ギャンブル依存症の彼氏や旦那にパチンコをやめさせる方法を経験者が考案

彼氏や旦那さんがパチンコばっかりしていると思ってしまいますよね。自分はパチンコ以下なんだろうかと。

彼氏や旦那さん(夫)、恋人や家族が、趣味ではなくギャンブル依存症になってしまい、パチンコばかりするようになってしまうと、残された側の方はそう考えてしまうと思いますし、こういってしまいたくなると思います。

「私とパチンコどっちが大切なの?」と。

休日は朝からパチンコ。子どもを残してパチンコ。デートはいつもパチンコ。最優先はつねにパチンコです。こんなことでは、当事者とつきあっていくのも無理な話というものでしょう。

しかし残念なことに、「どっちが大切か」などという質問は当事者にとっては不毛な話でしかなく、それどころか、相手を逆上させてしまう危険性をはらんだワードでもあります。

では、ギャンブル依存症の彼氏や旦那さんに、パチンコに行くのをやめさせるにはどうすればいいのでしょうか? パチンコをやめさせる方法はあるのでしょうか? この問題はかなりむずかしいですが、元重度の依存者(元当事者)だった私が、これ以上の悲劇がどこかでくりかえされないことをねがって、今回はこの問題の解決策を考えてみたいと思います。

なお、今回は男性側に問題があるケースで話を進めていきますが、逆のパターン、つまり奥さん(妻)がパチンコに行くということもあると思います。その場合も、話の大筋はなにも変わらないので、内容を変換していただければと思います。

本当はどっちが大切なのか?

ギャンブルをしない方にとっては、彼氏や旦那さんがパチンコにばかり行く理由は理解できないと思いますし、ギャンブルをしたことがある方でも、依存症レベルにまでなってしまった人間がなにを考えているかまでは、よくわからないかもしれません。

約束をすっぽかすのはあたりまえ。いつのまにか消えていたと思ったらパチンコ店にいたり、いっしょにいてもつねに心ここにあらずで、恋人・パートナーに対するお金の無心や、負けたことでの八つ当たり(負けを人のせいにする)など、そんなことが日常的におこなわれてはいないでしょうか?

ギャンブル(パチンコ)依存症とひと言でいっても、症状は人それぞれ度合いが異なるので一概にはいえませんが、おそらくすべての当事者に該当するのが、「パチンコが最優先、パチンコがいちばん大事」となってしまうことだと思います。

私もパチンコに依存していた当時は、いま思えば申し訳なく思いますが、恋人となにかをするにしても、パチンコに行きたいのを我慢してしかたなくつきあっているような感じで、どうしても我慢できないときは、パチンコ店にいっしょに来てもらったりしたこともありました。

そのときも気が散るのでほんとうはひとりになりたいと思っていて、パチンコに行くさまたげとなる存在の彼女を、うとましいと感じていたこともありました。人の気持ちも考えられないほどに、パチンコにのめり込んでいたからです。

そこで、パチンコ依存者というのは、たいがいがそのような状態になってしまうわけですから、当事者の恋人・パートナーの方は、このようにいいたくなることもあると思います。

相手
恋人・パートナーさん

そんなにパチンコばっかり行って何が楽しいの? 私とパチンコどっちが大切なの?

しかし、この質問を投げかけられた当事者はというと、以下のように返すしかないので、返答はお決まりのパターンになります。

当事者
当事者

そんなのもちろん、君のほうが大事に決まってるじゃないか

だいたいはこんなところでしょう。けれど、それは表向きの返答であって、本心ではまったくちがうことを考えていたりもします。

当事者
当事者(本心)

面倒クセェな、早くしないとパチンコ屋オープンしちゃうよ

当事者
当事者(本心)

まあ、本当はパチンコのほうが大事なんだけどさ……。パチンコ最高!

