【タッパーで作る】自宅でも簡単にできる透明な氷と高純度の丸氷の作り方

方法さえわかれば簡単! 自宅の冷蔵庫でもつくれる透明な氷と、併せて、透明な丸氷のつくり方も伝授します。

外が暑い季節になると、飲み物を冷やすためなどに氷が大活躍しますが、製氷皿でつくった氷は中心に白い部分が多く、見た目があまり美しいとはいえません。なかには、冷蔵庫のにおいがついてしまっていたりすることもあります。

そこで、味にこだわりたい方は、スーパーなどで毎回氷を調達することになると思うのですが、なんと自宅でも、売っている氷と同じ透明な氷をつくることはできてしまうのです!

今回はそんな、少ない道具と水道水だけで、お家でも簡単にできる透明な氷のつくり方と、併せて、それと同時にできる透明な丸氷のつくり方を伝授します。

(手順1)まずは氷をつくる道具を用意する

自宅で透明な氷をつくるために必要な道具は、アイスピック1本とタッパー1つだけです。タッパーは水を入れて大きな氷をつくるために使用し、アイスピックはそれを割るために使用します。

タッパーにもさまざまなサイズのものがありますが、深底のものがうまくいくと思うので、タッパーは容量が4,000mlの深型タイプを使用します。どうして透明な氷をつくるのに、ここまで大きなタッパーを使うのかについては、また後ほど。

そしてタッパーに入れて凍らせる水はもちろん、自宅で簡単にできると銘打っているので「水道水」を使用します!

ちなみに、今回氷をつくる際に使用したタッパーはこちらです。

100均でも似たような形と大きさのものがあれば、そういったものでもまったく問題ありません。ポイントは深めであること。それがクリアできていればOKです。

次に、氷を割るために使用するアイスピックですが、これは一般的なもので大丈夫です。アイスピックには長いサイズと短いサイズがありますが、ご家庭で使用する場合は、スタンダードのものよりもミニサイズのほうが使いやすいかもしれません。

また、丸氷をつくる際に3枚刃のアイスピックを使用する方法がありますが、これはなくても丸氷はつくることができるので、アイスピックはニードルが1本のタイプのものが1つあれば大丈夫です。

ミニサイズのアイスピックであれば、こちらがオススメです。

このアイスピックは私が仕事用に愛用していたもので、本当は内緒にしておきたいのですが、せっかく見に来てくれた皆さんのためにお教えします。

それと、アイスピックはロングタイプのほうが大きな氷を割りやすく、ミニサイズのほうは安全で小回りが利きます。私はふだんから長いサイズのものを使用していますが、どちらでも好きなほうでいいと思いますよ。

rabbit
イブスター店長

攻めのロングタイプか、守りのミニサイズか、好きなほうの武器を選ぶといい……

それでは、道具がそろったところで、さっそく氷をつくっていきましょう!

(手順2)タッパーに水道水を入れて凍らせる

まずは水道水からジャブジャブとタッパーに水を入れていきます。浄水器があれば浄水器を通して水を入れていきます。

このときの注意点として、水は凍ると膨張するので、タッパーの中になみなみとは水を入れず、タッパーの上から3~4cmほど隙間を空けた部分まで水を入れ、ふたをして冷凍庫に放り込みます。

このまま水が完全に固まるまで放置しておくわけですが、タッパーの中の水がカチカチに固まるまでに1~2日はかかるので、気長に待ちましょう。

さて、水が凍るまでには時間がかかるので、この待ち時間を利用して、冷凍庫での水道水が凍る仕組みや、純度の高い(透明に近い)氷のつくり方について簡単に説明しておきます。

冷凍庫での水道水の凍り方と氷の白い部分

一般的に家庭で氷をつくる場合、製氷皿に水道水を入れて氷をつくると思うのですが、出来上がった氷を見てみると、なぜだか中が白くなっていますよね。

この、水が凍って氷になったときにできる中心の白い部分はなんなのかというと、水道水に含まれる空気(二酸化炭素)や、水道水を殺菌するために使われる塩素、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラル分などの不純物が固まったものです。

水を製氷皿やタッパーに入れて冷凍庫に入れると、水は冷気が当たる外側から凍っていきます。このとき、水に溶け込んでいた空気や不純物は中心のほうに押し込まれていき、最終的に行き場を失った不純物は水の真ん中で凍ってしまうため、氷の中心部分が白くなってしまうのです。

