バーにおいて「政治・宗教・野球」の話題がタブーとされるのはなぜか?

バーのみならず酒の席ではするべきではないとされている三大タブーの話題「政治・宗教・野球」。その理由とはいかに。

酒の席では「政治・宗教・野球」の話はしてはいけない、なんて言葉、皆さんはどこかで聞いたことはないでしょうか。それはもちろん酒を介した社交場であるバーでも当てはまることですし、酒の席ですらない場所でも言われたりすることもあるようですが、果たしてそれはなぜなのか。

今回はこの手の話題がタブーとされる理由について、それぞれの話題が持つ危険性も交えながら説明させてもらいたい。

基本的に人の気分を害す話題がよくない

まず、これはバーに限った話ではないのですが、基本的に人の気分を害す話題で盛り上がるというのはあまりいいものではありません。ただこれ、言い出すと切りがないことで、人によって好き嫌いはいくらでもありますから、言ってしまえば全ての話題が人の気分を害す可能性はあるとも言えます。

例えば、これはどうでもいい話なのですが、実は私「白子(魚の精巣)」が苦手なんですよね。

盛り付け前の白子

このように盛り付けられていると確かに美味しそうにも見えるのですが、盛り付け前だとなんだか生々しく見えてしまって……

そこで、私がこのように言ったとしましょう。

湊
ミナト

いやぁ白子は苦手なんですよ。なんだか固まっていると脳みそのように見えてしまって……

そこで、この程度の好き嫌いの話題であれば、白子が大好物の人が聞いたとしても「そういう人もいるんだなぁ」とか「もったいないなぁ」とか、脳みそという単語が引っ掛かったとしても、良識のある大人であればその程度で終わる話だと思います。

しかし、それが特に「政治・宗教」となると話は変わってきます。

政治や宗教はただ単に好き嫌いとかそういった「趣味趣向」の話ではなく、固く信じて守るといった「信念、信条」の話になってきますから、否定的な意見を耳にすると黙っていられなくなる人も増えてくるのです。

さらに言うと日本人は議論が下手だとも言われています。
これは周りに気を遣う協調性や、自分の意見をはっきりと言うことが苦手な気質も関係しているとも言われますが、その気質が時として反対意見を「敵」とみなし、議論ではなくお互いを攻撃するだけの「口喧嘩」へと発展させてしまうこともあるのです。

よって、特に「政治・宗教」の話は、人の気分を害する可能性、そしてそこから口論へと発展しまう可能性が他の話題と比べて極めて高いため、バーであったり、酒の席でするべきではないと言われているのです。

また、野球も同様の理由で説明がつくのですが、せっかくなのでそれぞれの話題をバーでする危険性などについても、もう少し詳しく説明しておきます。

政治の話題は人を傷つけることも

上記の通りで、国民の暮らしだとか、今後の日本がどうだとか、そういった国内の政治の話は特定の政党の批判に繋がることもあるので、場合によっては自分の支持する政党が批判されたと、お客さん同士が口論を始めてしまうこともあるでしょう。

また、外交や国際政治の話題でよくあるのが日韓関係の悪化の話で、そこから韓国に対する批判が始まってしまった場合、その場に両親の片方や、祖父母の片方が韓国籍といったお客さんがいたとしたらどう思うでしょうか。本人からすれば少なくとも気分はよくはないですよね。

それと同様に、外国からの観光のお客さんがいる前で国際政治の話題を出すと、場合によってはせっかく観光で日本に来ているお客さんの気分を害することになってしまう場合もあります。

