パチンコが絶対に勝てない(=必ず負ける)理由を6つの仕組みから徹底解説

当サイト記事のリンクは一部に広告が含まれます。
パチンコが絶対勝てない(必ず負ける)理由を6つの仕組みから解説

パチンコってほんとうに出ないですよね。「どれだけ負ければいいの?」というレベルで勝てません。

ミナト

では、これはなぜなのでしょう?

パチンコ・スロットは勝てるわけがないものだから。ギャンブルは「勝てないもの」だからです。

パチンコは「勝てない仕組み・出さない仕組み」になっていて、お客側は必ず負けるようにできているからなのです!

この記事でわかること
  • パチンコの出さない(勝てない)仕組み
  • パチンコで負け続ける理由(根本的なものと6つの原因)
  • パチンコで勝てない状態から抜け出すには?

単純な話ですが、パチンコ店の運営は、お客さんの負けなくしてはありえません。

  • パチンコ店にとっての収入はお客さんの負けたお金
  • お客さんの負けるお金で経営が成り立ち、勝たれてしまえば赤字

そういったことからも、お客さんには負け続けてもらわなければならず、パチンコは最初からそれができるようになっています。

イブスター店長

しかも、のめり込みが進行してしまえば、

その負ける仕組みはさらに極悪なものと化す……というおまけつき。

この記事では、そのような「パチンコはなぜ負けるのか?」を、6つの理由から徹底解説していきます。

パチンコで勝てない状態から抜け出す方法もお話しするので、こちらとあわせてごらんください。

著者プロフィール
ミナト

ミナト

10代で行った初めてのパチンコで大勝し、パチンコ・スロット漬けの日々へ。借金を重ね、多くを失い、10数年もの間ギャンブルをやめられなくなる。しかし他者の力も借りて依存症を克服。その経験をもとに依存からの脱出方法を発信している。併設店・専門店での従業員経験もあり。>> プロフィール詳細はこちら

借金でお困りの方はこちらもチェック

無料の借金減額診断

パチンコでの借金は減らして返済をラクにすることができます。

毎月の返済額を半分以下にできたり、返済額はそのままに完済までを倍速にできたり、といったふうにです。

いまの借金をどれだけ減らせるかは、を使って聞いてみてください。

匿名OKかつ1分で利用できます。

イブスター店長

必要なのは、詳しい結果を出してもらうのに必要なメールアドレスと電話番号だけだ

しかも、そこで減らせるとわかって希望すれば、自宅にいたまま借金を減らしてもらうこともできますよ。

ミナト

私も聞いたことはありますが、聞くだけも全然大丈夫です

無料なので聞いて損はないというか、聞かないだけ損をしてしまいます。

  • 毎月の返済をもっとラクにしたい
  • 返しては借りてのくり返しで返済がうまく進んでいない

そんなときは、ぜひ減らせるかの確認だけでもしてみてください。

>> 借金減額診断のくわしい使い方はこちら

目次

パチンコが勝てない(負け続ける)根本的な理由

パチンコが勝てない(負け続ける)根本的な理由
こまったネコ

パチンコ? 最近は負けまくりだよ

こまったイヌ

負けてばかりで話にならないですね……

なぜこうもパチンコは勝てないのか?

まずは、その根本的な理由から見ていきましょう。

仕組み的な話から見たいときは「パチンコが勝てない6つの仕組み」までジャンプしてください。

これ(根本的な理由)は冒頭でもふれたとおり、パチンコ店の運営をささえているのが、負けたお客さんのお金だからです。

  • 店舗修繕費(トイレなど)や設備投資費
  • 1台で50万円前後もする新台入替費用(人気台は中古で200万を超えることも)
  • 「三点方式」の景品使用料(業者に払う手数料)などの雑費
  • 人件費、水道・光熱費、駅前の高い家賃

こういったすべての経費は、お客さんの負け(=パチンコ店の収入)から支払われています。

(※三点方式はパチンコをやめる方法で解説してあります)

パチンコは勝てる可能性があるので、そこにだけ目がいってしまいますよね?

  • 今日勝てれば今週の負けはチャラだ
  • 引き分けだったけど無料で遊べたからいいか

でもパチンコ店の運営には、じつは、そんな生ぬるいことはゆるされないほどの大金がかかっているのです。

ミナト

ただ、これだけだとイメージしにくいですよね

そこで、本題に入るまえに、パチンコ店の運営コストをすこし考えてみることにしましょう。

パチンコ店の運営にかかる経費の一部

パチンコ店の運営にかかる経費の一部

では、パチンコ店の運営にかかる経費についてです。

  • 元従業員として見聞きした情報
  • そこに統計などを合わせて考えてみる

そうすると、パチンコ店のひと月の運営経費(コスト)は、ざっと以下のようになるともいえます。

経費金額備考
家賃1000万円都内+駅前
新台入れ替え1600万円40万円×週10台
人件費544万円バイト+正社員
光熱費100万円電気代など目安
計 3244万円+α

あくまで目安ですが、都内の大きめなパチンコ店だと、運営するのに最低でも月3000万円くらいはかかったりもするでしょう。

なぜそういえるのか、その理由も簡単に補足しておきます。

家賃

家賃が高い

パチンコ店は「駅前の一等地」にある、とかよくいわれますが、立地条件がいいと家賃はものすごく高くなります。

つぎのような話もあるように、

ホールの台当たり家賃は月額、大都市圏で2~4万円、郊外で8,000~9,000円とされている。

【レポート】パチンコホール経営危機の真実

都内駅前の物件では、家賃が2000万円近くになる、なんてこともよくあるのです。

(※500台規模のお店で、台当たり2万円だったとすると、それでもう1000万円です)

もちろん、立地がそこそこのホールなら、そこまで家賃が高額になるケースはすくないでしょう。

それでも、最低でも数百万円は(基本的にはどこも)かかるはずなので、賃貸のパチンコ店はとにかくお金がかかります。

新台入れ替え

新台入れ替え費用が高い

近年のパチンコ店は、新台入れ替えのペースが上がってきているように感じます。

最低でも毎週はあるように思われ、パチンコ・スロット併設店だと、週に10台くらいはあるのではないでしょうか?

