていたときは、昼食なんて食べる時間があればパチンコを打つというスタイルであったので、「食事の楽しみ+1」はかなり大きいといえます。

加えて、人生における食事の回数はかぎられているわけですから、これを楽しまなければウソというもの。だからこそ克服者は、つねに、食後からもうつぎの食事のことを考えているのです。

克服者
克服者

たまにはファーストフードもありかな

克服者になれば、お昼にファーストフードを食べることも可能……

PM13時30分~PM15時 読書をする

克服者の休日はまだはじまったばかり。

昼食をおえておなかがいっぱいになったら、ベッドにころがりながら本を読みます。パチンコに行っていたときは本なんて読むこともなかったので、かなり有意義な時間を過ごしているといえるでしょう。

克服者
克服者

今日の本はこれかな

克服者がえらんだ本は、『死ぬときに後悔すること25』。なんでも、多くの終末期患者を見届けた専門家が、多くの人が死のまぎわに後悔すること、その一定のパターンともいえるものを(まだ時間がある人のために)まとめた本だそう。

考えてみると、死ぬ前に後悔するのは、夢がかなわなかったこと、かなえられなかったこと、そのものよりも、むしろ夢をかなえるために全力を尽くさなかったことにあるのかもしれない。『死ぬときに後悔すること25』p.64

克服者は夢をあきらめません。もう後悔するのはたくさんだから……

PM15時~16時30分 昼寝をする

克服者はパチンコ依存症克服の極意を知っている。

それは、昼寝をすること。

これによって、パチンコに行く時間は強制的に消し飛ばされ、克服者はおなかいっぱいのなか、しあわせな気分で夢の世界へ行けるのです。本来、昼寝は15~20分程度にしておいたほうがいいのですが、まあこれはいいでしょう。

克服者
克服者

克服者は寝る

まだやってみたことがない方は、おためしあれ。

PM16時30分~ 運動をする

克服者は運動をする。

なぜなら、これをすることで夕食をおいしくいただけるから。

パチンコに行っていたときは、ほとんど運動することもなかったでしょう。それを考えれば、いや考えなくても、パチンコに行かなくなったことで、はるかに健康的になっているといえます。

克服者
克服者

汗をかいたあとは……あれだな

運動、そしてお風呂ときたら、あれしかありません。

PM19時~ 夕食をいただいて自由時間

克服者は至福の一杯をやる。

汗をかいてお風呂に入り、ビールをグイッと飲み込む。パチンコで負けて最低な気分のときに飲むお酒とはおおちがい。やることをやり、最高の休日だったからこその「この味」です。1日はこれで締まるというものでしょう。

さらには夕食も、食べたいものを食べられるこの自由度の高さ!

克服者
克服者

パチンコで何万も負けるなら好きなものを食べるべし!

夕食後は、趣味についやすもよし、その日のぶんはすでにおわっていても「+α」で副業を進めるもよし、食後の一杯でその日を締めくくるのもよし。

そして克服者は、眠る時間になってベッドに入り、思うのです。

「やっぱりパチンコに行かなくてよかった」と。

過去を悔やむことなんてありません。未来が見えていれば、後悔のないようにその日を全力で楽しむことができる。それが、パチンコのない日々だということです。

今回のまとめ

・パチンコはやっていても基本後悔しか残らない
・しかしその後悔があるからこそやめようと考えられる
・パチンコをやめた先に後悔はなく、あるのは全力で生きる日々だけ

「後悔先に立たず」とよくいいますが、この言葉は、すでにしてしまったことを悔いても取り返しがつかないからこそ、ことをするまえによく考えることが大切だ、という意味合いも持っています。

つまり、後悔は先に立つのです。後悔するからこそ、あすを変えるために私たちは考え、動くことができるのです。

パチンコによって失われてしまった過去の時間だけは、たしかに取りもどすことはできません。そのときにしかできなかったこともあったかもしれませんし、もういまさら……と思ってしまうこともあるかもしれません。

ただ、そんなものは、いま全力を出せばいいだけの話。

当時が100%できて、いまは80%しかできなくなっていたとしても、その80%に全力をそそぎ込めば、それはいまの100%になります。数遊びなんかで言い訳をしている場合ではないのです。

私たちがほんとうにすべきなのは、後悔しつづけることではなく、それを生かし、失ってしまったものを取りもどすこと。

最後にもういちどいいますが、後悔があるうちが行動を起こせるチャンスです。最初はパチンコに行くのをがまんするのはつらいと思いますが、今後、おそらくどのタイミングにおいても、「パチンコに行っておけば(行っておいて)よかった」だけは絶対に起こりえません。

ぜひとも、きょうも行かなくてよかったを連続させ、皆さんの、ほんとうにやりたかったことを取りもどしていってもらいたいと思います。失われてしまう危機にあるかもしれない時間・お金・夢といった未来を、どうかご自身の手で守ってあげてください。

私はそれを、心より応援しています。後悔する感情が失われてしまうまえに、行動あるのみですよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。