こうした水の凍り方により、外側は不純物が少ない(=純度が高い)氷が出来上がるので、出来上がった氷の外側は透明度が高くなるのです。

よって、深めで大きなタッパーを使用する理由とは、この水が固まる性質を利用して、純度の高い氷をたくさんつくるためというわけです。

純度の高い透明な氷のつくり方

もちろん手間暇をかけることで、純度の高い氷をつくることもできます。参考までに、その代表的な方法をいくつかご紹介しておきます。

1. 水を煮沸する

水道水を煮沸することで、水に溶け込んでいた空気や塩素などをとばすことができます。水を煮沸後、ある程度冷ましてから製氷皿やタッパーに入れて凍らせることで、不純物の少ない氷をつくることができるのですが、これは少々面倒くさい。

2. 軟水のミネラルウォーターを使用する

不純物が少ない軟水のミネラルウォーターを使って氷をつくることで、氷の純度を上げるという方法です。

しかし、今回のように4Lものミネラルウォーターをタッパーに入れるのであれば、下手すると氷屋さんの氷や市販のものを買ったほうが安くなる場合もあるので、コストパフォーマンスが悪いです。

3. 冷凍庫の設定温度を弱くする

上記の方法と合わせることで、さらに効果を発揮するのが、この水をゆっくり時間をかけて凍らせる方法。

一般的な家庭用冷蔵庫の冷凍室の温度は、国の規格によって-18℃以下と定められているので、大体-20℃から-18℃となっていますが、この温度は水を凍らせる温度としてはやや急すぎるため、冷凍室の設定温度を-10℃程度に変更し、ゆっくりと水を凍らせていきます。

そうすることで、水に溶け込んだ不純物が空気中に放出される時間ができ、純度の高い氷ができるのです。

しかしながら、冷凍室の温度設定をいじれる機能がない冷蔵庫も少なくはなく、そして温度設定が変更できても、冷凍保存しているほかの食品などが溶けてしまうという問題点があります。

4. 水の中心部が凍る前に真ん中の水を捨てる

先ほどのとおりで、水は外側から純度の高い氷ができていき、氷の中心部には不純物が押し込まれ、最後に中心部分が固まります。

そこで、中心部が固まる前にタッパーを冷凍庫から取り出すと、氷の真ん中だけ水がたまった空洞のようになっているので、氷に穴を開けてたまっている水を抜き、新しく水を入れなおすのです。

たしかに、中心に集まった不純物を一網打尽にするという画期的な方法ですが……これも少々面倒くさい。

氷が全部固まりきらないよう時間に気を遣うのも大変ですし、結局水を入れ替えても、入れ替えた部分の中心が白くなってしまいます。

参考までに、以上のような方法もありますが、今回はなんといっても「簡単」に透明な氷をつくるのがテーマなので、やはりふつうに水を入れて放置を私はおすすめします。 興味があればいろいろと試してみてください。

おっと、こんな話をしているあいだに氷ができたようですよ。

(手順3)タッパーから氷を取り出して割る

冷凍庫に入れておいたタッパーの水がカチカチに凍ったら、ふたを外してタッパーを逆さにし、水かぬるま湯をかけてタッパーから氷を引き剥がします。

このとき、氷の表面(タッパーの上側)に微細なトゲができている場合があるので、指をけがしないように注意してください。作業はまな板などの上で行うとはかどりますよ。

タッパーで水を凍らせてから取り出した氷

こちらがタッパーから取り出した氷。みごとに中心部分が白くなっています。

横からも見てみましょう。

タッパーで水を凍らせてから取り出した氷を横から見た所

白くなった水に含まれる不純物や空気の気泡も相まって、空から稲妻が降りそそいだような、巨大生物が海中に飛び込んだような様相を呈しています。

しかし、外側は透明な氷ができているのが横からでもはっきりと見てとれますね。

それでは次に、アイスピックを使ってこの大きな氷を割っていくのですが、氷を上手に割ったり削ったりするためには、氷について知っておくとうまくいくので、まずは氷を割っていく前の予備知識として、水が氷になる仕組みや、氷の構造について簡単に見ていきましょう。

水が凍る仕組みと氷の構造

水は水素原子(H)2つと、酸素原子(O)1つが結びついてできた、水分子(H₂O)という小さい粒がたくさん連なることでできています。

水のときの水分子は、さまざまな方向へ向かって自由に動き回っているのですが、水の温度が0℃を下回ると水分子は動きをとめて互いに結合し、結晶がつくられます。そして、1つ1つの小さな結晶同士が集まっていくことで液体のすべてが結晶となり、氷という固体に変わるわけです。

このように、氷は水の結晶同士の結合によって構成されているわけですが、この結晶同士の結合部、結晶同士の境界線は割れやすくなっています(接着剤でくっつけた部分が取れやすくなっているのと似たような感覚)。