イブスター店長

と、なると?

1台40万円×週10台(月40台)=1600万円

これだけでも、もう1600万円です。

不要な台を中古で売れば、そのぶんは返ってくるはずですが、このペースの入替だとかなりの金額が出ていきます。

ちなみにメダルレスパチスロ機/スマスロは、1台50万~60万円+設備費で、初期費用は1台あたり計80万~100万円だそうです。

人件費

人件費が高い

お店の運営は人件費がいちばん高い、なんてことも聞いたことはないでしょうか?

給料が比較的いいパチンコ店も、例にもれずで、やはり人件費も安くはありません。

ちなみに「遊技業界データブック2021」によると、1店舗あたりの従業員数は、以下のとおりとなっています(2020年)。

  • 従業員:25.20人
  • 社員比率:47.20%

これをもとにして、アルバイトの給料16万円、正社員の給料28万円で考えると、

アルバイト13人×16万円+正社員12人×28万円=208万+336万=544万円

この場合は544万円です。

場所によっては、家賃よりも人件費のほうが高くなるケースもあるでしょう。

光熱費

光熱費が高い

パチンコ店は電気代がかかることでも知られています。

  • フル稼働のエアコン
  • フル稼働のパチンコ台、スロット台

私が聞いた話だと、300台でも月100万円はいってしまうそうです。

大型の店舗では、もっと高い電気代がかかるはずです。

それに加えて、水道代なども発生しますから、水道・光熱費は月100万円以上はかかるのでは? と思いますよ。

近年は電気代の値上がりもあって、電気をよく使うパチンコ店は直撃です。

パチンコは負ける時代になった

パチンコは負ける時代になった

以上のことから、パチンコ店の経営に月数千万円規模がかかるのは、べつにめずらしいことではないといえます。

ミナト

しかもこれは、最低ラインの話です

ほかにも費用はかかりますし、それに加えて利益もださなければなりません。

そして、くりかえしになりますが、それらを負担するのは私たちお客さんです。

イブスター店長

……どうだろうか

パチンコは負けるビジョンしか見えないですよね?

かつては遊技人口も多く(後述します)、パチンコ店もそれなりに収入があったので、勉強すれば勝てた時代もたしかにありました。

しかしながら、それももはや過去の話です。

  • 遊技人口の激減
  • 稼働率低下の穴埋め

そういった苦境の時代背景から、残念ながら今のパチンコは「もう勝てない、もう勝てなくなった存在」と化してしまっているのです!

私が以前働いていた小規模のスロット専門店は、新規開店に3億円以上かかったそうです。その運営ができていたのも、結局はお客さんが負けていたからです。

パチンコ/ギャンブルが絶対に勝てない6つの仕組み

ギャンブルが絶対に勝てない6つの仕組み
ミナト

もうムリくさいですよね

この時点で、「パチンコは勝てない」という結論にすでに達してしまいそうな話でもあります。

でも、こまかく見ていけば、さらに理解は深まるはず。

そんなわけで、ここからが本題です。

パチンコが勝てない要素を6つに分けて、よりくわしくギャンブルをすれば負ける理由を見ていきましょう!

1. 控除率が高いというよりも不明

控除率(抜きの分)が不明

パチンコは「抜きの分」がもはやナゾです。

ギャンブルというものは、胴元(元締め、運営者)がもうかるようにできています。

  • 電気代
  • 機種の入替費用
  • 人件費・家賃

これまでのとおりで、パチンコ店なら上記のような運営費用をやりくりし、そこからさらに利益を出しています。

では、そもそもの話で、どうしてそれができるのか?

それは、パチンコやスロットがお客さんから「抜ける」仕組みになっているから。

胴元が負けるようにはできていないからなのです。

逆にいうと、この「抜ける」仕組みがなければ、

ミナト

パチンコ店は利益を上げられずにつぶれてしまうでしょう

そして、このお客さんから「抜く」分のことを「控除率」といい、この率(%)こそが負けにかかわっています。

仕組みそのものはつぎで見ていくことにし、ここでは抜き分のほうをくわしく見ていきましょう。

パチンコの控除率とは?

パチンコの控除率とは

控除率とは、胴元(パチンコ店)の取り分のことです。

ギャンブルにはつきもので、

  • 低ければ低いほどお客側は有利になる
  • 高ければ高いほどお客側は不利になる

このような特徴があります。

たとえば、控除率が5%のルーレットで、1回1万円を賭けたとしましょう。

この場合、抜かれる分は以下のとおりとなります。

1万円の5%、つまり500円は胴元の取り分となり、残りの95%(9500円)は私たちに返ってくる。

イブスター店長

1回の勝負で1万円を賭ければ、毎回500円負けていくってことだ

では、この「抜き」は、パチンコの場合はどれくらいになっているのか?

代表的なギャンブルとあわせて見てみることにしましょう。

ギャンブル控除率
宝くじ54%
公営レース(競馬、競輪、競艇など)20~30%
パチンコ・パチスロ10~15%(?)
ルーレット(ヨーロピアン)2.7%
バカラ(PLAYER)1.24%

このとおり、パチンコ・パチスロの抜き分は10~15%と、最低でもこれくらいは負けることになります。

ただ、この割合だけを見ると、

まだマシだと感じる人

海外カジノよりはアレだけど、公営ギャンブルと比べたら、パチンコは意外とましなのでは?

とも思えてきますよね。

ところが、これはあやしい部分がある。

10~15%というのは、パチンコ業界全体で見た場合の控除率だといわれているもの。

しかし結局のところ、釘の調整や設定差などで、抜く分は店ごとで自由に決められるのです。

ミナト

5万円持って行ったら5000~7500円負けですみますか?……いや、もっと負けますね

私の場合、年間100万円ペースで10年以上負けつづけてきたので、パチンコの控除率はまったく信用していません。

さらにいうと、この10~15%という数字は、かなり前からいわれている数字です。

遊技人口が激減し、1人あたりの負担する金額が増えているなかでも、

控除率だけは変わっていない

そんな話があるとは、さすがに考えにくいのではないでしょうか?

