リネットジャパンはやばい?パソコン無料回収を利用してみた感想&その手順

なぜかネガティブなイメージがあるらしい「リネットジャパン」。これを利用しても大丈夫なのでしょうか?

パソコンや小型家電の無料回収をおこなっている業者に「リネットジャパン」というものがあります。

しかしこのリネットジャパン、無料であることや、広告を多く出稿していることからか、「やばい? 怪しい!」といった、不信感を持たれてしまってもいるようです。

では、本当のところはどうなのでしょうか?

それを確かめるためにも、じっさいにパソコン無料回収を利用してみることにしました。

この記事では、なぜリネットジャパンは怪しまれているのか、口コミ・評判はどうか、利用の手順はどのようなものになっているのか、などを利用者の私が解説します。

目次

リネットジャパンの基本情報と信頼度

リネットジャパン(リサイクル)は、本・ゲーム・DVDなどの宅配買取で知られる「ネットオフ」を運営する会社、「リネットジャパングループ」の子会社です。

設立は2013年と比較的新しいサービスですが、設立翌年の2014年には、環境省・経済産業省から認可を取得。

宅配回収で唯一の、小型家電リサイクル認定事業者となりました。

具体的にはなにをしているのかというと、小型家電(パソコン・スマホ・ゲーム機・キッチン家電・生活家電など)にふくまれる有用な金属(レアメタル)を回収し、リサイクルをおこなっています。

また、リネットの宅配回収は、行政サービスの一環としても採用されています。

2021年11月時点では、全国488市区町村と提携しているほか、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店とも提携。

回収したパソコン等の解体作業で、知的障がいのある方の雇用支援・促進もおこなっているなど、社会課題にも挑戦している会社です。

リネットジャパンがやばい・怪しいと思われるワケ

基本情報からして、このリネットはまったく問題のない会社だと思われます。それでは、なぜ「やばい、怪しい」といったネガティブなイメージを持たれてしまうのでしょうか?

これは、リネットジャパンが無料(すべてが無料というわけではない)であることもそうだと思いますが、おそらくは広告にも力を入れているからだと私は思います。

リネットジャパンは、グーグルのリスティング広告(検索結果の上に出る広告)やアフィリエイト広告など、いくつかの広告を出稿しています。

そのため、検索をすると広告がたくさん出てきたり、そのほかでは、広告収入のためにサービスをプッシュする人もいたりするなど、結果、なんだかうさんくさい企業のように思えてきたりもするのでしょう。

じっさいに私も利用するまえにすこししらべましたが、目につきやすいリスティング広告には、たしかに怪しさを感じざるをえませんでした。

環境省・経済産業省に認可されていて、市区町村とも提携している事業者が、なんでこんなにたくさん広告を打っているんだ……?

つまるところそれは、リネットジャパンはボランティア団体ではなく企業であって、利益を出さなければ事業を継続していけないからでしょう。

回収を無料でもやっていけるのは、後述もしますが、データの消去サービスが有料であることや、部品のリサイクルなどで利益を上げられるから。

そんなわけで、この疑惑については、ほとんどは「広告」で説明がつくのではないかと思います。

リネットジャパンの評判・口コミ

リネットを利用するにあたって、私は評判や口コミは見ませんでしたが、あれば参考になると思います。すこしふれておくことにしましょう。

リネットジャパンの評判・口コミは、楽天市場に出品されているリネットの宅配便リサイクル(商品)を見てもらえれば早いと思います。

楽天ではレビューの引用は禁止されているので、どれくらい評価されているのかは、はっきりとしたことはいえません。が、評判はかなりいいほうです。

加えて、じっさいに利用した私としても、とくに不満もなく、早くてグッドなサービスだと感じました。

リネットの評判・口コミに関しては、こんなところでいいでしょうか?

