楽天ひかりを引っ越し先でも継続して使う方法を解約する場合と併せて解説

楽天ひかりを引っ越し先でも継続して使う方法と問題発生時の解決策
ぎもんネコ

楽天ひかりを引っ越し先でも使うには……?

この手続き自体は簡単です。

ネットで申し込み、あとは電話でやりとりするだけです!

この記事でわかること
  • 楽天ひかりの引っ越し手続きと工事費用
  • 移転手続きの申し込みから開通までの流れ
  • 解約する場合の違約金とカバー方法

楽天ひかりを引っ越し先でも継続して使う場合、やることはそこまでむずかしくはありません。

ただ、いくつか問題があって、移転によって安くはない費用が発生したり、開通までにものすごく時間がかかったりすることがあります。

そこでこの記事では、楽天ひかりを継続して使う方法(+注意点)と、解約する方法の両方を解説することにします。

引っ越し作業で大変かと思いますが、どちらも簡単にできるので、どうぞごらんください。

目次

楽天ひかりを引っ越し先でも継続する方法

楽天ひかりの引っ越し手続きの流れは、公式サイトの「引越しのお手続き」にも書いてありますが、以下のとおり。

かんたん「4ステップ」で完了しますよ。

STEP
メンバーズステーションで申し込む

まずは楽天ブロードバンドのメンバーズステーションにログインし、「登録情報・設定変更」のなかにある「楽天ひかり 設置場所変更」を押します。

移動する画面では、現住所と引越し先を入力できるようになっているので、必要事項を入力しましょう。

STEP
工事受付センターとのやりとりで工事日を決定する

申し込みが完了すると、このようにお知らせが届きます。

移転先での工事日程を調整する必要があるので、つぎは工事受付センターからの連絡を待ちます。

なお、「電話は数日以内にくる」と書かれていますが、私の場合は3日待ってもダメでした。

いそいでいる場合は、こちらからかけたほうがいいでしょう。

STEP
アカウントのお知らせを受け取って工事開始

工事日が決定すると、アカウントのお知らせが発送されます。

それを受け取って予約日がきたら、いよいよ移転先での工事開始。

これで楽天ひかりは、引っ越し先でも継続して使えるようになります。

STEP
契約情報を引っ越し先の住所に変更する

引っ越し先で楽天ひかりが開通したら、再度メンバーズステーションにログイン。

「登録情報・設定変更」のなかの「ご契約者さま情報」から住所を変更すれば、手続きは完了!

これだけです。とても簡単でしたね!