これがいわゆる「氷の目」と呼ばれるものです。「氷の目」とは、氷が割れやすい線のような部分のことをいいますが、つまりそれは結晶同士の境界線のことなのです。

氷屋さんでつくられる氷は、結晶が大きく均一に並んでいるのに対し、水道水から冷凍庫でつくる氷は、結晶が小さく不規則に並ぶようになります。

結晶が大きいと結合している境界線、つまり氷の目が少なくなるので氷屋さんの氷は割りやすいのですが、水道水から冷凍庫でつくった氷は、結晶が小さく、氷の目が変則的にあるので、意図しない方向に氷が割れたり、割れやすくなっていたりすることがあります。

つまり、なにが言いたいかというと、ここからは微妙に運の要素が入ってきます。

アイスピックの使い方

アイスピックは大きな氷を割る場合と、手元の氷を割る場合で持ち方が変わってきます。まずはタッパーから取り出した大きな氷を割っていくので、この場合は柄の部分をしっかりと持ち、キツツキのようにコツコツ突くようにして使用します。

重力に逆らわず、アイスピックの重みを利用して、垂直に振り下ろすように氷を突いていくのがポイントです。

またこのとき、無理やり力任せにドスッ! と氷を突くと、手首を痛めてしまうなど、けがをする原因にもなるので注意してください。

先ほどの氷の構造で見てきたように、氷の結び付きを剥がすようなイメージで氷を突いていくと、うまく氷を割ることができます。具体的には、以下の図のようにしてアイスピックで氷を突いていきます。

タッパーで水を凍らせてから取り出した氷を割る手順

この氷は半分に割りたいので、割りたい部分の線上(画像の青い線)にアイスピックを入れていきます(画像①~⑧)。

そうすると、氷の中心部分にあるであろう氷の目にわずかな亀裂が入っていき、その状態で少し力を入れた一撃を加えると(画像⑨)みごと真っ二つに氷は割れます。まずは氷を半分に割るために、何度も、そして丁寧にアイスピックで氷を突いていきましょう。

また、しっかりと狙ったラインに亀裂が入っていない状態で一撃を加えると、変な方向に氷が割れてしまうので、心配な場合は、割りたい部分の線上側面や裏側もアイスピックで突いていきます。

そして、ここからはスピード勝負となります。水道水に含まれている不純物は氷に熱を伝えやすくしてしまうため、とくに中心に不純物が固まっているこの状態は氷が溶けやすいのです。

氷が溶け始めてしまうと、氷がボソボソと柔らかくなり、思ったように割れなくなってしまうので、氷がカチカチのうちに手際よく氷を割っていきましょう。

タッパーで水を凍らせてから取り出した氷を3つに割った所

今回は、大きな亀裂がYの字に入っていたので、それに逆らわず3分割にしました。

タッパーの中で水が凍る際、水の体積が膨張することによって、氷に亀裂が入ってしまうことがあるのです。決して半分に割ろうとして失敗したわけでは……ありません。

(手順4)先に丸氷の素材となる氷を取り出す

タッパーで作った氷を分割したもの

大きな氷を分割できたら、このように氷をさらに半分、さらに半分(または3分割)と分割していき、先に丸氷をつくるために必要な大きさの氷を割り取っていきます。

氷がアイスピックを持つ利き手と反対側の手で持てるサイズになったら、今度は手で氷を持ちながら割っていきます。不純物などが固まった白い部分は後から削り取ればいいので、白い部分が付いたまま割ってしまって大丈夫です。

丸氷の素材となる透明な氷

また、氷を分割している途中で、このような透明な正方形が取れる部分を見つけたら、それは丸氷をつくる素材に使えるので、正方形で割り取り、いったん冷凍庫に戻しておきます。

これは、つくりたい大きさの丸氷になる余白をもったものであればいいので、完全な正方形でなくても大丈夫です。

(注:丸氷をつくらない場合はこの手順は飛ばしてOK。1つずつ分割した氷をさらに細かく分割していき、好みの大きさになったら氷の白い部分を削り取り、空になったタッパーの中にどんどん入れていこう。氷の白い部分は、白い部分のエリアを直線で割るようにして削るとうまくいきますよ)

タッパーで作った氷を全て割った量

ちなみに、一度の作業でこれくらいの透明な氷をつくることができます。

出来上がった氷はタッパーに入れたままふたをして保存するか、ジップロックなどの袋に移し替えて冷凍庫で保存しておくといいですよ。

タッパーで作った氷の透明度

そして、不純物を取り除いた部分の氷はこれくらい透明です。水道水からつくったとは思えないほどきれいですね!

透明な氷をつくるだけならここまでで終了です。お疲れさまでした!

途中のややこしい説明でよけいむずかしく感じてしまわれたかもしれませんが、やったことは水道水をタッパーに入れてそのまま凍らせ、出来上がった氷を割って白い部分を削って捨てただけです。とても簡単ですね!