全盛期は3000万人近くもいた遊技人口は、720万人にまで減少しています。(『レジャー白書2022』より)

もちろん収入減で閉店したお店も多いですが、それでもやっていける店舗があるのは、結局は「抜け」ているからにほかなりません。

そういった理由からもやはり、パチンコの控除率は、10~15%どころの話ではないと考えられるのです。

……つまり、それ以上に負けるということですね。

ミナト

パチンコの控除率はあてにならないですよ

近年は業界内でも「お客さんから取りすぎている」という声があがっているそうです。パチンコの控除率は、あってないようなものなのかもしれません。

2. 渋い釘調整と全台低設定で負ける(出さない仕組み)

全台の釘調整・設定がシブい

元パチンコ店従業員の私は知っています。パチンコ・スロットの設定はかなりシブいことを。

そしてこの設定こそが、パチンコ・スロットの出さない仕組みです。

以前私が働いていた店舗では、営業終了後に、従業員が全台の扉をあけておくことになっていました。

社員が上からの指示または自身の決定で、

  • 釘調整シートを見ながらパチンコ台の釘を叩く
  • スロットは設定を打ち替える

こういったことをするからです。

このパチンコの釘をいじる(開け閉め)行為は、本来であれば禁止されている違法行為。

場合によっては、警察に摘発されることもあるものです。

とはいえ、じっさいには暗黙の了解というか、グレーなまま放置されているのが現状です。

ミナト

それでパチンコは、この釘調整によってお客さんを負けやすくできるわけですが……

そうなのです、基本的に釘は、渋めに(あまり回らないように)調整されているのですね。

またスロットは、低設定ほどお客さんは負けやすくなりますが、この設定状況も勤務先の社員から聞きました。

基本的に全台設定1かあっても2だそうです。

  • パチンコの渋い釘調整はえげつないほど回りません
  • スロットの低設定はなにもできずに負けます

ヒキがどうとか、運がどうとか、もはやそういう次元の話じゃないレベルで負けるのです。

ミナト

まさに「一方的な搾取」です!

今後は、パチンコ台は「封入式」というものに変わることが検討されています。

「釘をいじれなくして当たりの確率に設定差を設ける」のが主流となっていくのかもしれません。

けれども、そうなったとしても、パチンコまでもが全台低設定となるだけの話でしょう。

もはや遊技者に、打つ手などのこされてはいないのです。

まとめると、パチンコ・スロットの出さない仕組みは、

  • パチンコは釘を閉める
  • スロットは設定を下げる

こうすることで、お客さんへの還元率を100%未満にできるということです。最初からそれができるように設計されているのでお客さんは勝てません。

なお2023年に導入されたスマパチは、結局まだ釘調整ができる仕様になっています。

3. 出玉の規制強化と換金率の低下

出玉規制の強化と換金率の差で負ける

ご存じのとおり、出玉の規制強化もシャレになっていません。

パチンコの場合は、以下のように、よくわからないことが起きています。

  • 大当たりでの出玉数の上限が引き下げられた、と思ったら規制緩和によって引き上げられた
  • 時間あたりの出玉数が制限された、と思ったらいつのまにかそんな話はどこかにいってしまった

しかし、どうにもならないのがスロットです。

スロットは「5→6号機」に変わることで、「出玉が2400枚に達すると強制終了」という致命的な規制が入りました(通称2400枚規制)。

ミナト

ようするに、以前よりも出なくなったわけですよね

そのくせ、投資のスピードや金額は以前とたいして変わらないのです。

加えて換金率も、全国的に等価交換が廃止となったことで、「玉やメダルを借りた瞬間にすでに負けている」が起こるようにもなりました。

換金率の差もあって、「ここでも以前より負けやすく」なっている……。

もともと勝てなかったパチンコ、とくにスロットは、規制の強化などによって、よけいに勝てなくなってきているのです。

  • 6.5号機から2400枚規制が「差枚」に
  • スマスロの登場でほとんど枚数規制はナシに

となりましたが、これも結局のところ波が荒くなっただけの話で、勝ちやすくなったわけではありません。設定で還元率(機械割)を100%以下にできるので、一時的に勝ててもそれ以上に負けます。

4. 営業時間と負けたまま帰れない心理

負けたままでは帰れない心理で勝てない

パチンコは、私たち人間の「心理」を突くことによっても負けさせにきます。

風営法の規制もあって、パチンコ店には営業時間にも制限があり、たいていは夜の11時前には閉店します。

ここで問題となるのが、閉店時間が近づくと発生する「ある現象」

負けている人は「その日の負けを取り返したい(すこしでも減らしたい)」と考えるようになるあの現象です。

  • 低設定らしき台しかなくても、一発告知の台に移動して何発か当てようと躍起になる
  • 一発当てれば……という台に、時間からして取り切れなさそうでも、無謀にもお金を突っ込む

なぜこのように、早い時間では絶対にやらないリスキーなことでも、閉店前になると平気でしてしまうのか?

じつはこれにも理由がありました。

人はお金を得るよろこびよりも、失うことへの恐怖を強く感じる生きものだからです。

ミナト

人間は「得」をするよりも「損」をするのをいやがる傾向があるとされています

ようするに、負けたまま帰るというのは、人間の本能的にも選択しづらくなっているのです!

(※これをプロスペクト理論といいます)

パチンコ店側からすれば、閉店間際は、その日最後の「搾取ラッシュ」

無謀なお客たちが、のこったお金をジャブジャブとつぎ込んでいく……。

その光景を監視カメラのモニターで見ながら、パチンコ店のえらい人は、このようにほくそ笑んでいることでしょう。

えらい人

この程度で帰れると思ったら笑止! 尻の毛1本までむしり取らせてもらう!

