バーテンダーが一番美味いと思う酒(ウイスキー)は何か?に対する答え

本当のこと言うとあんまり教えるとよくないことなんですよねこれ。なぜかって?それは……店の売り上げが落ちるからさ!

バーテンダーが一番美味いと思う(一番好きな)ウイスキーは何か。

それは店にウイスキーが沢山あったのでどれを頼んでいいのか分からないという方や、酒場を仕切っているバーテンダーが一番美味い、一番好きだと言うのだからそれはさぞかし美味い酒なんだろうという興味がある方、こちらの返答で力量を測ってやろうなどという不純な理由から聞いてくる方まで、意外と多いこの質問。

そこで、この質問をされた時に私はどう答えるのかというと、いつもこう答えるのです。私の一番好きなウイスキーは“これ”ですよと。

バーテンダーが選ぶ一番美味い酒とは

湊
ミナト

私が一番好きなウイスキーはこれだ!

エズラブルックス

銘柄エズラブルックス(スタンダード)
種類バーボンウイスキー
容量&度数 750ml 45度

エズラブルックスはアメリカ・ケンタッキー州で造られるバーボンウイスキーで、この黒いラベルの物が最も標準的なスタンダード品。

その上には年数熟成が入ったことで名前が変わり、オールドエズラ7年、12年、15年といったラインナップがあるのですが、現在はそれらの年数物全てが終売。ただし、一応現時点では在庫はまだあるので比較的簡単に入手することはできます。

ちなみにオールドエズラ7年、12年に関しては恐らく終売となった後のタイミングでラベルが変わったのですが、これは生産中止が決まった後で造っておいた樽が大量に見つかり、在庫がある分だけリニューアル品として新ラベルで再販されたから、という話も聞きました(真偽の程は不明)。

このように、エズラブルックスには貴重な年数物や他にもいくつかバリュエーションがあるのですが、私が好きなものは画像のスタンダード品、一番普通のブラックです。

ウイスキーが好きな方であればなぜそれなんだ?と思われるかもしれません。なぜならこのウイスキーは安い酒ですし、単純に年数熟成物の方が味が美味いのは確かだからです。

しかしそこじゃないんですよね。私がこのウイスキーを愛する理由は。

エズラブルックスを選ぶ理由

なぜ私がエズラのスタンダードを一番美味いと思う酒に挙げるのかと言うと、それは私が初めてエズラと出会った日のこと、過去の出来事に答えはあります。

当時、駆け出しのバーテンダーだった私は右も左も分からないような状態のまま、先輩が常に傍にいてくれるということもなく、一人で全ての問題を処理し、店の営業をしなければならないといった状況に立たされていました。

当然そんな状態で全てが上手くいくはずもなく、1つの問題が解決したら次の問題が起きたり、お客さんに怒られることも勿論ありましたし、お客さんによっては対応の糸口が全くつかめず、何を話せばいいのかまるで分からないなど、そのようなことばかりが起きていたのです。

そんな中、例によって私は大きな問題を1つ抱えていた時期がありました。簡単に言うと、お店にはよく来てくれる常連さんなのだけれども、腹の内は一切見せず、その態度はまるで「店は認めているが、お前のことはまだ認めていない」とでも言いたげな方の対応に悩んでいたのです。

これの解決策はズバリ、腕を磨くこと。この一つしかありませんでした。私はそれまで以上に孤独の修行に励み、酒に関する文献を読み漁り、力が付いてきたことが数字にも反映されるようになってきた頃、彼は言ったのです。

男性客
男性客

ミナト君、最近、顔つき変わったじゃない

それは、腹の内を一切見せない彼に、認められる時が来た瞬間でした。

人に認められるというのは特に駆け出しの頃の私にとってはとても嬉しいもので、こんな日こそバーに行こうと、私は仕事終わりにいつも行くバーに行くことにしたのです。

しかしお金がないのがお約束で……

店を閉めてバーに向かう途中、私はそういえばと財布の中を確認。この時、私の所持金はなんと1,150円でした。しかも全て硬貨。

もちろん下ろせるお金だとか、クレジットカードすらも持っていない状態でしたから、本当にお金がこれしかない。それでもウイスキーがどうしても飲みたかった私は、失礼を承知の上でいつものバーのマスターに連絡したのです。

湊
ミナト

今、お金がこれしかないんですけど、一杯だけいけますか……

マスター
マスター

……OK!