残念ながら、当事者が思っているのはこんなところでしょう。

したがって、「どっちが大切なの?」という質問は、本音は聞けない、うそでごまかされる、そして、相手のうそを信じないといけなくなるという、残念なことにだれもしあわせになることはない不毛な質問でしかないのです。

さらにいうと、この話をする時間帯(たとえば開店前)によっては、当事者がパチンコに行きたくてひとりで盛り上がっているところに水を差すどころか水をぶっかけるようなものなので、相手を逆上させてしまうことだってあるかもしれません。

ただ、彼氏や旦那さんのパチンコ狂いに悩む皆さんに、私はそんなことをいいたいわけではありません。私がほんとうに伝えたいことは、彼らのパチンコ狂いはギャンブル依存症という「病気」によってつくられた幻想であって、それはおそらく「本心」ではないということなのです。

彼氏や旦那にパチンコをやめさせる方法

それでは、パチンコにとらわれた恋人や家族を依存症から解放し、「愛をとりもどす」ためにはどうすればいいのかという話になるわけですが、結論からさきにいうと、これは時が来るのを待つしかないと私は思います。

ギャンブル依存症によって病的なパチンカーになってしまうと、友人や恋人と会うよりも、パチンコをしていたほうがはるかに楽しいと感じるようになります。休日にデートだなんだという話になれば、パチンコに行きたいところをしかたなくデートにつきあうような感じにもなります。小さい子どもがいても、家族と過ごす時間を放棄してでも、パチンコに行きたくなるのが依存症なのです。

そのため、恋人やパートナーの方が熱心に働きかけたところで、なにかが好転するということは基本的にないのかもしれません。残念なことに、当事者のフラストレーションが大きくなっていくだけのように私は思います。

当事者のお金の使い方に制限をかけたり、物理的にパチンコに行けなくするような対策を打っても、当事者はなんとかして網の目をくぐろうとするだけ。すべての労力がむだになり、加えて、さらなる関係の悪化をまねくこともあるなど、逆効果にしかならないことも多いでしょう。

それゆえに、彼らにパチンコをやめさせたい場合はどうすればいいのかというと、時が来るのを待つ、つまり「あえて放置する」という選択がベストなのではないかと私は思うのです。

時が来るのを待って協力する策が有効か

ギャンブル依存者というのは、一見するとパチンコばかりしているように見えて、じつは内心では、もうパチンコをやめたいと思いながらパチンコをやりつづけていることもあります。

いや、なにをいっているのか意味がわからない、と思われてしまうかもしれませんが、本人からすると、行ってはいけないことはわかっていても体が勝手に動いてしまうというか、どうしても我慢がきかないだけであって、じつのところはパチンコに行っているあいだも、家に帰ってきてからも、パチンコに行ってしまったことをひとりで後悔していたりもするのです。

彼女や妻をひとりにしてしまった。子どもを置いて自分はなにをしていたんだ。このなくなったお金で、なにかを買ってあげればよかったんじゃないのか? パチンコなんて行かなければよかった……

当事者の気持ちというのは、恋人やパートナーの方からすればとうてい理解できないものだと思いますし、そもそも依存症を患った経験がなければ、そんなことはわかるはずがないともいえるかもしれません。

だからこそ、パチンコに行った当事者を強く非難したり、反感を持ってしまうと思うのですが、そこをなんとか理解しようと、すこしだけでもいいので、彼らに寄り添ってみてはもらえないでしょうか?

恋人やパートナーが怒っていたり、イライラしていたり、悲しい顔をしていたりすると、当事者はいいたいことがあってもいうことができません。愚痴をこぼしたくてもこぼすことができず、その言葉を飲み込んでしまいます。

「ほんとうはもうパチンコをやめたいんだ」という言葉をです。

その言葉が、彼らの口から出てきたとき、そのときに初めて、当事者がパチンコから足を洗うためにはどうすればいいかをいっしょに考え、協力してあげるのが最善の選択なのではないかと私は思います。

当事者がパチンコに行くのをとがめずにほったらかしにしておけば、本人はここぞとばかりにパチンコに行きまくるかもしれません。

しかし、パチンコは負けるとまた行きたくなるのと同じで、ダメだといわれるとよけいに行きたくなる(我慢すればするほど行きたくなる)ものであり、最終的には本人の問題でもあるので、自由にパチンコに行ける状況のなかで、「こんなことをしていていいのか、いつまでこんなことをしているんだ」と、本人が気づくのを待つしかないように思います。

当事者
当事者

本当はもうパチンコはやめたいんだ……

この作戦がみごとに功を奏し、本人からそのような言葉が出てきたとき、

相手
恋人・パートナーさん

いまさら何を言ってるんだオマエは、アホか

とはいわずに、いっしょに悩み、いっしょに考えてあげることが、当事者をパチンコの呪縛から解放するベストな方法なのではないかと私は思います。

パチンコ依存症の当事者との向き合い方

彼氏や旦那さんにパチンコをやめてもらうためには、「自分がやめさせる」とは考えずに、本人がやめたいと思うまでは待ち、その機会が訪れたときに初めて依存症の克服を手伝ってあげる、というのがベストな選択なのではないかと私は思います。

私たち人間は、他人からなにをいわれても、自分が経験するまでは反省することができません。

子どものころに、親から「あれはするな、これはするな」といわれて、「どうしてダメなんだ」と反発するも、大人になってから、「やっぱりあれはしないほうがよかったな」とふりかえる。皆さんは、そんな経験をされたことはないでしょうか?

