バーでの出会い(異性との恋愛)は存在するが、ナンパ行為はナンセンス

バーでの異性間の出会いは確かに存在します。しかし、ナンパは迷惑行為となってしまうのでやめた方が良いですよ。

バーでの出会いがきっかけで友達になり、次第に恋愛感情が芽生えて付き合い始め、最終的に結婚するに至る。

この手の話はよく聞く話で、実際にも確かにあることではあります。しかし、だからといって、我先にとバーで一人で飲んでいる女性に声を掛けるのはNG。そもそもバーはそういった異性との出会いを求めて行く場所ではないのです。

それでは結婚にまで至った人たちはなぜそこまで辿り着けたのか。なぜバーでのナンパ行為は宜しくないのか。以下、その理由について説明します。

バーは大人の社交場であり、偶然性を楽しむ所

バーには人それぞれ楽しみ方があります。バーテンダーとしか話さないような方もいれば、誰とも話さずに酒と向き合って考え事をするような方もいます。

しかし、バーの醍醐味と言えばやはり、偶然その場に居合わせたお客さんと会話をしたり、コミュニケーションを取ったりすることができる「大人の社交場」としての側面でしょう。

年齢、職業、出身など、何から何までが違う2人。お互いのことを知るはずも当然なく、通常であれば出会うはずのなかったその2人が偶然同じバーで知り合い、帰る頃には「また会いましょう、この店で」と、仲良くなることができる。

これこそがバーの最大とも言える醍醐味なのではないかと私は思っています。

そして、この醍醐味という味わいをより深くするのが「偶然性」でしょう。そもそも最初はお互いを知るはずもないので出会いは偶然となりますが、その後で、

「またあの人に会えたらいいな」
「あの人は今日はいるかな」

そんなことを考えながらバーの扉を叩き、偶然にもまた会うことができたらお互い再開を喜ぶ。これがいいのです。同性同士であったり、異性間でもです。

しかし、残念ながら時代の移り変わりと共に、この偶然性を楽しむことができる人は減ってきているように私は感じます。それはどういうことかと言うと、

お客
お客A

また会いましょう、この店で

お客
お客B

あ、ところでLINEとかやってます?連絡先教えてもらってもいいですか?来る時連絡するんで

これ…………

現在は相手の連絡先を聞く方法はいくらでもありますし、本当に簡単ですから、すぐ人の連絡先を聞こうとする人もいます。そしてこの行為が何を招くのかというと、

湊
ミナト

偶然性、なし……

そう、バーでの醍醐味である偶然性が失われてしまったりもするのです!

このように、初対面で相手の連絡先を聞くということ自体がそもそもあまり良くないのですが、そう考えるとバーでナンパという行為がさらにナンセンスとなるのは必然的なことで、もはや言うまでもないようなことでもあるのです。

バーでのナンパ行為がNGな理由

それでも人の出会いは一期一会。この機を逃せば二度と会うことはないかもしれないし、そんなバーの粋な楽しみ方よりも、出会いを優先したいと思う人もいるでしょう。

なので、なぜバーでのナンパ行為がNGとなるのか、よりダイレクトな理由について解説します。バーでのナンパが良くない理由としては主に3つ。

  1. 女性客に迷惑がかかる
  2. ナンパされた方が二度とお店に来なくなったりもする
  3. バーは「大人の社交場」であって「出会いの斡旋所」ではない

以下、詳しく説明します。

1. 女性客に迷惑がかかる

基本的にナンパは男性から女性に対してが一般的なので、その前提で話を進めていきますが、一人で飲みにくる女性のお客さんにも色んな事情があったりもします。

例えば仕事関係のストレス解消や息抜きであったり、恋愛や家庭の問題で悩みがあったり、純粋に一人で飲んで落ち着きたいという理由であったり、理由は人それぞれあると思うのですが、そこでナンパ目的の男が近付いてきたらどう思うか。

まぁ鬱陶しいことこの上ないでしょう!

中には一人で飲んでいる女性はナンパ待ちと勘違いしている男性もいるようですが、そんな訳あるか!という話で、バーでのナンパ行為はまず女性客に対して迷惑。

そして大切なお客さんに迷惑をかけられる行為は店側も迷惑なことなので、ナンパはダブルで迷惑な行為となってしまうのです。

2. ナンパされた方が二度とお店に来なくなったりもする

また、そのような迷惑なナンパ行為をされた女性客が二度とお店に来なくなったりすることもあります。

いつものバーに行こうと思ったところで、女性のお客さんがこう思ったとしましょう。

アライグマ
女性客

そういえばこないだナンパされたな。アイツがまたいたら嫌だな……

はい、もうお店には来ないですね!

そしてそうなるとどうなってしまうのか。大切な女性のお客さんを消し去ったナンパ男は、店からお客さんを消し去る敵としてバーから認定されてしまうのです。

3. バーは「大人の社交場」であって「出会いの斡旋所」ではない

一番最初に見てきたように、バーは大人が会話やコミュニケーションを楽しむ粋な場所であって、出会いを斡旋する場所でも、絶好の出会いスポットでもありません。なのでナンパ目的でバーに行くというのは最初から間違っているわけです。

出会いを目的とするのであれば、婚活バーや、お見合いバーなど、そういったまさに出会いを斡旋するバーもあるので、そういった所に行った方がいいと思います。

あんまり普通のバーでナンパばかりしていると、バーテンダーからこう言われてしまいますよ。

湊
ミナト

軟派者は立ち去るがヨロシ……

バーで出会って結婚までいく場合

それじゃあなぜナンパは良くないのに、バーで出会って結婚までいく人がいるのさ!?という話になりますよね。

これに関しては、「粋な大人同士が自然とそうなった」、としか言いようがありません。

どういうことかと言うと、バーの嗜み方を知っている紳士淑女の常連さん同士、お互いの趣味が合いそうだなとか、話が合いそうだなという場合、バーテンダーの方からお客さんをお客さんに紹介したりもします。同性同士であれ異性間であれです。

また、常連さん同士毎回のように店の中で顔を合わせていれば挨拶くらいはするようになったりもしますから、自然とそこから会話に発展することだってあります。

その結果、異性間のお客さん同士が店で会う度に話をするような仲になり、男性と女性ですから、「今度一緒に食事に行ったあとでこのバーに来ませんか?」といった具合に自然と恋愛関係に発展することもあるでしょう。そして最終的にはそのまま結婚に至るということだってあるわけです。

残念ながら恋愛関係となった後で破局してしまい、双方がお店には来られなくなってしまうことも勿論あります。これはバーあるあるだと思いますが、それはそれで仕方がないこと。なぜなら自然の成り行きでそうなってしまったからです。

つまり、バーで結婚までいく人がいるのは至って自然な流れでそうなったものであり、たまたまいつも居合わせた同士がたまたま親密な関係となり、そのまま契りを結ぶに至ったという、まさにこれもバーの醍醐味である、偶然性がもたらした産物に違いないのだと私は思うのです。

今回のまとめ

・バーでは偶然性を楽しむのが粋
・バーでのナンパはナンセンス
・バーで出会って結婚までいく場合は確かにある

これはバーに限った話ではないですが、バーで流れる時間は1分1秒たりとも同じ時間はありません。

今日は何が起きるのか、どんな会話が繰り広げられているのか、そしてどんなお客さんがいるのか。それがわからないからこそバーは面白いのです。

バーにいると本当に予想だにしなかったことが起きたりもします。是非ともバーが持つ偶然性を楽しんでほしい!

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す