移転工事費と開通までにかかる期間

引っ越し手続きは以上となりますが、2点ほど問題となることがあります。

むしろこっちのほうが大事なことなので、補足していきます。

工事費用

1つめは、移転工事でかかる費用です。

こちらも「引越しのお手続き」に書いてありますが、同エリア内での引っ越しの場合、以下の費用が発生します。

工事内容金額
屋内配線あり(戸建)9,900円
屋内配線あり(集合住宅)8,250円
屋内配線なし7,150円
派遣工事なし2,200円

工事受付センターが電話でNTTに確認してくれ、そこで工事のありなしがわかります。

私の場合は、配線を部屋に引きこむ必要があり、7150円がかかるといわれました。

しかたがないことですが、ただでさえ引っ越しでお金がかかるというのに、やや高い費用が発生することもあります。

時期によっては工事に時間がかかる

2つめは、最大の問題となる可能性がある「工事日」です。

私の場合、年末という時期もあって、約1か月後が最短の工事日だといわれました。

ちなみに、携帯は楽天モバイルですが、引っ越し先はまさかの圏外。

つまり、楽天ひかりを継続して使うとなると、引っ越し後しばらくはPCもスマホも使えなくなってしまう、という話になったのです。

ミナト

さすがにこれはムリですよ……

特殊なパターンですが、じっさいにこういったこともあります。

申し込みから開通までは、2~4週間はみておいたほうがいいでしょう。

移転手続きも、引っ越しが決まったらすぐにしたほうがいいですよ。

楽天ひかりを解約する場合の違約金と手続き

楽天モバイルの電波環境の改善策として、「Rakuten Casa」という、小型のWi-fiルーターのようなものを自宅に設置する方法があります。

しかしこれは、光回線などが開通していなければ使うことはできません。

そんなわけで、私には「解約」の選択肢が最善だと思われたので、今回は楽天ひかりを解約することにしました。

お金を払ってモバイルWi-fi等をレンタルする気にもなれなかったからです。

解約手続きと違約金についてもまとめておきます。

解約手続きは電話 or ネットで

楽天ひかりを解約する方法には、以下の2つがあります。

  1. メンバーズステーションの「解約」から申請する
  2. カスタマーセンターに電話して解約を申請する

両者のちがいは、解約手続き完了のお知らせ(メール)を受け取れるかどうか。

メンバーズステーション(ネット)で解約するとメールを受け取れますが、電話の場合は受け取れません。

工事受付センターでもいちおう解約はできるようです。

また注意点として、解約月の料金は日割り計算にはなりません(月初に解約となっても満額がかかる)。

解約するなら、これも早めにしておきましょう。

楽天カスタマーセンター

0120-987-300(9:00~18:00/年中無休)

違約金が発生する時期と金額

つづいて、こちらも問題となる違約金。

楽天ひかりは「24か月 or 36か月」契約となっていて、更新月以外に解約すると、契約解除料として「10,450円」がかかります。

解約するなら、これもしかたありません。

ただ、これをなんとかする方法もあるので、最後にそれをご紹介します。

楽天ひかりの違約金を無料にする方法

楽天ひかりを継続して使う場合は工事費が、解約する場合は違約金が発生します。

しかし、これらの問題を両方とも解決する方法がありました。

「他社の光回線に切り替え、楽天ひかりの工事費・違約金を負担してもらう」という方法です。

今回候補に上がった他社サービスの特徴をまとめておきます。

スクロールできます
NURO光So-net光プラスau光SoftBank光
月額(基本/集合住宅)5,200円4,928円4,730円~4,180円~
開通前Wi-fiレンタル初月980円~初月0円~完全無料完全無料
他社違約金負担公式なし公式なし最大3万円負担満額還元
主なキャンペーン1年間月額980円+4.3万円キャッシュバック最大6万円キャッシュバックスマホとセットで割引工事費用最大2.4万円還元
メリット回線速度が速いUQモバイルとセットで割引auスマホとセットで割引4年連続会員数No.1+スマホとセットで割引
デメリット設置工事が大変月額料金が高いauユーザーでなければメリットはないIpv6が有料(月513円)
オススメ度
2021年12月20日時点(当サイト調べ)

最有力候補だった【NURO 光 】は、じつは工事がけっこう大変。

場合によっては大規模な工事(基本2回に分けておこなわれる)が必要で、管理会社や大家さんに確認をとっている時間もなかったので却下。

【So-net 光 コラボ】 は高額キャッシュバックが魅力的ですが、このキャッシュバックはほかでも受けられる方法があり、基本月額も高いので却下。

auひかり 】はauユーザーでなければとくにメリットもなく、提供エリア外のようでもあったので却下。

は基本月額も楽天ひかりと一緒で、「開通前Wi-fiレンタル、違約金・工事費還元、キャッシュバック可能」だったので採用。

そんなわけで、楽天ひかりからSoftBank光に切り替えることにしました。

SoftBank光に切り替えるのがベストか

今回はSoftBank光に新規で乗り換えることにしたので、楽天ひかりの解約で発生する費用を、SoftBank光でカバーしてもらう方法をご紹介します。

まず、おもな公式のキャンペーン・特典は以下のとおりとなっています。

  • 開通前Wi-fiルーター無料レンタル
  • 他社違約金満額還元
  • 他社からの乗り換え新規で工事費用最大2.4万円キャッシュバック or 割引

これだけだとお得感は弱いですが、じつは、さらにキャッシュバックを受けられる方法があります。

SoftBank光の代理店から申し込み、代理店独自のキャンペーン(キャッシュバック)を適用させる、という方法です。

「SoftBank光 キャッシュバック」などで検索してもらえればでてきますが、そういったものを全部しらべたうえで、以下の4社を私はおすすめします。

スクロールできます
JTAN’sカンパニーNEXTアウンカンパニー
キャッシュバック(新規)40,000円37,000円37,000円37,000円
実績SoftBankから5年連続で感謝状を受賞SoftBankから8回表彰SoftBankから8回表彰
特典1種類2種類から選べる3種類から選べる3種類から選べる
還元手続き後日書類を郵送する必要がある申し込み手続き中に完了する申し込み手続き中に完了する申し込み手続き中に完了する
還元日6か月以上かかる最短2か月最短2か月最短2か月
レビュー件数なし3,132件件数表記なし412件
オススメ度
(2021年12月20日時点)

