当サイトについて

当サイトについて

いつも見に来てくださる方も、初めて見に来てくださった方も、当サイトにお越しいただきありがとうございます。

当サイト(genekibar.com)は、ギャンブル依存症をはじめとしたさまざまな精神的な病を患うも、すべて自力で克服することに成功した、現役のバーテンダー(現在は休業中)で管理人の湊(ミナト)による、いちおう中心は健康な生活を送ることを目的としたメンタルヘルス系雑記ブログです。

サイト名について

当サイト(genekibar.com)は「ゲンエキバードットコム」と読みます。

サイト名の由来については、サイト開設時のタイトルを「現役バーテンダーのメンタルヘルス」としていたものの、途中でなんだかこれは違うなと感じ始め、タイトルを最初の4文字で略した結果こうなりました。

ちょっと安易すぎたかな? というような気もしますが、私は今後もバーの仕事には携わっていきたいと考えているので、サイト名はこれでいいかなと思っています。「genekibar.com」があり続けるかぎり、私も目標に向かってがんばり続けることができるからです。

当サイトが、「“moto”genekibar.com」にならないようにがんばりたいと思います。

当サイトを開設した理由

当サイトを開設した理由については、これはひと言でいえば、「かつて自分が心を救ってもらったように、次はかつての自分のように悩んでいる誰かの力になりたい」という思いがあったからです。

まるで先が見えないような暗闇のなかを一人でさまよっていた当時、私は偶然にもバーという場所で心を救われ、次は自分が人の心を救う側になりたいとの思いからバーテンダーを志しました。しかし、ある程度の時間がたつと、その目的を果たすのには、小さな店の中では限界があることをしだいに感じ始めたのです。

このままかぎられた世界のなかだけで生きていていいのだろうか? より多くの方の役に立てる方法はほかにもあるのではないか? そして、そもそもの話、かつての私と同じように困っている方が、バーにたどり着くということはあまりないのではないか?

そこで私は、活動の場を、より多くの方に声を届けることができる、オンラインにも広げることを決めたのです。

人の役に立つこと。これが当サイトを開設した理由であり、そしてそれは、私の人生の大きな目標の1つでもあります。

当サイトを通して、一人でも多くのお悩みの方、そのご家族の方、そしてパートナーの方などのお役に立てればと思っています。

旅人の世話をする人でありたい

バーテンダーという言葉は「bar + tender」という2つの単語を組み合わせた言葉であり、「tender」には「世話をする人」という意味があります。

直訳すればバーで世話をする人、お客さんの世話をする人という意味ですが、バーが生まれた背景から、私は、バーテンダーは「旅人の世話をする人」とも解釈することができると思っています。

私たちは誰もが皆、つらく険しい人生という旅をしていますが、長い旅を続けるためには、ときには立ち止まっての足休め、休憩はかならず必要となります。そして私は、そんな旅人の疲れを労わる人でありたい、当サイトを旅の休憩所として使ってもらいたいと思っているのです。

私はWebサイトの運営者としては完全に駆け出しの旅人なので、まだうまくいかないことも多く、その目的を果たせていない部分も多いです。しかし、いつの日か、多くの旅人の世話を引き受け、皆さんを新たな旅に送り出せるような休憩所に、当サイトを成長させたいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。私は、皆さんの旅のご無事をいつも祈っています。疲れたときは、どうぞ遊びに来てください。「genekibar.com」は24時間営業です!