リネットジャパンの利用手順詳細

リネットジャパンについての問題・疑惑はあらかた解決できたと思うので、ここからは、リネットの利用方法を解説します。

具体的な利用の流れとしては、以下の2手順で、

  1. 公式サイトから申し込む
  2. 自宅で梱包して回収してもらう

とくにむずかしいことはなにもありません。

また、利用にあたっては、いくつか注意点もあるので、それらも補足しながらご紹介していきます。

それでは、ごらんください。

1. 公式サイトから申し込む

リネットジャパンの公式サイトから申し込む

はじめにリネットジャパンの公式サイトにアクセスし、「カンタンお申込み」をクリックします。

パソコンのあるなしを選択

パソコンがある場合は「ある」を選択し、パソコンの台数をえらびます。

PCがある場合は回収は無料ですが、PCがない場合(小型家電のみなど)は、1箱1650円(税込)の回収費用が発生します。

今回はパソコン無料回収についてなので、「ある」のほうで話を進めていきます。

リネットジャパンのパソコンのデータ消去

つぎの画面はデータの消去についてで、ハードディスク内のデータ削除をまかせるか、自分でおこなうかを選択します。

おまかせする場合は3300円(税込)。

自分で消去する場合は、申し込み後に専用のソフトがダウンロードできるようになっています(ただし消去には5~6時間ほどの時間がかかる)。

CHECK

おまかせ安全消去サービスを利用する場合は、申込書を公式サイトから印刷して記入するか、A4用紙などに手書きで書いて、PCに貼りつける必要があります。

なお、ハードディスクを破壊するという方法は、専用の工具を用意する必要もあるなど、あまりおすすめできません。

個人的には、無料ではなくなってしまいますが、(自分で消すのがむずかしければ)お金を払ってきちんとやってもらったほうがいいのではないかと思いますよ。

パソコン以外の回収品のあるなし

話をもどして、パソコン以外の小型家電があれば、それの回収もついで依頼することができます。

1箱内(サイズは後述)におさまれば回収は無料となります。

いっしょに箱に入れられそうなものがあれば、選択しておいてもいいでしょう。

リネットジャパンの回収箱のサイズ

ちなみに、箱(梱包)のサイズは「縦・横・高さ140cm以内・重量20kg以内」となっています。

回収品がこれを超える場合は回収不可または箱を分ける必要があり、2箱目以降は1箱1650円(税込)。

ダンボール箱がない場合は、事前に1箱438円(税込)で送ってもらえますが、これのサイズは縦42・横31・高さ35(cm)となっています。

PCがデスクトップの場合は、この箱ではギリギリ入るか入らないかになると思うので、箱の購入時にはご注意ください。

CHECK

私が出したPC(デスクトップ)は、縦40・横18・高さ35(cm)でした。

回収品が箱に入らない場合は、紙袋などでもOKとなっています。回収してもらうものの大きさにあわせて箱数を決めましょう。

大きな紙袋などにひとつにまとまれば、ここは「1箱」でOKです。

回収を希望する日時を選択

回収品や箱数が決まったら、回収を希望する日時を入力します。

回収情報(個人情報)を入力

つづいて回収情報(個人情報)の入力です。

ここに入力した内容で会員登録となり、申し込み後にマイページにアクセスできるようになります。

リネットジャパンの支払い方法の選択

データ消去などで支払いが必要になる場合は、内容確認の画面で、クレジットカードか代引きを選択しましょう。

確認画面でパソコンの無料回収を申し込む

データ消去を自分でおこなう場合など、支払いが必要なければ回収料金は無料です。支払い方法を選択する必要はありません。

「申込む」を押せば、申し込みの作業は完了となります。

リネットジャパンの申し込み完了画面

なお、ここでの注意点として、申し込みが完了すると、キャンセルはできないようになっています。

申し込み自体のキャンセルや、回収代金等が変わる変更はできないので、内容確認の画面で、最終的なチェックはしておきましょう。

CHECK

申し込みが完了すると受付のメールが届き、マイページにログインできるようになります。

2. 回収品を梱包して配達員に渡す

リネットジャパンに回収してもらうパソコンとモニター

さて、申し込みが完了したら、あとは回収品を梱包するだけですが、ここで問題となるのが回収品のサイズです。

回収品がデスクトップのパソコンなど、大型になる場合は、そのへんにあるようなダンボール箱には入りません。

そんなときは、紙袋“など”に入れればOKとのことなので、紙袋またはそれらしいものに入れておきましょう。

デスクトップと液晶モニターを入れた袋

私の場合は、自宅にあったお土産用の袋に入れておきました。

ちなみに、これでも「縦42・横18・高さ50(cm)」と、合計140cm以内です(これくらいなら重量も20kg以内でおさまります)。

梱包したパソコンなどの回収品

あとは希望した日時に、佐川急便の配達員が来てくれるので、これをそのまま渡せば完了です。

ラベルはむこうで用意してくれるので、ただわたすだけでOK!

回収品の到着後、3~4週間ほどでリサイクル処理がおこなわれ、完了後はメールで報告がされる、という流れになっていますよ。

今回のまとめ

・リネットジャパンはきちんとした会社
・国によって認められ、多くの市区町村とも提携している
・無許可の回収業者には注意!

今回、はじめてリネットジャパンを利用しましたが、不要なパソコンとモニターをすぐに引き取ってもらえたので、とても満足しています。

環境省・経済産業省に認可されていて、私が住んでいる市区町村でもこのリネットが紹介されていたので、それが決め手となりました。

当初は、街なかを巡回している業者や、チラシを配布している業者などにたのもうかとも思っていましたが、環境省によると、あれは違法な業者の場合もあるのだそう。

廃棄物を「無許可」に回収する業者にわたしてしまうと、不法投棄や、不適切処理などの問題に発展してしまうこともあるそうです。

パソコンは個人情報が眠っていたり、リサイクルが義務づけられているものなので、いい加減なところにわたしてしまうのは危険だといえます。ほんとうにヤバいのは、そういった無許可の業者のほうなのかもしれません。

じっさいに利用してみても、リネットはきちんとした事業者だと感じました。パソコンや小型家電を処分したいときは、リネットジャパンがおすすめですよ。

関連記事&スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる