ケンタッキーの飲み物(ドリンク)・ポテトのサイズアップは別料金で可能?

ケンタッキーフライドチキンに行きだして思ったのが、ドリンクのサイズアップはできるのか? ということでした。

最近KFC(ケンタッキーフライドチキン)をテイクアウトで利用する機会が増えたのですが、何度か利用していて気になったのが、セット利用時に飲み物(ドリンク)のサイズアップはできるのか? ということ。

公式サイトを見ていてもそれらしい記載はなく、ほかでしらべてみても、出てくるのはキャンペーンでのサイズアップ無料情報などで、プラスいくらでできるのかの通常の料金はなかなか見あたりません。

そこで、店舗に行って注文ついでに直接聞いてみたところ、当然といえば当然の話なのですが、サイズアップは別料金でできることがわかったので、今回はランチセット・サンドセット・ボックスでの飲み物のサイズアップ料金(差額)を、ポテト(これもできた)の場合とあわせてお話ししておきます。

目次

ケンタッキーでの飲み物・ポテトのサイズアップ料金

KFCユーザーからすれば「なにをいまさら」な話ですが、ビギナーの私にとってはけっこうなナゾだったのが、飲み物(ドリンク)と、ついでにポテトのサイズアップ料金。

結論からいうと、これは通常のセットでも、お昼の時間限定でお得に楽しめるランチセットでも可能で、以下の料金をプラスすることで、サイズアップができるようになっていました。

  • ドリンクM→L(+40円)
  • ポテトS→L(+60円)

セットのドリンクを「Mサイズ → Lサイズ」に変更は+40円セットのポテトを「Sサイズ → Lサイズ」に変更は+60円。

メニューを確認すると、単品のドリンクがSサイズ(200円)、Mサイズ(240円)、Lサイズ(280円)となっているので、ドリンクのサイズアップの場合は、そのまま変更の料金ぶんがプラスされています。

一方で、ポテトはSサイズ(230円)、Lサイズ(330円)となっていますが、こちらの場合は、変更の差額が「100円 → 60円」と40円安くなっています。セット利用時のポテトのサイズアップは、すこしお得になっているようですね。

したがって、いくつか例をあげると、ケンタッキーでセット利用時の、飲み物・ポテトのサイズアップ後の料金は、以下のようになるわけです。

  • ランチ・ツイスターのドリンクM→L(550円→590円)
  • サンドセットのポテトS→L(700円→760円)
  • サンドボックスのドリンク・ポテト両方サイズアップ(900円→1000円)

これで、飲み物切れを心配する必要もなくなりました。ポテトがたくさん食べたい方も安心ですね!(価格は2021年10月時点)

CHECK

以前はセットのポテトのサイズアップは+100円だったそうですが、ちょうど2021年10月から全国一律+60円に変更となったそう。なお、これはクーポン以外の話だと聞いたので、クーポン利用でのセットはサイズアップ不可(対象外)のようです。

サイズアップの差額はネットオーダーに書いてあった

ケンタッキーのネットオーダー画面でのサイズアップ差額

(出典:KFCネットオーダー)

ケンタッキーには、持ち帰りまたはお届け(デリバリー)をえらんで事前にネットで注文することができる「ネットオーダー」のサービスがありますが、今回のサイズアップによる差額に関しては、これを見れば一発だったことがのちになって判明。

ネットオーダー(モバイルオーダー)の注文画面に進むと、セットの利用時は、ポテトのサイズアップや、ドリンクの変更ないしはサイズアップが選択できるようになっていて、料金の差額もそこに表示されているわけです。

今後はKFCの料金関係でわからないことがあれば、これを見ればほぼすべてのことは解決するかもしれません。気になる方はごらんになってみてください。

今回のまとめ

・KFCでのドリンク・ポテトのサイズアップは可能
・ドリンクは+40円、ポテトは+60円
・料金関係はネットオーダーに全部書いてあった

KFCでのセット利用時でのサイズアップ料金に関しては、じつは公式サイトのどこかに書かれているのかもしれませんが、ネットオーダーのほうで確認できるので、あえて差額などは記載されていないのかもしれません。

しかし、いずれにせよ、通常のセットはドリンクM、ポテトSで固定ということはなく、差額を支払えば、好きにサイズアップができるとわかったので、もはやそんなことはどうでもいいでしょう。

ドリンクの場合、Mサイズだとちょっとすくないと感じ、かといって足りないぶんをべつで買ってきて足そうとすると、こんどはそっちのほうが余ってしまうなど、個人的には微妙な量だと感じましたが、そんな事態も、このサイズアップがあれば回避できるのです!

私とおなじように気になっていた方や、KFCビギナーの方は、どうぞご参考にしてみてください。

関連記事&スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる