【スコッチウイスキーとは】シングルモルトとブレンデッドの違いや特徴

シングルモルト?ブレンデッド?それもウイスキーなの??焦ることなかれ、その疑問にもお答えしよう!

ウイスキーは大麦や穀類を原料とした蒸留酒のことを言い、5つの生産国で造られるウイスキーが中心となっていますが、その中でも特に人気が高いのがスコットランドで造られるスコッチウイスキー。

スコッチウイスキーは生産される方法などによって「シングルモルト」と「ブレンデッド」という2つの種類に大きく分けられるのですが、これが少々ややこしく、初心者の方はこの辺で訳が分からなくなってしまったりもします。

なので、今回は少しわかりにくいスコッチウイスキーの分類や特徴、そしてその違いについてわかりやすく説明しよう!

スコッチウイスキーとは何か

そもそもスコッチウイスキーとは何なのかと言うと、イギリス北部のスコットランド地方で造られたウイスキーの総称のことで、その名前の意味や由来は、スコットランドで造られたウイスキーということで、スコッチ(=スコットランド産の)ウイスキーと呼ばれています。通称は「スコッチ」と、後半は略して呼ばれるのが一般的。

その特徴は製造過程で原料を乾燥させる際にピート(泥炭)を使用するため、ピートに由来する独特のフレーバーがついているところにあります。

ピート(泥炭)とは

ピート(泥炭)

ピートとは何なのかと言うと、スコットランドの荒野に花を咲かせる植物であるヘザーや、シダ・コケなどの水生植物が枯れ、何千年にも渡って堆積してできた「泥炭(でいたん:石炭になる前のもの)」のことを言います。(画像:切り出されたピート)

スコッチウイスキーでは元々、層になっている泥炭を切り出して乾燥させ、それを燃やした熱で原料となる麦芽を乾燥させてきました。そしてこの時、燃やした泥炭からでる煙が麦芽に染み込むことで、スコッチウイスキーには独特の煙のようなフレーバーが生まれるのですが、このピート由来の燻香こそが「ピート香(こう)」「スモーキー・フレーバー」と呼ばれる、スコッチが持つ特有の芳しいフレーバーなのです。

ちなみにピートを焚き込む量や、焚く焚かないは造り手によって異なり、一切焚かないタイプのスコッチもあります。よって、全てのスコッチから煙っぽい香りがするのかというと、実はそういう訳ではありません。

イブスター店長
イブスター店長

ピート香が強いタイプは歯医者の臭いだとか、ヨードチンキ(消毒薬)の味だとか言われたりもするが、ハマるとクセになるぞ

【ここまでのまとめ】

  • スコッチウイスキーはスコットランドで造られているウイスキー
  • スコッチウイスキーの特徴はピート由来のスモーキーフレーバー

スコッチウイスキーの分類と違い

それではここからは今回の本題である、スコッチウイスキーを大きく分類した時に出てくる、両方とも同じスコッチではあるものの種類が違う「シングルモルト(ウイスキー)」と「ブレンデッド(ウイスキー)」の違いについて説明します。

これに関してはまず、全体のニュアンスを掴んでもらうために、こちらの画像をご覧頂きたい。

スコッチウイスキーのシングルモルトとブレンデッドの分け方

先に一つ一つ説明すると間違いなく頭がこんがらがると思うので、用語の詳しい説明は後回しにし、先にわかりやすくこの図を説明します。

スコットランドにはA,B,C,3つの蒸留所があり、A蒸留所ではそのまま飲んでも美味しいウイスキー(モルトウイスキー)を、B蒸留所でも同じくそのまま飲んでも美味しいウイスキー(モルトウイスキー)を、C蒸留所では主に味を調えるためのウイスキー(グレーンウイスキー)を造っています。

そこで、A蒸留所という1か所の蒸留所内で作られた、そのまま飲んでも美味しいウイスキーだけを混ぜて造ったものが「シングルモルト」。

A,B蒸留所という複数の蒸留所で作られたそのまま飲んでも美味しいウイスキーと、C蒸留所で作られた味を調えるウイスキーを混ぜて造ったウイスキーは「ブレンデッド」。

以上です……

まだよくわからないって?そんな皆さんにはさらにわかりやすくした、こちらの画像をご覧頂きたい!