当事者のパチンコ問題も、それと同じことです。人間は経験しなければ反省することができません。そもそも経験あってこその反省です。本人が「これはだめだ」と思わなければ、どうすることもできない問題でもあるのです。

機が熟すのを待って、熟したところで一気に刈り取る。うまくいけば、これまでふりまわされてきたぶん、それこそ相手を「羊」のようにおとなしくさせることもできるかもしれませんよ。

さて、当事者にパチンコをやめさせる基本的な考え方は以上となりますが、依存症の克服に協力するさい、とる対応によっては、当事者の依存症状を悪化させてしまったり、パチンコ狂いを助長させてしまったりすることもあるため、最後に、当事者と向き合うさいの注意点や、具体的な協力の方法、そのときの心構えについてお話ししたいと思います。

依存症の克服を手伝う際の注意点

彼氏や旦那さんのパチンコ通いをやめさせる(依存症の克服に協力する)さいにあたっては、以下の2点にはとくに注意が必要となります。

  • 理由がなんであれ絶対にお金は貸さない
  • 借金の肩代わりは絶対にしない

ギャンブル依存症の当事者は、パチンコのためなら平気でうそをつくようになってしまうため、人によってはうそをついてまでお金を借りようともします。

また、知らぬまに借金をしている場合もあるとは思いますが、お金関係は「貸す、立て替える、肩代わりする」などの協力は絶対にしてはいけません。

当事者は、お金を手にした瞬間にパチンコに行きたくなります。そのお金がどれだけ大切で使ってはいけないものであったとしても、パチンコに使ってしまいます。立て替えてもらうことで借金が減れば、また借金をしたお金でパチンコに行きます。

パチンコ依存症は、それほどまでにおそろしいものなのです。お金に対する考え方や、常識なんてものは、彼らには通用しません。供給されるお金があれば、どこまでも破滅に向かって突き進んでいくだけです。

当事者をほんとうに助けてあげたいと思うのであれば、つくった借金は自力で返済させるようにし、そして心を鬼にして、こういいましょう。

相手
恋人・パートナーさん

テメェのケツはテメェでぬぐえ!

借金の返済方法については、私自身7~8年ほどかかってようやく返し終えたコツをまとめてあるので、「こういった方法はどう?」と、当事者に提案してあげるなど、よろしければそちらもご参考にしてみてください。

ギャンブルをやめさせる具体的な方法

当事者から「パチンコをやめたい」という言葉を引き出すことに成功したら、やめる約束をとりつけ、これからいっしょにがんばっていこうね、でハッピーエンド、とはいかないのがギャンブル依存症だということを知っておいてください。

おそらく、最初の3日間くらいは改心しておとなしくなっているものと思われますが、それ以降になると、当事者のパチンコに行きたい欲はだんだん強くなりはじめ、放っておけば、どこかのタイミングでギャンブル行為は再開されます。

これは断言してもいいでしょう。口約束をしただけでなんとかなるほど、ギャンブル依存症はあまいものではありません。

そのため、機が熟したのであれば、熟しているうちに、すぐにつぎの手を打つようにしましょう。

パチンコをやめるための方法はいくつかあり、これも私が実践してきた方法として当ブログでもまとめてありますが、いちばん効果が高いかもしれないのは、パチンコ店を出禁になることのようにも思います。

自己申告・家族申告プログラム」という依存症対策のプログラムを活用すれば、パチンコ店を正式に出入り禁止にしてもらうことができます。

申込書をどこかで入手するか、またはなくてもパチンコ店側で用意してくれる場合もあるので、当事者をすぐに行きつけのパチンコ店につれていき、出入り禁止の手続きをすませてしまいましょう(プログラムの導入店でなくても、行って話をするだけで効果があると思います)。