もう帰りたい、けれど、負けている以上は帰れない……。

ミナト

それで結局、負け額だけが増えて閉店終了なんですよね

私もいくどとなく、この地獄のパターンにおちいってきました。

パチンコ店もお店なので、閉店時間があるのはしかたがないです。

でも、このように時間に制限があることでも、人は負けやすく(リスクを背負いやすく)なってしまうのです。

借金があると「負けたまま帰れない」は凶悪化する

借金があると「負けたまま帰れない」は凶悪化する

また借金がある場合、この「負けたまま帰れない心理」は凶悪化します。

イブスター店長

どのように凶悪化するんだ?

というと、負けを取り返したいとかではなく、負けを取り返さないといけないになってしまうのです。

ミナト

私も当時は、借金をしながらパチンコを打っていたのでわかります

借金をしてしまうのは、収入以上に負けるのもそうですが、結局は「収入が足りていない」からです。

使える金額以上に負けてしまったけれど、それでもパチンコに行きたい……。

それで返済は「返しては借りて」になってしまって、借金×パチンコ生活になってしまうわけですよね。

では、この収入が足りていない状態で負けた場合はどうなるのか?

働いて稼ぐ人

まあ負けはしょうがない。働いて稼げばいいや

これができなくなりますよね?

なぜなら、働いて稼ぐ収入が、負けや借金を返すのに足りていないからです。

そうなると、パチンコで負けたとき、

  • これ以上借金を増やさないためにも、負けは取り返さないといけない……

となってしまって、よけいに負けたままでは帰れなくなってしまうのです。

ミナト

ですから、借金問題がある場合は、さっさと解決させましょう

借金問題の解決策は、

の記事でまとめてあります。

返済がむずかしいときには、じつは借金を減らして返済をラクにすることもできます。

その手段についても補足してあるので、あわせて確認しておいてください。

借金がなくなれば、意識も変わって、「パチンコで借金なんて二度としない!」と思えるようになれますよ。

5. 射幸心で負ける

射幸心で負ける

パチンコなどのギャンブルは、私たちがもつ「射幸心:しゃこうしん」をも突いてきます。

これによっても、パチンコは勝てないものになるでしょう。

射幸心とはなにかというと、これはつぎのとおりで、

幸運や偶然など、苦労せずに思いがけない利益を得ることを期待する心理

ギャンブラーなら、だれもがこの「苦労せずに得られるお金」を期待してパチンコ店に行きます。

ところが、なんと私たちは、この気持ちがあるせいで勝負を切り上げられなくなってしまいます。

  • ちょい勝ちではまだ足りない
  • もっと勝ちたい、もっとお金がほしい

その結果、勝ち分があってもすぐに消化。

勝ちから負けに転落 → 負けを取り返したい → 所持金をすべて吐き出してEND

と、射幸心がさきほどの「負けを取り返す」と複合してしまい、惨敗の結末を引き寄せるのです。

ちなみにこれは、カジノでもおなじことが起きているそうです。

ミナト

これは関係者から聞いた話ですが、

控除率が1~3%と低いゲームでも、結局はその程度の話じゃないほどお客さんはお金を使って帰っていくのだとか。

それはなぜかというと、欲がでて切り上げられなくなるから。

射幸心によって、もっと勝ちたいと思うようになり、お金がなくなるまでやめられなくなって負けるのです。

6. ギャンブル依存症で負ける

ギャンブル依存症で負ける

パチンコをつづけていると、ギャンブル依存症という「病気」になってしまう危険性があります。

そして、これになってしまうと、ほぼ100%負けるようになります。

パチンコは「ギャンブル」などではなく、「一方的な搾取」へとそのすがたを変え、

  • ただパチンコが打てればいい
  • ただスロットが打てればいい

と、勝ち負け・控除率・設定なんてものは関係なく、パチンコにのめり込んでいってしまうのです!

  • 負けていればお金を取り返そうと、運やヒキにたよって無謀な勝負を挑む
  • せっかく勝っていても「まだ満足できない」と追いかけては全ノマレ
  • 勝っても負けても追加投資はとまらず、結局はサイアクな気分で閉店終了

負けていればさらに負け、勝っていても結局は負ける。

もしかすると、気づいていないだけで、すでにむしばまれてしまっているかもしれません。

所持金が底を尽きるか、閉店などでストップをかけられなければ、パチンコをやめられなくなる「ギャンブル依存症」にです。

ミナト

私もこの「依存症」に長年悩まされてきました

ただでさえ勝てないパチンコは、やりつづけているうちに、精神的な病を発症させる危険性があります。

しかもおそろしいのは、いちど依存症になってしまうと、負の循環からは容易には抜け出せなくなってしまうこと。

私たちは、まさに「パチンコ店の養分」となってしまうのです。

パチンコ店は依存症者によっても支えられる

パチンコ店は依存症者によっても支えられる

これまでのとおりで、パチンコ店は苦境に立たされています。

でも、そんなパチンコ店が、いまでも営業をつづけていける理由はなんでしょう。

ミナト

それは「勝てるものではないから」というのもそうです

でもこの話は、

パチンコで負ける、負けを取り返そうとする。負ける、取り返そうとする……。

と、いくら搾りとってもまた搾られにくる、私たちギャンブル依存症者がいるからでもあるのではないでしょうか?

まるで、自動搾乳機にやってくる牛のようにです……。

搾乳される牛

…………

たまたま運よく勝ち越せた日があったとしても意味はありません。

ほかの日で、それ以上に負けてしまうだけだから

とはいえ、そんなことはわかっていてもやめられないのが、ギャンブルのおそろしさなのですよね。

ですから、もしすでにそうなってしまっているのなら、一刻も早くパチンコへの依存を断ち切りましょう。

そうでもしないかぎり、この無限ループからは、抜け出すことはできませんよ。

ミナト

お金があってもなくても関係ないです

パチンコに依存症状がでてくると、なんとかしてでも、お金をつくって持っていくようになりますからね。

パチンコで勝てない状態から抜け出す最善策はやめること

パチンコで勝てない状態から抜け出す最善策は?

以上のとおりで、パチンコはやれば負けます。勝てるものではありません。

では、この「勝てない状況」から抜け出すにはどうすればいいのでしょうか?

