パソコンのHDDを破壊すると有害物質が出る?デスクトップでのやり方を解説

HDDを破壊すると有害物質が出る?デスクトップでのやり方と併せて解説

不要になったパソコンを処分したいとき、問題となるのがHDD(ハードディスク)内のデータ消去ですよね。

ミナト

個人情報が漏えいしてしまえば、不正使用などの被害にあってしまいかねません

しかし古いパソコンの場合、そもそも起動できずにデータの削除ができない、なんてこともあるわけです。

そこで本記事では、つぎのことを解説していきます。

この記事でわかること
  • hddを破壊すると有害物質はでるのか?
  • ハードディスクを取り出して破壊する方法
  • 破壊したハードディスクの処分のしかた

最大の問題となるHDD破壊による有害物質ですが、結論からいうと、可能性はあると思われます。

ですから、HDDの物理的な破壊は、手間的な問題からもあまりおすすめはできません。

イブスター店長

事業者に依頼したほうが簡単だな

とはいえ、問題が起きない場合もあるようです。

ミナト

なので、この記事では、

HDDの処分に必要な情報(破壊からゴミとして処分するまで)をまとめて紹介します。

いちばんらくな、事業者に回収してもらう方法も紹介するので、どうぞ最後までごらんください。

目次

パソコンのHDDを破壊すると有害物質は出るのか?

まずは、「パソコンのハードディスクには有害物質はふくまれているのか?」から見ていきましょう。

これは時期的な問題が大きいと思われ、以下の記述を見つけることができました。

例えば古いパソコンのバッテリーやモニターには、「イタイイタイ病」の原因物質であるカドミウムが使われていました。また、鉛が使用されている製品もありました。

増え続ける電子ごみ(pdf)

じっさい、以前はパソコンの部品に、鉛などの有害物質が使われていたこともあったそうです。

そこでEUでは、「RoHS指令(ローズ指令)」という、特定の有害物質の使用を制限する法律を2006年から施行。

日本でも、PCなどに以下の6物質がふくまれる場合は、含有情報の表記が義務付けられました。

有害な6物質
  1. 鉛及びその化合物
  2. 水銀及びその化合物
  3. カドミウム及びその化合物
  4. 六価クロム化合物
  5. PBB(ポリブロモビフェニル)
  6. PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル

これは2006年に改正された「資源有効利用促進法」にもとづいているとのことです。

またこれに関連して、特定の有害物質が基準値以下の場合、「J-Mossグリーンマーク」というものをメーカーは表示することができます。

(参考:J-Mossについてのご案内

PCのメーカーサイトなどで、この「J-Moss」状況を確認すると、だいたい以下のようになっています。

水銀カドミウム六価クロムPBBPBDE
プリント配線板除外項目
HDD、DVD等除外項目
ディスプレイ除外項目
筐体、シャーシ除外項目
その他(ケーブル等)除外項目
「〇マーク」は基準値以下を表しています

現在販売されているPCは、ほぼこのような感じ。

ようするに、有害物質の心配はしなくてもいいようになっているようです。

ただ、2006年以前はどうだったのかはさだかではありません。

また項目に「HDD」があるということは、以前はそこに有害物質がふくまれていた可能性もあります。

イブスター店長

と、いうことは?

2006年以前のHDDには(またはその周辺の部品には)、有害物質がふくまれているかもしれない

という話です。

比較的新しいものなら破壊しても問題はなさそうですが、かなり古いものは、ちょっとやめておいたほうがいいかもしれません。

  • 不要なPCがある
  • 古いHDDも一緒に処分したい

この場合は事業者にたのんだほうが早いので、個人的には、最初から人にまかせる方法をおすすめします。

データ消去ができなくても、お金を払えばやってもらえて、PCも自宅まで取りに来てくれる「」がおすすめですよ。

PCが起動できる場合、データ消去を自分でやれば完全に無料でいけます。

PC・HDDの処分はリネットがおすすめ

>> リネットジャパン(PC無料回収)の使い方はこちら

HDDを破壊するために必要な工具(デスクトップ・ノート共通)

