JCB CARD「EXTAGE」の解約手数料を無料にしつつ「W」に切り替える技

JCBの比較的新しいクレジットカードである「W」が強すぎたので、これに切り替えることにしました。

海外旅行などの際にはなんとなく持っていきたいような気分になるのが、日本で生まれた唯一の国際ブランドである「JCB」のクレジットカード。

そんな「JCB」のカードのシリーズに、若者限定の「EXTAGE(エクステージ)」というものがあるのですが、じつはそれよりもあとに登場した「W(ダブル? ダブリュー?)」というカードのほうが、「EXTAGE」よりもお得であることはご存じでしょうか?

私は、知っていました。ただ、切り替えるのが面倒に思われたので、これまでは「EXTAGE」をそのまま使用していたのですが、最近になって、面倒な解約手続きもなしに、手数料もかからず、しかも簡単に切り替えられる方法があることを発見。

無事に「EXTAGE」から「W」へ切り替えることができたので、今回はその方法などをご紹介します。

「EXTAGE」が抱える2つのデメリット

「JCB」が発行しているクレジットカードである「EXTAGE」は、申し込み対象が18歳以上~29歳以下までに限定された、学生や若者に向けたカードで、年会費は無料なのに、「JCB」のオリジナルシリーズというものを持つことができるという、なかなかいかしたカードです。

しかしこの「EXTAGE」には、利用するにあたって、いくつか気がかりな点があります。それが、カードの更新後のことと、カードを解約する際の手数料。

「EXTAGE」は、発行から5年後の初回更新時には、「JCB一般カード」という、オリジナルシリーズの中でも最もスタンダードなものに、自動で切り替わることになっているのですが、この「JCB一般カード」は、1375円(税込)の年会費がかかります。

年間で税込50万円以上の利用があれば、いちおう年会費は無料になりますが、5年後の「EXTRA STAGE」に突入すると(JCB一般カードに切り替わると)、年会費は完全に無料ではなくなるのです。

そこで考えるのが、5年後の初回更新になる前に、カードを解約すればいいのではないか、ということでしょう。ところが、「EXTAGE」の場合、初回更新時までに退会すると、カード発行手数料として、2200円(税込)がかかります。

ようは、エクストラステージに突入してから(一般カードに更新されてから)退会したほうが、手数料は安くなるのです!

いや、どうして退会することを前提で考えているのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。これに関しては、じつは「EXTAGE」や「一般カード」よりも、いいと思われるカードがあるからなのです。

JCB CARD「W」があらゆる面で強すぎた

おそらく現時点で「JCB」から発行されているカードの中では、いちばん新しいと思われるものに、同じくオリジナルシリーズの、「W/W plus L」というものがあります。

この「W」は、一般カードと比べてつねに2倍以上のポイントがつく高還元率のカードで、年会費は永年無料。申し込み対象も18歳以上~39歳以下と幅広く、40歳以降で更新となっても、同じものを使い続けることができるというすぐれものです。

「W plus L」は女性向けのカードで、「W」の通常特典に加えて、キレイを応援する「LINDAリーグ」というサービスを受けることができるようにもなるなど、まさにプラスな特典が満載!

ようするに「W」は、「EXTAGE」よりも、場合によっては「一般カード」よりも、あきらかにアツいのです。

私の場合は、「EXTAGE」を発行したあとに「W」が登場したので、前々から気にはなっていたものの、そのまま「EXTAGE」を使い続けていました。

しかし、初回更新の時期がせまりつつあり、しかも入会特典のキャンペーンなども考えると(今回はAmazonでのお買い物が30%キャッシュバックなど)、新のエクストラステージ、いや、ネクストステージに行くのはいまなのではないかと思われたので、ついに私も、「W」の波に乗ることにしたのです。

「EXTAGE」から「W」への切り替えはとても簡単

「EXTAGE」から「W」にカードを切り替えるには、一度「EXTAGE」を解約し、新規で「W」を契約するものと私は思っていたので、まずは退会の手続きをしようと思ったのですが、動くのは一度カスタマーサービスに問い合わせてからでも遅くはないと思い、先に問い合わせをしておくことにしました。

湊
ミナト

「EXTAGE」から「W」に切り替えるには、一度「EXTAGE」を解約すればいいのでしょうか?

カスタマーサービス
カスタマーサービス

いえ、オリジナルシリーズの場合、自動で切り替えとなりますので、「W」を申し込んでいただくだけで大丈夫です

なんと、「EXTAGE」から「W」への切り替えは、「W」を申し込むだけでOKだったのです!

「JCB」のクレジットカードには、オリジナルシリーズは2枚上持つことはできないというルールがあるため、新しいものが発行されれば、自動で古いものは解約となるとのこと。しかもこの場合、「EXTAGE」の発行(解約)手数料も発生しないとのことでした。

さらに、これは解約ではなく切り替えなので、貯まっていたポイントや、支払い残高も引き継ぐことができると……

つまり、すべての問題は、ただ「W」を申し込むだけで解決するというわけです!

湊
ミナト

ちなみに、ポイントサイトなどを経由する場合というのは……

カスタマーサービス
カスタマーサービス

それもおそらく、特典を受けることができると思いますよ

ポイントサイトなどを経由すれば、そちらの特典を受けることもできてしまうのです!!

ちなみに、この手のクレジットカード発行というのは、そういった外部のサイトを経由することで、公式とは別に特典を受けることができ、時期にもよりますが、申し込み(契約)を完了させるだけで、高いときは1万円前後のキャッシュバックを受けることができたりもします。

ポイントサイトに関しては、数あるなかでも「ハピタス」というサイトが使いやすいと思うのでおすすめです。私もこれだけを使っていますよ。

(注:のちに判明しましたが、新規発行ではなく切り替えの場合は、ポイント還元の対象とはならないケースも多いようなのでご注意ください)

手続きはその日のうちに終わった

「W」の申し込みから数時間後に「JCB」から電話がありましたが、「このまま手続きを進めると古いほうのカード(EXTAGE)は自動で解約となりますが、よろしいですか」という確認で、これはまったく問題はなかったので、そのまま手続きを進めてもらいました。

新規ではなく切り替えの場合は、審査にかかる時間も短縮されるようです。その日のうちに発行が決まり、私は晴れてネクストステージの「W」持ちへ。

これで年会費や、更新の時期がどうこうという問題からは解放されたので、申し込んでおいてよかったと思います。

今回のまとめ

・「EXTAGE」よりも「W」がおすすめ
・カードを切り替えるだけですべての問題は解決!
・外部のサイトを経由することでさらにお得に!

私と同じように、「W」が登場する前に「EXTAGE」を申し込んでいた方などは、おそらく同じような問題に直面する時がいずれは来ると思うのですが、この問題はカードを「W」に切り替えるだけで解決するので、早めに切り替えを完了させてしまったほうがいいようにも思います。

もちろん、「JCB」のカードを持っていない方にも、「W」は1枚目としておすすめできるものなので、「JCB」のカードが欲しかった方は、この機会に申し込んでみてもいいかもしれません。

外部のサイトを利用したり、入会特典を利用したりすれば、かなりお得にお買い物ができたりもしますよ。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は反映されませんのでご注意ください。なお、コメントは承認制となっているため、反映までにお時間をいただく場合などがございます。