なのでこの手の話題はバーではしない方が無難とも言えるのです。

宗教の話題は最も危険度が高い

日本は特定の宗教の信仰がない無宗教の人が多いと言われていますが、それでも信仰のある人はいる訳で、特に、特定の宗教を批判することは危険以外の何物でもありません。

なぜなら宗教は信仰の対象が神、あるいは神と同一の存在であることが多いからです。

信仰する神を侮辱されたとなったら信者はどう思うでしょうか。もうね、それを口にしたら戦争ですよ。実際に外国では過去に宗教戦争も起きていますからね。

また、これもどうでもいい話で、さらに言うとバーとも何の関係もない話なのですが、以前こんなことがありました。

ティーン時代の追憶

これはまだ私が16歳(高校1年生)だった頃の話。
当時委員会的な活動で上級生とも関わりがあった私はある日、女性の先輩から呼び出され、このように言われたのです。

先輩
先輩

ミナトくん、今週の週末って空いてる?実は凄い話したいことがあって、二人きりで会いたいんだけど……

いや、もうね、ようやく時代が俺に追いついたかと。

ある程度年をとると2歳の差はあってもないようなものに思えてきますが、16歳から見た18歳の女性の先輩は異次元のような存在にも思え、私は約束した日が来るまで悶々とした時間を過ごしていたのです。どう考えても話したい事というのは「それ」しかないと思っていたから。

そして訪れた約束の日。待ち合わせに指定された場所は景色のいい河川敷だ。

先輩
先輩

それで……話したいことなんだけど……

湊
ミナト(16歳)

(先輩、俺の答えにNOの二文字はありませんよ。さぁ、言ってくれ……

先輩
先輩

ミナトくん、宗教って興味ある?

湊
ミナト(16歳)

えっ……

そこからは自分が宗教に入信してから起きた良かったこと、それこそ席替えで毎回いい席になるようになっただとか、いつもテレビの運勢はいいだとか、そんなことを小一時間先輩から聞かされるミナト16歳。残念ながら先輩の話は途中から耳には届いていない。

先輩
先輩

それで、良かったら一緒にやってみない?

湊
ミナト(16歳)

いや、自分そういうの興味ないんで結構です……。帰ります……

そこで、こんな話を持ち出してまで何が言いたいのかって話なのですが、俺のときめきを返せ!とかそんなことではなく、バーでは宗教の勧誘もダメですよって話。

野球の話題はファン同士のいざこざ

野球に関してはこれは本来趣味の範囲の話だと思うのですが、なぜこの三大タブーの話題にランクインしているのかというと、それは恐らく野球が国民的スポーツと言われているからでしょう。

野球以外のスポーツでも特定のチームや選手の応援に命をかけているという人も少なくはないとは思いますし、実際にファン同士のいざこざなんかも野球以外でも起きてはいますが、これはもう数の問題で、要するにスポーツでも人気があればあるほど意見が割れる可能性も上がっていく訳で、そこで数あるスポーツの中でも一番人気があるのが野球だからということだと思います。

実際テレビで放送されているスポーツも野球が一番多いのではないでしょうか。
球団同士の競い合いがあるのも政治に近い要素もありますし、ファン同士の言い争いとなってしまう場合もあることから、これもバーではあまり話題にはしない方が無難かなとは思います。

ちなみに私はあまり野球は詳しくないので、私に野球の話をしても恐らくキャッチボールは成立しないですよ。

今回のまとめ

・政治、宗教、野球は最も口論に発展しやすいジャンル
・趣味趣向の話であれば良識のある大人は喧嘩はしない
・人の心を弄ぶ勧誘はBAD 

とは言ったものの、時事ネタや経済なんかの話からこの手の話題がバーで出ることは普通にあったりもしますし、場合によっては私からすることだってあります。ですが、私の経験上お客さん同士がこの手の話題から口論に発展したということはありません。
それは結局のところ話のネタがどうこうよりも、くだを巻いたり、貶したり、何かに対して批判的なことばかり言う人の方に問題があるわけで、そういう人はあまりバーにはいないからです。

危ないと判断した場合はバーテンダーが先にあの手この手で止めに入ったりもしますし、そこまで話題選びに慎重になりすぎる必要もないかなとは思いますが、角が立つ話題は気にするに越したことはないことは確かでしょう。

スポンサーリンク
この記事をシェアする

コメントを残す