シングルモルトとブレンデッドの分類

もはや説明するまでもないですが、一応補足を。

みかんの生産量トップ3の和歌山、静岡、愛媛ではみかんジュースを作っています。

和歌山では県産オリジナル品種のみかんだけを使用した、個性的な味わいが特徴のシングルみかんジュース「WAKAYAMA」が大人気!(シングルモルト)

一方で和歌山、静岡の個性的なみかんと、そのままでは出荷することができなかった愛媛の訳ありみかんを使い、バランスを整えて飲みやすくしたブレンドみかんジュース「MIKAN-BLEND」も双璧をなしているぞ!(ブレンデッド)

シングルモルトとブレンデッドの関係はまさにこんな感じ!
ちなみにわかりやすい例え話として「訳あり」という言葉を使いましたが、調整用のグレーンウイスキーは決して訳ありのウイスキーということではなく、愛媛のみかんも美味しいものばかりということはご留意頂きたい……

イブスター店長
イブスター店長

みかんジュースが飲みたくなってくるな

【ここまでのまとめ】

  • シングルモルトは単一の蒸留所で造られたモルトウイスキーだけで造られる
  • ブレンデッドは複数の蒸留所で造られたモルトウイスキーと、調整用のグレーンウイスキーで造られる

スコッチウイスキーの種類と用語解説

それでは最後に、シングルモルトとブレンデッドの特徴や違いについてもう少し詳しく、そして他にもあるスコッチの種類や、先ほどでてきた用語についても解説していくぞ!

これも先ほどの画像を見ながらだとわかりやすいので、それらを見ながら、まずはスコッチウイスキーの原料となるウイスキーから見ていきましょう。

モルトウイスキーとグレーンウイスキー

モルトウイスキーとグレーンウイスキー

スコッチウイスキーはモルトウイスキー同士、またはモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜ合わせて造られるのですが、原料となるウイスキーはそれぞれ異なる特徴を持っています。

モルトウイスキー

モルトウイスキーは大麦麦芽のみを原料に造られるウイスキーのことで、100を超えるスコットランドの蒸留所で造られています。
その特徴はピートの焚き込み具合から蒸留釜の形状、蒸留所がある気候まで、全てが蒸留所によって異なることから、生まれてくるウイスキーがそれぞれ「個性」を持っていること。そのためモルトウイスキーはラウド(声高な)スピリッツとも呼ばれています。

グレーンウイスキー

グレーンウイスキーは大麦麦芽と、トウモロコシや小麦といった穀類を原料に造られるウイスキーのことで、モルトウイスキーの蒸留所の数と比べると10分の1以下の数しかありませんが、規模は大きく、設備も近代的な蒸留所で造られています。
その特徴はモルトウイスキーとは反対に、風味はライトで穏やか。そのためグレーンウイスキーはサイレント(寡黙な)スピリッツとも呼ばれ、基本的にはモルトウイスキーとのブレンド用に造られています。

ヴァッティングとブレンド(ブレンディング)

ヴァッティングとブレンディング(ブレンド)

続いてスコッチの原料となるウイスキーを混ぜ合わせる用語である、ヴァッティングとブレンド(ブレンディング)について。

ヴァッティング

モルトウイスキーは貯蔵環境などによって1樽ごとに個性や風味が微妙に異なるため、最終的にモルトウイスキー同士を混ぜ合わせる(ブレンドする)ことによって風味のバランスを調えるのですが、この作業をヴァッティングと言います。

ヴァット(Vat)とは大桶という意味を持つ言葉で、この作業はモルトウイスキー同士を大桶に入れて混ぜ合わせることからヴァッティングと呼ばれますが、これはあくまでもモルトウイスキー同士を混ぜ合わせる場合に限って使用されます。