なお、このときの注意点として、本人だけにまかせてひとりでパチンコ店に向かわせるようなことをすれば、最悪ふつうにパチンコ店で遊んで帰ってくる可能性があるので、かならずいっしょに申し込みをしに行くこと。

とにかく最初は、できるだけ行動をともにしたほうがいいかもしれません(当然ながらいっしょにパチンコ店で遊ぶのはNGで、これは逆効果)。「GA」という自助グループの会合につれていったり、病院につれていくという方法も、場合によっては検討してみるのもいいと思いますよ。

その他の方法に関しては、以下の関連記事にもまとめてあるので、よろしければこちらもごらんいただければと思います。あまり強要せずに、こういった方法もあるよということを、当事者に教えてあげてみてください。

協力する際の心構え、覚悟しておくこと

当事者の依存症克服に協力するさいの心構えとしては、最悪の場合、相手を見かぎる覚悟を決める必要も出てくると思います。

恋人関係、夫婦関係であれば、どうしても相手に対してやさしさが出てしまうため、相手に対してよかれと思ったことやあまさが裏目に出てしまい、当事者は延々とギャンブル依存症に苦しめられつづけ、恋人やパートナーの方は当事者にふりまわされつづけるという、これも同じく、だれもしあわせにはならない結果となってしまう場合があるのです。

そのため、当事者がパチンコをやめることを決め、それに協力することにしたのであれば、鋼の意志で当事者と向き合わなければなりません。

パチンコを生活から断ち切るためには、最低でも1か月ほどは我慢をしなければならなくなります。

その期間中に、当事者が約束をほごにしたり、場合によっては、言葉の暴力をあびせてきたり、「別れ」をちらつかせてくるなど、脅迫めいたことをいってきたりすることもやはりあるでしょう。

それでも、それに動じない精神で、ダメなものはダメと突っぱねなければ、同じことが何度もくりかえされるだけとなってしまいます。

おたがいの関係がギリギリの状況や、限界の状態だったとしても、相手のことを想って固く意志を貫けるかどうかは、最終的には「覚悟の差」、つまり最悪の場合は見かぎる覚悟を決めることだと私は思います。

ギャンブル依存症はそう簡単になんとかなるようなものではなく、生半可な覚悟で相手と向き合えば、当事者も、恋人・パートナーの方も、さらなる深手を負うだけとなってしまうこともあります。やるとなったら、残念ながら、そのような心構えは必要になってくるのではないでしょうか。

ただし、本人も本心から脅迫めいたことをいっているわけではなく、離脱症状のつらさからそのような言葉を発しているだけでもあると思うので、そういったときは、あまり相手にしないことがいちばんかもしれません。

今回のまとめ

・パチンコをやめさせるというよりも、時が来るのを待つ
・協力するとなったら、覚悟を決める必要も出てくる
・一人ではむずかしければ、人の助けを借りよう

人間というものは、失ってからようやく、なにが大切だったのかに気づくことが圧倒的に多いと思います。

当事者に対する最終手段として「関係の解消」というものがありますが、その劇薬が功を奏する場合もあるかもしれませんし、そこからおたがいにとって、ほんとうの関係が始まるということもあるかもしれません。

しかしながら、それはほんとうに最後の手段なので、なにをしてもだめなときは、ひとまず距離を置いてみるのがいいでしょう。人間は、いつもそばにあるものへのありがたみは忘れてしまいがちです。いきなり関係を解消しなくても、距離を置いてみることで、当事者がなにかに気づいてくれることもあると思います。

また、当事者から暴力を受けている場合や、ひとりではかかえきれない場合は、当事者の家族や友人向けの、ギャンブル問題の解決を目的とした自助グループ・相談機関などもあります。

だれかに話を聞いてもらったり、同じような悩みを持っている人と悩みを共有することができれば、心もらくになりますし、新しい解決策が浮かんでくることもあるというものです。

プレッシャーに押しつぶされてしまいそうなときは、ひとりでかかえ込まずに、そういった相談機関の利用も検討してみてください。

関連記事

家族・友人(恋人)向けの自助グループはこちら
【共倒れ】パチンコ依存症での借金でも家族に肩代わりさせるのは絶対NG

専門機関へ電話相談もできます(無料)
【無料相談】パチンコ依存症だった私が「RSN」に電話してみたときの内容

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。