ミナト

これに関しては、パチンコをやめるのが最大の防御策です

パチンコに行きさえしなければ、今後は二度と負けることもなくなるからですよね。

イブスター店長

ということで、ここでは、パチンコをやめる方法も紹介しておくぞ

長年ギャンブル依存問題に悩まされてきた私でもやめることはできました。

やめたくてもやめられないからパチンコに行っている

ということも多々あると思うので、ぜひこちらもあわせてごらんください。

パチンコをやめたいわけではないときは、このつぎの「パチンコで勝ちたい(うまく遊びたい)ときは」で対策をまとめてあります。

1. パチンコをやめるための行動を起こす

パチンコをやめるための行動を起こす

パチンコをやめるためにまずしたいのは、具体的な行動を起こすことです。

ギャンブルに依存症状がでてくると、パチンコをやめたくてもやめられなくなってきます。

でも多くの人は、やめようと思っても、そう思うだけでおわってしまって、具体的なやめる行動にまでは移せません。

ミナト

それもそのはずです。だれもが「自分はギャンブルに依存している」なんて考えもしないですし、認めたくもないからです

ではそこで、「もうやめよう」の思いを行動に移せるとどうでしょうか?

  • じっさいに行動し、生活の習慣を変える

そうすることで、なにもしなければ数日くらいで消えてしまう「もうやめよう」を、維持させることができるのですね。

イブスター店長

生活習慣が変わらなければ、パチンコに行く習慣も変わらないぞ

具体的なすぐにできるものは、パチンコをやめる11の方法に書いてあります。

自分ひとりでできるものなので、まずはこちらから実践してみてください。

2. 必要に応じて人の助けも借りる

人の助けも借りる

パチンコは自力でもやめることはできるものだと思います。

とはいえ、パチンコへの依存がかなり強い場合、自分ひとりではどうにもならないことも多々あるわけですよね。

そんなときは、パチンコをやめるために人の助けも借りてみましょう。

ミナト

人の力を借りることで、自分ひとりではできなかったことでも「可能になる」からです

人に助けてもらってギャンブル問題を解決させる手段は、以下のようにいろんなものがあります。

  • 自己申告プログラム:申し込むことでパチンコ店を出入禁止になれる
  • RSN:電話でパチンコ・パチスロ問題を無料で相談できる
  • GA:ギャンブル問題をかかえた仲間と交流することでやめる勇気をもらえる

パチンコがやめられないのは、けっして恥ずかしいことではありません。

「やめられない問題」で悩んでいる人はほんとうにたくさんいて、だからこそ、人に助けてもらえる場所も用意されています。

じっさいに私も、そのような人の助けも借りてパチンコをやめられました。

イブスター店長

なんでもかんでも、自分ひとりで抱え込む必要はないぞ

問題を相談できる場所はたくさんあるので、ぜひこちらも確認しておいてください。

3. パチンコ以外にやることを見つける

パチンコ以外にやることを見つける

パチンコがやめられないのは、やめようとするとやることがなくなるのも理由のひとつです。

  • パチンコをしていた時間が全部空き時間になる
  • 暇な時間をどうすればいいかわからない

そうなると、パチンコに行きたくなってきて、そこでまたパチンコ通いがはじまってしまうんですよね。

ミナト

なのでこの空いた時間は、パチンコ以外のことで、やることをつくっていきましょう

具体的には、以下の2つの方法が使えます。

空いた時間を活用する方法

とくにオススメなのは、「①パチンコ以外の趣味を見つける」方法です。

イブスター店長

パチンコをやめると面白いことがなくなる(→べつで楽しいことを見つけたほうがいい)からだな

パチンコ以外で趣味を見つけるのは、最初はけっこうむずかしいです。

それでも、継続は力なりで、つづけていればギャンブル以外のことにも楽しさを見いだせるようになっていきますよ。

どんな趣味があるのかも以下の記事でまとめてあるので、こちらもあわせてどうぞ!

それでもパチンコで勝ちたい(うまく遊びたい)ときは

それでもパチンコで勝ちたいときは

パチンコはやっていても勝てないですし、今後も負けるだけの時代はつづいていくと思います。

ミナト

だからこそ、もうやめてしまうのがイチバンだと私は思うのですが、

それでも、なんとかして勝ちたい、遊びたい、ということもありますよね。

そこで最後に、パチンコで勝てない状況をやめずに変える方法も紹介しておくことにしましょう。

イブスター店長

ここでは3つの方法を見ていくとしよう

パチンコでうまくやるのはかなりむずかしいですが、遊びでできる人もたしかにいます。

どうしてもなときは、こちらの話も参考にしてください。

1. 勝率を上げる方法を徹底する

勝率を上げる方法を徹底する

パチンコはテキトーに打っていれば確実に負けていきます。

それならば、「プロがいるように、しっかり打てば勝率も上げられるのでは?」という話で、今後は勝ちに徹する方法があります。

ミナト

そんな、パチンコでの勝率を上げる方法には、つぎのようなものがあります

  • 期待値を計算・勉強してそれをひたすら追う
  • 会員カードをつくって貸玉・換金によるムダをはぶく
  • ふらっとマイホに行かない(負ける日は行かず、勝てる日に行く)
  • 収支やデータ取りなど記録をとって負けを改善する(店のクセはつかめる)
イブスター店長

パチンコ・スロットには「期待値」ってのがあって、これが100%を超えていれば理論上はプラスになるんだな

スロットなら設定1でも(完全攻略で)期待値は100%以上の台はあります。

パチンコもボーダー以上に回る台が見つけられれば、それも理論上はプラスです。

今後はやりたい台で遊ぶのではなく、そういった、勝てる根拠のある台しか打たないようにするわけです。

ミナト

会員カードを使えば貸玉・換金での手数料は最小限に抑えられますし、イベント日だけ行くようにすれば、回収日も避けやすくなります

閉店時のデータ取りもすれば、店のクセも見えてくるので、そこでもいい台をとれる率は上げていけるはずです。

こういったパチンコで勝つ方法は、以下の記事でまとめてあります。

きちんと実践できれば、勝率は上げられると思うので、くわしく知りたいときはそちらからどうぞ。

2. 負けを取り返そうとしない

負けを取り返そうとしない

ギャンブルは負けを取り返したくなることで、さらなる負けが誘発されるものです。

ですから、うまくやりたいのなら、この「負けを取り返す」気持ちにセーブをかけるのは必須となってくるでしょう。

ミナト

途中で控除率(胴元の取り分)の話をしましたが、カジノは1~2%と低いのに、お客さんはもっと多くのお金を使っていくそうです

これはじっさいにカジノ関係者から聞いた話なのでまちがいはないですが、ではそれはなぜなのか?

