【生命の水】ウイスキーの歴史と語源、世界の五大ウイスキーについて

スコッチはウイスキーなの?それじゃあよく聞くバーボンって何なの?そんな疑問にお答えしましょう。

ウイスキーを頼みたいけど何を頼めばいいのかわからない、なんだか聞くのも気恥ずかしいし、そもそもウイスキーって何なのさ?というそこのあなた!いいタイミングでここに辿り着きましたね。
ちょうどこのカテゴリーではウイスキーなどの魅力を沢山の方に知ってもらえるよう、そして初心者の方でもわかりやすいように解説していこうと思っていたところなのです。

それじゃあ早速ではありますが、楽しく、そしてわかりやすく、ウイスキーの世界を見ていこうか!

ウイスキーとは何か

ウイスキーとは大麦などの麦芽を主な原料とした蒸留酒の一種です。生産国によってウイスキーの定義は異なりますが、一般的には麦芽や穀類を原料に、これを糖化、発酵させたた後に蒸留し、樽で熟成させた酒のことを言います。

ウイスキーという名称の語源は、ゲール語(アイルランド、スコットランドの公用語)で「生命の水」という意味を持つウシュクベーハ(Uisgebeatha)が訛ったものだと言われていて、そのルーツはラテン語で「生命の水」を意味するアクアヴィテ(Aqua vitae)からきています。

まずはウイスキーのことを知るために、ウイスキーのルーツである「生命の水」とは何なのか、そして酒の出現と人類との関わりについて少し見ていきましょう。

酒と共に歩んだ人類の歴史

地球上に人類が出現するよりも遥か前、2000万年前にはブドウが地球上に存在していたと言われています。さらにブドウが誕生する遥か前から地球上には微生物が生息していました。これらの事からブドウに含まれる糖分が微生物によってアルコールに変えられていき、いわば天然のワインが知らぬ間に誕生していたということはほぼ確かな事だと考えられています。
そしてその液体を偶然、飢えや渇きを癒すために人類は口にし、アルコールの存在を知ったのでしょう。これが人類が酒と出会った瞬間の出来事でした。

その後、酒との出会いを果たした人類は、偶然の産物ではなく意識的に酒造りをするようになっていきました。
人類の酒造りはいくつか文献として残されているものがあり、最も古いと言われている文献は、推定紀元前3000年頃にシュメール人が遺した「モニュマン・ブルー」という板碑で、この碑にはビールをつくる様子が描かれていると考えられています。また、紀元前2500年頃に書かれた古代オリエント最古の文学作品といわれる「ギルガメッシュ叙事詩」には赤ワイン、白ワインの両方を作っていたことが記されていて、これらのことから人類は現在から5000年ほど昔からワインやビールといった酒を作っていたと考えられているのです。

人類の歴史は酒と共にあったなんて言われたりするのは、この辺の歴史が関わっていたんですね。

ウイスキーのルーツと錬金術が生み出した「生命の水」

時は少し遡ること紀元前3500年頃、メソポタミアで香水を蒸留するための技術や知識が生まれると、これは地球の東西へと伝達されていき、時代の流れと共に酒を蒸留する技術へと発展していきます。とくにその推進役を果たしたのが錬金術師たちでした。

錬金術とは卑金属から黄金を作り出すための術のことを言いますが、古代ギリシャのアリストテレスらは、万物は火、気(風)、水、土の四大元素からできていると考え、このギリシャ哲学と錬金術は結びつき、錬金術の研究は勢いを増していきます。

錬金術の最大の目標は卑金属を黄金に変える触媒となり、人間に不老不死、永遠の生命を与える「賢者の石、あるいはエリクサー」と呼ばれる物質の生成でしたが、彼らは研究の一環で当時の醸造酒を蒸留機にかけ、偶然アルコール度の高い酒をつくり出したのです。これを口に含んだ錬金術師は燃えるようなアルコールの強さに驚き、これを不老長寿の霊薬と信じ、この液体にラテン語で「生命の水」を意味するアクアヴィテという名前をつけました。

やがてこの蒸留技術は西や東へ向けて伝達されるようになり、その土地ごとに入手が可能な原料を使った蒸留酒造りが各地に広がるようになっていきます。
ポーランドではウォッカの原型となった蒸留酒が、フランスではブランデーが、オランダではジンが、西インド諸島ではラムが、メキシコではテキーラが、アイルランド・スコットランドではウイスキーが誕生しました。

そしてフランスでは蒸留した酒(ブランデー)をフランス語で「生命の水」を意味する言葉、オー・ド・ヴィー(Eau de vie)と呼び、ロシアでは蒸留した酒(ウォッカ)を同じくロシア語でズィズネーニャ・ワダ(Zhiznennia Voda)と、そしてアイルランド・スコットランドでは蒸留した酒、ウイスキーを公用語のゲール語で直訳し「生命の水」を意味する言葉であるウシュクベーハ(Uisgebeatha)と呼ぶようになったのです。

つまり、これはウイスキーに限ったことではなく、蒸留酒のルーツを辿るとその全てが錬金術師によって偶然生み出され、不老長寿の霊薬として信じられた生命の水、「アクアヴィテ」に辿り着くのです!