では、ここからは、破壊しても大丈夫そうな場合の「HDDを物理的に破壊する方法」を解説します。

まず、パソコンのハードディスクを取り外して破壊するためには、いくつか必要になるものがあります。

おおむね以下のとおりです。

  • プラスドライバー
  • トルクスドライバー
  • ハンマーor ニッパー or 強力なカッター

今回はデスクトップの方法ですが、ノートパソコンの場合もHDDがある場所が異なるだけで、基本的なことは変わりません。

ノートの場合は、裏のカバーを開ければすぐわかると思いますよ。

まずは、それぞれの用途を見ていきましょう。

プラスドライバー

プラスドライバー

プラスドライバーはPCのカバーを開けるために必要となります。

これは100均などの量販店でも手に入るため、そこまで用意するのはむずかしくありません。

おうちにあれば、おそらくそれでいけると思いますよ。

トルクスドライバー

トルクスドライバー

ハードディスクのカバーをとめているネジは、星型のような特殊な形状をしています。

それを開けるために必要なのが、この「トルクスドライバー」

「T-8」というサイズでHDDのカバーを開けられ、それ以下(T-7以下)で、本体の円盤の固定をはずせます。

円盤:ディスクやプラッタとよばれる「データが記録されている」部分です。

いちおう「T-8」だけあれば問題はないと思いますが、カンペキにやりとげたいなら、最低でも2本以上は必要となるでしょう。

ハンマー or ニッパー or 強力なカッター

ミゼットカッター

ハードディスクの円盤(プラッタ)部分は、つぎの2種類となっています。

  1. 叩けば「パリンッ!」と割れるガラスタイプ
  2. 叩いても絶対に割れない(かなりかたい)アルミタイプ

前者はハンマーがあれば破壊できますが、後者の場合、いくら叩いてもけっして割れることはありません。

よって後者のタイプでは、ニッパーで折り曲げるか、強力なカッターで切り込みを入れていく必要が出てきます。

よりカンペキな破壊を求めるなら、分厚いアルミでも切り裂ける「ミゼットカッター」も用意しておきましょう。

ハードディスクを取り出して破壊する方法の全手順

ミナト

では、準備がととのったところで、

ここからは、じっさいにPCのハードディスクを取り出して破壊する手順を紹介していきます。

作業は大きく分けると、以下の2手順。

  1. PCからハードディスクを取り外す
  2. ハードディスクを破壊する

それでは、作業スタートです!

1. PCからHDDを取り出す

PC(デスクトップ)の背面にあるネジを外す

まずはデスクトップのカバーをとめているネジを、プラスドライバーを使ってはずしていきます。

PC(デスクトップ)のカバーをずらして外す

それができると、このように側面のカバーをずらせるようになるのでスライドさせます。

側面のカバーが外れたPC(デスクトップ)