結局のところ、みんな負けると負けを取り返したくなって、所持金いっぱいまで突っ込んでしまうからなんですよね。

パチンコ・スロットでも、3万、4万と負けがこんでくると、どうしても取り返したくなってきます。

この気持ちにあらがえないと、

  • 期待値だ、設定だ、釘のボーダーだ、

とかはいっさい関係なくなり、どんな台でも乱れ打ちができるようになってしまうのです。

したがって、パチンコでうまくやりたいのなら、負けを取り返したくなる問題も解決しなければなりません。

その手段も以下の記事でまとめてあるので、かなりむずかしいと思いますが、あわせてチェックしてみてください。

3. やめどきを守っていいところで切り上げる

やめどきを守っていいところで切り上げる

パチンコ・スロットには明確な(勝率を上げられる)やめどきがあります。

そのやめどきを守っていいところで切り上げるようにする方法です。

朝から閉店までパチンコな人

朝イチから行っても、どうしても閉店まで粘ってしまうんです

パチンコを打ちたい気持ちが先行すると、どうしてもそうなってしまいますし、私もそういうタイプでした。

しかしこれでは、やめるタイミングは「閉店」だけです。

あそこでやめていれば勝って帰れた

のポイントを逃しまくり、勝てるのは、ほんとうに運よく最後まで出つづけたときだけです。

そんな展開にめぐまれることなんてそうはないですよね? だからやめどきを守るのは大切になってくるのです。

イブスター店長

パチンコのやめどきには、つぎのようなものがあるぞ

  • 最初の当たりがおわって千円あたりの回転数がわるい
  • ボーダー以下の台で収支がプラスになった
  • ボーダー以下(または±0くらい)の台で予算に達した

正直、釘がいい台に座れることはなかなかないと思います。

ですから、これからもパチンコをつづけるなら、ある程度の負けはもうしかたがないと割り切るのも大事になってくるでしょう。

仕事があって、打てるのは平日の夜と休日だけという場合、勝ちに徹するのはかなりのむずかしさがあります。パチンコはお金を使って遊ぶ「娯楽」と考え、割り切るところは割り切れれば、結果的に勝って帰れる日も増える(=勝率は上げられる)はずです。

パチンコのやめどきや、負けをおさえる方法も、以下の記事でまとめてあります。

どうしてもパチンコで勝ちたい、うまく遊びたいときは、これらの方法もチェックしてみてください。

今回のまとめ

  • パチンコは胴元がもうかるようにできているので勝てない
  • あらゆる状況がお客側には不利で、もはや負ける要素しかない
  • ギャンブル依存症になると際限なく負けつづけるのでとくに注意

パチンコはやればやるだけ負けていきます。負け続けます。

お店の経営にはお客さんの負けが必要なのに加え、人間の心理・依存度の進行など、すべてがお客側に不利にはたらいているからです。

パチンコがしたい人

それでも、まだパチンコに行きたい……

と、思いますよね?

じつは、これもそうです。

負けているからこそ行きたくなる心理(これを部分強化といいます)を突く仕掛けが、ほかにもまだパチンコにはあるからなのです。

  • 負けがさらなるパチンコ衝動を生む
  • 借金があるとそれも強力な誘引剤となる
  • ギャンブル依存症はすこしずつ進行していく
ミナト

なので、ベストはやめることです

パチンコは行けば行ったぶんの負けが増えるだけ。

大切なお金や時間を守るためには、パチンコに行くのをやめるのがいちばん確実な方法ですよ。

そしてパチンコをやめることができたなら、二度とパチンコ店には入らないこと。

元依存症の私は、まさに命からがら、このアリ地獄のような無限ループから脱出することができました。

そこから抜け出すのにはほんとうに苦労しましたが、いまではあまり行きたいとも思わなくなりました。

その方法は、お話ししてきたとおり当ブログで紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

パチンコが勝てなすぎて(嫌気がさして)ここにたどり着かれたのなら、きっと問題解決のお役に立てるはずです!

イブスター店長

パチンコで勝てない人の特徴(に自分が当てはまっていないか)も要チェックだ

この記事をシェアする
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント(確認後に反映/少々お時間をいただきます)

コメント一覧 (28件)

  • 特定日は設定入ってるから行きますがそれ以外はかなりヤバいです。
    特定日がけっこうかぶる地域なので専業やめて副業として打ってます。

    • コメントと情報提供をありがとうございます!
      5号機時代もけっこうやばくなってきていたので、6号機はよけいにきつそうですね。
      私はどうしてもうまく立ち回れない(イベントオンリーができない)のでいまは距離を置いています。行くと歯止めがかからなくなってしまうんですよね……。

  • 私のパチンコ歴は35年です、借金まではしていませんが、どうしてもパチンコに足が向いてやめられません、硬く決意しても1ヶ月が我慢出来る範囲です、毎日のように行ってしまいます。本気でやめる努力をしなければ人生は地獄です、これからは今日からギャンブルから足を洗痛いと、思います。有難うございました。

    • コメントをありがとうございます。
      おっしゃるように、遊びではないパチンコはもはや地獄だと私も思います。
      他記事でもギャンブルをやめる方法は解説してありますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

      また1か月我慢することができたら、もう1週間、もう2週間……と、すこしずつ期間を伸ばしていく考え方も有効だと感じます。
      (※一生やらないかはさておき、とにかく「今だけは行かない」とする考え方です)

      私の経験上ですが、パチンコは「行きたいがずっとつづく」ものではありませんでした。
      ある程度の期間我慢できれば、欲求も落ち着いていくと思いますよ。

      すこしずつパチンコに行かない期間を伸ばしていければ、ほとんどギャンブルのことを考えないですむ生活は手に入れられると思います。
      おたがいその期間を伸ばしていきましょう。こちらこそありがとうございました。

