ブログ運営者ミナトのプロフィール

ミナト
  • 元バーテンダーで元ギャンブル依存者
  • ブログPVは最高6.5万PVほど
  • うさぎを飼っている
  • 野望は海外放浪の旅に出ること、自分のお店をつくること

当ブログ「ゲンエキバー(genekibar)」運営者のミナト(@genekibar)です。

ご興味をもっていただけたことを、とてもありがたく思います。

このプロフィールのページでは、すこし、私のこと(+うさぎのこと)をお話しさせていただきましょう。

目次

運営者ミナトについて

私は東京で、5人家族の次男として生まれました。

次男はがまん強いとよくいわれますが、たしかに、がまんすることが美徳だと思っていたときもあったような気がします。

というよりも、「がまんすることで親をよろこばせたい」と思っていただけだったのかもしれません。

ほしいものや、したいことをがまんすることで、家計がらくになってくれれば……。

そんな私は、10代のころにはじめて行ったパチンコ店で大勝し、みごとギャンブル依存者となりました。

それまでお金にたいしてはシビアだったのが一転。がまんがきかなくなり、お金があってもなくても、なんとかしてお金を用意して、パチンコ店に行くようになりました。

パチンコで失ったものは、どれだけあったことでしょう。

  • お金(1000万円以上)
  • 時間(10年以上)
  • 信用(家族・友人・恋人)
  • 若いときにしかできなかった経験(あらゆるもの)

それらは大半が、二度と取り返しのつかない、ほんとうに大切なものばかりでした。

また、ギャンブルがやめたくてもやめられない状態になっていくにつれ、私は慢性的なうつ状態にもなり、小~中学生くらいからつづいていた赤面症も悪化。

人と会えなくなってしまい、行く場所は、いやでもパチンコ店しかなくなっていきました。

そこで、私が出会ったのが、「バー」だったのです。

バーテンダー時代

バーという場所は、私にとって革命的なところでした。

  • 店内が薄暗いので赤面症でも気にならない
  • というよりも顔が赤くなっていてもいじるような人がいない
  • だれかしら話(悩み)を聞いてくれる人がそこにいる
  • お互いが一定の距離感をもって話すことができる

こんなすてきな場所があったんだ。自分はひとりじゃないんだ。こんな自分でも、居てもいい場所はあるんだ。

バーはすぐに私の居場所となります。

居場所ができたことで、かかえていた問題も、解決へとむかうようになっていきました。

そして、しだいに私は、自分もバーテンダーになりたいと思うようになっていったのです。

マスターは、作法もなにも知らない私を、仲間としてあたたかく迎え入れてくれた。
つぎは自分の番だ。
かつての自分のように、居場所もなく、ひとりで悩みをかかえて苦しんでいる人を、こんどは私が救う側になりたい。

そう思うようになったからです。

私は、覚悟をきめて、バーの扉を叩きました。

ブログ運営者時代(現在)

私はバーテンダーとして、7年半ほど勤務していましたが、途中から、大きな問題にぶちあたっていました。

  • バーの稼ぎだけでは生活していけない
  • 小さなお店の中ではできることにも限界がある
  • 未来が見えない

基本的にバーテンダーの仕事というのは、もうかるものではありません。

小さなお店の中では、できること(困っている人を救う)にも限界がありました。

そしてなにより、7年以上もやっていてこの状態では、これ以上つづけていても、どうにもならないのでは?

ブログと出会ったのは、そんなときでした。

バーでできることは、どうしてもその場所に限定されてしまいますが、ブログを活用すれば、自分の声を全国の仲間に届けることができます。

また、ブログには副業としての側面もあります。

ブログを収益化していくことができれば、いまよりも、自分の目標に近づけるかもしれない。
そのノウハウを共有できれば、私とおなじく、うだつの上がらない生活から抜け出したいと思っている人に、道をしめすことだってできるかもしれない。

私は、そこに可能性を見いだし、“元”バーテンダーとなりました。

ただ、最後にいいたいのは、私は完全にバーテンダーを引退したわけではないということ。

たしかにブログは全国に声を届けることができます。より多くの人を救うこともできると信じています。

けれども、やはり顔をあわせて話さないと伝わらないこともあるのです。

私が自分のお店をつくることを目標のひとつとしているのは、やはりそこでも、当初の想いである「人助け」をしていきたいと思っているから。

私にとっての人生という旅は、まだはじまったばかりです。

より多くの、(かつての)私とおなじような悩みをかかえている人を救えるよう、それから自分の夢を叶えられるよう、今後もまい進していきたいと思っています。

運営者ミナトのよりくわしい半生は、現在書き直しの作業中です。公開できしだい、お知らせいたします。

うさぎのイブスター店長

パソコンをいじるイブスター店長
  • うさぎ(ミニレッキス)のイブスター店長
  • 2016年11月~12月生まれのオス
  • 好きな食べ物は野菜と果物
  • 趣味はミナトのブログ運営作業の妨害
イブスター店長

つぎはおれの番だな!

さて、つづきましては、当ブログで活躍するイブスター店長をご紹介します。

ミニレッキスという種類のうさぎ、イブスター店長は、もともとはべつに飼い主がいました。

ところが、もとの飼い主は、諸事情があって「上京 → 実家へ帰省」することになり、イブスター店長を飼いつづけられなくなってしまったのです。

イブスター店長

このままでは野垂れ死んでしまう……

そこで、もとからイブスター店長とつきあいのあった私が里親として引き取ることにし、彼は正式にミナト家の一員となりました。

当初の名前は「イブ(ヴ)」。「クリスマスイブにお迎えした」というのが名前の由来だったそう。

では、なぜ現在は「イブスター店長」なのか?

それは、私がはじめて飼ったハムスターのスピリット(魂)が、いまも脈々と受け継がれているからにほかなりません。

イブスター店長

ハムスターの「スター」が受け継がれている、ということらしい……

当ブログでは、「店長」という役職をあたえられたイブスター店長。

今後もいたるところで大活躍してくれることでしょう。

イブスター店長の活躍に、どうぞご期待ください!

イブスター店長

応援よろしく!!

イブスター店長はおもに「うさぎ小屋」のカテゴリーを縄張りとしています。こちらも要チェック!

目次
閉じる