丸氷をつくる必要がなければ、一度にたくさんの透明な氷をつくることができるので、ぜひお家で氷づくりに挑戦してみてください。

さて、続いては透明な丸氷のつくり方です。ここからは少々難易度が上がっていきますよ。

(手順5)正方形の氷を丸く成形する

タッパーで作った氷を四角く割ったもの

こちらは、先ほど大きい氷から取り出した丸氷をつくる素材となる正方形の氷です。軽く角を取ったら再び冷凍庫へ戻し、カチカチに固まるまで待機します。

タッパーで作った氷を四角く割り、再び凍らせたもの

素材の氷がふたたび固まったら、スピーディに氷を削っていきます。

やはり純度が高いとはいえ、氷屋さんの氷と比べると溶けるのは早いですし、氷が溶けだすとうまく削れなかったり、変に割れてしまったりすることがあるため、氷は硬いうちに削っていきます。

鉄は熱いうちに打たなければならないのと同じようなことです。

アイスピックの握り方

また、丸氷を削ったり、手元の小さな氷を割るときは、このようにアイスピックの柄の下のほうを持つようにします。

私は粗く削るときはこれぐらいで、より細かい作業をするときは画像よりもさらに下のほうを持っていますが、拳から飛び出すニードルが長ければ長いほど、アイスピックで手を刺してしまう危険性は増します。

そのため、アイスピックの先端から数センチだけニードルを出すようにする握り方(画像よりもかなり下を握る持ち方)のほうが安全です。いろんな持ち方を試してみて、いちばん使いやすいと思う場所を探してみてください。

丸氷をつくるコツは、手のひらの上で氷を多方向に回転させながら、正方形だった氷の出っ張っている部分を削ぎ落としていき、球体に近づけていくことです。アイスピックは垂直に突くのではなく、斜めから突いて余計な部分を削ぎ落とすようにして使います。なおかつ、これをスピーディに行うこと。

手の体温で氷が溶けていってしまうため、丸氷づくりは時間との勝負となります。

タッパーで作った氷を丸く成形したもの

ある程度氷が丸い形になってきたら、もう一度この状態で冷凍庫へ戻し、再びカチカチに固まるまで放置。

タッパーで作った氷を丸く成形し、再び凍らせたもの

先ほどの丸氷が再び固まったら、ここからは最終的な仕上げの工程、丸氷を入れるグラスに合わせて、丸氷の大きさを調節するように削っていきます。

このとき、氷の幅をグラスの幅ちょうどぴったりのサイズにはせず、少し小さめにつくるといいと思います。ギチギチの氷は、グラスが割れる原因にもなってしまうので、グラスに少し余裕を持たせるぐらいのサイズにするといいですよ。

グラスに収まった丸氷

そしてグラスに入る大きさになったら完成!

せっかくなので、もう一度完成した丸氷を冷凍庫で冷やし、実際に使用してみます。

再び凍らせた丸氷をロックグラスにいれたもの

完成した水道水からつくった丸氷。美しい仕上がりです。

丸氷に注いだ烏龍茶

こちらにお好みのウイスキーを注いでいきます。これは「ウーロンチャ」というウイスキー。

丸氷に注いだ烏龍茶

丸氷でいただく烏龍茶の味は、格別なものでした……

丸氷をつくるのはちょっと大変ですが、皆さんもぜひ、丸氷づくりに挑戦してみてください。

rabbit
イブスター店長

いや、これ大変すぎないか……? もっと簡単に丸氷をつくるアイテムがあるらしいぞ

(手順EX)便利アイテムを利用する

なんでも、イブスター店長が仕入れてきた情報によると、水(お湯)を入れて冷凍庫に入れておくだけで、簡単に純度の高い丸氷をつくれるアイテムがあるそうな。

その名も「ポーラーアイストレイ」。

ポーラーアイストレイは、特許を取得した特殊な2層のような構造でできていて、水道水の、透明な部分から凍り始め、最後に不純物が凍る性質を利用し、先に上部の丸い部分で透明な丸氷をつくり、最後に下部の台座で不純物を固まらせるのだそうです。

使用画像をみてみると、水(お湯)を入れてそのまま冷凍庫で放置するだけで、これだけのクオリティの丸氷ができるのであれば十分、と思えるようなシロモノでした。

ご覧のとおり、水道水から丸氷をつくるのはけっこう大変ですし、つくるのに時間がかかっても、使うのはほんの一瞬のことなので、こういった便利グッズを活用するのもいいですね!

それでは、タッパーで氷をつくったり、便利アイテムを活用したりするなどして、良い氷ライフをお過ごしください。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す