エレコムのBluetooth製品が使えるようになるUSBアダプターの設定方法

ELECOM製Bluetoothに対応するUSBアダプターの使い方はとても簡単! これは説明書は見ないほうがいいかも……

Bluetooth対応の周辺機器を購入しても、パソコンにBluetoothが最初から搭載されていないと、それらの機器を使用することはできません。

そんなときはBluetooth製品を使用できるようにする、USBアダプター(レシーバー)をPCに差し込めばこの問題は解決するのですが、エレコム製のアダプターは使用するのに少しコツがいるようです。

今回は、せっかくアダプターを購入したのにBluetoothが接続できないという方のためにも、このUSBアダプターの使い方を解説します。

エレコム製ブルートゥース対応USBアダプター

スピーカーやキーボード、マウス、データの送受信まで、Bluetoothがあれば有線の煩わしさから解放され、なんでもワイヤレスで使用することができますが、PCによってはBluetoothに対応していないことがあります。

Windowsのブルートゥース非対応画面

Windows10の場合であれば、「設定 → 更新とセキュリティ → トラブルシューティング → Bluetooth」と進んでいくことで確認が可能。PCがBluetooth非対応であれば、このような画面が表示されるわけです。

そこでよくあると思うのが、Bluetooth対応製品、というかBluetoothがないと使えない周辺機器を、PCの対応状況をよく確認せずに購入してしまった、というパターンでしょう。

せっかく買った周辺機器が使えないなんて……と、ガッカリしてしまいますよね。しかし、そんなときもまだ大丈夫!

エレコムのBluetooth対応USBアダプター(レシーバー)

そういった場合には、Bluetooth製品を使用可能にするUSBアダプターを購入すればいいのです!

こちらはエレコム製のUSBアダプター(LBT-UAN05C2)。通信距離は最大10m、対応プロファイルは業界最多の26種類、Bluetoothはver.1.2~3.0、4.0まで対応しているなど、既存のBluetooth機器と高い互換性を持った優れものです。

ただし、使い方には若干謎な部分があるため、ここからはこのUSBアダプターの使い方を解説していきます(Windows10の場合)。

説明書に書いてある使用方法

USBアダプターには説明書も同梱されていて、IVT社製スタック(ドライバーのようなもの)を使用してBluetooth機器に接続するには、ソフトウェアをインストールする必要があると書かれています。

このとき、ソフトをインストール前にUSBアダプターをPCに接続してはいけないとのことなので注意してください。

それと、諸事情につき、ここからしばらくは読み飛ばしてもらって構いません。というか、読み飛ばしてください。

その理由は後ほど明らかになります……

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェアセットアップ

まず、ソフトをインストールする方法についてですが、こちらのページからソフトウェアをダウンロードして解凍します。すると、フォルダの中に「setup」というものがあるので、こちらをクリック。

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、言語選択

言語は日本語でOK。

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、インストール

ソフトウェアのインストールは次へをクリック。

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、使用許諾契約

使用許諾契約に同意して次へ。

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、保存するフォルダ

インストール先のフォルダがそのままでよければ次へ。

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、インストール開始

インストールをクリック。

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、インストール中

インストール中……

エレコム製Bluetooth対応USBアダプターのソフトウェア、インストール完了

そして完了をクリックすると、ソフトウェアのショートカットがデスクトップに作成されるので、PCを再起動します。

Bluesoleilのショートカット

ここでようやくUSBアダプターをPCに差し、「BlueSoleil」というソフトウェアを使用してBluetooth機器とのペアリングを行っていきます。

ちなみに、USBアダプターを利用中にソフト提供会社からのアップデートのお知らせが出ることがあるそうですが、それはエレコム製品と整合性が取れていない場合があるため、決してクリックやインストールは行わないでください、だそうです。

なんだか面倒くさいですよね。しかも私は別の方法でペアリングが済んでいたせいか、ここから先へは進めませんでした(ソフトウェアを開けなかった)。

それでは、その別の方法とはなんなのか。ここからは真のエレコム製USBアダプターの使い方をご紹介します。

一発で終わる真の使用方法

同梱されている説明書にはでかでかとソフトウェアのインストール方法が記載されているので、どうしてもそちらに目が行ってしまうのですが、実は小さくこのような記載があります。

Windows10/8.1/8の場合、Windowsの標準機能で使用できます。本製品をパソコンのUSBポートに接続してください。

また、公式サイトにもこのように。

最新OS Windows10に対応し、USBポートに装着するだけでインストール作業をすることなく、そのままパソコンで各種Bluetooth®製品を使用できるBluetooth® USBアダプターです。Bluetooth(R) USBアダプター(Class2)(LBT-UAN05C2/N)

要するに、PCがWindows8以上であれば差すだけで設定は終わるということです(対応OSはWindows7から)。

いやいや、それは見落としただけでしょ? と言われてしまいそうですが、説明書を見てもらえればおわかりいただけると思います。この説明書は、パッと見では、ソフトウェアをインストールしなければ使えないようにしか見えないのです。

それでは先ほどのソフトはなんだったのかというと、別の会社が開発したBluetooth機器の対応幅が広がるらしいものであり、別になくても大丈夫というわけ。

Windows10のBluetooth接続画面

あとは、「設定  デバイス  Bluetoothとその他のデバイス」と進んでいき、対応機器とのペアリングを完了させればOK!

Bluetooth機器との設定は「USBポートに差す&ペアリング」の2アクションで完了! 実はとても簡単だった!

今回のまとめ

・エレコム製のBluetooth対応USBアダプターは差すだけ
・IVT社製スタック(ソフトウェア)はインストール不要
・説明書がわかりづらいと思うのは私だけではないはず

Bluetooth対応の周辺機器はこれまで使用することはほぼなかったのですが、マウスからプリンターからヘッドフォンまですべてがコードレスになり、しかもそれがこのUSBアダプター1個だけでできるというのはすばらしいと感じました。

PC周辺機器をたくさん使う方や、Bluetoothだから……とこれまで避けてきた方には特にオススメしたいアイテムです。

そしてもう一度言いますが、このアダプターは差すだけで使用できます。お試しあれ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す