  • パチンコ店で収支の管理をできるポジションで働いていたならともかく、推論での記事。
    いい加減すぎる。

    • たしかに私は収支を管理する立場にあった者ではありませんが、そのポジションの人間から聞けた話も根拠のひとつとしております。
      推測だけで数字をでっちあげたつもりはありませんが、パチンコ店にも大小規模がありますので、前半は目安として考えていただければと思います。

    • コメントをありがとうございます。
      私も以前はそうでした。きっと私たちは同じ問題を経験しているのだと思います。

      「遊戯中はやめられない、遊技中でないときは、行ってしまうのを止められない……」

      でもパチンコ・スロットをやめたいまは、あの「やめられない」を味わうこともなく、平和な生活を送れています。

      その第一歩は「自分はギャンブル依存症なんだ」という事実を受け入れることでした。
      そして自分ひとりではどうにもならない部分は、他者の力を借りて解決していくことでした。

      10数年間やめられなかった私でも抜け出せました。
      大野さんの問題が現在進行形でも、かならずや解決できると思いますよ。
      ぜひその他の記事も参考にしてみてください!

    • 今後はスマスロ・スマパチと、射幸性もどんどん上がっていくように感じます。
      そうなる前がチャンスだと思うので、おたがいにやめる状態を維持していきましょう!
      こちらこそありがとうございました。

  • 誰かがなりすましで、大野の恭で私の気持ちを伝えてくれてありがとうございます!
    翌日言おうと思ってた言葉でした
    主様ありがとう
    こんな事が無ければ決心つかなかったと思います!!
    本当に感謝

    • だからお名前が微妙に違ったんですね(笑)
      しかしいずれにせよです!
      パチンコ・パチスロはやればやるだけ負け、負ければ負けるだけやめられなくなるので、完全に行くのを断つのがいちばんです!
      おたがいがんばりましょう。こちらこそありがとうございました!

  • 本日パチンコの新台データ見たけど20台中プラスは6台
    爆勝ちは一台のみ
    そりゃそうだよな
    年末は行かないようにします

    • 何人もの爆死の上に1人の爆勝ちが成り立っていると!
      ほかのプラス台の分も、負けている人から余裕で回収できる程度とか、毎回そんな感じですよね。

      どうしても勝っている人に目がいってしまいがちですが、それと同じまたはそれ以上に負けている人がたくさんいるのが現実だと思います。
      年末年始は1回でも行くと毎日行ってしまうようになるので、自宅で平和に過ごすのがおすすめです!

  • パチンコはちゃんと探したらボーダー+3位はありますよ?

    ちゃんと還元日に開くホールって普通にあります。
    回収日に行くから回らないって事を理解していない人が多い。

    • コメントありがとうございます。
      たしかに還元日に行けばお客さんは勝ちやすくなりますし、そこだけを狙えば、収支をプラスで維持することもできるかもしれません。
      私も以前は「行くならこの日だろう」と、特定日は積極的に狙っていました。

      ただ、やっているとどうしても、それ以外の日も行きたくなってくるんですよね。

      仕事があると休日しか思いっきり打てなくなります。
      パチンコに依存症状が出てくれば、そのへんのコントロールも効かなくなってきます。
      それで多くの人は、回収日だろうがお金を突っ込んでしまうのだと思います。

      「遊べるのはこの日しかない」となると、どれだけ状況がわるくても、なぜかやれてしまうというわけです。

      パチンコ店側が還元日をつくれるのは、そうやって回収ができるからだと思うのですが、残念なことに還元日は利用できない日のほうが多いです。
      だから多くの人は(回収日でも行ってしまって)負けていくのだと思いますよ。

      勝ちたいのもそうですが、大多数はやっぱり遊びたい意識も強くて、お金を使いだすと回る回らないは関係なくなってしまうことも多い気がします。

  • 結局は意識次第ですよね、、、。

    因みに今日のマルハンはリゼロが1k23回転調整ですね。

    • 行ったらせめて1回くらいは当てたくなりますし、その意識があると、回らなくても続行してしまうんですよね。

      あとは「遠くの優良店よりも近くのボッタ店」みたいな感じでしょうか。
      遠くのお店まで行くのが面倒くさくて、回らなくても近くの行き慣れたお店へ・・・という感じで負けるわけです。

      行けば依存症状も復活してしまい、また負けまくることになるので、私はパチンコ店には近づかないことにしています・・・。

  • こんにちは、自分は本当にバカです。
    7年半やめていたにも関わらず、エヴァをやりたいと少し思ってしまい、何気なく軽い気持ちでいつでもやめれると、依存力を舐めていました。
    不幸な事はここであっさり負けれたら、ほらねと思えたのでしょうが、その日のトップ台に座れてしまったため、1,500円で63回当たり、30万以上勝ってしまいました。こうなると、魔力には抗えなくなり、続けて行ってしまい役3ヶ月。
    出たら出なかったりで今マイナス3万ほどです。問題は収支ではない。おそらく自分の復活してからの遊戯時間を考えたら、100万やられててもおかしくない事。今はマイナス3万ですが、このままやりつづけたら確実にそうなります。
    分かっていた事なのに。
    何年辞めてても、一度やったらまた再発する不治の病ですね。
    あの平穏な日に戻りたい…。
    7月7日のマルハンを最後にしようと思ってる時点でダメなのでしょうか…。
    アドバイスお願いします。

    • マックさん、コメントをありがとうございます。
      私も最初は「1回だけなら……」という気持ちでやらかしたので、お気持ちはよくわかります。

      ただ、そのとき負けていたとしても、おそらく
      ・負けを取り返したい、もうちょっと遊びたい、他の台も気になる
      となってしまい、結局どちらにしてもいまの状態になっていたのではないか、と思うのです。
      (※私も再発経験は何度もありますが、だいたい毎回そんな感じでした)

      そのことから、7/7に行ってしまえば、やはりそれもアウトになってしまうでしょう……。
      それ以降もズルズル行ってしまい、本当にお金がないなどの危機的状況にならないかぎり、やめられなくなってしまうのではないでしょうか?