側面のカバーがはずれるとこのとおり。

デスクトップのハードディスク

「PC」と書かれたプラグにつながっているのがハードディスクですね。

デスクトップのハードディスクの場所と固定ネジ

しかしこれは、両側からネジで固定されているので、まずは赤枠のネジをプラスドライバーを使ってはずします。

PC(デスクトップ)の反対側のカバーも外す

つづいて反対側のネジをはずすため、さきほどとおなじ要領で、反対側のカバーもはずしましょう。

ハードディスクを固定している反対側のネジ

カバーのすきまからプラスドライバーを差し込めるので、そうしてネジをはずしてあげます。

固定がはずれたハードディスクを取り外す

これでようやく、ハードディスクを取り外せるようになりました。

PCから取り外したハードディスク

取り外されたハードディスク。

イブスター店長

ホコリまみれだな

つぎは、これを破壊する作業に移行します。

2. 取り外したハードディスクを破壊する

PCのハードディスク

このPCはかなり古いものでしたが、ホコリを拭いてあげると、HDD自体はキレイな状態でした。

さて、つぎはこのカバーを開けていくのですが……

ハードディスクのネジをトルクスドライバーで外す

ここで登場するのが、用意しておいたトルクスドライバーですね。

これを使って、カバーのネジをすべてはずしていきます。

ハードディスクの紙の中にあるネジもはずす

シール(紙)の中にもネジがかくれているので、これをはずすのも忘れずに。

カバーが外れたハードディスク

そしてカバーがはずれたハードディスクがこちら。

保存状態は良好ですね。

円盤(プラッタ)のネジ

ちなみに、この円盤(プラッタ)もネジで固定されていて、これをはずすためには「T-7」以下のトルクスドライバーが必要となります。

ハードディスクをペンチで折り曲げる

しかし私は、「T-7」以下は持っていなかったので、ペンチとミゼットカッターで破壊することにしました。

ペンチで折り曲げてカッターで切り込みを入れていきました。ディスクはかなりかたい(ペンチを握る手が痛くなるレベル)ので、けっこうな力がいる作業です。

破壊できたハードディスク

そしてディスク部分が壊れたら、ハードディスクの破壊は完了です。

完全に破壊できたわけではないので、個人情報を復元・取得される可能性はゼロではないかもしれませんが、

ミナト

ひとまずは「データの漏えい」はないと思います

あとは、これらをどう廃棄処分するか(捨て方はどうするか)。

最後に、これを解説していきます。

ハードディスクを処分する方法

まず、破壊したHDDを処分する方法ですが、これは不燃ごみとして出せます。

たとえば東京渋谷区の場合だと、以下のように書かれています。

外付けハードディスクのごみの分別方法は何ですか。

【 分別方法 】
【サイズによって異なります】
1辺の長さが30センチを超える場合は【粗大ごみ】でお出しください。超えない場合は【不燃ごみ】でお出しください。
【 備考 】
小型家電回収ボックス(28cm×13cmの投入口に入るもの)の対象品目です。

(参考:渋谷区-よくあるご質問

一般的なHDDのサイズは、1辺は30cm以内なので、不燃ごみとして出せばOKです。

ただし、不燃ごみは勝手に持っていく人もいるので、これには注意しなければなりません。

ミナト

なぜかというと、

完全に壊れていなければ、データを復元される可能性も「なきにしもあらず」だから。

それもあるので、より安全な方法をとりたいなら、最初から事業者にたのんでおいたほうが安心だと思います。

なお、破壊するまえの状態(データを自分で削除できた場合)なら、小型家電回収ボックスにも入れられますよ。

小型家電回収ボックスとは、自治体によって設置されているリサイクルBOXのことです。役所などに置かれています。

不要なPCを廃棄処分する方法

つづいて、HDDを破壊したあとにのこった、不要なPCを処分する方法です。

家庭で不要になったパソコンは、じつは粗大ゴミや不燃ゴミとしては出せません。

これはリサイクルが義務付けられていて、メーカーなどの専門業者に回収してもらわなければならないからです。

これも、最初のほうでふれた「資源有効利用促進法」という法律にもとづいています。

なお、2003年以降に製造されたパソコンには、「PCリサイクルマーク」というシールが貼られています。

これがあれば、無料でメーカーに回収してもらえます。

メーカーの問い合わせ先は、一般社団法人・パソコン3R推進協会の「メーカー窓口一覧」から確認できるので、こちらもチェックしておきましょう。

ミナト

ただ、これにも例外があって、

古いPCのメーカーは、倒産・事業撤退していることもあり、そうなると回収に費用がかかってきます。

これは自作の場合もおなじで、べつの業者にたのまなければならなくなるのです。

参考までに、この回収を、さきほどの「パソコン3R協会」に依頼した場合で見てみましょう。

内容料金内容料金
デスクトップ4400円液晶一体型PC4400円
ノート4400円CRTディスプレイ5500円
液晶ディスプレイ4400円CRT一体型PC5500円
参考:PC3R-回収再資源化料金

CRTとは、ブラウン管のディスプレイ(昔のテレビのような正方形に近いもの)のこと。

それがなかったとしても、このとおり、安くはないお金がかかってしまうのです。

これは、NECや富士通などの、大手のメーカーでもおなじくらいの料金がかかります。

イブスター店長

なるほど。で、ほかにいい方法はないのか?

