【とり村見学】手放された鳥たちの保護施設「とり村」へ行ってきた

埼玉県新座市にある鳥の保護施設「とり村」。そこでは120羽以上の鳥が新しい家族との出会いを待ちながら暮らしていました。

とり村の外にいるオウム

飼い主の加齢による病気や海外転勤、鳥の毛引きや叫びといった問題行動など、止むを得ない理由によって手放された、または緊急性の高さから救助された鳥たちを保護し、新たな里親を探す活動をしている認定NPO法人TSUBASA。

今回はそのTSUBASAが運営する鳥の保護施設であり、新たな里親が現れるのを待ちながら鳥たちが暮らす家「とり村」に行ってきたので、私がそこで見てきたもの、感じたことを報告したいと思います。

(注:写真は全て許可を頂いた上で、鳥さん及び他の方の迷惑にならないように撮影させて頂きました)

(見学前編)今回とり村を訪れた理由

埼玉県の柳瀬川駅前

好天に恵まれ、青空が広がる週末の昼下がり。ここは埼玉県にある柳瀬川という駅の駅前で、鳥の保護施設である「とり村」の最寄り駅。

電車で来る人はここから無料で送迎をしてもらえるため、私は送迎車を待っていたのですが、そもそも今回なぜ私がここに来たのかというと、イブスター店長(ウサギ)の仲間を探しに……来たわけではなく、母の付き添いで来たのです。

というのも実は少し前、実家で20年以上暮らしていたオカメインコが天寿を全うし、現世から旅経つこととなってしまったのですが、鳥好きの母曰く、次に飼うのであれば身寄りのない鳥を引き取りたいと。
そこで、週末に里親説明会が行われるので、せっかくだから一緒に行かないかと誘われたのですが、この時、私の中に眠るアニマルセンスが鳥たちの声を聞いたような気がしたのです。

鳥

来いよ、ミナト……。鳥に選ばれし男……

おっと、そんなくだらないことを言っている間に送迎車が来たぞ!

とり村に到着

とり村の外観

送迎車に乗って約10分ほどでとり村に到着。

こちらの建物がTSUBASAの活動拠点であり、引き取られた鳥さんたちの家でもあるとり村です。建物の中からは鳥さんたちの鳴き声も聞こえてきます。

とり村の外にいるオウム

入り口の前では大きな鳥さんがお出迎え。

この鳥さんは体を揺らしながら歌を歌ったり、「こんにちは」などの日本語を使いこなすかなりのやり手。たまに物凄い大きな声で叫びます。

とり村の屋内

建物内に入ると1階はこのようになっていて、手前は鳥の餌などが販売されていて、中央は相談などをするスペース、奥は飼い主さんが愛鳥を連れて遊びに来ることができるバードラン兼里親説明会の会場となっています。

バードラン兼里親説明会の会場

こちらがバードラン兼里親説明会の会場。

今回は私たちを含め説明会に参加されていた方は結構多く、大体20~30人くらいだったような気がしますが、用意されていた椅子が大方埋まるくらいの方が来ていました。

そして今回の参加者が全て集まったところで説明会が開始。以下、里親説明会について詳しく説明させてもらいます。

里親説明会の流れと内容

TSUBASAが引き取られた鳥たちのために設けている、新しい家族を探すための里親制度は“Meet The Bird”略して「MTB」と呼ばれています。
MTBでは「人が鳥を選ぶのではなく、鳥が人を選ぶ」をコンセプトにしているそうで、少しでも鳥さんたちのことを人に知ってもらいたいという想いで活動しているそうです。

MTBは月に1回、第4土曜日か第4日曜日に行われ、説明会の所要時間は約40分間。少し長いなと感じるかもしれませんが、結構あっという間です。

また、里親説明会の流れは大まかに、

  1. 里親制度について
  2. 里親になるための流れ
  3. 鳥の十戒

という3つの内容に分かれて進行していきます。

1.里親制度について

まず、TSUBASAが設けている里親制度は、とり村で暮らす全ての鳥さんが対象で(MTBに出ていない鳥さんも対象内)、引き取りは原則として一羽のみ。

ただし、ペアで暮らしている鳥さんは、離れ離れになってしまうと逆に体調を崩してしまったりすることもあるため、ペアでの引き取りとなる場合もあります。また、TSUBASAが保護してから日が浅く性格が不明な鳥さんや、病気の治療中の鳥さん、ワシントン条約で譲渡が禁止に指定されている鳥さんの引き取りは不可となっているそうです。

引き取りにかかる費用

とり村での引き取りには市場価格の半分~3分の2+健康診断料の費用がかかるのですが、実はこれには大きな理由があります。

現在とり村で生活している鳥さんは120羽以上。その餌代や世話代といった施設の運営にかかる費用は全て、寄付や物品の支援、ボランティア、そして引き取りの費用で補っているからです。施設に残る鳥さんたちが新しい家族と出会うまで生活ができるのも、この引き取りでの費用があるからこそだと言います。