これらはすべてSoftBankの正式な代理店です。

公式サイトから申し込めば公式の特典しか受けられませんが、代理店から申し込めば、代理店のキャッシュバック+公式特典を受けることができるのです。

「JTA」は還元率が高いかわりに手続きが面倒かつ還元も遅く、実績の点からも却下したので、それ以外の特典を簡単にまとめておきます。

N’sカンパニー

SoftBankから5年連続で感謝状を受賞している「N’sカンパニー」の特典は以下の2種類。

  1. 3万7000円キャッシュバック
  2. 3万2000円+Wi-fiルータープレゼント

SoftBank光の代理店キャッシュバックは、この3万7000円が最高ランクの水準となっています。

NEXT

SoftBankから8回表彰されている「NEXT」の特典は以下の3種類。

  1. 3万7000円キャッシュバック
  2. 3万2000円+Wi-fiルータープレゼント
  3. Nintendo Switch +5000円分のプリペイドカード

選べる特典に「Nintendo Switch」と、さらに5000円分のニンテンドープリペイドカードがついてきます。

アウンカンパニー

おなじく8回表彰されている「アウンカンパニー」の特典は以下の3種類。

  1. 3万7000円キャッシュバック
  2. 3万2000円+Wi-fiルータープレゼント
  3. Nintendo Switch

こちらは「Nintendo Switch」を特典から選べますが、5000円分のプリペイドカードはついてきません。

N’sカンパニーがオススメ!

これらの3社にしぼった結果、私は「N’sカンパニー」で申し込みをしました。

レビュー件数も多く、じゅうぶんな実績があったからです。

3万7000円のキャッシュバックは、手続き中に銀行口座を伝えればいいだけ。

公式特典は、SoftBank光のアカウントが開設されたあとで、楽天ひかりの利用明細(メンバーズステーションで確認できるものでOK)をSoftBankに送るだけ!

開通前のWi-fiレンタルも、手続きが完了してからすぐに発送されるので、契約は新規でまったく問題ありません。

申し込みが「他社転用 or 事業者変更」になるとキャッシュバックが1.5万円に下がりますが、開通前にWi-fiレンタルがあるので、楽天ひかりは「解約」でSoftBank光は「新規」のほうがいいです。「転用・事業者変更」は移転による回線のブランク期間をなくすためのもので、それをする必要はないからです。

SoftBank光は「Rakuten Casa」も使えるようなので、楽天モバイルを使っているのなら、光回線が開通したあとで申し込んでみてもいいでしょう。

そんなわけで、引っ越しで楽天ひかりを使いつづけるメリットをあまり感じられないようなら、SoftBank光がおすすめですよ。

N’sカンパニー(SoftBank正規代理店)

業界最高水準のキャッシュバック+公式特典を受けられるのでお得! SoftBank光を契約するならこの代理店がおすすめです。

今回のまとめ

  • 楽天ひかりは引っ越しをするとお金がかかる
  • 工事日が遅くなるとそれまでネット回線を自宅に引けない
  • 楽天を使いつづけるメリットがなければ乗り換えもあり

SoftBank光を契約したことで、引っ越し先でネット回線が使えないという今回の危機は、1日だけにおさえることができました。

自宅が圏外という特殊なパターンだったので私は解約しましたが、楽天ひかりを使いつづけるメリットがとくにないのであれば、切り替えも選択肢としてありだと思います。

なら、お得なキャッシュバックもあるので「N’sカンパニー」がおすすめできます。

開通前にレンタルできる「SoftBank Air」は、電源を入れるだけで使えるので、ほんとうにすごいですよ!

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる