【負け額】パチンコ・パチスロに依存した最後の1年半のトータル収支結果

これは10年以上パチンコに依存し続けた私がギャンブルをやめるまでの、最後の1年間と半年の年間収支です。

ギャンブルをとうの昔にやめた友人は、パチンコを続けるにせよやめるにせよ、毎回の収支結果だけは必ずつけておいたほうがいい、とよく言っていましたが、それをやってしまうと、負けすぎていることを直視しなくてはいけなくなるため、ギャンブルでアツくなれなくなってしまう。そんな気がしていたからこそ、私はあえて収支はつけてきませんでした。

しかし、そうもいっていられなくなった私は、ついにパチンコをやめる1年半前から収支をつけ始めたのです。

この記録を見てもらえれば、私の借金返済生活が泥沼・長期化した理由がおわかりいただけると思います。そして、パチンコを続けていればどれだけ負けるのかという数字は、ギャンブル依存症を克服するために役立つ情報の1つになるとも思うので、ここに残しておこうと思います。

ギャンブル依存症最後の1年半

2015年

12/4-33,000
12/10-16,500
12/16-18,000
12/20-53,000
合計マイナス12万500円

記録は2015年12月が最も古いものでした。

このころになると、1日に3~5万円ほどの負けはもはや当たり前のようになっていて、それだけの額を負けてもとくになにも感じません。このお金があればこんなことができたのに、あんなことができたのに、といった思考さえもできなくなっていました。

1~3万円の負けで済めばいいほう、4~6万円はよくあること。ただ、7~9万円は精神的に大きなダメージを負い、さすがに10万円~は立ち直るのに数日間を要しました。

ところが、それだけ負けても、数日間あれば立ち直れてしまっていたのです。

2016年

1/15-51,500
1/25-90,000
合計マイナス14万1500円

朝も夜もほとんど寝ずに働いてお金を稼いでいたのは、借金の返済のためでした。しかし、命を削って稼いだお金の大半は、ギャンブルへと消えていったのです。

3/12-47,000
3/16+23,000
3/18-30,000
3/20+73,000
3/27-5,000
合計プラス1万4000円

たとえ1か月の収支がプラスになることがあってもそれは微々たるもので、いままでの負け分を取り返すなんてことはできるはずもなく、しだいに取り返そうとも思えなくなっていきました。

ただ、脳から出される「まやかしの快楽を得よ」という指令に従い、私は日々パチンコ店へと向かったのです。

4/3-4,000
4/9-70,000
4/17-50,000
4/30-6,000
合計マイナス13万円
5/11-47,000
5/17-80,000
合計マイナス12万7000円

「もうほんとやめなって。いつまでも借金背負って。やりたいこと、なにもできないまま人生終わるぞ? 1回行くたびに平均3万円は消えてる。パチンコ屋に行きたくなったら、3万円借金してでも貯金箱に入れろ!」

収支のメモに、当時の私が書いたものが残っていましたが、もうギャンブルはやめるという意志は長くは続きませんでした。

7/6-25,000
7/9-44,000
7/14-5,000
7/19-80,000
7/29-47,000
合計マイナス20万1000円

皆さんは、いったい私のどこにこんなお金があったのかと思われるかもしれません。それは、返済して空いた借り入れ可能額から再び借金をしていたので、限界を超えてお金を調達することができていたのです。

ギャンブル依存症になってからは7~8年以上、私は自転車操業(借金の利息と元本を返してからまた借金をする)のような生活を延々と続けていました。

8/20-15,000
8/26+60,000
8/31-20,000
合計プラス2万5000円
9/8-36,000
9/10-34,000
9/11-20,000
9/20-50,000
合計マイナス14万円

また、逆にどうすればここまで負けられるのか、とも思われるかもしれません。

私はとにかく出るまでやり続けていました。少し出ただけでは満足がいかず、大きく出るまでやめられなかったのです。反対に、負けているときは負け額を上回るほどの出玉を得るまで、やめることはできませんでした。

そのため、必然的に休日の朝からパチンコ店へ行けば、負ける金額も大きくなる傾向にありました。

10/15-40,000
10/20+32,000
10/25-110,000
10/29-57,000
合計マイナス17万5000円

10月29日の投資金額は過去最高の15万円。10年にわたるギャンブル依存生活において、パチンコ店で使った金額が最も多かったのがこの日でした。

最後に大きく戻ってきたからよかったものの、パチンコ店で1日に使う額ではないですし、何度もATMへ駆け込んで1万円札をすり続けたその日は、お金がただの紙切れのように感じたことを覚えています。

2016年はそれ以降パチンコ店には行けませんでした。お金を借りることができなくなったからです。

関連記事

日間、月間の最高負け金額はこちら
【依存の骨頂】パチンコ店での1日の最高負け額と1か月の最大負け額

2017年

1/2-37,000
1/16-30,000
1/17-35,000
1/18-33,000
合計マイナス13万5000円

パチンコ店最大のかき入れ時、正月は当然ながら行く。もちろん負けます。

2/14-85,000円
合計マイナス8万5000円

バレンタインデーなんぞ知らんとパチンコ。もちろん負けます。

3/1-26,000
3/14-9,000
3/19-7,500
3/22-53,000
3/27-12,000
合計マイナス10万7500円
4/8+40,000
4/11+35,000
4/26-7,000
4/30+68,000
合計プラス13万6000円

珍しくプラスに転じても、それまで失ってきた額にはとうてい及びません。そしてやはり、ギャンブルで増えたお金は確実にギャンブルで消えていきます。増えた分よりもかならず失います。