ブレンド(ブレンディング)

個性的なモルトウイスキーとマイルドなグレーンウイスキーを混ぜ合わせ、ウイスキーを飲みやすく、そして飲み飽きない風味に調える作業をブレンド(ブレンディング)と言います。

混ぜ合わせるという意味ではヴァッティングと変わらないのですが、モルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜ合わせる場合はヴァッティングとは呼ばず、ブレンド(ブレンディング)と呼び分けられています。

シングルモルトとブレンデッド&その他

シングルモルトとブレンデッド、ヴァッテッドモルト

最後にスコッチウイスキーを分類すると出てくる、シングルモルトウイスキーとブレンデッドウイスキー、そしてその他のウイスキーについて。

シングルモルトウイスキー

単一の蒸留所内で造られた個性豊かなモルトウイスキー同士を、他の蒸留所のものとは混ぜ合わせずに、個々の蒸留所内でのみ混ぜ合わせる(ヴァッティングする)ことで造られるウイスキーのことをシングルモルトウイスキーと言います。

その特徴はズバリ、1本1本のウイスキーが蒸留所によって異なる個性を放っていること。

強烈で激しい個性を持つものから優しさに満ち溢れているものまで、シングルモルトの風味は千差万別。一度口に含めばその個性に驚かされ、蒸留所の景色や、そこで働く人々にまで思いを馳せることもできる。それがシングルモルトの持つ魅力。

後半のウイスキーは略して「シングルモルト」と呼ばれることが多く、出来上がった製品は蒸留所の名を冠しているのが一般的。

グレンフィディック12年

(シングルモルトを代表する銘柄の1つ、グレンフィディック12年)

ブレンデッドウイスキー

通常は数十種類の個性豊かなモルトウイスキーと、数種類のマイルドなグレーンウイスキーを混ぜ合わせる(ブレンドする)ことで造られるウイスキーをブレンデッドウイスキーと言います。

その特徴は先ほども見てきたように、飲みやすく、そして飲み飽きないこと。

強烈な個性は時として飽きを呼んでしまう場合もありますが、飽きないということは素晴らしいこと。一度口に含めば、落ち着ける場所、帰って来れる場所に今日も戻ってきたことを思い出させてくれる。それがブレンデッドの持つ魅力。

シングルモルトと同様、後半は略して「ブレンデッド」と呼ばれることが一般的。

ジョニーウォーカーブラックラベル

(ブレンデッドを代表する銘柄の1つ、ジョニーウォーカーの黒ラベル)

ヴァッテッドモルト&ピュアモルト

ヴァッテッドモルトとは複数の蒸留所で造られたモルトウイスキー同士を混ぜ合わせて造られるウイスキーのことを言い、ピュアモルトとは、画像には載せていませんが、モルトウイスキー100%で造られるウイスキーのことを言います。

つまり、シングルモルトもヴァッテッドモルトもピュアモルトということにもなる訳ですが(元々業界内ではヴァッテッドモルトのことを指して呼んでいたそうですが)、2009年に制定されたスコッチウイスキーの規則で「ピュアモルト」という言葉の使用が禁止となり、両者は「ブレンデッドモルト」で統一されることになっています。

なのでこの辺は覚えなくても大丈夫ですし、ブレンデッド(ヴァッテッド)モルトもあまり見かけないマイナーなウイスキーなので、これらは頭の片隅にでも置いておくくらいで大丈夫かなと思いますよ。

今回のまとめ

・スコッチはスコットランドで造られたウイスキー
・シングルモルトは個性的、ブレンデッドは飲みやすい
・みかんジュースの話は大事

スコッチウイスキーが何なのかは大体お分かりいただけたでしょうか。
スコッチにも色々ありますが、基本的に良く見かけるのはシングルモルトとブレンデッドの2種類なので、この2つだけ覚えておけば特に問題はないですよ。

そして、よく分からなくなった時はみかんジュースの話を思い出してほしい。この話だけでスコッチの分類という大きな疑問はきっと解決するはずだ!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す