イブスター店長
イブスター店長

「ウシュクベーハ(Uisgebeatha)」「ウスケボー(Usquebaugh)」「ウスカ(Usqua)」「ウスキー(Usky)」と変化していったそうな

世界のウイスキー(五大ウイスキー)とその特徴

ウイスキーのルーツについてお分かりいただけたでしょうか?ウイスキーは思いがけない出来事が幾重にも重なってできた偶然の産物だったんですね!
その後もさらに偶然が重なることで現在のウイスキーへと洗練されていくのですが、冒頭のご質問にお答えするためにウイスキーの歴史は今回はここまでにして、次は五大ウイスキーと呼ばれる世界のウイスキーとその特徴を見ていきましょう。

ウイスキーは現在世界中の様々な場所で生産されていますが、中心となっているのはタイプの異なる以下の5つのウイスキーです。

5大ウイスキー分布図

五大ウイスキーに数えられるのは、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキー、アメリカンウイスキー、カナディアンウイスキー、ジャパニーズウイスキーの5つ。

それぞれ製法や原料が異なり、全く違った風味を生み出しています。それでは五大ウイスキーの特徴を見ていきましょう!

スコッチウイスキー

スコッチウイスキーとはイギリス北部のスコットランド地方で蒸留、熟成されたウイスキーの総称です。
スコッチウイスキーの特徴は、100を超える蒸留所からつくられる、原料に大麦の麦芽のみを使用した様々な個性豊かなウイスキーと、飲み飽きないブレンドタイプのウイスキーにあります。また製造の工程でピート(泥炭)を使用するものが多く、ピートに由来するスモーキーフレーバー(薫香)がついているのも特徴の一つとなっています。

ザ・グレンリベット12年

(スコッチウイスキーを代表する銘柄の一つ、ザ・グレンリベット12年)

アイリッシュウイスキー

アイリッシュウイスキーはイギリスのブリテン島の西に位置するアイルランド島でつくられるウイスキーのことを言います。
アイリッシュウイスキーの特徴は、原料の大麦による芳香性の高さとボディの滑らかさがあるものが多いところにあります。また、スコッチウイスキーと違い製造の工程でピート(泥炭)を使用せずに石炭を使用し、スモーキーフレーバーをつけないのが一般的なことも特徴の一つとなっています。

ジェムソン

(アイリッシュウイスキーを代表する銘柄の一つ、ジェムソン)

アメリカンウイスキー

アメリカンウイスキーはアメリカでつくられるウイスキーの総称です。
アメリカンウイスキーの中心となるバーボンウイスキーは、トウモロコシを原料とした芳香な香りが特徴で、アメリカのケンタッキー州バーボン群で大半が作られています。

ワイルドターキー8年

(アメリカンウイスキーを代表する銘柄の一つ、ワイルドターキー8年)

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーはカナダでつくられているウイスキーの総称で、世界の五大ウイスキーの中では最も軽快でマイルドな風味を持っています。
一般的にトウモロコシ、ライ麦、大麦麦芽の3つの原料からつくられます。

カナディアンクラブ

(カナディアンウイスキーを代表する銘柄の一つ、カナディアンクラブ)

ジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーの特徴は、基本的にスコッチウイスキーの製法を踏襲した上で、スコッチウイスキー特有のクセ(スモーキーフレーバー)をソフトに抑え、水で割っても伸びが効く香味を持っているところにあります。
近年ではその品質の高さから国内外での需要が急増し、価格の高騰や販売が終了する製品も多く、入手が困難なものも多くなっています。

今回のまとめ

・人類の歴史は酒と共にあった
・蒸留酒の原型は錬金術師によって偶然生み出された
・ウイスキーは不老長寿の霊薬なのかもしれない

それでは最後に「スコッチはウイスキーなのか、バーボンとは何なのか」という冒頭の質問の答え合わせを。

このように考えるとわかりやすいですよ。

ウイスキーの種類と5大ウイスキー

ウイスキーという大きなカテゴリーからスコッチやバーボン(アメリカンウイスキー)といったその下のカテゴリーに枝分かれしているだけで、全てはウイスキーという大きな枠の中にいるため、細分化したスコッチウイスキーやバーボンウイスキーも全てウイスキーということになるのです!

よって質問の答えは……そう、どちらもウイスキーだ!!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す