      アドバイスとしては、「最初の勝ち分がなくなってマイナスになった」、これを今回の再発の区切りと考えて、またイチから禁パチンコを再スタートさせましょう。

      まだ打てる余力がある状態でパチンコをやめるのは、正直きびしいです。
      でも、これから何か月も、下手したら何年間もパチ屋漬けになってしまうかもしれないと考えたら、やはりすぐに手を打ったほうがいいと思います。

      まずはその7/7まで禁パチンコを継続させること。
      そして7/7になってもパチンコ店にはいかず、その日はべつのことをして過ごすことです。
      そうすれば、イベントを利用できなかったことで心も萎えて+ちょうど1か月くらいは禁パチンコをできているので、また以前の状態にもどれるはずです。

      再発をスパッと断てるか、またズルズル行くか、それを決するときはもう1ヶ月を切っているともいえます。
      ぜひ当ブログで紹介している方法も参考に、ここで問題を食い止めてみてください!

  • あなたが言ってるのは空想のみです
    毎日勝って暮らしてる人間いる
    ひと握りかもしれないでも現実に存在する
    ギャンブルの前に無意味な税金を廃止して欲しい
    ギャンブル依存の前に確率どうりまず当たれ
    打ってる意味が無い

    • ご意見ありがとうございます。

      一部の勝っている人(いわゆるプロ)がいるのは、もちろん私も把握しています。
      しかしそういったプロとよばれる人が勝てるのは、「大多数の一般的なお客さんが負けているから」こそで、本来は負けている人に還元されるはずだった上澄みだけをすくえているからでしょう。

      この記事は、そういったプロではなく、一般のお客さん(娯楽・遊技として遊びたい)にむけた話ですので、まったくの空論ということはないと思います。

      また近年は、プロ行為に対して厳しいルールを設ける店舗も増えていて、じっさいにプロ行為で出禁になっている人もいます。
      お店側からしたら、「プロはお客さんではない」というスタンスとも取れます。
      ですので、そのような人は例外として考えてもらえれば、わかりやすいかと思います。

  • すごーく参考になるし、なんて好感が持てる返信なのでしょう。

    パチンコから脱却しようとして最近では足が遠のく事に成功していたのですが、どうしても嫌な事があった時にふらっと行ってしまいます。
    ボーっとしながら珈琲を飲んでペシペシとボタンを押したり、ハンドルを握ったり。
    気が付いたら八万負けてました。
    長年パチンコをやり続けた習慣はとても恐ろしいです。

    • コメントをありがとうございます。恐縮です!

      私もイヤなことがあったときにまた行ってしまうのは、以前はありました。
      いまでも気分が落ちているときなんかは、昔遊んだ好きな台の演出だったりを思い出したりすることもあります。

      ただ、その1回が、その後の生活をめちゃくちゃにしてしまうんですよね……。
      「行けばコントロール不能になって、毎日がギャンブルに支配されてしまう」
      いまはそう考え、パチンコ以外のことでリフレッシュするようにしています。ランニングなどの運動をするのもオススメですよ。

  • 確変に入る確率など、10年近く打ってて全く収束しません。もちろん圧倒的に悪い方に傾いてます。
    みなさん薄々気づいてると思いますが、台は店の持ち物です。どうとでも調整できます。公平性は皆無です。

    • 公平性は皆無というのは、まったくそのとおりで、とくにいま本当にヤバいのは「釘」だと私は感じます。
      スロットで考えたら設定マイナスのレベルで(シャレにならないほど)回らないケースも報告されています。
      釘調整でいくらでも締められるなら、そうするお店もまあ出てきますよね。
      パチンコはもはや確率以前の問題で、勝負にすらなっていない気がします。

  • パチンコ暦12年です、
    何度も何度も辞めようと試みて失敗してます、、
    2年間やめたこともあったのですが
    ショックなことがありパチンコに逃げてしまい再発
    それから調子のいい期間もありましたがここ1年は負け続けて80万程失ってます、、
    ギャンブルをしない友人に相談して
    色々助けてもらったのですが
    2週間やめるので精一杯
    心では辞めたくてたまらないのに
    お金をもつとパチンコに脳が支配されてしまいます。
    せっかく投資などで増やした財産もパチンコにのましてしまい
    後悔の毎日です。
    ほんとうに、ほんとうにパチンコ
    から脱却したいです(泣)

    • こんにちは、コメントをありがとうございます。

      パチンコをやめたくてもやめられないお気持ちはよくわかります。
      お金があって時間もあるなら、本心では行きたくなくても行ってしまうんですよね。
      でも、2年間もやめられていた経験があるのなら、これからはもっと長くパチンコをやめることはかならずできるはずです。
      ご自分を責めず、まずは気持ちを立て直して、パチンコに行かないための行動を起こしていきましょう。

      パチンコをやめるには、この記事でも紹介している以下の2つが効果的です。
      パチンコをやめる方法を実践して生活習慣を変える
      ②人の助けも借りてパチンコに行かない状態をつくる

      ・パチンコ店を出禁になる
      ・電話相談や自助グループを利用する
      人の助けを借りる方法

      など、実践すれば確実に効果はでる方法はあるので、そういったことからはじめてみてはどうでしょうか?

      また、なにかきっかけがあってパチンコが再開されてしまった……というのは、私も経験してきました。
      でもきっとお気づきのように、パチンコに行っても「問題はなにひとつ解決しないどころか大きくなるだけ」です。

      ギャンブルで問題を解決したくなる気持ちがあると、今後もおなじようなことがあったときに再発してしまいます。
      ですから、人生で問題が起きたときは、ギャンブルではなくべつで解決する方法も今後は見つけていきましょう。

      まずはやめるための行動を起こすところからです。
      必要な情報は当ブログ内でかなりの量をそろえてあるので、ぜひ参考にしてみてください。
      うまくいかないときや、どうすればいいかわからないときなどは、またいつでもコメントくださいね。

コメントする

目次