それが、あるのですね。

最初のほうでふれた、リネットジャパンという、PCの宅配回収サービスにたのむ方法です。

PCの回収はリネットジャパンがおすすめ

リネットジャパンとは、環境省・経済産業省から認定された、PC無料回収のリサイクル業者。

パソコンが1台ふくまれていれば、規定のサイズ内(3辺の合計が140cm・20kg以内)の回収費用は無料です。

ミナト

液晶モニターとかの周辺機器も一緒に回収してくれますよ

使い方はとても簡単で、

  1. 公式サイトから回収を依頼
  2. 自宅で梱包(ラベルを用意する必要なし)
  3. 佐川急便の配達員に回収してもらう

たったのこれだけ。

ようは、PCリサイクルマークなしでも、メーカーが倒産していても、「リネットジャパンなら無料で回収してくれる」ということですね。

イブスター店長

PC本体の処分はこれがよさそうだな

ちなみに、リネットジャパンでも、「ハードディスクを物理的に破壊すると、有害物質が飛び散るおそれがある」としています。

そのためリネットジャパンでは、HDDのデータ削除用として、つぎの方法が用意されています。

  • 回収の申し込み後にデータの消去ソフトがダウンロードできるようになっていて、自分でもできる(ただし5~6時間ほどかかる)
  • 3300円の費用が必要になるが、「おまかせ安全データ消去サービス」を利用すれば、データの完全消去を代理でおこなってくれる

PCが起動できない場合、自力でハードディスクを破壊しようとすると、そもそも工具を用意する費用がかかります。

それに私も、作業中に異様な金属臭は感じていました。

ミナト

鉄粉が宙に舞うような感じです

ですから、正直いちばんらくで安全なのは、全部リネットジャパンに丸投げする方法です。

データの消去は、「政府機関・上場企業も採用する高度な技術を駆使している」とのことなので、安心してまかせられるでしょう。

HDDとPCを廃棄処分したいのなら、

  • リネットジャパンに回収を依頼し、
  • ついでにHDDのデータ消去もたのむ

最初からそうしたほうが、結果的には手間もかからず安くなるのではないか、と思いますよ。

(※ちなみに、破壊したHDDでもリネットジャパンは回収してくれます。ためしに出してみたら、PCと一緒に処理してくれました。HDDを破壊してから両方の回収をたのむのもありです)

今回のまとめ

  • ハードディスクを破壊するのはたいへん
  • 有害物質が飛び散るおそれもある
  • リネットジャパンに回収を依頼したほうが早い

私の自宅にあったPCは、かなりまえから壊れていたので、「もうそうするしかない!」とHDDを破壊する手段をとりました。

しかし回収の段階になってしらべてみると、メーカーは事業撤退していたのか見あたらず。

どうしようかと、市区町村のサイトで処分方法をしらべていたところ、そこでリネットジャパンを知りました。

ミナト

実際に使ってみてよかったです

また、ホコリをかぶったHDDをきれいにしてあげたとき、

データの消去さえしてあげれば、コイツはまだ現役でいけるのか?

という気もしました。

代理でデータの消去をしてくれる事業者がいて、かぎりある資源を有効活用できるのなら、それに越したことはありません。

ミナト

そんなわけですから、

PC・HDDの処分に困っているのなら、リネットジャパンに回収&データ消去をしてもらうのがオススメですよ。

もちろん、不要なPC本体だけの回収や、自力で破壊したHDDの回収を(一緒に)たのむのもアリだと思います!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次