それまでの関係があったからこそというのもあるのですが、マスターは快くお店に私を迎え入れてくれ、恐らく何かを察してくれたのでしょう。今回は特別にということで、チャージ無しのダブルでウイスキーを振舞ってくれたのです。

そして何を隠そう、この時私が飲ませてもらったのが、エズラブルックスでした。

その時飲んだエズラの味は今でも鮮明に覚えています。

仕事が上手くいって嬉しかったこと、どうしてもウイスキーが飲みたかったけれどお金がなかったこと、それでも私を招き入れてくれ、シングルをダブルにして貰えたこと。

本当に嬉しかった。そして、今まで飲んだどんな酒よりも、この一杯が美味しかった。

高級品に勝る普通の酒

その後、仕事にも慣れてきた私は勉強も兼ね、多くのウイスキーを飲みました。

熟成年数の長いウイスキーや、かつて製造されていたオールドボトル、業者がオフィシャルの蒸留所から樽ごと買い付けて製造するボトラーズブランドなど、高級なウイスキーも色々と飲んできました。

確かにこういったものは美味いものが多いです。質のいい物は間違いなく美味い。 感動するほど美味しいものも沢山ありました。

しかしあの時の、いつものバーでエズラブルックスを飲んだ時の感動を超えてくるものは、なぜか1つもなかったのです。

まだ飲み足りないだけかもしれないですし、さらに高級な酒を飲めばそれも変わるのかもしれません。しかし、私の中で答えは既に出ていました。

強烈な想い出によって補正された酒の前には、どんなに美味い酒もそれを超えることができない。想い出に勝る酒はない。ということだったのです。

普通の酒と高級な酒、純粋に味だけを比べればその差は歴然。普通の酒は高級な酒に太刀打ちすることもできない場合が圧倒的に多いです。しかし、その埋められない差を一気に埋めてしまい、全てを覆してしまう。それが記憶による補正の力なのです。

大切な想い出の傍にあった酒が私の場合はエズラでした。これが、私が一番美味いと思う酒にエズラブルックスを選ぶ理由です。

酒は想い出を蘇らせる

想い出の傍にあった酒は、当時の記憶を鮮明に蘇らせる力があると私は思います。

海外旅行の際に立ち寄ったバーで飲んだ酒、初恋の人と一緒に飲んだ酒、記念すべき日に飲んだ酒。それらを飲めばいつ何時でも、当時の景色や感情、記憶を呼び覚ましてくれるのです。

喜びに満ち溢れている時にそれらを飲めばさらに幸せな気持ちに、反対に悲しみに浸っている時にそれらを飲めば、立ち直るきっかけを与えてくれたりもします。

もしかすると、当時飲んだ酒と全く同じ酒を今後飲んだとしても、当時ほどの美味さを感じることはできないかもしれません。しかし、かつての記憶を懐かしんで思いを馳せることや、今の自分を奮い立たせることができるのです。

だからこそ私はいつもエズラを飲む。

湊
ミナト

マスター、エズラのロックをお願いします

マスター
マスター

あー、ミナト君ごめん。エズラ取り扱いやめちゃったんだわ

こうして私は、想い出の場所で想い出の酒を飲むことができなくなってしまったのですが、エズラブルックスへの愛は今も変わらない。

今回のまとめ

・思い入れのある酒は記憶を呼び覚ましてくれる
・想い出に勝る酒はなし
・私がよく行くバーからはエズラは姿を消した

また、これは年配の男性の方に多いのですが、安いウイスキーが好きだという方は結構多いです。

というのは、今でこそ安いものの当時はとんでもない高級品だった時代があったりだとか、自身が若い頃のウイスキーと言えばこれだったとか、やはり昔に思いを馳せる方、思い入れのある方が多いから、というように感じます。

こういったものは巡り合わせなので、探せば見つかるようなものでもないとも言えるのですが、ウイスキーに限らず、色々と飲んでいればいずれ「これだ!」という酒に出会うことができるはず。

是非皆さんにもそういう酒を見つけてもらいたい!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す