里親が見つかるまで2年以上、長ければ10年もかかる場合もあるそうです。よって、この引き取り費用はとり村で暮らす鳥さんたちに必要なお金なのです。

2.里親になるための流れ

次に、里親になるための流れですが、最低でも3回はとり村に行く必要があり、期間も多少長くなりますが、これも全て鳥さんの幸せを想ってのことです。詳細は以下のようになっています。

①MTB里親説明会に参加
まずは月に1回行われている里親説明会に参加します。日程の詳細はTSUBASA公式サイトから確認できます。

②MTB後仮登録へ
実際に鳥さんと出会ってみて、里親になりたいと思った鳥さんがいたら仮登録へ進みます。仮登録ではいくつかの質問等の面談があり、面談終了後はTSUBASAのスタッフによる審査が行われます。

③同居している家族同伴の上、二次面会へ
仮登録から約2週間後(早ければ一週間以内)、審査に通った場合は同居している家族と共に再びとり村へ行き、二次面会が行われます。
この時、同居している家族がいなくても、別居している家族がいる場合は誰かしらと一緒に来てもらいたいそうです。

④ホームステイの準備
里親になる意志があれば約1~2週間のホームステイの準備に取り掛かります。準備は鳥さんの健康診断(感染症予防のため既に鳥さんを飼っている場合はお家の鳥さんも)など。
ちなみに、鳥さんが暮らしていたケージや餌などは生活環境をできるだけ変えないために配達で送られるらしいので、ホームステイ期間中は新しく何かを買う必要はありません。

⑤鳥の引き渡し&ホームステイ
再度とり村へ行き、鳥さんを引き受けてからホームステイが始まります。
ホームステイ期間中は周りに仲間がいなくなったことで餌を食べなくなるなどの健康問題、反対に周りに鳥がいなくなったことで本性を現し、鳴いたり攻撃的になったりするなどの問題行動(特に大型の鳥さんは時々絶叫する習性があるらしい)が起きる場合もあるらしく、毎日のレポート提出が必須となっています。

また、既にお家に鳥さんがいる場合は、お互い病気の感染などを防ぐため、ホームステイ期間中は同じ室内には置いてはいけないそうです。

⑥問題がなければ里親決定
ホームステイが無事に終われば契約後に里親として決定。
残念ながら何かしらの問題があって里親が決定しなかった場合は、とり村に戻る前にもう一度鳥さんに健康診断を受けさせることになっています。また、その時は上手くいかなかったとしても、別の鳥さんの里親を希望してくれるのは歓迎なので、良かったらまたMTBに来て下さいとのことでした。

3.鳥の十戒

そして最後に「鳥の十戒」というものが紹介されて里親説明会は終了となりました。

鳥の十戒とは2001年にアメリカで開催されたシンポジウムで、愛鳥家として著名なジェーン・ホランダーという女性から、日本の愛鳥家と愛鳥のためにとTSUBASAの代表者が託されたもので、TSUBASAではこの十戒を大切にしているそうです。

十戒は以下のようなものでした。

鳥の飼い主への十戒(鳥の視点から)

1.私は10年かそれ以上生きるでしょう。飼い主と別れるのは大変辛いのです。お家に連れて帰る前にその事を思い出して下さい。

2.あなたが私に望んでいることを理解する時間をください。 

3.私を信じてください-それが私の幸せにとって重要なのです。

4.長い間私に対して怒らないでください。罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには仕事と娯楽があり友達もいます。私にはあなたしかいないのです。

5.私に時々話しかけてください。あなたの言葉が理解できなくても、話しかけてくれればあなたの声はわかります。

6.あなたがどのように私を扱っても、私はそれを忘れません。 

7.私を叩く前に、私にはくちばしがあってあなたの手の骨をたやすく咬み砕いてしまうこともできるということを思い出してください。でも私は噛みません。

8.私を協力的でない、ガンコ、だらしないと叱る前に、そうさせる原因があるかどうか考えてみてください。たぶん適切な食べ物をもらっていないか、ケージにいる時間が長すぎるのです。 

9.私が年老いても世話をしてください。あなたも年をとるのですから。

10.私が最後に旅立つとき、一緒にいてください。“見ていられない”とか“自分のいないときであってほしい”なんて言わないで。あなたがそこにいてくれれば、どんなことも平気です。あなたを愛しているのだから。

TEN COMMANDMENTS OF PARROT OWNERSHIP
– From a parrot’s point of view –
By Jane Hallander出典:鳥の飼い主への十戒

私も動物たちと暮らし、息を引き取るところを見てきたからこそ、そして今後も必ずその時が訪れることがわかっているからこそ、こみ上げるものがある。
鳥に選ばれし男ミナト、流石にこれには涙を禁じ得なかった。

今回のまとめ

とり村見学レポートの前編はここまで。今回は里親説明会がメインでしたが、次回は説明会を終えていよいよMTBへ。沢山の鳥さんたちと出会ってきたぞ。

また、認定NPO法人TSUBASAのホームページからは里親説明会の申し込みやイベントの参加、バードランの会員登録なども行うことができます。興味のある方は是非覗いてみてほしい!

見学後編【鳥と出会う】とり村見学はいよいよミートザバード、略して「MTB」へ

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す