つまり、ギャンブル依存症の人間にとってギャンブルでお金が増えるということは、さらに多くのお金を失うきっかけになるだけということなのです。

5/2-13,000
5/20-46,000
5/22-17,000
5/24-38,000
5/30-24,000
合計マイナス13万8000円

2017年は韓国にカジノ旅行へ行きました。そしてこのとき感じたのは、ギャンブルに触れ続ける限り、ギャンブルはやめられないということ。

カジノがなければパチンコ、パチンコがなければ競馬など、ギャンブルに依存した脳は本心とは裏腹に、ギャンブル行為を求め続けます。

したがって、ギャンブル依存症を克服するためには、完全にギャンブルを人生から断ち切らなければならないのです。

ただ、この考えは後に、少しずつ変化していくこととなるのでした。

6/5-68,000
6/11+11,000
6/13-20,000
6/17-15,000
6/19+13,500
6/22-36,500
6/23-72,000
合計マイナス18万7000円

約10年に及ぶ、長きにわたるギャンブル人生はここで幕を下ろしました。

1年半のあいだで失ったトータルの金額や勝率など

入店回数59回(パチンコ2回、パチスロ57回)
トータル収支マイナス151万2500円
平均収支額マイナス2万5635円
勝率勝つ確率15%(9/59)、負ける確率85%(50/59)

1年間と半年のあいだでパチンコ店へ行った回数は59回で、途中からはパチンコはやらず、スロットばかりするようになっていたのですが、あまりにも勝てなさすぎて2回だけパチンコをやった記憶があります(もちろんその2回とも負け)。

そして、1年半のトータルの収支はマイナス151万2500円で、平均すると1回パチンコ店へ行くたびに約2万5000円を失っていました。年間ではマイナス約100万円のペースです。

パチンコ店へ行った日に最終的にプラスで終える割合は15%で、負ける割合は85%。一般的にパチンコ店では全体の約9割は負けているといわれていますが、ちょうどそれとほぼ同じ数字が出ています。

記録をつけていた当時は、結局いくら負けていることがわかっていてもパチンコをやめることができませんでしたが、いまになって過去を振り返ると、今後もギャンブル依存症の再発を防止するいい材料になっていると感じるので、記録はつけていてよかったと思っています。

約10年間のギャンブル依存症を振り返ってみて思うこと

いまこうして冷静な目で自分がしてきたことや、使ってきたお金、費やしてきた時間を振り返ってみると、自分は本当になにをしていたんだ、と思います。

少なくとも10年間に及ぶ依存生活の後半6年間はこのペースで負けていたので、それだけでも約600万円。それ以前ももちろん負けていて、さらにひどい時期もあったので、おそらくパチンコ・パチスロによるトータルでの生涯収支はマイナス1000万円をゆうに超えていると思います。

当時は楽しいと思い込んでいたギャンブルも、いまになって思えばなんの思い出もありませんし、ただただ当時の自分の行動を悔やむばかりです。また、ギャンブルによって脳が異常を起こしていたというのも、いまになってよくわかります。

しかし、ギャンブル依存症になったからこそ、当事者にしかわからないつらさを知ることができました。そしてそれを克服することができたからこそ、こうして同じような苦しみを持つ方のお力になりたいと、当サイトを開設することができました。

いまは、それだけで十分じゃないか、と思っています。

ギャンブル依存症によって多くの時間とお金を失い、精神状態を限界まですり減らしてきましたが、それらを代償に誰かの力になることができるのなら、それだけで私がもがき苦しんできたことに意味を見いだすことができます。失ってきた時間もお金も、なにもかもが無駄ではなかったと思うことができます。

私は長いあいだ一人、パチンコのぎらついた照明だけが明かりとして差し込む暗闇の中にいました。すがるものは嫌でもパチンコしかありませんでした。しかし、そんな重度の依存症だった私でもパチンコをやめることができたのです。

パチンコをやめたくてもやめられないという方は、どうか悲観的になったり、将来に絶望したりしないでください。パチンコはやめることができます。こんな私でもやめることができたのですから。

当サイトではギャンブル依存症になってしまう仕組みや、パチンコをやめるための具体的な方法など、私の経験も踏まえてご紹介しています。これらの経験が、依存症でお困りの方や、ご家族の方にとってのお役立てとなれば幸いです。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

Comment

  1. 通りすがりの中毒者です。

    負け額すごいですよね。
    私もなんやかんやで年間160万円程度まけていますが、今日もパチ屋へ行ってきました。
    金はさることながら、時間ももったいないとは思っているものの、その思いとは裏腹にお金を下ろしレバーをたたいています。
    このままではいけない、なにやってんだと思いながらも行ってしまうこの弱さに勝っても負けても自己嫌悪してしまいます。
    しかし次の休日にはしれっと行ってしまいますし、パチンコ以外何をやっても満たされない感があります。
    主さんは克服できて尊敬します。
    このような体験談を見て、今後やめれるよう努力します。
    何が言いたいコメントかわからなくなってしまいましたが、私も頑張ってやめたいです。ほんと

  2. 投稿作成者

    パチンコは精神依存なので肉体依存の煙草とよく似ていると思います。

    煙草はニコチンが体から完全に抜ける期間を我慢するのがいちばん苦しいといわれていますが(実際に私もそう思います)、それを過ぎると次第に吸うことを我慢する苦しさが徐々に弱まっていき、そこまで我慢をしなくてもいいようになっていきます。

    パチンコもそれと一緒で、まずは最初の14日間、そして30日間をなんとか耐え続けることができれば、それからは毒が抜けたかのようにパチンコに行きたいを我慢する必要もあまりなくなっていくと思いますし、しだいにパチンコ以外のことでも満たされるようになっていくと私は感じています。

    最初の2~4週間というのは途方もない日数だと思うのですが、ここを超えられれば、パチンコ通いから抜け出せる可能性は高いと思うので、なんとか乗り切ってみてください。私も陰ながら応援しています。

コメントを残す